1/31・京都山科・醍醐寺・霊宝館

家内もお休みなので、先週に続き京都寺社巡りです。
漠然と久しぶりの山科・醍醐寺~伏見名所旧跡巡りを計画しました。
醍醐寺拝観は9時からなので、8時出発予定です。
いつものように4時頃目が覚めゴソゴソし、7時になったので階下に下りTVを見ながら朝食を頂きます。

予定通り8時に出発。
1週間前より暖かだけど、家内もいるので車で出かけます。
車は現地での機動力に欠けるので嫌なのだけど、風邪を引かせちゃうといけないから、3月まで電車&タンデムの定番夫婦バイクツーリングはお預けです。

豊中ICをパスし、中央縦貫を吹田まで走り、吹田ICから名神に乗ります。
京都東ICで降り、r35で南下する方が近道だけど道が狭いので、R1~京都外環状線で南下しました。
地下鉄醍醐駅を過ぎたとこで左折し東進。
r36を渡って、「ここかな?」ってとこを野生の勘で曲がり、9:03難なく駐車場を見つけました。

走っていてわかったのですが、醍醐寺は伏見区でした。
西の伏見と東の山科の間に山があるので、山の東の醍醐は山科区とばかり思っていました。
その山を伏見の南の宇治から回り込む形で、山科から宇治川に注ぐ山科川が作る平野が回り込み山科区に続いています。
醍醐は山科の文化圏ではなく、伏見の影響を受けていた地区のようです。

山科は、琵琶湖に近い京との間にある盆地ですが、瀬戸内・大坂からの水運が京に上がる物流拠点・伏見の影響が醍醐まで北上していたんだと、改めて伏見の経済力を認識出来ました。

世界文化遺産・醍醐寺。
20160131DaigoS001s.jpg
全景図を見ると、東の山に向かって、駐車場の東に並列し霊宝館エリア・三宝院エリアが並び、その東に伽藍エリア、ここまでを下醍醐エリアと称します。
その東に山頂まで点在する僧坊や滝を巡る上醍醐エリアがあります。
20160131DaigoS002s.jpg
上醍醐山上に、五大堂や開山堂が表示されており、そこまで行ってみたいぞ。

20160131DaigoS003s.jpg
宝物殿であろう「霊宝館」に入ってみます。
拝観料600円ですが、下醍醐3エリア(各600円)全部入れる1500円の共通券を買いました。
20160131DaigoS004s.jpg
火災対策が施された僧坊風だけど、鉄筋コンクリートの博物館建物です。
建物の周りには立派な枝振りの枝垂れ桜がいい感じです。
春になれば華やかでしょう。
そうなると、天邪鬼な僕は、人が多くなり訪問する気がなくなるんだけどね。

当然撮影不可なので残念だけど、国宝や重要文化財の仏像・柱・仏画・書・襖絵がたくさん展示されています。
明治新政府が打ち出した神仏分離令により、困窮した寺院が続出し、多くの国宝・重文級の遺物が寺院の外に流出し、海外に散逸してしまいましたが、醍醐寺は三宝院に伝承される三宝院流と当山修験としての経印法流を伝承する立場に立ち、一切の宝物を流出させないことを旨として、困難な時代を乗り越えた。
それ故、国宝69149点・重文6522点という膨大な宝物が維持管理されている。
この数の驚きました。
国宝ってこんなに多かったっけ?

20160131DaigoS007s.jpg
霊宝館横に、寺内一と思われる素晴らしい枝ぶりの枝垂れ桜がありました。
醍醐寺は、秀吉の花見で有名です。
地図に、上醍醐の山腹に、秀吉花見の宴跡があるので、桜を見下ろしたのでしょう。
館内員のお姉さんに聞くと、これだけは他の境内の桜より早く3月下旬に満開を迎えるので、4月から一気に増える観光バスシーズン前の拝観ベストウィークだそうです。
僕ら夫婦が、この日の最初のお客さんのようで、館内の3つのエリアに僕らが移動する度、そのエリアに顔を出していました。
手を伸ばせば国宝に触れる展示なので、管理される方も気が抜けませんね。

国宝・五重塔の建造時の四柱の一部が、他に流用されて遺されていたのが、その次の修理の時に発見され、国宝として館内に展示されていました。
柱自体に描かれた仏画が遺り、平安時代に使われた絵具の残存どの高さを感じました。

館を出る頃、3組のお客さんが第一展示スペースに入っていました。
出入口脇に写真集などが見本として置かれており、2500円のドイツ語写真・解説本に目が留まりました。
日本語版の写真集や解説本とは違い、立派な装丁で写真も豊富(350ページ)なのに、値段が変わりません。
欲しくなっちゃいました。
お姉さんに問い合わせると、三宝院エリアの売店で売ってるそうです。

醍醐寺 1/2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR