1/10・紀州東照宮

20160110WakaS196s.jpg
天守閣の一番上の階に上がり、外の回廊に出て四方を見渡した。
眺めが良い。
城下を一望出来ます。
日本の主な城の写真がずらりと飾られており、松本城・上田城・丸亀城・・・訪問したことのないお城に行ってみたいな。

『埋門 城の石垣などの下方をあけて門にした形式。和歌山城では、天守閣の裏門が埋門である。御台所と呼ばれるこの場所から、水の手に通じる門として作られた。水の手には、黄金水と呼ばれる井戸がある。攻め立てられて籠城となると、水の確保が生命線となる。国宝に指定されていた天守閣は、和歌山大空襲で全焼し、埋門も外側の扉も焼けてしまったが、周りの石垣が残り、その姿を留める』

20160110WakaS210s.jpg
NHK大河ドラマ・「徳川吉宗」で江戸城内セットとして使った襖が飾られていた。
セットとはいえ、竹と虎が見事です。
12:20、天守閣外に出ると、くの一は昼食中かおらず、忍者くんだけになっていた。
歩いて行くと、「写真撮りましょうか?」と・・・「じゃなくて、被写体になって」と家内とのツーショットをお願いする。
20160110WakaS213s.jpg
忍者くんに「印」を習い、家内はニコニコとカメラに収まったが、「五郎丸選手の真似させられた」と笑っています。
そうじゃなくて、五郎丸選手が印を組んでるんだよね。
僕も小学生の時、忍者ブームがあり、木製の刀を背中に刺し、印を組んで遊んでいた。
あの頃、いろんな印の組み方を友だちから教えてもらった。
その印の意味も教えてもらったけど、みんな忘れちゃった。

20160110WakaS236s.jpg
天守閣を下がり、内堀の内側を歩いていると、天守から見えていた斜めにかかった橋があった。
郭と郭を結ぶ堀を渡る橋ですが、郭の高さが違い斜度がある。
遮蔽物のない堀を渡るので、狙撃されないように屋根と壁で囲まれている。

「紅葉系庭園」を散策し、お茶室を見て内堀外周路に戻ると、成人式の帰りなのか振り袖の女性が2人、お母さんらしき方と歩いていた。
和服はいいね。
追廻門を出た時は、12:44。
2時間半もお城にいました。

昼食を食べる時間がなさそうなので、12:54、「ファミリーマート和歌山県庁正門前店」で、助六寿司420円・直巻焼き鮭120円・梅ゆかり結び110円を購入。
12:57県庁前モータープール・10:13~12:57・600円。

車に乗り、13:05、お城の東側にある「和歌山親愛女子・中高等学校」。
中学生の姪が通う学校です。
r15を南下し、徳川家の日本庭園「水軒公園・養翠園」に行こうと思ったけど、城内の日本庭園で満足だったのでパスし、13:30・「紀州東照宮」。
1時間駐車料金300円。

『東照宮は、紀州初代藩主・徳川頼宣公が1620~21年に景勝の地・和歌の浦を望む山麓を選んで造営させたものです。当初は徳川家康公を祀ったものでしたが、後頼宣公も合わせ祀られた。屋根は檜皮葺で、本殿拝殿の周囲には縁をつけ、高欄を巡らしている。柱や縁は漆喰で、内外部とも極彩色を施している。欄間には獣形や鳥魚類・草花などの彫刻を施し、蟇股や木鼻にも精巧な意匠を尽くしている。天井は全て漆塗の折上小組格天井で。飾金具が施されている。江戸時代初期の権現造り社殿の代表である』

20160110WakaS255s.jpg
石畳参道を歩くと、途中に踊り場が2ヶ所ある108段の石段がドーンと。
あわわ・・・。
緩やかの方もあるけど、家内が登っていきます。
仕方なく登り始め、家内のカバンを持って一緒に登ります。
急な階段なので、万一こけたら大惨事なので、手すりも持って。
日光東照宮には遠く及びませんが、綺麗な拝殿が見えてきます。

『南海道総鎮護として、1621年創建。和歌浦一の権現様とうたわれ、当国随一の名勝。関西日光の名に相応しく左甚五郎の彫刻や狩野・土佐両派の絵画などに荘厳された極彩色に輝く社殿は、桃山時代の豪華な風格を示す江戸初期の建築物として国の重要文化財指定されている。
ご鎮座式には、勅使下向、慈眼大師・天海大僧正が初代別当になり、以来400年の歴史と伝統は、「権現様」と親しまれている。東照大権現は、薬師瑠璃光如来の神号で、所願一切成就・治病厄除・開運の信仰深い』
神仏習合した神様はいいね。

紀州東照宮 4/6 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~
加太砲台跡と和歌山城行かれたんですね。
砲台跡はキレイに整備されているのにここまで無名なのが不思議なくらいです。
和歌山城は前に行ったとき天守閣の中に入らなかったのですが、
さすが、いい眺めしてますね。
忍者くん確かにウロウロしてました。
車いすのかたのお手伝いをしたり、城内を案内してくれたり、重宝されてますね。
ぱっと見てその出で立ちですぐ係りの者だと判るのがいいですね。

No title

まんとさん
加太砲台跡は、もっと草に埋もれているのだと思っていました。
近くに国民宿舎がある故か、遊歩道が整備され、お散歩コースとしてもいい感じです。

和歌山城天守には、鎧を筆頭にお宝がたくさん展示されていました。
写真撮影禁止なので紹介できませんでしたが、姫路城より多く展示され、近畿圏の城の中では一番多いかもしれません。

忍者くんにツーショットをお願いしましたが、本当はくノ一さんにお願いしたかった・・・
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR