1/4・丹波篠山ツーリング 2/2

境内を拝見すると、「粟島大明神」がありました。
神仏習合の習わし、このお寺の守護神のようです。

墓地を探索しましょう。
「岸本家」の数基が目についた。
続いて「上野家」。
「上野氏墓地」の脊柱が立ち、墓誌に氏族の歴史が刻まれていた。

20160104SasaS169s.jpg
『上野家は甲賀武士の末裔で、戦国時代末に近江甲賀郡上野より丹波八上城下に移住した。1609年篠山築城。菩提寺篠山移転と共に西町に移り西垣屋と号した。
初代より代々両替屋として藩の御用達を務めた。時は移り、上野家末裔は篠山を離れるも、朝日新聞社創設など、その命脈は各地で受け継がれている。20世紀最後の年に当たり、我々は累代墓地を整理し、初代・分家初代・新宅初代の墓碑をここに祀り、一族共通共通の祖先の地とした』

「吉原氏墓」「斎藤家累代之墓」「畑家代々之墓」など、豪族の墓と想像される墓石群がある。
「多波見家之墓」「四方家之墓」などの歴史がありそうな家名の墓石もある。
「従四位勲三等畑・・」と刻まれた立派な墓石もあったので、八百里城主・畑氏の菩提寺のような気がする。

畑氏は新田義貞配下の有力武将で、義貞討ち死後はその弟・脇屋義助配下で奮闘し討ち死にした子孫です。
1時間前に知った南北朝和解後この地にやってきた脇屋の子も、畑氏を頼ったのかもしれない。

15:22になったので、帰路につきます。
r77~r49で、R372まで出て、土砂崩れ通行止め中のr49の美濃坂峠越えの様子を見に行く。
R372からr49に入ったとこに設置されていた「通行止め」看板がなくなっている。
土砂崩れしたであろう箇所が綺麗に直されていた。

永澤寺を過ぎ、15:55、バイカーズカフェ「虎亀」到着。
「お腹が膨れるよ」とマスターに勧められたクリームとベーグル・500円を注文する。
次男の結婚式の話などをしていると、仕事&家庭で24時間一緒にいるマスター夫婦は、喧嘩しなくなったと言っておられた。
僕も喧嘩せず楽しく話す夫婦だけど、会話のない夫婦も多いとのことだ。

他のお客さんとマスターが、「アメリカンバイクの縦向きのナンバープレートが検挙されるようになる」と話していました。
ナンバーが見えないように、ナンバープレートを折り曲げて、斜めにつけてたり、リアフェンダーの内側につけたりしてるバイクも検挙されるそうです。
縦向きナンバーはナンバーが見えるのでいいと思うけど、明らかにバイクを特定されないようにしてる斜めナンバーは検挙逃れの悪質行為です。

周りの人の迷惑を考えない爆音バイクや暴走バイク同様、こういう行為をする人とは関わりたくない。
「朱に交われば赤くなる」から・・・
こういう行為を故意にする方に、関西弁で「何イキっとんねん、まだ不良ぶってイキってる中高生のままか。大人になれよ」と思っちゃいます・・・言わないけど。

警察は、やっと二輪に対しても重い腰を上げてくれました。
不良・不法改造バイクが一気に姿を消すでしょう。
あれを見る度、肩身が狭い思いをしてたけど、楽になります。
一般の方のバイクに対する不良イメージが、少し改善されるでしょう。

グループツーリングに参加した時、爆音バイクが1台おり、連なって走りながら同類と思われるのが不快でした。
それからそのグループとは距離を置きました。
大幅なスピード違反で先導するグループからも距離を置きました。
僕はどうもアウトローが好きになれません。

16:30をまわり17時閉店が近づき、最後のグループさんが帰って行かれたので、僕も精算してもらった。
消費税込み500円だった・・・安い。

r49~r68~r33~r325~長尾山トンネルの定番コースで帰宅。
家内と、長男にPCにコピーしてもらった次男の二次会披露宴のビデオを見た。

アームレスリング大会があり、選手8名のうちに主役次男と長男が入り、1回戦で長男が勝ったシーンを見た。
2人が喧嘩してると思った嫡孫君は、とても悲しそうな顔をしていたそうです。
それから、「レディ・ゴー!しない」と言ってたそうです。
でもこの正月は、「じいちゃん、れでぃごーしよう」と腕相撲しにきた。
腕を組んで押すのだけど、自分が押し込んで「勝ち」、自分で後ろにひっくり返って「りょうくん、まけ~」と楽しそうでした。
これで、お正月休みが終わりました。

丹波篠山ツーリング 3/4
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR