12/13・スポーツ指導者講習終了

この話には、泣けてしまった。
本人の口からこのようなエピソードを聞くことが出来、とてもラッキーだった。
「みなさん、最高のペップトークは、「ありがとう」です」
感動のPEP TALK講演・2時間だった。

多分僕も、理論は知らないなりにペップトークを実践している方だと思う。
コーチングする時は、ミーテングやブリーフィングを数回しているが、選手やマネージャーが目を輝かせ、スイッチが入る瞬間を感じる時がある。
コーチ稼業の快感の瞬間だ。
マイナス言葉を使わないようプラス言葉に置き換えて口にするように心がけている。

僕は大学卒業後、ジュニアのコーチを経験したことが良い勉強になった。
子供は素直なので、表情に心が現れる。
そして行動に出る。
反対にアドバイスのつもりの言葉がモチベーションを下げてしまい、パフォーマンスが極端に落ちることもある。
非常に厳しいコーチ泣かせのお客さんが子供だ。

ここで鍛えられ、我が子が言葉のわかる年齢に成長してきたので、同じ手法で我が子と相対するようにしたら、とても子育てが楽だった。
勝手に頑張るので、何も心配しなかった。
息子2人なので、悪さは山のようにしたが、マイナス言葉である叱ることなく、相手様に私が謝りに行き、そんな時でもプラス言葉で我が子に接した。
叱り、道理を教えなくても、親の謝る姿を見て、「ゴメンな」と言う。
我ながら素晴らしい親子関係で、これまで来たし、これからもそうだと思う。

続く2時間は、「子供・選手の力を伸ばす指導方法」と題して、同志社大学教授の講演。
「運動と集中力」との関係を、実例をあげながら話された。
5時間授業の教室で、集中力を比較計測した。
休み時間も教室にいておとなしくしているグループは、1~3~5時間目と右下がりで集中力が落ちた。
教室から出ないが軽い運動をしたグループは、ゆるやかに集中力が落ちる。
休み時間に運動場に出て運動するグループは集中力が落ちず、むしろ向上していった。

運動には、体温調節能力の向上、学習能力の向上があり、運動しながら学習する方がより学習効果が上がるという結果が出た。
今は学級崩壊というが、将来はみんな教室を歩きながら学習する時代が来るかもしれない。
歌いながら暗記するなど、「ながら学習」の学習効果向上も知られている。
雑誌「プレジデント」でも、「数年後は歩きながら会議をしているだろう」と予想している。

17:20に講習が終わり、バイク装束を着て、R9~亀岡~R372~R423~池田というルートで、19時過ぎに帰宅した。
R423の亀岡盆地からのつづら折れヘアピンカーブが真っ暗で、バイクの単眼ライトでは照射幅が狭く、後続車に迷惑を掛けてし
まった。
やはりr6~r733~R423ルートの方が良かったな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR