12/13・ペップトーク

講習会場に上がりましたが、12:00~12:20受付でまだ扉も開いていません。
バイク装束を脱ぎ、ロビーに座り、おにぎりで昼食。
12:00になり会場が開き、受付を済ませる。
京都府体育協会・1000円。

スポンサーの大塚製薬京都支店社員さんから、スポーツと栄養補給・水分補給・熱中症対策のお話が30分。
続いて「心を育てるコミュニケーション術」として、トレーナーズスクエアKK・代表取締役社長・岩崎由純さんの講演。
日体大からアメリカ・シラキューズ大大学院修士を経て、ナイキ・トレーナーとしてロサンゼルスオリンピックに参加。
アメリカンフットボール・フィラデルフィア・イーグルスに所属し、バロセロナオリンピック・バレーボール日本チーム・トレーナー、NECバレーボールチーム・レッドロケッツ所属という経歴をお持ちの方です。

「PEP TALK」という耳慣れないトークの紹介がありました。
PEPは略ではなく「愉快にする。人を前向きにする」という意味を持つ単語で、試合直前のロッカールームなどで選手を鼓舞するコーチのブリーフィングトークのことでした。
「愉」の字は、心+人+前の合わさた文字で、「人の心を前向きにする」という意味。
ジュニアヨットや大学ヨット部のコーチとして、僕も試合前に毎回やっています。
日本の大学アメリカンフットボールチームや、映画にもなったアメリカバスケットボールチームのトークの紹介があり、その真髄と使うべき言葉と使うべきでない言葉が紹介された。

PEPトークは、1分半~2分が理想。
「負ける」がイメージされる「負けるな」も「負けない」も禁止用語で、プラシ思考の言葉に置き換える。
プラス思考の言葉でも、今までできなかったことを使わない。
「してほしいこと」「成功をイメージする言葉」を使う。
選手を信頼し、期待して指導する(ピグマリオン効果)と良い結果を得やすい。

毎日の練習時には、改善点・良くなる点を混じえたモチベーショントークを使い、試合直前に前向きな背中を一押するペップトーク、試合後は良かった点・悪かった点両方話すポストコンペティショントークを使う。

「聞く」より「聴く」ようにしよう。
「聴」は、耳+目+心で、眼と心で聞こう。

一流選手は、セルフペップトークを使っている。羽生結弦さんは、ソチ・オリンピックの滑走前に、「OK、さあ楽しもう」と口に出して滑り始めた。
その映像が流され、確かにそう読唇できた。

『今までの人生は、今まで吐いてきた言葉で出来ている。これからの人生は、今から吐く言葉で出来ていく』
スポーツ医学の先進国・アメリカはじめ日本でも多くのPEPトークに接し、選手とともに涙を流して試合に臨んだ経験のある先生が、とっておきのご自身が体験なさったスポーツでの感動を披露された。

ロサンゼルス・オリンピックの時、ナイキのニューヨークで働いていた縁で、トレーナーとしてオリンピックに派遣された。
マッサージにやってくる常連の陸上選手がいた。
その選手が、レースの2日前に悲しそうな顔でやってきた。

「試合用に新しく下ろした靴が合わず、靴ずれを起こしてしまった」と痛々しい患部を見せられた。
靴の交換をしようとしたら、お気に入りがナイキジャパン製のもので、アメリカ・ナイキ本社には在庫がなかった。

岩崎さんは、ナイキジャパンに至急送ってもらうように電話した。
それを受けたナイキジャパンの副社長は女性秘書に、「この靴を持って今すぐ成田に走れ。誰でもいいからロスアンゼルスに飛ぶお客さんに、靴を託せ」と。
女性秘書はJALキャビンアテンダントに事情を話し託そうとしたが、「空港関係者は、他人の荷物を運ぶことが出来ない」という規定に抵触し断られた。
がっかりしていると、それを陰で聞いていたチーフパーサーが、「匿名を条件に」と受け取った。

翌日、その陸上選手に岩崎さんは靴を届けることが出来た。
しかしその使用にナイキ本社からクレームが付いた。
白い靴でどこのメーカーの靴かわからないから。

紛糾する中、選手本人が立ち、「僕のために、遠い日本から多くの人が骨折ってこの靴を届けてくれた。その方々に感謝の気持ちを持って走りたい」と。
ナイキ本社の役員が立ち上がり、「いいじゃないか」

レース当日、岩崎さんはご苦労様として男子マラソンのメイン会場の座席チケットをプレゼントされた。
この大会の優勝候補は瀬古利彦。
他に宗兄弟が参加しており、日本チームでメダル独占するとの噂さえ立っていた。
岩崎さんが見守るメイン競技場に最初に、最初に姿を見せたのは、その彼だった。
ポルトガル代表・カルロス・ロペス。

2位を離したロペスが走る横ではスタンディングオベーションが起こり、ロペスとともにスタンディングの波が進んでいく。
フィニッシュした瞬間、岩崎さんは涙で前が見えなくなっていた。
横にいた同僚が、「岩崎、ウルトラビジョンを見てみろ」と言う。
フィニッシュ後、トラックの外側の芝生をウイニングランをするロペス選手の姿が、映しだされていた。
でも裸足。
あの靴を両手に持ち、満面の笑みで走っていたのだ。

結果的に、ナイキの大宣伝になった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR