11/2・秋の叙勲

毎朝、起きるとすぐ新聞を読みながら朝食を取る家内から、秋の叙勲に僕の中学の時の社会の先生の名が載っていたと教えてもらった。
日本経済新聞をチェックすると、確かに先生が載っていた。

何故、家内が僕の中学の先生を知っているかというと、長男が中学受験する時、僕の母校もその候補だったので、学校説明会に参加しました。
その時の校長がこの先生で、「すごくかっこいい校長先生でね、とても良いお話をされたの。周りのお母さん方も皆さん素敵だと言ってたわ」と興奮気味に帰宅した。
「あ~八チャンか、3年間社会を教わったよ」と答えると、「え~あの先生に習ったの、羨ましい~」とノリノリだった。
僕が所属したサッカー部の顧問でもあったし、同じ市に住んでいたので、日曜日に教会でも会った。
とてもお世話になった先生です。

この先生は、僕が中学に入学した時、まだ若手の先生だった。
母校を卒業し、教職免許を取って母校に教師として帰ってきた。
中学3年間、同じ先生が持ち上がりだったので、ずっとお世話になった。
公立も同じなのかもしれないけど、息子たち2人は中高6年間持ち上がりだったので、私立はこういう学校が多いのだと思う。

この先生の授業は、小学校しか経験していない僕らには「とても変わっている」びっくりポンだった。
中1の1年間は、「アメリカ大統領・リンカーンの伝記」が教科書だった。
「学問は、学校で教えてもらわなくても、いくらでも独学で学べる。知識もいくらでも詰め込める。でも、その知恵をどう使うかが世の中にとって重大だ。同じ知識から、強力な兵器だってできるし、人類全体を幸福にすることもできる」
との考えのもと、黒人奴隷開放をした偉人の生き様を学んだ。
本来の中学社会過程は、あとの2年間で3年分を学んだ。

テストにもびっくりした。
社会のテストといえば、暗記物の「西暦何年にどんな出来事があったか?」や、「この出来事はどういうことか?」を問われるものですが、全く違って設問が1つ、真っ白な答案用紙に1行書かれているだけだった。
中1の1学期中間テストの「開始」の号令でテスト用紙をめくって、「なんだこれは~」「え~」という声が自然に教室内に起こった。

問題は覚えていないが、「・・年に・・という事件が起きたが、それが起こった社会的背景とその意義を述べよ」みたいな、数年後知ることになる大学のテスト問題そのものだった。
いい加減にも回答できるが、答案返却後の解説で、年号や人物名など基本的なポイントが正しく書かれていないと点数にならず、暗記物の要素も網羅されていた。
教科書的な社会的背景や意義を回答しても点数になるが、もっと高い点数になるのは、自分がその事件をどうとらえたかの独創性が述べられている時だった。
30点の奴もいれば、満点の100点をオーバーする奴もいた。
つまり、世間がどう言おうと、自分はどう考えるかの自分視点を持つ大切さが点数に反映されていた。

最初戸惑った社会科のテストだったが、3年間このテスト様式に親しみ、表現する力(国語力)も大いに鍛えられた。
大学付属校だったので、多くのクラスメイトが高校・大学と同じ進学し、70~80%の生徒が同じ大学に通ったが、高校でも大学でもトップクラスの成績を残したのは、中学からのクラスメイトだった。
これは、正解を探そうとするのではなく、この案件をどう考え、どうしていこうかという独創性を鍛えられたからだと思います。

つまり大学入試までの暗記型・知識詰め込み形・模範解答ありき型ではない、正解がどこにあるのかどうか現在進行形の問題をうまく解決していくにはどうすればいいかあなたの考えはどうですか?
という社会に出てから誰でも直面する問題を考える予行演習が出来た。
ETVで時々やってるMITなどの「考える授業」携帯に似ている。

まだ20代の若手先生が、こんな大胆な授業が出来る母校の自由さに、今でも感心している。
母校校長&市の教育委員会委員長在職中に、学校法人が女子中高の経営権を得た。
その学校の経営立て直しで、新しい系列中高の校長として転出された。
その財政的キーマン・事務局長に、僕のクラスメイトを銀行から引き抜き、教頭に僕の1学年上の秀才と名前が知れ渡っていたYさんをこれまた引き抜いて、一気に経営を立て直した。
転出1年目に、僕らの学年の有志(サッカー部員中心)が集まって、先生の激励会をした。

この先生は、中学入学後、ご実家の商売がうまく行かなくなり、家族離散の現実に直面された。
それで学費の安い公立中学に転校すべく、当時の校長先生に挨拶に伺った。
そこでご家庭の事情を聞いた校長は、なんとご自身の自宅にこの先生を住まわせ、授業料の面倒も見て、大学院まで進学させた。

こういう経験をお持ちの先生なので、とにかく熱い。
一度この学校に縁があった生徒が勉学を諦めることにないよう、辛い生徒には親身で接した。
系列校校長に転出される時の激励会で、「同窓会に顔を見せれる奴は恵まれている。家族の不幸や不可抗力などで経済的に辛い人生の奴もいる。そういう奴とも変わらず接することが出来るのが、クラスメイトだ。本人の資質ではなく、運不運だけの問題だ。身近に顔を見せていない奴がいないか?そういう奴にこそ声を掛けてやれ」と、挨拶された。

声はでかいし、人の道に反することをすると、とうとうと説教される。
でも、校則違反であるバス乗車で先生に車内で会っても、「寝坊したんか」と笑顔であった。
この接し方が素晴らしく、根が真面目な奴が揃っているので、二度とバスに乗らないし、噂が広がり伝説になっていった。
怒られた奴は山ほどいるけど、一番人気の先生だった。
おめでとう御座います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR