11/7・結婚式の費用

次男から、来月の結婚式の費用の詳細メールが届きました。
参列者100名・総費用が500万円で、収入であるご祝儀が300万円を見込んでいるとのことです。
マイナス200万円は、お嫁さんと半分ずつ負担するそうです。
就職する時、お祖母ちゃんからもらった300万円がそのまま残っているようで、見込み違いがあっても大丈夫とのことでした。

家内のお母さんが、僕らの子の名義で、積立貯金をしていました。
死ぬまで働いていたので、それぞれの大学入学祝いに、その通帳と印鑑を「おめでとう、これからいろいろ必要やからね」と渡されました。
毎月1~2万円を積み立てていった継続力に感服いたしました。

長男もそうでしたが、次男もそのお金をびっくりして受け取っていました。
長男も結婚の時このお金のことを言っていましたが、どうなっているのか知りません。
次男が一銭も手を付けていないのが彼らしいなと思います。

うちの父が、「これが最後の車や、俺が乗れんようになったらやる」と次男に言って、日産マーチを買いました。
父が亡くなり僕の名義にし、その後次男が「駐車場を契約したから乗ってくわ」と東京に乗って行きました。
今でも乗っています。
学生時代は父が生きていたので、大学卒業で京都を離れるヨット部の先輩から譲ってもらったカローラに乗っていました。

父がぶつけたドアの下の傷が今でもそのままです。
長男には、「まだあれに乗ってるの?」と言われながら、「壊れてないもの」と意に介さず乗っています。
爺ちゃんがぶつけた傷も、祖父からもらったプレゼントのように大切にしている感じがします。

僕の結婚式は、母校のチャペルで中学の校長先生(牧師)に挙げてもらいました。
披露宴会場も学校にあるのですが、それは宝塚ホテルに移動して行いました。
結婚1年前から必死で貯金し、実家から通勤していたこともあり、目標の100万円を貯めました。
この金額では多くの方を呼べず、当初30名のこじんまりした宴を計画しましたが、家内のお父さんが県の業界のエライさんで、しかも家内の姉が学生結婚で披露宴を省略したので、30名を却下されました。

でも、人気の宝塚ホテルなので、同じ時間帯にもっと広い披露宴会場が空いておらず、50名に増やすのがやっとでした。
家内のお父さんの関係の初見のおじさん達が増え、僕の友人を削らなければならなくなり、自分の結婚式でありながらイマイチでした。
一番最初の「スキー場で結婚式」も却下され、予想外の展開になっちゃいました。

でも、義理父の業界関係者のご祝儀が仕事含みなので想定外に多く、なんと100万円も儲かっちゃいました。
全ての支払いを済ませ、「これなら、結婚式をやるたびに儲かるな」と家内に言って笑われました。

新婚旅行も、当初は中国を予定したのですが、お父さんの反対で頓挫しました。
お父さんは職業軍人で、中国戦線に部隊長として参戦していました。
家内の旧姓の名前が前につく、地元で有名な陸軍最強部隊でした。
ソ連の参戦でシベリア抑留生活を2年間過ごして、舞鶴に帰還しました。

その時に地元播州の新聞に大きく報道され、それを見た家内の母方お爺さんが、「こいつは骨があるだろう」と自分の長女と見合いを段取りし、結婚に至りました。
うちの子達は、「向こうのお爺ちゃんは、ちょっと怖い」と言うほど、眼光が鋭い人でした。
そんな苦い思い出がある中国に、娘を行かせるわけには行かず反対でした。
僕も事情を知り、学生時代にやってたスキーツアーのツテで、団体旅行の売れ残り航空券を安く流してもらい、北海道富良野ヘスキー新婚旅行に行きました。

そう言えは、僕の両親の葬儀費用も500万でした。
できるだけ多くの方にお別れに来ていただこうと、流行りの「香典辞退」をしたので、全て持ち出しになりました。
生命保険も年金も信用しない両親だったので、こんなに高い買い物をしたのは初めてでした。

長男の時も100名ぐらいだったから、このぐらいだったのでしょう。
長男は、何も言ってきませんでした。
東京の結婚式の相場なんだろうな。
名古屋や北陸は、冠婚葬祭に最も費用をかける土地柄なので、更に豪華なんだろうな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR