11/1・明日香村遺跡

20151101TakatoriS156s.jpg
12:24、「天武・持統天皇陵」
『壬申の乱(672年)に勝利し、律令制の基礎を築いた天武天皇と、その妃で次に即位し、天皇として初めて火葬された持統天皇
が合葬されている』

陵墓まで上がってみると、横からだけど前方後円墳のように見えた。「円墳」の方に、天皇の陵墓特有の鳥居他が向けられており、「前方」の部分には何と民家が建っていた。天皇の陵墓と比定され、宮内庁が厳重に保護監督するのは、大抵明治期に入ってからなので、江戸時代から先祖が居住利用していたのでしょう。奈良の古墳ではよく見る光景ですが、それにしても、とんでもない所に住んでいるな。びっくりポンや。

「酒船石」に向かいながら、お食事処を探す。
途中に「橘寺」があったけど先にご飯です。
適当なお店を見つけ、お腹を満足させる。
5時半過ぎに食パンを2枚食べたきりだから我慢の限界に達していた。

20151101TakatoriS160s.jpg
13:28、「亀形石造物」
『日本書紀に記載がある遺跡で、湧水施設から流れでた水が木樋を伝わって舟形石槽の水槽に溜まり、更に小穴から流れでた少量に水が亀の鼻に入り、背中の水槽に溜まる構造になっている。
これらの遺構は谷底の深いところにあり、周囲を石垣や石敷で閉ざされた空間であることや、水を見て楽しむ構造でないことから、天皇祭祀に係る場所であったと推定される』
全くの野ざらしなので、「これでいいのか?」と思ってしまった。

20151101TakatoriS166s.jpg
『酒船石遺跡 この石垣は平成4年に発見された。調査の結果、この丘は3mほど盛土された人工の丘陵で、石垣は明日香産の花崗岩を並べ基礎とし、その上に天理市から奈良市にかけて分布する凝灰岩の切石を積み上げて築かれていた。現在倒壊していた石垣の一部を復元して公開している。酒船石遺跡は、「日本書紀」書かれた記事に該当する遺跡の可能性が高い』

「酒船石」に深く刻まれた文様のような?水の通り道のようなものが示す意味は何なのだろう?
『長さ5.5m・幅2.3m・厚さ1mの花崗岩でできている。北側・南側の一部は欠損しており、近世にどこかに運びだされたと考えられ、石割りの工具跡が残っている。石の上面に、円や楕円の浅いくぼみを造って、これを細い溝で結んでいる。酒を絞る槽とも、油や薬を作るために道具とも言われている。しかしこの石は東40mのやや高いところで、ここに水を引くための土管や石樋が見つかっていることから、庭園の施設だという説もある』

20151101TakatoriS171s.jpg
13:55、「石舞台古墳」
『早くから盛土が失われ、巨大な天井石が露出していたことから石舞台の名前で親しまれている。1933年から実施された調査で、一辺55mの方墳または上円下方墳で、周囲には周濠と外堤が巡らされており、墳丘と外堤の斜面には貼石が施されている事が明らかになった。埋葬施設については、南に開口する両袖式の横穴式石室で、玄室長は7.8m・幅3.4m、羨道長11.5m・幅2.2mあり、石室から羨道にかけて排水溝が設けられている。石室内は凝灰岩片が出土していることから、家形石棺が安置されていたものと推定される』

何度見ての巨大です。
巨石文化とはいえ、推定される作り方・運び方は書かれているが、現実にこれをやってのける技術・統制力・意思はどこにあったのか不思議でならない。

14:27「橘寺」
20151101TakatoriS191s.jpg
『発掘調査により、伽藍は四天王寺式伽藍配置であるが、当時の寺院は、南向きが多い中、この寺院は東向きで、中門・塔・金堂・講堂が一直線に東から西に並んでいたことが確認された。寺院の創建年代は定かではないが、聖徳太子伝暦によれば、太子がこの寺で勝髪経を講ぜられた時、瑞祥(目出度いことが起こる前兆)があって、仏道を建立したとある。太子7ヶ寺の1つで、発掘
調査で出土した瓦の文様から、7世紀前半には小規模な堂(金堂)が建てられ、7世紀後半に大規模な整備が成されたとわかる』

20151101TakatoriS186s.jpg
スマートで小柄な橘紋の馬の像が奉納されています。
「聖徳太子御誕生所」と書かれた木札が下がった太子殿(本堂)に入ってみる。
本尊が太子像なのですね。

二面石は、左右に怒った顔を笑顔が刻まれています。
鬼瓦が怖くなく優しいお顔です。

20151101TakatoriS199s.jpg
「特別公開中だから、ぜひ観ていって」と受付で言われた「往生院」に入ると、綺麗な天井絵が見事でした。
戦後、明日香村有志が出資し、村のシンボルとして造った聖徳太子の立像もありました。
隣の「聖倉殿」も見学。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR