11/1・高取山城址 その1

久しぶりのデートです。
数日前の雨予報が後ろにずれ、前日の天気予報では、気温は低いものの雨は夜に入ってからになりました。
1 「琵琶湖北西部・賤ヶ岳から山本山城址に下る山道ハイキング」
2 「余呉湖から琵琶湖北岸を巡ってマキノまで走るサイクリング」
3 「琵琶湖湖西(朽木~高島)謎の多い継体天皇関係地巡りドライブ」
4 「日本三大山城・高取城址~明日香村散策タンデムツーリング」の4案を提示しました。
前回がサイクリングだったので、家内が選んだのは第4案でした。

6時出発を予定し、起きたのが4:30でした。
すでに家内は起きており、家事を前倒しでしていました。
ゴソゴソして5:15から準備開始。
リアボックスを通勤リード110にセットし、家内のプロテクタージャケットを足元に置く袋に入れます。

秋冬スタイル(プロテクタージャケット・パンツ&DAIWAフィッシングスーツ)に着替え、5:55に家を出ました。
家内を最寄りの駅に降ろし、僕だけで「近鉄・壺阪山駅」に向かいます。
r13を南下し、「五合橋」でR43に乗り換えて東進開始。

日曜の朝なので交通量が少なく、JR天王寺・近鉄阿倍野前をあっさり通過。
ここからR25で「柏原」、R165で大和川が奈良から大阪に抜ける生駒山系と葛城山系の間を越えます。

「道の駅・ふたかみパーク當麻」で休憩しようかなと思ったけど、お店が開いてないような気がして通過。
この通過が幸いし、ヤマハMT-07さんの後ろを走ることが出来ました。
信号待ちで「静かですね、2気筒でしょ」と声を掛けました。
250ccからの乗り換えで、車重180kgで250ccと変わらず、むしろ静かで驚いたとの答えが帰ってきました。
僕のVTR250より2気筒独特のドコドコ音が小さく、走り出しの時は、ヒューンという4気筒?を聞かせながら発進します。
180kgという重さも、VTR・150kgでは高速道路で風に振られる感じがし、CB400SB・200kgでは取り回しが少々重いの中間値で、ヤマハはいい所をついています。
ハンドル位置が高く、前傾姿勢もきつくなくロングライドも楽そう。
良いバイクでした。

r30を直進するMT-07さんに別れ、R24・「大和高田バイパス」に乗って橿原まで一気に移動しました。
ここから近鉄線に沿って、R169で南下です。
20151101TakatoriS003s.jpg
橿原駅を過ぎたとこで、駅に寄って観光案内パンフレットを確保しようと思い、7:47・「近鉄・飛鳥駅」に寄り道。

橿原の藤原京に遷都するまでの飛鳥時代の都・古代遺跡の宝庫「明日香村」の最寄り駅だけあって、駅からの階段が広い。
でも、京都や近江のパンフレットはあっても、肝心の明日香のパンフレットも地図もありません。
いつも思うんですよね・・・全国の駅に地元の観光案内パンフレットを置いておくのが、最も便利なのに・・・。

20151101TakatoriS002s.jpg
「レンタサイクル土日祝日1000円」の案内板を、洋服を着たカカシが持っています。
橿原~飛鳥駅間の旧跡を巡る「かめバス」のバス停がありました。

8:00、家内と待ち合わせている「壺阪山駅」到着。
方向音痴の家内が明後日の方角に行かないよう毎回渡しているルート図に書いた家内の予定到着時間は、8:04です。
20151101TakatoriS006s.jpg
町家のカカシ巡り案内板が出ています(10/31までだけど)。
20151101TakatoriS012s.jpg
観光案内図看板の地図を頭に入れると、予定の電車が到着しました。
改札口まで行き待っていたけど、リュックを担いだハイキングの年配さんはたくさん降りてきたけど、家内は出てきません。
いつものようにどこかでミスって、1本遅れのようです。
駅の外に出て、陸橋で線路を渡り壺阪寺・高取城址とは違う方向に行くハイキングさん達を見ていると、「着いたよ、トイレに行ってたの」と笑顔の家内が後ろにいました。

家内に内緒で買ったお揃いの「コミネプロテクションパーカ」を家内に着るように渡すと、「あれ~、前のと違う。お父さんとお揃いだ~、買ってくれたの」とニッコリしてくれました。
「やった~」・・・城址を目指します。

地図で頭に入れた旧道に出ると、「キトラ古墳・0.9km」と書かれています。
20151101TakatoriS015s.jpg
旧道を進むと、カカシ達がいました。
「かかし村」のバス停で農作業風のかかしさん達が屯しています。

『土佐町 6世紀の始め頃、大和朝廷の都づくりの労役で、土佐国を離れこの地に召しだされたものの、任務を終え帰郷するときに朝廷の援助なく帰郷かなわず、やむおえずこの地に住んだことから「土佐」と名付けられたと思われる。
近世に入り、植村氏が高取城に入部するに伴い、土佐はその城下町として政治経済の中心となり、町筋に商家が立ち並ぶ。毎年開催される「お城まつり」には、高取土佐時代行列保存会による奴行列が再現される』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR