10/25・若狭海岸・歴史ツーリング その6

r27を少し走りr51で山越え南下しましょう。
15:38、「出光・セルフマリン東舞鶴」で給油。
253km/9.11L=27.8km/L。
このr51がクセモノでした。
R27からr51へ、一方通行で直接は入れません。
野生の勘で適当に市街地道を走って、やっとr51へ。

舞鶴若狭自動車道をくぐり、r27との分岐を越え、つづら折れが始まるぞと思ったら、以前工事中だったトンネルが開通していました。
あっという間に峠を抜け、快走路でr1へ下ります。

お気に入りのr1を快適に流し、田園風景のいい感じの道端にバイクを停め、コンビニおにぎりを出して遅い昼食です。
R27との交差点を渡り、r450に乗って由良川沿いを東進。
r59でまた峠越えです。
「大原神社」のとこでR173に合流しました。
ここに出るのですね。

R173を我が家の近所・池田まで南下開始ですが、「瑞穂トンネル」手前の「戸津川」という場所で「榎峠」越えのR173・旧道への分岐を見つけました。
真っ暗になる18時まで1時間の余裕があります。
1時間あれば通過できるだろうと、GO!

20151025TakaS225s.jpg
20151025TakaS226s.jpg
半信半疑で突っ込みましたが、17:05・旧道である動かぬ証拠である道標を発見。
元国道だけあって、勾配はきつくないしつづら折れもありませんでしたが、1.5車線の道路幅で、落ち葉落ち枝で舗装されているかもわからないほどになった場所もありました。
山側の溝がどこにあるのかないのかわからないほど、落ち葉に覆われているのがキツかった。
加えて落ち葉に隠れた落石が見えないのも危険でした。
まあ、ゆっくりですし、やばそうなとこは2輪2足走行にして、コケても自力復帰出来るように注意しました。

ちょっと手間取ったら、真っ暗闇になっちゃいます。
イノシシの成獣と路上相対した時はドキリとしましたが、あっさり山に逃げてくれました。
突っ込んで食っちゃっても良かったけど・・・

峠を越えて下りになったので、余計にオーバースピードに神経を使い、R173・現道が眼下に見え出した時はホッとしました。
「ならば突っ込まなければいいのに」とも思うのですが、つい未走路を見つけると、「何処に行くんだろう」「どんな道なんだろう」と興味をそそられちゃいます。

R173に合流した時は、もう暗闇直前で、反射板ベストを着ようかと思ったが、まだ肉眼で四方が見えるので、道の駅まで行くことにしました。
山内一豊のお爺さんが籠もった「三ノ宮城址」横を通過し、R9との交差点を越え、17:37「道の駅・瑞穂の里さらびき」

真っ暗になるのは必至なので、「コミネ・リフレクティブ・ナイト・セーフティー・ベスト」を着ます。
2週連続で、日没前帰宅困難になりお世話になります。
ベストを着ていると、後ろに黄色のバイクが停まりました。
トイレに向かうと、黄色のバイクは僕と同じVTR250でした。
僕が免許を取った2008年は、排ガス規制で新車は売っておらず、2009年にインジェクション化されて新発売された現行車です。
黄色のバイクは、夜でも目立つな。

売店を回ったけどめぼしい物はなく、車載カメラやGPSを外していると、オーナーさんが戻って来られました。
「黄色のVTRは、夜でも目立ちますね」と声を掛けると、お話好きのようで、「黄色は、数年しか売られなかったんですよ」
「僕のは1世代古いVTRです」「キャブですか」「はい」
「VTRって、サイドスタンドが長いでしょ」「はい」「僕はこれで何度もコカしています」
スタンドが長めなので、停車させた時の傾きが少なく、ちょっと押しただけで、反対側に倒れます。
僕は置く場所を変更したりして注意してるけど、痛い目に遭ってるそうです。
納車して数日で洗礼を受け、5~6万の出費になったとか・・・。

「何処に行かれたのですか?」「京都の美山から峠越えで小浜に降りて、海岸線を西進してきました」
「僕もその道はこいつで走ったことがあるかも・・・五波峠でしょ」「え~そうなんですか(同族発見!)」
「おニュー峠も走りましたよ」「え~未舗装路があるから敬遠してるのですが」「KLXという125ccで走りましたが、未舗装部分も長くなく、路面が締まってるので、VTRでも走れそうでしたよ」
「岐阜県と福井県の峠を越えたことがありますか?」「冠山峠でしょ」(うお~、完全に同類です)。

丹後半島に行かれたそうです。
顔があまり見えないくらい駐車場で、楽しい話が出来ました。
僕のナンバープレートを見て、「神戸まで帰るのですか?」「いいえ、伊丹です。R173で池田に出れば終わりです」
「それじゃ」「ではお気をつけて」で、別れました。

R173を走りながら、連絡先を聞いておけばよかったとちょっと悔やみました。
一度、一緒に走ってみたい方でした。
一気に池田まで帰り、バイクを片付け家に入ると、20時でした。
家内が、来月の東京行きで孫くんへのプレゼントを包装する袋を買ってきていました。
僕が夕食を食べている横で、来年京都の蒸気機関車館がリニューアルオープンする新聞記事を読んでくれました。

若狭海岸・歴史ツーリング 9/10

若狭海岸・歴史ツーリング 10/10
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

旧道!

のりまきさん、こんばんは(・ω・)。

素敵な旧道情報ありがとうございました!
早速ツーリングマップルに書き込みました。

ものさびしい感じの道標最高ですね(*´ω`*)。
近いうちに行ってきます。
ほうき積んで、掃いてこようかな(笑)。

No title

こんばんは~
この夕刻の時間に走ったことのない旧道によく突っ込まれましたね~
日陰は暗くなり始めてドキドキしながら走ることは私もよくあります。
でもお仲間さんといい出会いができてヨカッタですね。
VTRは人気車種だからよく見かけます。
私のはマイナーでたまに同じのに出会っても
全然方向性の違う改造されていたりします(笑)

No title

かおりさん
この道を、「素敵な旧道」と感じれる人は希少価値の人ですね。
あんな先っぽの灯台や、あんな道を好んで走るかおりさんなら、きっと楽しめると思います。5年後はいざしらず、今のところ舗装もそれほど傷んでおらず、急勾配もなく安全に走れます。
箒を積んでいっても、1日で作業は終わりませんよ。

R173のR372より南にある天王峠旧道などは、3年ほど前に走ったのを最後に、もう走っていません。舗装がもうボロボロで、ほぼ廃道です。かろうじて、はらがたわ峠旧道はまだ行けるけどね。

No title

まんとさん
もうタイムリミットギリギリでした。マップル見ると、それほど距離がないので、真っ暗になる前に脱出できそうかな?と思って。

まんとさんのミドリン号の方が、VTRよりオフ向きですよね。足つきも良さそうだし、この手の道など得意だと思います。

No title

のりまきさん、こんにちは(・ω・)。

今日早速ほうきを持っていってきました。
(あ、ほうきはウソですw)

おかげで、無事旧道入口を発見できました。
ありがとうございました。枯れ葉がフカフカでめっちゃ楽しかったです。

今日はR372の天引峠、のりまきさんが書いてくださっていた天王峠の旧道と
3つまとめて行ってきました。

やはり、天王峠はおっしゃるとおり他2つとは違う感じでした(笑)。
また1つづつになると思いますが、記事作りますね。

No title

かおりさん
お~素晴らしい行動力です。あの道、楽しかったでしょ。あれぐらい一面に落ち葉で覆われていたら、笑顔になっちゃいます。こういうところは、小型のバイクがいいですね。

天引峠も、静かで良かったと思いますが、天王峠はまだ走れましたか。年に1回ぐらい数度走りましたが、数年前に「もうだめだな」と思い、訪問を止めてしまいました。まだ走れるのですね。

天王峠の南に、「はらがたわトンネル」というのがあり、はらがたわ峠を越えるR173の旧道もあります。これも交通量が殆ど無く、楽しいですよ。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR