10/18・琵琶湖北岸~若狭歴史探索ツーリング・その6 & 歴史読本

17:10、バイクに戻りました。
上りは4回休憩しましたが、下りは一気に楽だわ。
上り30分・下り15分。

高浜町にある武田氏被官・逸見氏居城・「砕導山城」も城攻めする予定でしたが、時間切れです。
R162とかr1~R173の下道ルートで帰宅計画でしたが、高速道路利用で一気に帰りましょう。

R27を西に走り、「小浜西IC」から舞鶴道に乗ります。
舞鶴PAで休憩。
もう暗いので、プロテクターメッシュジャケットの上にDAIWAフィッシングスーツを着て、「KOMINEリフレクティブ・ナイト・セーフティ・ベスト」を着ました。
後続車のライトで黄色に光るベストです。

「綾部JCT」から京都縦貫道に乗り替え、R9とR173の交点にある「京丹波みずほIC」で下車。
京都縦貫道も舞鶴道同様、片側1車線区間が続いていましたが、交通量が多めで70km/hほどのちょうど良いスピードにダウンしてたから、後続高速車に気を使わず走れました。

18:37、R9とR173交点にある「ローソン京丹波和田店」で、ドリンクヨーグルト・ストロベリー220g・140円を購入し、店内で飲みながら休憩。
R173を南下します。
街灯がない道路なので、先頭を走ると一灯しか無いのでバイクは前方が見づらい。
四輪に抜いてもらうと、そのライトを頼りについていけます。

体力にまだ余裕があり、いつもならR372との交点・安田交差点にあるローソンでも休憩するのに、一気に池田まで駆け抜けました。
19:58自宅近くの「出光セルフ宝塚176」で給油、343km/12.97L=26.4km/L。
この日の走行距離は、400kmほどのようです。

帰宅すると、家内が帰っていました。
京都のお土産の生菓子などが置かれており、これは明日まで、これは明後日までと賞味期限があるので、間食が忙しくなりそ
うです。

----
「歴史読本」という雑誌が、2015年秋号をもって休刊になりました。
以前は月刊雑誌だったのですが、今年から季刊誌になり、そして休刊・・・

歴史の最新研究や、発掘での新発見などが載り、数少ない歴史好きを満足させる雑誌でした。
僕は時々「特集」をチェックし、興味を引いたものだけをピンポイントで購入(年1~2冊)していました。
本棚に入れず手元にあるのは4冊で、2012/11・特集「日本の名族・名将」、2013/2・特集「神社に秘められた古代史」、2013/4・特集「日本書紀と古代天皇」、2014/4・特集「敗者の古代史」。

内容がとても濃いので、月1冊は僕には読めません。
月刊雑誌で定期購入しているのは、「KAZI」というヨット雑誌で、高校生の時から毎号欠かさず御用達本屋さんが持ってきてくれます。
こいつは写真も多いので、グラビア的にも読めて、1~2日の空いた時間で読んじゃいます。

歴史読本は、「次は、特集されたここに行ってみよう」と計画が進み、1冊読了するまで数ヶ月かかります。
記憶が曖昧になった時に、読み返すことも多く、僕の歴史好きのランドマークでした。
毎号買わないくせに、なくなってしまうと困る本なのでさて困ったと思っていたら、2016年から「歴史読本BOOKS」シリーズに生まれ変わるそうです。
特集コーナーが独立して単行本化されるようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR