10/18・琵琶湖北岸~若狭歴史探索ツーリング その4

20151018WakasaS127s.jpg
r35を戻り、R27~R162で、15:59「小浜城」(小浜神社)到着。
この城は2本の川が海に注ぐ河口にあり、三方の海と川を自然の堀となっていた。
川にはボラがたくさん泳ぎ、他の魚種も見られ、思わず激写してしまった。

『南川・北川とそれを利用した外堀で囲まれ、西は小浜湾に面し、東は湿地により防御するという自然地形を巧みに利用した全国でも珍しい水城。関が原合戦後・1601年、若狭国主となった京極高次(お初の夫)が築城に着手。1634年、2代藩主・京極忠高が松江に転出後、酒井忠勝が城主となり、翌年に三重三階の天守が出来、1641年に城が完成。以降、酒井家14代238年間の居城となり、消失する明治4年(1871年)まで歴史は続いた。現在は城郭の一部の石垣を残すのみ。本丸跡には、酒井忠勝公を祭る小浜神社が建っている』

『人の駅・酒井忠勝 初代・小浜藩主。1587年酒井忠利の長男として三河国西尾に生まれた。1600年関ヶ原の戦いに先立ち、徳川秀忠が信濃の真田昌幸・幸村父子を攻めた戦で初陣を果たした。1620年、2代将軍秀忠は、世継ぎとなる家光に忠勝を近侍させ、2年後に1万石を加増し大名にした。1624年に老中、1627年には武蔵国川越で10万石を得て、1634年11万3000石で小浜藩主として入部した。1637年大老に就任し、4代将軍家綱を補佐する幕府の重鎮として活躍した。1656年隠居し、1660年剃髪して空印と名乗りましたが、幕政にはなお大きな影響力を持ちました。初代酒井小浜藩主として小浜の町づくりの基礎を築くと同時に、この小浜城を完成させました』

掲示されている古地図を見ると、橋3本のみで陸地と繋がる力攻めでは難攻が予想される城構えです。
20151018WakasaS140s.jpg
石垣の上に上がり周囲を見渡すと、その後の川砂の堆積で沖に河口が広がりましたが、小浜湾を隔てた対岸の山などが綺麗に見え、風光明媚だったのだろう当時を感じることが出来ました。
20151018WakasaS148s.jpg
現在は石垣脇まで民家が迫り、町中の孤高の存在になっています。

『組屋地蔵尊由来 この地蔵尊は、小浜城築造に際し、その城壁の安全護持のため人柱を立てる評議があり、豪商組屋六郎左衛門が、愛娘を人柱に献じその責に任じた。1634年酒井忠勝公城主時代、城代家老・三浦帯刀が毎夜女の忍び泣く声がすると聞き、娘の哀れ悲しき物語を知って、地蔵尊像を造り供養した。これを「組屋地蔵」と号し、長く本丸守護の守りとした。1662年大地震で石垣が崩れ、修理にあたった心なき役人夫により諸石に混じり行方がわからなくなった。昭和28年(1953年)の大風水害により石垣が崩れた時の修理中、地蔵尊が出現した。組屋の家紋がある所から、組屋地蔵尊と判り、ここに崇敬者相成りて冥福を祈念
し祀る』

平安時代末期に平清盛が、和田の泊(現・神戸港)築港に当たり、当時の習慣であった人身御供を止め、経文石に変えたのに、まだこんなことをやっていたのですね。
京極高次の庶民の悲しみを感じない鈍感さを感じる。

R162~R27で、後瀬山(のちせやま)トンネル手前で枝道に折れます。
20151018WakasaS156s.jpg
16:26、若狭守護・武田氏の居城・「若狭・後瀬山城」登城口の愛宕神社鳥居に到着。
トンネルが貫く山頂に山城(現・愛宕神社)があります。
山を見上げ、傾いた陽を考え、18時には山を脱出する算段をして、登ることにしました。

陽が落ち真っ暗な森の中を、山下りするのは危険です。
事前調査では標高160m(海岸に近いので比高も150mあるだろう)とわかっています。
山腹の鳥居の立派さを見て、山頂の神社までの道はある程度整備されていると思われる。
タイムリミットだけは守って、行けるところまで上がってみよう。

20151018WakasaS160s.jpg
『後瀬山・愛宕神社建立とお初さん奉納の仏画の由来 後瀬山の山頂(標高168m)には、かつて若狭国を治めた守護・武田氏の山城があり、関が原合戦後に若狭国を拝領した京極高次公が海岸へ城を移すまで、国政の中心となった。
後瀬山城廃城後、1615年火伏の神として山頂に鎮座された愛宕神社は、当時小浜藩主であった京極忠高公の姫様の支援によって社殿が建てられたと伝えられ、京極家の家紋「四ツ目」を社紋とする。その後、高次公の夫人・お初さん(常光院)は、ある時霊夢を見て感激され、侍女に命じてこの神社へ秘蔵の仏画を奉納しました』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR