セミの盛衰

夏が終わりました。
夏といえばセミですが、セミの世界にも盛衰があるようで、今年はそれを顕著に感じました。
子供の頃は、梅雨の時期にまずニイニイゼミが鳴き出し、夏の到来を予感させます。
こいつは動きが鈍いので、簡単に捕まえることが出来、真夏のセミ取りのウォーミングアップに最適でした。

梅雨の終わりの宣言のように、アブラゼミが鳴き出し、夏の甲子園の最も暑い頃が最盛期です。
セミ取りの標的はもっぱらこいつですが、たまに羽根が透明なクマゼミを見つけると、喜々として取りに行き、そいつを虫かごに入れたら上得意でした。
こいつは、木の高いところに留まるので、市販の網では届かず、竹やぶで切っていた竹を接いで網を伸ばさないと難しいです。
夏の甲子園が終わると、ツクツクボウシが鳴き出し、夏休みを予感させブルーになる。

こんな少年時代の夏を過ごしていたのですが、今年はニイニイゼミを地元では聞きませんでした。
去年までは、たまに聞こえていたのですが、今年はゼロでした。
早朝バイクで山に行くと、ニイニイゼミの鳴き声が聞こえていましたが、平地のニイニイゼミは絶滅したようです。

ニイニイゼミを駆逐していったのはアブラゼミというよりクマゼミです。
年々クマゼミが多くなり、今やアブラゼミをも駆逐する勢いです。
まだアブラゼミの方が個体数は多いように思いますが、鳴き声を聞いてもクマゼミのジージーが確実に増えています。

そして今年一番驚いたのは、山のセミ・田舎のセミであったはずのミンミンゼミの鳴き声が、我が家でも聞けたことです。
ミーンミンミンというでかい鳴き声を自宅で聞けるとは思っていませんでした。
それに代わるように、ツクツクボウシの鳴き声が減りました。
ツクツクボウシは、もっとも俊敏な動きを見せ、アブラゼミ同様手が届くような低いところにも留まるのが多いのに、セミ捕り難易度が最も高いです。

来年は更にミンミンゼミが増える予感がします。
そして森のセミ・ヒグラシが登場するのかも・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR