8/30・丹波篠山・西紀歴史探索ツーリング 1/4

家内は仕事関係の下見で、お仲間さんと京都に行きます。
8時頃家内を駅まで送り、帰宅してお天気の様子見です。
助手席に座る家内の横顔を見て、「いやあ、美人やなあ」とまた言っちゃいました。

天気予報は、午後から雨が止むとなっていますが、6時頃降っていた雨も上がり、既に雨は降っていません。
遅めの朝ご飯を食べながら、NHKの農業番組と政治番組を見ます。

さあ、行こか・・・バイク装束を着込みます。
コミネプロテクターメッシュパンツは、ずっと同じですが、夏前に家内とペアルックしようと思って内緒で買った「コミネ・プロテクト・メッシュパーカ・L・ブロンズ・11600円」を着ました。
パーカなので帽子付きですが、これは使わないので、外します。
ファスナーとマジックテープで襟に繋がっているだけなので、簡単に外れます。

他に持ってるコミネメッシュジャケット(夏用のみ7000円ほど、3シーズン16000円ほど)と違い、メッシュ糸は細めなので、全体的に柔らかいジャケットです。
家内用ジャケットも同様にしっかり生地だったので、「重い」と不評でした。
そこで、少しでも軽く、そして女性用シルエットもラインナップされているこのメッシュパーカーを、ペアで購入しました。

軽めですが、透けることはなく、ちょっとカジュアルな感じがしてナイスです。
肩・肘・胸にハード、背中にソフトプロテクターが入っており、安心でもあります。
お値段も手頃なので、売れると思います。

「里山・ひこにゃんVTR250」を出して、10:46出発。
目的地は、篠山盆地の西の山塊です。
東:武庫川・西:加古川・北:篠山川・南:R372に挟まれたエリアを、歴史探索しようと思います。
篠山から篠山川沿いr77を西進し、「JR谷川」から「高座神社」「首切地蔵尊」を訪ねます。
加古川を南下し、R372で篠山に帰りがてら、気になる枝道に入り探索しながら篠山に戻るコースです。

長尾山トンネル~r325~r33~r323~r37で羽束川沿いを走り後川奥へ。
ここから後川奥林道で永沢寺に上がります。
r49に乗り、美濃坂峠を越えて篠山盆地に下ろうと思ったら、峠へのアプローチに「通行止め看板」が出て、道を半分塞いでいます。
先月、逆方向から入ろうとして、R372から分岐したとこに「通行止め看板」があり断念しましたが、まだ通行止めが続いているようです。
これは困りました。
ここが抜けられなければ、新三田まで戻ってR176か、r12で城東トンネル越えしかありません。
いずれにしても大きなロスです。

バイクなので、通れるかもしれないと思い、強行突破しました。
11:54、美濃坂峠の近畿自然歩道・「ふきのとう休憩所」で、全面バリケードされていました。

20150830TanbaS005s.jpg
バイクを置いて、崩落現場を見に行くことにしました。
20150830TanbaS001s.jpg
峠を越え、篠山側の展望台手前まで歩きましたが、崩落現場はまだ先のようです。
晴れた日でも、山側の崖から水が滲み出ているエリアが崩れたようです。
道が細いので重機も入りづらいところなので、「しばらく、あかんな」と思い、バイクに戻りました。

すると、一眼レフ2台を首から下げた男性が、三国ヶ岳の方から降りて来られました。
「三国ヶ岳に登られたのですか?」「いいえ、少し下に軽四を置いて、ぐるっと上がってきました」。

三国ヶ岳山頂は、篠山盆地の雲海ポイントです。
木々が成長し、盆地を見下ろす景観はイマイチになっていますが、それでもここらの最高峰なので、景色はいいです。

20150830TanbaS003s.jpg
「行けないでしょう。地元の方の話では、道が落ちてるから、1年ぐらい通れないということですよ」「そうなんですか」
「昔は、つづら折れを切り返ししながら、バスが走ってたんですよ。当時はどうも思わなかったけど、路線が廃止されると、一度は乗ってみたかったなと思いますよ」
20150830TanbaS009s.jpg
・・・バイクだから平気で突っ込みますが、車の時は避ける道です。
この道をバスが走っていたとは・・・。

丹波篠山・西紀歴史ツーリング 1/5
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昔はバスが切り返しながら走っていた‥‥。
うふふ、そんな道、好きです。
KLXで探訪したいです。

No title

こんばんは~
日曜日は天気悪くなかったですか~?
雨予報を信じて家から出なかったです。

r49は虎亀の前の道ですね。篠山側から何度か抜けてきたことがあります。
あの細いクネクネ道のところで通行止めになっているんですね。
しばらく復旧の見込みがないのなら、私も覚えておかなくては・・・

No title

ひとぴちさん
r49の母子~篠山盆地間は、きっと気にいる道ですよ。
お話によると、ボンネットバス程度の大きさのバスですが、「よくあのつづら折れを切り返しして往来したな」と思える道です。
まあ、バイクでならCB1300でも平気で通れますけどね・・・

No title

まんとさん
朝、雨が止んでから出発しました。何度か雨が落ちてきましたが、夏の雨ですので濡れても冷たくなく、気持よく歴史探索出来ました。

そう、虎亀さんの前の道です。
篠山盆地から、三田市との境の美濃坂峠までの間で、道が落ちています。
この後、虎亀さんで昼食を取ったのですが、猛者のバイク乗りが強行突破したと聞きました。道が半分落ちているようで、復旧まで半年必要じゃないかと言ってました。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR