8/13・若桜城址

堀切を渡り、動物避け電気柵を開閉し城を見学しました。
素晴らしい絶景を見せたくて来ましたが、雨は上がっていますがまだ雲の中です。
霧に包まれ幻想的ですが、下界は真っ白。

20150813BonS066s.jpg
家内も次男夫婦もふんだんに石垣が残る山城に興奮気味です。
僕にとっては日常茶飯事の電気柵の開閉に、「大丈夫なの?」って驚いています。
次男夫婦は、自撮り棒にセットしたスマホで写真やビデオを撮っています。
時々、僕らも含めて4人で写真に収まります。

主郭に登った頃から雲の切れ間は増えだし、下界の景色が見えてきました。
20150813BonS088s.jpg
山城の高所感が、高すぎず低すぎず、下界の動きが見えいい感じです。

車に戻り、ナビの目的地を自宅にセットすると、帰宅時間が長男一家の空港到着時間と一緒です。
「これはヤバイ」と思いながらも、「まあいいか」

R29を東に走り、14:50・「不動院岩屋堂」に寄り道。
20150813BonS102s.jpg
僕らは訪問済みだけど、次男達は初めてなので、岩盤をくりぬいた中に作られたお堂に驚いています。

更に走り、先月見つけた平家の経盛が隠れ住んだ集落をみんなに説明する。
新戸倉トンネルを抜け、「峠の流しそうめん屋」の川を渡る長い樋をちら見します。

r48に入り、スキー場横を走り、「天竜」への分岐を過ぎ、r6を東進して、養父ICから「北近畿道」に乗りました。
和田山ICを越え、「道の駅但馬まほろば」でトイレ休憩です。

ここで次男に運転を変わってもらい、昼寝して体力回復しました。
目を覚ましたら、ちょうど舞鶴道の春日ICで、次に目を覚ましたら、篠山口IC手前でした。
ナビの到着時間が長男の空港到着時間+30分ですが、次男は慌てずマイペースで安全運転。
結婚してから、運転速度が下がり、僕と同じぐらいになりました。
家族を持つと違ってくるな。
長男もそうなり、お嫁さんたちは安心して車に乗っているでしょう。

宝塚トンネル渋滞情報は見なかったそうだけど、回りの車の量から見て渋滞しているのは確実なので、篠山口IC下車を指示します。
r94~r77で東進し、R372に合流。
そしてr12に乗り換え、南下します。
次男が、途中にある我が家のお墓を、お嫁さんに教えています。
お嫁さんは、正月に家内の実家のお墓に参っただけで、うちのお墓は知りません。
次男夫婦はおしゃべりが尽きず、とても仲良しで微笑ましい。

やがて長男が乗ってる飛行機が伊丹空港に到着する時間になったので、長男に電話します。
どうせ遅れるだろうし、荷物受け取りで時間を食うはずだから、ジャストタイムに空港に到着するかな?と思っていたのですが、「はいはい」とすぐに長男が出ました。
「もう着陸したの?」「うん」
「あのね、30分ほど遅れそうだから、空港で待ってて」「タクシーで帰るから迎えはいいよ」「鍵は・・にあるからね」ということになりました。
こんな事もあろうかと、実家のキーを秘密の場所に置いておきました。

30分遅れで自宅への最終コーナーを曲がると、自宅前に長男とお嫁さんに手をつながれた嫡孫くんがいます。
自宅に荷物をおろして、外に出てきたところでした。

みんなで「のらや」に行き、うどんを夕食として食べます。
嫡孫・遼くんは、みんなを認識できており、人見知りすることもなく、5月からさらに進んだおしゃべり能力を披露してくれます。
2センテンスだったおしゃべりが進化し、ちゃんとした会話になっています。

相変わらずの次男のお嫁さん好きで、「ゆかちゃん」を連発しています。
という感じで、お盆休み初日が終わりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR