7/26・平家隠棲の地

バイクに戻ると、ご夫婦風2台のバイクが出発しようとしていました。
奥さんの方が手間取っている風で、それを横目に先に出発しました。
R29に乗ると、バイクが追いついてきたので左ウインカーを出すと、先ほどのバイク2台が抜いていきました。
新戸倉トンネルを抜けると、さっきのバイクが、右ウインカーを出して、路肩に停まっています。
「ん?」と思いましたが、僕が抜いていくと、道を渡って旧道で戸倉峠に上がっていきました。
旧道は繋がっているのだろうか?

鳥取県側に下り、「ん、ここかな?」ってとこで路肩にストップしました。
ビンゴ! 「平経盛の墓」「平経盛隠棲の洞窟」の小さな案内板がありました。
僕みたいな歴史好きにとっては、かなりインパクトの有る歴史遺跡。
もっと大きな看板を希望します。

枝道に入ると墓石が並んでいます。
20150726UmiS144s.jpg
「平家」姓の墓石にびっくりし、10:44・バイクを停めます。
近くの墓石にも平家さん。
あっちもこっちも・・・。
「平家家代々の墓」となっているので、苗字が「平」ではなく「平家」のようです。
本姓は「平」なんでしょうが・・・。

戸倉峠を鳥取県側に下った最初の集落で、麓の若桜の町からもかなり標高を稼ぎます。
山の中ですが、四国の同じく平家の落武者集落・祖谷よりは、はるかに人里に近い。
経盛は、清盛の腹違いの弟です。
源平合戦の頃は、平家の実権は息子たち世代に移っており、義経との初戦・一の谷合戦で嫡男はじめ、謡曲で有名な3男敦盛まで息子3人を失っており、後の合戦中は厭戦気分だったようです。

但馬・播磨と因幡を結ぶ主要街道沿いのこの立地は、明らかに源氏からの逃げのみではなく、再起を狙っています。
この街道沿いで軍を養い兵を起こせば、頼朝3代の政権が滅んだあと、一定の影響力が出るでしょう。

20150726UmiS147s.jpg
「松に鳩?鷲?」という紋が民家の屋根に・・・帰宅後、家紋図鑑で調べましたが見つかりませんでした。
家紋ではないのかな?ナイスな絵柄でしたが・・・。
平家の家紋・「揚羽蝶」は、発見できませんでした。

お休みになっていたご夫婦が仕事開始するようで、僕の方に歩いてきたので挨拶すると、「どちらからですか?」と奥さんに聞かれました。
「兵庫県伊丹市から」と答えると、「ご苦労さまです」・・・おっとりと。
旦那さんから、経盛のお墓と洞窟の場所を教えてもらいました。
この方もきっと平家さんなんでしょう。

隠棲当時は、大ぴらに「平」なんて使えないから別の苗字を名乗ったのでしょうが、いつから「平家」苗字を使うようになったのだろう。
20150726UmiS149s.jpg
お墓に向かって歩き出すと、小さな戸のない小屋があり、中を覗くと生き生きとした花が飾られた祭壇です。
その隣の小屋には花の飾られた六地蔵。
小屋というより覆い屋のようです。
平家落ち武者の里として見ているからか、優雅に見えちゃいます。

『平家伝承の地・落折 平経盛の墓:経盛主従の墓と七色に変化するモミジがある(ここより右側20m)。 経盛隠棲の洞窟:源平合戦で敗れた平清盛の弟、経盛らがこの村に逃れてきて、村奥の洞窟に隠れたと伝えられる巨岩がある(これより右側・家の谷川上流400m)。 若桜町』

20150726UmiS155s.jpg
苔むした主従の小さな石積み墓に参り、お賽銭を入れ手を合わせました。
20150726UmiS158s.jpg
洞窟の方を見に行くと、バイクでも上がれそうな道なので、バイクに戻って上がっていきました。
井田端会議中の方がおられたので会釈。
道は沢沿いを上がり、獣避けネットで塞がれていました。
手前に車3台ほどの駐車場があったので、ここから歩くことにします。

ネットを開閉し、山道を上ります。
この道も車で平気な1.5車線でバイクで上っても問題有りませんが、沢の水音などが聞けて徒歩の方がいいです。
道端の電信柱に、箒が下がっています。
あっちにもこっちにも。平家さんが集まった集落の結束は強いようです。
当番制で道の掃除をしているでしょう。
先ほどの奥さんの「ご苦労さまです」に、「訪問頂きありがとうございます」の気持ちを感じたのは、こういう日頃の行いから来るのでしょう。

千町段ヶ峰・河合谷・海上林道 4/9
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR