7/26・千町段ヶ峰林道・戸倉峠流しそうめん屋

『お知らせ・入山者の皆様へ H27年4月18日~H27年7月12日まで、銃器による有害鳥獣駆除を実施します。入山される際は、目立つ服装をされるなど、事故防止にご協力お願いします。 宍粟市』

20150726UmiS082s.jpg
「どうどう橋」は、岩塊流を傷つけないように、上を渡っています。
下に降り、岩塊流の見学です。
20150726UmiS078s.jpg
山頂付近にあるのに、まるで大河川の中流域に見られる角の削れた巨岩が川のように上から下につながっています。
流れる氷河に削られたのでしょう。
想像を絶する長い期間が必要だなあと、一見してわかります。
その上に苔がつき、ツタが生え、気が生えています。

野鳥のさえずりが盛んで、素敵なひとり時間です。
20150726UmiS080s.jpg
橋の下を観察すると、蟻地獄のロート状の罠がたくさんありました。
「いるかな?」と思って周囲の砂を入れてみましたが、それを上に投げ出す蟻地獄特有の動きは確認できませんでした。
空き家なのかも?

20150726UmiS100s.jpg
8:40、「千峰」と書かれた林道開通の碑がありました。
『千町段ヶ峰線の概要 延長17.051m・利用区域面積2181ha・工事期間平成4年~24年・事業費37億7300万円・題字兵庫県知事井戸敏三書』
素晴らしい山の連なり・・・。「ヤケノ小屋」と道標された未舗装路から、2台のオフロードバイクが登ってきました。
自然にお互いに挨拶し、僕がこれから進む方向に下って行きました。

北と西の山並み視界が広がるとこに出たので、バイクを停めて激写してるとオフバイクの音が聞こえてきます。
僕がバイクを停めた横から分岐する未舗装路を上って来て、また挨拶。
先ほどのバイク2台でした。

林道は勾配を増やして下り、R429に出ました。
R429を西、r6を南西に走り、数時間前に曲がったr39との分岐を逆方向からクロス。
更に南下し、R29に出ました。

R29を北上し、9:45「道の駅・みなみ波賀」到着。
20150726UmiS113s.jpg
裏の揖保川の土手で休憩。
見上げる山は青空に生えて美しい。

ここの道の駅の波賀町観光地図に載ってた「郷社八幡神社」に寄り道しました。
道の駅のすぐ西側です。
亀がたくさんいる池があり、四天王寺さんみたい。
道標が移設されていました。
明治の中頃に南方100mより移動させたそうです。
『食料品や日用品を運ぶため作州(岡山県美作市)・因州(鳥取県若桜町)・但州(兵庫県養父町)に通じる唯一の道の標識として備えられました』

20150726UmiS121s.jpg
「力石」も2個置いてありました。
有形文化財の太刀があるそうです。
『1540年・千草城主であった大河原備中守之清が奉納した。刀身に八幡大菩薩の神号があり、銘は「備中国住長船次郎左衛門
尉勝光作波賀上之方八幡宮御剣末代天文9年8月吉日」。作者の勝光は、室町時代後期の備前国長船の刀工団の代表者で、文明から永正に掛けての年紀作がある』

R29を北上します。
10:28、新戸倉峠の「流しそうめん屋」で休憩。
バイクが15台ほどいます。
20150726UmiS136s.jpg
車もいるので満席かと思ったら、そうでもない。
順番待ち顔で屯してる方々は、どういう方なのだろう。
開店したとこだから、満席フル回転するほどそうめんの準備ができていないのかな?
ここは、樋が長く川の上空を渡って流れてくるので大人気です。

熊の檻は健在でした。
僕が最初に訪問した時は、熊さんも健在でしたが、亡くなって久しいです。
近所で捕獲された赤ちゃんクマを、ここのご主人が育てた流しそうめん屋の看板熊でした。
次の小熊捕獲を待っているのかな?

『この子熊が猟師に発見された時、母親にはぐれ何日の餌を食べず、痩せて立つことも出来ず、目だけが大きく、生きるのが困難に見えた。猟師は自宅に抱いて帰ったが途方に暮れた。昭和60年の早春だった。これを伝え聞いた滝流しそうめんの社長が飼うことを決意、レストランの隣に鉄製の小屋を建て、主任に飼育を任せた。
クロと名付け、牛乳を飲ませ、我が子のように育てた。夜自宅に帰った彼は、クロに餌をやるのを忘れた事に気づき、戸倉峠を引き返し、真っ暗になっている小屋に「クロすまなかった」と声を掛けた。
クロは彼の手を優しくなめた。1月の大雪の夕方、スキー場の残飯を運んだ時、レストランの屋根の落雪で、クロの小屋がすっぽり埋まっていた。雪を取り除いて餌を与えると、「ウオー、ウオー」と泣いた。それは喜びの鳴き声であった。
レストランを訪れるお客様の人気ものになったクロは、可愛い仕草で愛嬌を振りまいた。
時に限りがあるように、元気だったクロも平成15年に入ると、食事の量がだんだんと減り痩せていった。この年の3月、手作り豆腐店から、出来たてのオカラを与えたのが最後の食事になった。眠るような最後だった。
「人間の歳なら、もうとっくに80を超えていた。長い間楽しみをありがとう」社長はクロに語りかけた。この時肩を落とした主任の目にも光るものがあった。このクロの剥製は、今も小屋にございます。 戸倉峠滝流しそうめん』

千町段ヶ峰・河合谷・海上林道 3/9
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~
砥峰高原探索おもしろそうですね。
ミドリン号で行きたいですけど
うちからだと、ちょっと遠いんですよね~

滝流しそうめん、以前一度経験しました。おもしろいですよね~
お昼時になると国道を超えるぐらい
行列になっているんじゃないですかね~
そして、あの辺りはヘアピン連続の峠道で走り屋バイク乗りの
たむろする場所になっていたのも印象的でした。

No title

まんとさん
ここらの標高1000m舗装林道は面白いです。
今度、トレッキングと組み合わせて、ピークハントしようと思っています。1000mオーバーの峰でも、この林道を利用すると30分コースです。

滝流しそうめんは、混んでますよね。お昼時などに到着したら、ずいぶん待つことになりそう。
R29は交通量が少ないので、お気に入りの道です。
撮鳥取県側・若桜からも、1000m級舗装林道数本の入口があります。
魅力的なところです。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR