7/5・播磨浄土寺・朝光寺 その4

兵庫教育大横を通り、r144~r17・朝光寺口から北上し、13:28「朝光寺」着。
「世界に1つ!加東遺産 朝光寺と鬼追踊」と書かれていました。
境内に入ると、「鐘楼」「多宝塔」「国宝・本堂」が見え、コンパクトな寺院です。

『重文・鐘楼 本堂同様平安末期に現在地に移されたと伝えられる。桁行3間・梁間2間・銅板葺き袴腰付きの建築で、全国的にも類例の少ない貴重な遺構です。
和様を基調とする様式手法で、屋根の優美な曲線などに鎌倉後期の建築の特徴が現れている。室町後期、赤松義村ら多くの播磨国主の崇敬を受けて、幾度か修理を重ねたという。多宝塔にも、姫路城主・池田輝政の再建寄進銘があるなど、国主豪族の庇護のもとに隆盛を誇った往時が偲ばれる』

鐘楼の四方屋根が非常に大きい感じがする。
鐘楼の横に祠があり、神仏習合のいい関係が忍ばれる。
真言宗の寺院によくある多宝塔もいい。

「つくばねの滝」の案内板があり、滝音も聞こえるので本堂正面の小道を下ります。
どうやら僕は裏口からやってきたようで、滝のある川に面して仁王門がありました。
水量が多く、なかなかの滝でした。

お楽しみの「国宝・本堂」に入ります。
拝観料は無料のようです。
本堂内は暗く、本尊が見えません。
20150705JyodoS134s.jpg
撮影OKのようなので激写しましたが、浄土寺のようなお宝は眠っていませんでした。
案内板には、重要有形文化財の「木像千手観音立像・2体」が書かれていますが、拝めないようで残念。

20150705JyodoS124s.jpg
『国宝・朝光寺本堂 法道仙人の創立と伝え、もとは裏の権現山にあったが、平安末期・1189年に現在地に移したという。桁行7間・梁間7間・単層寄棟造本瓦葺の堂々たる本堂である。和様を基調として、扉の桟唐戸など唐様を取り入れた密教寺院の折衷様式の典型と言うべき貴重な遺構である。昭和10年に3ヵ年に渡り解体修理が行われた。所蔵品には、鎌倉・室町期の銘を有するものが多く、文化財の宝庫である』

ここにもボランティア解説員さんがおられたが、生憎団体さんのお相手中でした。
20150705JyodoS138s.jpg
仁王門をくぐり、本来の表門から川に下る。
『つくばねの滝は、鹿野川にかかる滝で、朝光寺の周辺にツクバネが多く自生していることからこの名で呼ばれ、親しまれています。ツクバネは、ビャクダン科の植物で、果実の形が羽子板の羽根に似ているので、衝羽根と名付けられました』

沿いの道を歩きバイクを停めた駐車場前の道に出た。
r313に出ると、そこは東条湖ランドでした。
子供たちがチビの頃、何度もこの遊園地に来ました。
ヘリコプターに初めて乗ったのもここでした。
駐車場がいっぱいで、交通整理員も多数出ており、一時期衰退したのに盛り返しているようです。

懐かしい道を走り、r311へ。
これまた懐かしい清水寺があったので、そちらに向かいましたが、ゲートで車が並んでいます。
昔は無料でお寺まで上がれたのにな・・・。
有料になってから行かなくなりました。
今回もパスします。

r141に出て北上し、R372に乗り東進開始です。
ここまでの道は、里山のワインディングで、気持よく走れました。
古市でR176に合流し、再びR372に分かれ、「木枕」からr49で南下開始です。

朝光寺は、源平一の谷合戦の前哨戦・「三草山合戦」の地で、古戦場とか陣跡とか旧跡の案内は見つかりませんでした。
そこからここまでの道も、義経軍が進軍した道なので、謂れ板でも見つかればと、密かに期待していたのですが・・・。

ここの「木枕」という地名は、元は「駒鞍」で、一の谷に向かう義経が、ここにある神社に自らの駒の鞍を奉納して戦勝祈願したのが謂れです。
春日神社前のr49には、謂れ板が立ててあるので、歴史興味がぐんと湧きます。

R372を走りだしてすぐ、カワサキに大きなバイクが近づいてきたので、道を譲りました。
サンキューサインをしながら抜いていき、どんどん離されましたが、信号とか先行車の具合で、R176との合流まで離されたは追い付きを繰り返し、信号で並びました。
僕の後ろには、これまた追いついてきたまま、僕の後ろを追走してきた僕と同じCB400SB。
バイクが3台並んじゃいました。

R176との共用区間を過ぎて、R372単独になったら、カワサキさんは離れていきますが、後ろのCBさんは僕の鈍速にお付き合いしてくれます。
そしてr49に曲がると後続CBも曲がったので、「目的地はバイカーズカフェかな?」と思ったのですが、春日神社の謂れ板で止まっちゃいました。
僕と同じ歴史好きかもしれないと思い、バイカーズカフェで休憩することにしました。
お話できるといいな・・・

播磨浄土寺・朝光寺 4/5
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR