7/5・播磨浄土寺・朝光寺 その3

満を持して、最後に残しておいたメインイベント・国宝仏像に会いに行きましょう。
拝観料500円を払って内部に入ると、太い柱のみで支えられた空間が広がり、中央に巨大仏像が3体並んでいます。
丈六ということは、90cm×6=5m40cm。
当時大活躍しスピード制作で定評のあった仏師集団・快慶作の仏像でも、これほど大きなものはそうはないはずです。
「でかい」「金色」が第一印象でした。

ボランティア説明員?なのか、先客さんが帰られ僕だけになったので、話しかけてこられました。
「快慶作でもこれほど大きなものは他にあまりないでしょうね」と質問すると、平安の平家政権末期、政権に敵対する南都僧兵を懲らしめるために兵を送った平家との戦いで、東大寺・大仏が焼けてしまいました。
弁慶の勧進帳でお馴染みの東大寺勧進が進められ、その総元締め・重源さんが、その一環として東大寺に代わる7ヶ寺を全国に建てたそうです。
その1つなので、当時は7体あったそうですが、兵火や失火で多くは戦国時代に入る前の室町時代までに焼けてしまい、唯一ここだけ残ったそうです。

「金箔がかなり残っていますが、いつの時代に張り替えられたものですか?」と質問すると、Good Questionn!と言わんばかりに、「最初のままです。張り替えてはいません」とのビックリ回答が戻ってきました。
「東大寺の大仏も、最初は金ぴかだったのです。でも金箔が落ちていきます。もっとの金箔を落とす行為は触ることです。毎年のお身拭いで金箔が殆ど落ちてしまい今は真っ黒です。でもここは一切触りません。だからこれだけ残っているのです」
衝撃の事実を知りました。「そうなんだ~」

「この仏像の心棒が地面まで達しています。その心棒を建物に固定しているので、仏様が倒れることはありません。建物と一体化しているのです。創建依頼そのままのお姿でここにおられます。阪神大震災でもびくともしませんでした。よく、これだけ大きな仏様をどうやってお堂内に入れたのですか?と質問を受けますが、お堂が建てられるのと同時進行で造られたので、出入りは一度もされていません」
ここで時間切れ・・・僕が堂内に入ったのが11:45で、受付の元お姉さんに、「12時になったら一旦閉めますけどいいですか?」と聞いていました。
「すいません、一旦閉めます。パンフレットをお持ちいただきましたら、午後からも無料で入れますので・・・」
15分でしたが、素晴らしい15分でした。
家内を連れてきたい。

20150705JyodoS065s.jpg
国宝の浄土堂の階段に腰掛けて、興奮したまま頂いたパンフレットを読みました。
ひと通り読んで靴を履き、北に下り「宝持院」を見学。
「九曜紋」でした。
12:28、「きよたにいっぷく堂」で「うなぎ御膳・1200円」を頂きました。

20150705JyodoS080s.jpg
r75を北東に走り、12:55・「山王神社」。
20150705JyodoS091s.jpg
r564にチェンジし、13:06・「依藤太郎左衛門・冷泉為勝の墓」で緊急停止。
依藤氏は、鎌倉幕府御家人で、東条川流域に勢力を張った土豪です。
中学の友達に、依藤くんがいて、播磨の豪族の末裔だと言ってたのが頭に残っています。

公家である冷泉為勝さんと並んで墓が立っているのが不思議に思い、帰宅後調べてみました。
室町幕府成立の大立者・赤松円心のお膝元・播磨は安定していましたが、足利将軍を暗殺した「嘉吉の乱」以降、但馬の山名氏に攻められたり、それを取り戻したり不安定になり、主家・赤松氏衰退後、別所氏とともに東播磨で依藤氏が台頭してきたそうです。
下克上が当たり前になり、旧勢力の公家の年貢が代官に横取りされ困窮を極めた。

そこで冷泉為勝が自らの荘園に下って直接支配していたが、別所市に攻められた。
領地を接し何かと反目していた依藤太郎左衛門は冷泉家に加勢したが、ともに敗れてここに自刃したそうです。
僕の友人の先祖も、こういう時代をくぐって今に至っているのだろう。
僕の先祖も美作で持ち城を落とされ、北関東に落ち武者しています。
僕の幼稚園の友達に、渡辺家に嫁いだ人がいます。
「大江山の鬼退治」で有名な源頼光の四天王の筆頭・渡辺綱の末裔です。
摂津渡辺党も、繁栄の時代や不遇の時代をくぐって、今に至ります。
その人一代の栄枯盛衰なんて、家系から言えば小さなことです。
子孫を残すことができれば、万々歳です。

県道を隔てて反対側にも墓地が広がり、たくさんの墓石が立っていました。
全体像を見ると、寺院が建っていたように見える。
寺院が荒廃し、ど真ん中に県道を通した感じです。
20150705JyodoS098s.jpg
キリスト教の墓石も雑然と立っており、田舎の集合墓地のようになっています。
お宝墓石はないかと歩きまわりましたが、目に留まる墓石はありませんでした。

播磨浄土寺・朝光寺 3/5
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR