7/5・播磨浄土寺・朝光寺 その2

r38を西進し、「緑が丘駅」の道標に反応し、そっちに曲がっちゃいました。
僕がスキーフリークだった頃のスキー学校仲間が、コープ内でお花屋さんをしています。
5年ほど前に、近所に用事があったので初めてお邪魔したら、ちょうど接客中で懐かしい顔だけ見て、声もかけませんでした。

適当に走ってたらビンゴになって、コープに入ってみましたがお店が有りませんでした。
別の場所に引っ越したのかな?
お互いアマチュア無線のアンテナが車に立っており、スキー学校からの帰りも交信しながら走っていました。
彼女は当時からバイクに乗っており、面白いよと聞いていたのが、僕が免許取りの背中を押しました。
年数回のスキー学校のみの付き合いだったけど、元気にやってるのかな?
「バイクの免許を取ったんだ」と驚かせてやろうと思ったけど、残念でした。
まあ僕の顔を覚えていないかもしれないけど・・・ね。

神戸電鉄・緑が丘駅横でr22に乗り北上。
神戸電鉄沿いを走り、r513~R175に出て北上。
GPS案内に従ってr75に乗り換え、11:21・「浄土寺」着。

『浄土寺は、奈良東大寺を再建した重源上人の手によって、鎌倉時代に建てられた寺院です。
東の丘陵から伸びた尾根先端地が選ばれています。西方が開け、大きな空が広がっています。夕方になると美しい夕日が望め、西方浄土が実感できる工夫がされています。浄土寺境内の周囲には、現在水田が広がっていますが、かつては絵図面のように多数の寺院が存在していました』

20150705JyodoS008s.jpg
西方を見ると、三木を走る山陽道のように、西方に丘の連なりが見えいい感じです。
駐車場横に、公共トイレ併設の「きよたにいっぷく」というレストランがあります。

まず、「歓喜院」を訪問します。
「聖天歓喜天」というインド天竺由来の象の頭を持った仏様で、かつては男女の和合行もあったという怪しい密教的信仰も相まって、とても気になります。
20150705JyodoS026s.jpg
20150705JyodoS027s.jpg
蟇股の彫刻を激写しようと本殿に近づいたらピンポーンと感知されました。

タチアオイが綺麗に咲いている横を通り、「浄土寺」に参ります。
南から30段ほどの階段を上がると境内でした。
境内を通り過ぎると北にまた30段ほどの階段で下ります。
まさに尾根先です。

「加東準四国61番霊場」となっていました。
境内に神仏習合時代の名残りなのだろう「楡社八幡神社」が共存していました。
八幡神社の石柱横には「陸軍大将男爵本庄繁謹書」と書かれていたので帰宅後調べると、篠山鳳鳴義塾中学から陸軍士官学校に上がった職業軍人で、関東軍司令官・侍従武官長を歴任した方でした。

『八幡神社は浄土寺伽藍の中央正面に位置している。これは重源が八幡信仰を重視したためと考えられる。本殿は室町時代中期の代表的な檜皮葺・三間社流造である。手狭の絵様彫刻や蟇股内の花鳥や透かし彫りなどにその時代の特徴をよく表している』

残念ながらリニューアル中で、少し透けた布で覆われてよく見えない。
四方から目を凝らしたが、見えるようで見えない女性のシースルーファッションのようで残念でした。
浄土寺裏山というか尾根上部に、「裏山四国88ヶ所と紫陽花巡り」というのがありました。
自宅の紫陽花は、もう枯れて汚くなっていましたが、ここのはまだ健在のもあったので、尾根を上がってみました。

1周1500m・30分コースと書かれています。
20150705JyodoS051s.jpg
石祠が道脇に点在し、勾配も緩いので軽いハイキングに良さそうです。
僕はショートカットして出口に回り、境内に戻りました。
20150705JyodoS061s.jpg
開山堂・薬師堂・経蔵・鐘楼堂の外観を堪能し、建築様式が変わってる本命の国宝・浄土堂の外観へ。

『国宝・浄土堂 浄土寺は、重源上人が東大寺領大部之荘(小野市中心加古川東岸一帯)内に建てられた。重源上人が入宋して学んだ「天竺様」という建築技法を用い、1194年の上棟された。天井を張らない化粧屋根裏、太い円柱に差し込まれた肘木、それにかかる虹梁、鼻隠板を打った軒などにその特徴が伺える。東大寺南大門とともに「天竺風」を伝える貴重な建物で、お堂としては我が国唯一のものです。
国宝・阿弥陀如来及び両脇侍立像 三尊とも名仏師・快慶の作である。浄土堂の本尊で、観音・勢至菩薩を両脇侍として立つ丈六の巨大木像である。好天の日には、堂背の蔀戸(しとみど)から射し込む西日が床に落ち、その反射を背景に、西方浄土から雲に乗り、早来迎される阿弥陀三尊のお姿を拝することが出来る』

播磨浄土寺・朝光寺 2/5
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR