6/28・インカレ個人戦予選

日曜日は、大学ヨット部のコーチングでした。
全日本大学ヨット個人選手権予選2日間の最終日です。
天気予報は曇なので、バイクで行くことにしました。

朝5時前に目覚め、ゴソゴソ用意し、「里山VTR250」を出しました。
今年の梅雨は雨が多めで、早朝ツーリングへの出撃回数が減っています。
高速道路利用だけど、こちらに乗ります。

5:45、コンビニに寄り、手巻きサーモンマヨ・125円・手巻き紀州南高梅・110円を購入。
R171~中国道~名神で桂川PAで休憩。
湖西道路経由で琵琶湖のハーバーに7時頃着。

ノーティスボードを見に行き、前日の成績・プロテスト関係・本日の指示などをチェックします。
全日本への出場権は、470・スナイプ各クラス毎に上位6艇です。
圏内に各クラス2艇入っています。
470級に比べ成績が見劣っていたスナイプ級も2艇圏内におり、ナイスです。
470では、トップフィニッシュも1回あります。

艇庫前に行きみんなに挨拶してから、コーチボートで朝買ってきたおにぎり1つを頬張ります。
艇庫前に戻り、選手たちと前日のレースの風向・風速・自艇のボートスピードの感触など様子を聞きます。
470級7艇・スナイプ級6艇エントリーしており、D社・金沢同様最大勢力になりました。
ここ数年の部員獲得の成功が、成績にもつながっています。

8時に出艇します。
コーチボート同乗や陸上要員の1回生が、「フレーフレー・・」と出場選手の名前を呼び送り出します。
応援してもらった方は、手を振る奴もいるし、艇を止めて「ありがとうございます」と大声で叫び頭を垂れるものもいます。
こういうとこが、学生スポーツに惹かれるところです。
僕も学生時代、公式戦に出場した時、自分の名前を応援してもらった時、涙が溢れてきました。
「よ~し、彼らのためにも頑張らなば」とハイな気持ちでレース海面に向かったのを覚えています。
こういう世界が好きで、ずっと学生スポーツに携わっているとも言えます。

次男と同期で大学に勤める監督と、4回生女子マネさん、3回生女子マネ、1回生女子マネ・1回生選手、そして僕という乗り合わせでレース艇とともにレース海面に向かいます。
フィンランド人の留学生Tくんも乗っているので、積極的に声を掛け、ご実家の事やお国の話題を入れながらコミュニケーションを図ります。

去年甥がフィンランドにオーロラを観に行ったこと、「ムーミンの国だね」とか・・・。
「私はまだ日本語が上手ではありません」と言いながら、大体わかってくれます。
スタート前のカウントダウンで、ワンミニッツ・トゥ・ゴーなど英語も交えて、レースへの理解を深めさせようとしましたが、オール日本語でも大丈夫そうです。
スクールイングリッシュな僕にはありがたい。

三井寺からの風向で、本日の第1レーススタート。
470第1マークトップで、当方カラーのスピンが上がります。
2~3~4~5マークと徐々に後続艇との差を広げ、危なげなくフィニッシュ。
コーチボートに戻ってきたら、みんなから祝福の拍手が湧きます。
彼は前日早すぎるスタートのため1レース失格しているので、上位6艇に入るべく猛追しています。
あと一歩、頑張れ。

横付けさせて、コーチボート上から全体を俯瞰した風の入り方を選手と確認します。
続々と、フィニッシュした艇がコーチボートに横付けされ、気がついた点などをアドバイスします。
成績が良くてもそうでなくても、コーチボートで監督・コーチやマネさんたちと会話することでリセットし、次のレースに気持ちを切り替えることが、トータル成績を上げるコツです。
社会人セーラーと違い、学生は1つのレースで一喜一憂してしまい、喜びで舞い上がって次のレースへの準備が疎かになったり、落胆した気持ちのまま次のレースに入ってしまいます。

西の比叡山山頂に雨雲が掛かり、それが流れてくると霧雨を伴いブローが入るレース海面は不安定です。
1回生女子マネさんが合羽を持っていなかったので、僕のカッパを貸しました。
「子供を生む女性は冷やしたらあかんよ」と冗談半分で渡すと、「暖かい、ありがとうございます」ってニコニコしています。

数度の風向の変化に合わせてのマーク打ち替え後、本日の第2レーススタート。
西風なので、右からのブローを拾いにが最初右に出すのが鉄則です。
470第1マークはトップ10に2艇という寂しい展開です。
王者D社はさすがです。
レギュラー以外の4番艇・5番艇までトップ10に来ています。

スナイプも2艇です。
13時過ぎのスタートなので、大会規定の終了時間14時までにフィニッシュしそうにありません。
大会最終レースなので、ここで爆発して、ボーダーラインにいる3艇目・4艇目も総合トップ6に入ってきてほしいけど・・・。

スナイプの当方クラブ内トップが、第1マーク4位からマーク毎に順位を上げ、最終マークで逆転し、トップフィニッシュしました。
フィニッシングライン通過の時、トップホーンが鳴りコーチボート内で拍手が湧きました。
トップ艇に乗る選手が、4回生女子マネさんのBFくんです。
「うわ~、おめでとう」と遠いBFくんに拍手していました。
総合でも3位だったので、悠々全日本切符獲得です。

結局、合計3艇が全日本個人選手権への切符を得て、レースが終了しました。
全日本での優勝候補・D社が7艇権利を得ました。
さすがです。
ハーバーバックし、気づいたことを選手個人個人に話し、15時にハーバーを後にしました。
いつもなら閉会式・ミーティングに出るのですが、18時から映画デートの予定があります。

帰路の高速道路は風が強く、75~80km/hで帰ります。
VTR250は軽いので、風が強いと振られるので慎重に走ります。
16:19、自宅近所の「出光セルフ宝塚176」で給油。
244km/7.64L=31.9km/L。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR