6/7・妙見蘇武林道

昨日・7/5は、「招き猫CB400SB」で、小野市・浄土寺、加東市・朝光寺というツーリングマップルで「国宝」と表記されている寺院に行きました。
曇天でしたが、雨にふられずラッキーでした。

----
6/7・日曜日は、家内もお休みでした。
1ヶ月前に一泊で巡った能登半島がとても良かったので、家内とドライブする予定でした。
でも、1週間前に家内が捻挫してしまい、長く歩くのは無理そうなので、キャンセルしました。
あまり歩かなくてよい絶景林道ドライブに変更しました。

ターゲットの絶景林道は、兵庫県北部・八鹿から始まる「妙見蘇武林道」と、それに続く「三川林道」です。
妙見山・蘇武山・三川山の尾根を巡る標高800~1000m・距離50kmオーバーの兵庫県No1舗装林道です。
去年の秋に初めてバイクで巡り、その絶景に惚れ惚れしました。

土曜の夜、「起きたら出発」といういつもの予定にして22時台に床につきました。
日曜日は、4時に目覚めました。
GPS・パナソニックゴリラに、数ヶ所のデータを入れ、カメラ・お茶・地図・携帯チェアなどを車に乗せます。
家内も僕のおトイレやゴソゴソで目を覚ましたらしく、トースターにパンを突っ込んでいました。
洗濯や着替えを済まし、5時に出発しました。

「出光セルフ宝塚176」で給油し、5:14宝塚ICから中国道に乗り、裏六甲を走っていると、北方に朝霧が見えます。
「篠山盆地の朝霧に間に合うかも?」と話しながら、舞鶴道に乗り換えます。
篠山盆地の朝霧は、オンシーズンの秋や春はもちろん、四季を問わず簡単に出会えますが、朝日が昇ると急速に消えていくので、夜明けの早い夏期間は時間との勝負です。

やがて霧のかかった山が見え出し、濃霧とまではいきませんでしたが、「西紀SA」は霧に包まれていました。
20150607MyokenS007s.jpg
ここで定番の朝カレーです。
自宅でトーストを1枚食べて来ましたが、朝食にご飯を入れておくと、お腹のもちがいいです。
家内もラーメンを食べていました。

6:14、西紀SAを出発し、「春日IC」で下車して、「北近畿自動車道」に乗ります。
次は、「遠坂峠」の朝霧に間に合うかどうかです。
「遠坂トンネル」までは陽光を受け気持ち良い朝の風景でしたが、予想通りトンネルを抜けた丹後側は霧に包まれていました。
立雲峡に上がれば「雲海に浮かぶ竹田城址」が観れそうですが、パス。

6:55、「道の駅・丹波まほろば」の朝の営業を見に寄り道しましたが、予想通り飲食店は営業前でした。
20150607MyokenS008s.jpg
コウノトリのオブジェがありました。
くちばしが黒だったっけ?
赤いイメージがありましたが、目の周りと足が赤いからそう記憶したのかも?

北近畿道を「八鹿」終点まで乗り、R9~r6~r267に入ります。
危惧していた「妙見蘇武林道」分岐はノープロブレムでした。
GPSで登録していた「日光院」に誘導させたのがグッドでした。

すぐに1.5車線の林道らしい道になり、7:25朝霧のお出迎えです。
20150607MyokenS015s.jpg
尾根道からは雲海が広がる景色が見れるでしょうが、僕らが上がるまでに消えていそう。

7:31、「日光院」到着。
『山名宗全祈願所、近畿楽寿観音霊場第5番札所、日本三妙見・但馬妙見・日光院、但馬七福弁天霊場・笑福弁財天』となっていました。
播磨守護・赤松氏と抗争を繰り広げながら、応仁の乱の頃は「六分の一殿」と呼ばれ、全国の1/6の守護をしていた大大名・山名氏。田舎の但馬を本拠地にしながら、大したものです。
帰りは、山名氏の本拠地・出石に寄ってみようかな?

20150607MyokenS016s.jpg
山門に獣避け扉が設置されており、それを開閉して境内に入りました。
ゆっくりながら、捻挫治療中の家内も石段を上がってきます。
仕事中の靴より、ずっと調子がいいようです。
自転車・スポーツカジュアル用に、僕が強くアシックスを薦めました。
高校生の時、コンバースなど外国かぶれだった僕は、友達からの勧めで「オニツカタイガー」を初めて履きました。
この時の履き心地は衝撃的で、以来ずっとお気に入りです。

1日中履いてる靴の履き心地が良いと、気持ちも良くなるので重要アイテムです。
捻挫が癒えるまで、TPOがNGでない時は、仕事でもしばらくこれを履くそうです。

妙見蘇武林道ドライブ 1/10
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR