5/11・能登ツーリング2日目 その9

「尼御前SA」で休憩をはさみ、「北鯖江PA」到着。
横風が強く、80km/hも困難で、70~75km/hで走ってきました。
出来れば60km/h以下で走りたい。
PA+SA2つ毎に休憩しています。

風のため約40kmで限界に達します。
バイクが振られることはありませんが、身体が左右に振られます・・・ああ、怖い。
福井平野の吹きっさらしエリアはもうすぐ終わりますが、次はトンネルだらけの海岸道エリアです。
トンネル内は平気だけど、トンネルを出た時の突然の横風が心配です。

GPSによると、高速道路に乗った時の帰宅時間は18:30時でしたが、何度かの休憩を経て19時台になっています。
本日中の帰宅は無理かもしれないけど、横風の恐怖がより少ない下道で帰ることにしました。

GPS設定を「高速道路を通らないルート」に変更すると、「R8~敦賀~R161~湖西道路~R1~R171」を示します・・・都会を走る京都以降が面白くないな。
「敦賀~R27~R162~r19~R477」ルートに決定。
次の「鯖江IC」で高速を降り、R8に乗ります。

17:58、「エネオス・エネクスフリート武生店」にて給油。
GPSに表示されている自宅までの距離から換算すると、最後の給油になり そう。
254km/9.38L=27.1km/L。

都会を走る「武生IC」までは、信号でのゴーストップの繰り返しでしたが、越前海岸への山ルートからは、高速道路並みのバイパス道になりました。
越前海岸に出ても同様で、60km/hで交通量も多くなく気持よく走れました。
連続トンネル・ロックシェイドエリアだけ以前のままで、道は狭く連続カーブでしたが、渋滞もなくスピードダウンして気持ちが良いです。

敦賀で、バイパスを降り、旧R8でR27を目指しましたが、結果的にはバイパスでもR27に乗れたようです。
GPSは「R161~湖西道路」を指示しますが、R27に乗り換え、日本海側を「小浜」に向けて西進します。
この道も山側にバイパス化されており、60km/hで快調に走れます。
眠たくなればもう一泊し、早朝バイクで出勤前に帰宅も考えていましたが、ここまで来れば「午前様帰宅」は避けられそうです。

18:53、「ファミリーマート・美浜佐柿店」にて休憩。
「飲むヨーグルト・フルーツミックス・198円」は、つぶつぶが入ってて、加えてヨーグルトの軽い酸味が美味しい。

「小浜IC」まで来て、R162に乗り換えました。
昼間なら、快適・快調バイクルートですが、日は落ち真っ暗です。
しばらく交通量があり、安心して走れましたが、やがて交通流がまだらになり、ヘッドライトをアッパーに切り替えながらの走りになりました。
川沿いの緩やかカーブエリアで、走りそのものは気持ちがいいです。

横風の強かった高速道路では、PA2つ(40km)しか持たなかったのに、速度の落ちる下道になると、1時間走っても平気です。
それでも一度、バイクと身体に休憩を入れようとポイントを探すが、道路灯も少なく適当な場所がありません。
エンジンを切りヘッドライトを消せば真っ暗になるので、少しでも明るい所で休みたい。

ルート上に既知の「道の駅・名田庄」がありますが、どうせ閉まっているはず・・・その手前の橋の上で停めました。
ここは外灯が多くて、少し明るいです。
段差のある歩道に上がり、川の流れる音をBGMに背伸びなどします。
「かじか」がたくさん鳴いています。
「河鹿」とも呼ばれる清流に住む蛙ですが、鹿の声に似ているとの表現は、「当たらずとも遠からず」です。

20:30を回ったので、家内に現状報告しようと電話の電源を入れると、ミニ懐中電灯と反射たすきをしたウォーキングの方が来られました。
止まっているバイクを見て、「どうかなさいましたか?」
「大丈夫です、休憩です」
「もう少し先に道の駅がありますよ」
「もう閉まっているでしょう?」
「ええ、でもここはトラックも通るので危ないですよ」と声を掛けてくださいました。

能登ツーリング2日目 11/11
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR