5/10・能登ツーリング1日目 その8

拝観料400円を払って見学します。
まずは鐘楼門?が立派です。
20150510NotoS188s.jpg
「経蔵堂」がありました。

『加賀藩前だけを始め、北前船で地元との交流が深かった京阪の豪商や多くの人々の協賛によって、総工費1361両という莫大な工費で建立された華麗な御堂である。八角の輪蔵には、日本を代表する鉄眼版と言われる経典334巻が収められており、この輪蔵を1回転することにより、これら一切の経典を読んだ功徳が得られるとあって、この地方一帯の信仰を集めている。当寺は中世以来浄土真宗の信仰が盛んな土地柄であるが、近隣49ヶ村から3622人もの人が参加して、この狭い面積の地ならしが行われたと言われ、宗派を超えた信仰の厚さは、平成19年3月25日の「能登半島大地震」で、この経蔵がほとんど被害を被らなかった強さに寄っても証明された。経蔵は、大阪で組み立てられたものを一度解体し、北前船で黒島に運び、能登の建具師が組み立て、建物は金沢と能登の大工によって建設され、完成までに延べ3万人を要したという』

これはかなり立派でした。
曹洞宗の元本山で、横浜の「大本山総持寺」に本山が移った後は、「總持寺祖院」と呼ばれるようになった。
夕方なので観光客は少ないですが、大伽藍の迫力は素晴らしく、圧倒されました。
20150510NotoS211s.jpg
本堂の彫刻が凄いぞ・・・堂内の多数の彫刻の意味は・・・なんて見上げていると、観光・研究で来られたお坊さんなのか、しきりに写真に収めていました。
さすが元曹洞宗の大本山・・・経済力に圧倒されます。
白いお参りの法被装束の一団が、世話役に連れられて巡っていました。

R249からr38に入り山道です。
ここへの入口で、「通行止め」の看板が設置されておりビックリしました。
「解除中」のシールが貼られていました。
後で知ったのですが、まれ人気で、GW中は一方通行&車乗入れ制限が掛かっていたようです。
時間が15時までと書いてあったので、この日も15時までは一方通行だったのかもしれません。
バスに乗って、「まれ・メインロケ地」に入るようになっていたようです。

r266に入り、ロケ地の畑。
皆月海岸に出て、一子ちゃんのお母さんがやってる美容室・・・僕はまれちゃんより、一子ちゃんの方がいい。
r38に戻り北上し、メインロケ地の「大沢集落」に16:35・到着。
20150510NotoS249s.jpg
途中に「男女滝」という2本並んで岩を下る滝がありました。
ナイスでした。

20150510NotoS258s.jpg
大沢集落は漁村です。
「間垣の里・田中屋旅館」というのがあり、番組内では別の名前のステッカーが貼ってあります。
海岸側を間垣で守った風景は珍しい。
自販機の大きさに間垣が切られ、そこに埋め込まれているように自販機が設置されています。
面白いな。

20150510NotoS266s.jpg
大沢バス停には、「間垣にあつまれ号・乗降専用バス停」という紙が貼ってありました。
まれ人気で、凄いことになったのでしょう。
20150510NotoS267s.jpg
そのバス待合は、「臨時まれロケ地案内所」になり、中に入ると、ご自由にお取りくださいとパンフレットが山積みになっていました。

「静浦神社」。
「役場」の建物には、「ようこそ間垣の里 そとら村」と書かれたペンキが剥げた時代物の雰囲気満点のペイントが残っています。
20150510NotoS271s.jpg
「外浦村」は劇中架空自治体だから、NHK番組スタッフがペイントしたものでしょうね。
上手に年代物に仕上げるものだ・・・。

まれ一家が住む民宿・「桶作家」も地図に載っています。
現役の民家のようなので、覗いたり激写などは控えました。
僕の他に観光客は車2台です。
20150510NotoS284s.jpg
子供を連れた家族が、まれが時々登っていた櫓に登って、お父さんに写真を撮ってもらっています。
僕も子供たちがチビの時、こんなのをしていたな。

20150510NotoS285s.jpg
ここは観光マイクロバス停車場で、バスの停車も30分以内と公告されています。
GW後で、日曜日だけど観光客が帰った17時とあって、ピーク時の様子はわかりませんが、なんだか想像出来ます。

能登ツーリング1日目 9/10
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR