4/19・京都今宮神社

京都の大学ヨット部新人勧誘試乗会の手伝いです。
先週同様10時に大学正門です。

またそれまで京都散策できそうです。
5時前に目覚め、特急で着替え、前夜用意していた荷物を持って5:30に車に乗り込みます。
家内は大阪で用事なので、1人です。
あいにく小雨が降っており、天気予報でも日中は雨なので、イマイチな新人勧誘になるかもしれません。
ただ雨量は1ミリ以下なので、降ったり止んだり程度で済むといいなと希望を持って豊中ICから中国道に入ります。
名神に乗り換え、5:58京都南IC下車。

R1で北上し、東寺にぶつかり右折して九条通。九条大宮から大宮通で北上し、西本願寺と平安高校の間を抜け、四条大宮を右折し四条通。四条堀川を左折し、堀川通を北上します。
二条城前を通過しました。二条城は大規模修理中のようです。
最近の京都は、西本願寺・東本願寺・・・大規模修理が目立ちます。

堀川に植えられた桜が満開です。
八重桜なのかな?ソメイヨシノより花期が遅いようです。
鴨川沿いのソメイヨシノ満開の時期は、秋の紅葉時期に次ぐ京都が混む時期で、日中の車での京都市内入りは、渋滞で閉口しますが、12月の京都紅葉見物がナイスなように、4月2・3週目の京都も穴場かもしれません。
堀川今出川・堀川北大路交差点を越え、堀川今宮を左折し、今宮通を西進します。

6:10・「今宮神社」到着。
大阪の今宮戎神社とは違いますが、地図を見ていて「今宮」の名に惹かれて目的地にしました。
20150419KyotoS001s.jpg
短いですが、石畳の敷かれた門前街があり、「あぶり餅」の暖簾の下がるお店が数軒軒を並べていました。
開店前なので、どんなお餅か不明です。

名のあるお寺並みに立派な土塀を持った門に「三階松」の紋が入った暖簾が下がっています。
家紋を見つけるとカメラに収め、帰宅後「家紋でたどるあなたの家紋」という本で、家紋名やそれを使用する主な豪族等を調べます。
定価6180円という僕が買った本の中でも最高額部類の書籍ですが、こいつはパラパラめくっているだけでも、時間の経つのを忘れます。

馬小屋があり、白馬の奉納木馬がいました。
宗像社の小社が摂社として建っていました。
いつもの習慣で謂れ板を読むと・・・

『元禄7年(1694年)桂昌院(お玉の方)造営時の社殿である。元禄建築の特徴と異なる部分を残しており、創建当時の古い形式を伝えている。宗像三女神は、古来より「道」の神として知られ志を持つ人を教え導いた神であり、「美」を司る神として伝えられている。また別名を「弁天さん」とも呼ばれ、社殿の台石の北側面に弁天さんの使者として鯰の彫り物がある』

桂昌院は、徳川3代将軍・家光の側室で5代将軍・家綱の母です。
彼女はここ西陣の商家の出と言われ、「玉の輿」の語源にもなっています。
ここの手水にも「お玉の井」と書かれており、「玉の輿神社」として女性参拝者を集めている京都の神社というのはここのようです。
何気なく訪問したとこなのに、ラッキーでした。

家光の側室の小姓として大奥に上がり、家光の乳母・春日局に見出され、更に家光に見初められ側室になった人なので、才気と美貌を兼ね備えた人だったに違いありません。
彼女が、子供の頃参ったこの神社に宗像三女神を祀るなんて、とても素晴らしいことです。

宗像三女神は、天照大神の子で、朝鮮半島・大陸との玄関口・福岡に本社があります。
朝鮮征伐した神功皇后も戦勝祈願した最重要なお宮の1つです。
20150419KyotoS010s.jpg
謂れ板に書かれた鯰の彫り物は、しっかりと土台石に見え、嬉しくなっちゃいました。
でも何故、弁天さんの使いが鯰なんだろう?

正門が見えてきました。
20150419KyotoS016s.jpg
朱塗りの立派な門です。
大徳寺側が正面のようです。正面に真っ直ぐな道が伸びているので、これが参道のようです。
船岡山が正面に見えています。

『大巳貴命・事代主命・奇稲田姫命の3柱を祀る神社で、994年船岡山の創立されたと言われ、疫病の神として信仰が厚い。西にある「疫神社」は本社が鎮座される以前からあったと言われ、素戔嗚尊を祀る。今宮の名は、この古い疫神社に対し、新しい宮を意味する』

「大巳貴命」は最初に国造りをした「大国主命」の別名で、「事代主命」はその息子。
天孫降臨で天下ったニニギに国を譲るよう迫られた大国主命は、長男・事代主命に結論の丸投げし、そのOKによって国譲りされた。
「奇稲田姫命」は、ヤマタノオロチに食われるところを素盞鳴尊に助けられ、その奥さんになりました。
これまた美女と想像される。
大国主命は素盞鳴尊の息子なので、出雲系の流れを持ったお宮でした。

桂昌院・お玉の玉の輿も加わり、ここは女子の香りがプンプンします。
あ~、家内を連れてくれば良かった~。

今宮神社・建勲神社・大田神社・鷺森神社・八大神社 1/3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR