4/12・京都・大将軍神社

東西の生活道路に交差し、案内板に従って右折すると、洋品店がありました。
20150412KitanoS205s.jpg
店頭横にベンチがあり、怪しい蛙の置物が載っています。
「ご自由にどうぞ」箱のなかに、パンフレットが数種類入っていました。
「京都一条・大将軍商店街振興組合・妖怪ストリート」なるパンフレットを見ると、ここがその一条商店街のようです。
以前にTVで見たことがあります。

電信柱に、「妖怪ストリート」の幟がズラリとはためいています。
20150412KitanoS208s.jpg
一つ目小僧人形、魚の可愛らしいオブジェが商店のFに、ゲゲゲの鬼太郎に出てきそうなタッチの妖怪の絵、商店の2Fの窓から見えるのは着物を着た狐娘。
20150412KitanoS212s.jpg

僕らを追い越した車が前に止まり、そこから降りてきたのは、濃い目の鮮やかな紫の着物姿の男性?
後ろから台車をゴロゴロ押してくる怪しげな被り物の若者。
何なんだこの道は・・・。
台車の若者が僕らを追い越し消えて行ったのが、大将軍神社でした。
20150412KitanoS213s.jpg
鮮やかな紫さんが、行列に並んでいます。
横に行くと、紫さんがペコリと・・・お化粧も綺麗に載ってる美女な男性と確信しました。
参道を見ると、両脇に椅子や机が並べられています。
東寺の骨董市や、百萬遍知恩寺の手作り市のようなものとピンときました。
開店前のようで、怪しい衣装や被り物で身を包んだ方などの出店者ばかりです。

入っていいのかな?
怪しいコスチュームの方たちを写真に収めるのに気が引けて、その他を激写。
小ぶりな神社で、「大将軍八神」というのが正式神社名のようです。
横に鉄筋コンクリート造の「方徳殿」という建物がありました。
宝物が眠っているのか?
結婚式場でも副業にして大儲けしているのか?
何故か場違いな大きな錨が境内に置いてあるし・・・。
ご鎮座1200年とあり、小奇麗な本殿はお金が掛かってそうな作りで、小社ながら経済力はありそうです。

ここで、8:55・・・タイムリミットです。
骨董屋さんに寄ると、持ちやすく包装してくれていました。
車に戻り、往路同様の道で四条大宮に戻り、「あそこに阪急大宮駅があるから、気をつけて」と、家内を下ろしました。

四条通を東進します。
昼間は大混雑の京都一の繁華街なので、久しぶりにこの道を走りましたが、片側1車線の車道になっているところがあります。
工事もしており、歩道を更に広げるようです。
いっその事、昼間の時間帯を、歩行者天国にしちゃえばいいのに。
その方が四条に面する商店街の売上げが上がりそう。

鴨川を東に渡り、左折して鴨川沿いの「川端通」を北上します。
右折して丸太町通を東進。
東大路通を北上して、9:40に大学敷地内に入りました。

ヨット部の幟が立っており、2回生T君がいます。
助手席側の窓を開け、「おはよう、車、置いてくるわ」。
いつものように、パラパラとやってくる新入生に話をし、この時間帯の予定者6人揃ったところで、みんなを車に乗せて、10:17琵琶湖に向け出発しました。

北野天満宮・平野神社・大将軍神社 3/3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

怪しい~、怪しすぎる店。
妖怪ストリートですか。
ん?
島根県にもそんなところあったような。(ゲゲゲ)

No title

ひとぴちさん
境港にも行ってみたいな。
ラッキーにも「モノノケ市」の日に訪問出来たようで、妖怪度が高いストリートになっていました。写真には写さなかったけど、コスチュームや被り物の怪しい人がせっせと仮設店舗を設営してて、異次元の時間でした。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR