4/12・京都・平野神社

北門から出ると、「付近観光案内図」がありました。
「平野神社」の位置を確認。
その図に、「大将軍神社」という怪しい名前の神社が載っていました。
時間があれば、行ってみよう。

西に歩くと、「紙屋川」が南北に流れていました。
町中なのに、川面はかなり深く、北野天満宮の西を守る堀とも言えます。

7:48、「平野皇大神」。
20150412KitanoS120s.jpg
桜の名所・平野神社と思ってやってきたが、正式名は「皇大神」が入り、「皇大神宮」が伊勢内宮の正式名ということを思えば、かなり思い切った大きな神社名です。
謂れ板が気になります。

20150412KitanoS165s.jpg
桜の名所らしく、枝垂れなどまだまだ満開の桜が、そこかしこにあります。
桜の園の円遊道を歩き、貸座敷も整備されていました。
桜目当てのカメラマンが目につきます。
20150412KitanoS177s.jpg
プロと思える機材を三脚にセットし、しっかりと1枚1枚シャッターを切られている女性もいます。

ここにも摂社で、猿田彦社がありました。
「おけさ」「一葉」「妹背」「朱雀」など、いろんな桜が咲いています。
「御衣黄桜」は、薄緑の花が満開で珍しい。
本殿裏には回れず、拝殿から望むだけですが、かなり立派です。
黄色の花の珍しい桜も満開でした。

20150412KitanoS167s.jpg
『・・・平城京内に祀られていました。794年、平安遷都と同時に御遷座されました。当初境内地は、現在の京都御所とほぼ同じでした。・・・平安時代になると、御祭神は急に位が上がり、・・・延喜式(927年)によれば、全国唯一の「皇太子御親察祭」が定められた神社です。・・・宮中外の宮中神であったことが伺えます。・・・皇城鎮護の神を定めた22社の5位に列せられ、明治4年には、官幣大社に列格しております。・・・奈良時代末期から「臣籍降下(皇族が源氏・平氏などの姓を賜り臣下になること)の制度が定まり、源氏・平氏はじめ高階・大江・中原・清原・菅原・秋篠各氏他天皇外戚の氏神であるとされ、臣籍降下の流れを汲む公武に尊崇されました。当社が宮中外に祀られたのは、この臣籍降下と深く関わっているようです。・・・』

20150412KitanoS185s.jpg
平野神社は桜目当てでしたが、謂れを読めたのは大収穫でした。
北野天満宮に戻り、大鳥居まで南下し、そのまま東西の道を渡り、大将軍神社を目指します。

「築400年の俵屋」という拝み看板が目に入りました。きつねうどん780円・玉子丼800円と良いお値段ですが、家内は興味津々です。
開店前なので格子戸から覗くしかありませんが、「茶室がある」とテンションアップしていました。

古物商さんがありました。
こちらは僕の好きな分野です。
五月人形が目に留まり、お値段を見ると15000円です。
僕が生まれた時に親に買ってもらった武者飾りを思い出します。
僕が買ってもらったものは、鎧兜一式に面もついており、槍・刀・弓・矢・靴などもついた本格派で、友達の家に行ってもこれ以上のものは見たことがなく立派でした。

ただ甲を被り面を顔につけ、弓に矢をつがえ、刀を振り回したので、親父の修理の跡が無数にある歴戦の勇者状態になりました。
我が子の時も、5月になると引っ張りだして飾っていましたが、10年ほど前、親父が亡くなった時の整理で、おふくろが「もうボロボロで使わないよね」って言ってきて、捨ててしまいました。

嫡孫が生まれた時、その5月武者飾りを思い出して調べたら、20万ぐらいからでした。
買おうと思ったけど、長男宅はマンションなので置くスペースがなさそうで、ガラスケース入りの菅原道真人形になりました。

「う~ん、どうしよう」・・・「どうぞごゆっくり」と店主さんに声を掛けられ、あれこれ見ますが、頭の中は五月人形一点です。
弓矢も靴もない、僕が買ってもらったのに比べると小ぶりですが、ほとんど傷んでおらず見栄えがいい。
椅子になってる収納ケースの塗りも綺麗で、まだ新しそうです。

嫡孫くんが1歳になった去年は、息子たちの時買ったのより大きな鯉のぼりを新調したし、3年連続で買うの?
今日は北野天満宮訪問がメインで、衝動買いしちゃうの?
なんて思いながら、店を出て再び店内に戻り、「15000円でこのケースも付いているのですか?」
「ええ、もちろん。綺麗でしょ」
「これ下さい」
「傷がつかないようにダンボールに入れますね」
「ええ、大将軍神社に参るので、その帰りに寄ります。先払いしておきます」

店外に出て、家内と20mほど歩いたところで、「あのさあ・・・買っちゃった。
壊すかもしれないけど、あれは破格にお安いと思うんだ」
「うん、いいんじゃない。壊すぐらい喜んでくれたらいいね」って。

北野神社・平野神社・大将軍神社 2/3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR