4/12・京都・北野天満宮

日曜日は、前週に続き、大学ヨット部の新人勧誘試乗会を手伝いました。
10時に、大学時計台前に行けばいいので、朝少々時間があります。

先週に続き家内も予定がないので、NHKおはよう関西でやってた京都の桜の名所・「平野神社」を観に行くことにしました。
場所を調べると、去年京都レンタル自転車サイクリングで、家内が疲れちゃって断念した「北野天満宮」の近所です。
神社はお寺と違い、ほとんどのお宮が24Hオープンなので気楽です。
社務所など中核部オープンは、北野天満宮が5時、平野神社が6時です。

4:30に目覚めたので、お天気チェックなどでゴソゴソし、5時に活動開始です。
黄砂の影響か、車に水垢が目立ってきたので、GSに行き洗車しました。
いつもならトヨタディーラーで洗車してもらうのですが、職場を離れられる昼休みと雨のタイミングがバッチリ合い行けませんでした。

帰宅して、水垢取りで黒い筋を綺麗にします。
僕の車はホワイトなので、水垢が黒い筋で目立ちます。
GS洗車では水垢が綺麗に取れないので、こいつが面倒です。
水垢取り溶液を10倍に薄め、タオルでこすればたちまち綺麗になります。
ホースを伸ばして、ブラッシングしながら、水垢の残骸を洗い流しました。
洗濯物干しまで時間がありそうなので、トーストを食べます。

6:10、家内を乗せ、出発しました。
ちょうどご近所さんのワンちゃんの散歩と同じタイミングになり、「おはようございます」。
中国道~名神、6:46・「京都南IC」で下車しました。
R1を北上し、「東寺」にぶつかり右折、五重塔の角を左折して、JRを越えます。

「梅小路・京都水族館」横~平安高校と西本願寺の間の道を北上し、「阪急・四条大宮」駅から斜め西北へ。
「三条通」に出たので、また北上です。
京都は碁盤の目のように道が作られており、東西の道は、数字の名前になっているので、道がわかりやすくて好きです。
東西道・「今出川通」まで北上し、道標に「北野天満宮:左折」とあったので、それに従います。

天満宮の大きな鳥居が見えたので、駐車場を探さないと・・・と思ったら、鳥居の横に駐車場案内がありました。
参道の横が駐車場でラッキーでした。

20150412KitanoS022s.jpg
6:54、全国の天神さんの総元締め・「北野天満宮」到着。
親に連れられて・・・小学校の遠足で・・・、過去4~5回来たように思うが、家内は初めてとのこと。
あれ~僕のルーツなのに、不覚にも子供たちを連れてきたことがなかったようです。

朝一番なので観光客もおらず、地元の方が毎朝のお参りに来られているぐらいです。
20150412KitanoS032s.jpg
空いてる参道を歩き、天神さんの代名詞・牛を眺めたりしながら、家内は気持ちが良さそうです。
家内のこういう姿を見るのが大好きです。

菅原氏の家紋は「梅鉢紋」なので、梅が沢山植わっています。
参道脇には、梅林が造営中です。
造園業者のトラックが停まっていましたが、このような神社を顧客に持っていたら、1年中仕事がありそうです。

20150412KitanoS030s.jpg
「伴氏社」・・・伴氏は、古代氏族・「大伴氏」です。
なぜこんなとこに伴氏のお宮?と、謂れ板を読むと、菅原道真の母親が、伴氏出身だったそうです。
知らなかった~

20150412KitanoS034s.jpg
「6月1日雷除大祭」のポスターが貼ってありました。
道真さんは、901年藤原時平はじめ藤原氏の陰謀で、無実の罪を着せられ大宰府に左遷されます。
道真さんの血筋と天才ぶりが、天下を握っていた藤原氏長者・時平さんの脅威だったのでしょう。
菅原氏は、古事記・日本書紀に記された天照大神の息子・天穂日命の子孫です。
天孫降臨した天照大神の孫・ニニギの叔父さん。

903年に太宰府で客死した道真さんの復讐劇が始まります。
藤原時平はじめ、その息子たち数人が若くして亡くなり、道真さん失脚に加担した藤原氏の面々、時平の甥でその権力をバックに醍醐天皇の皇太子になった親王が若くして死に、新たに立った皇太子も夭折した。
そして醍醐天皇自身もまもなく死去。
しかし、道真に好意的だった時平の弟・忠平は無事で、藤原北家の嫡流を継いで隆盛した。
死者の中に雷に打たれて劇的な最期を遂げた人物までいたので、雷神・道真となり「道真の祟り」が恐れられた。

そして道真の怨霊を鎮めるために、道真の左遷を撤回し、官位も戻した。
947年、菅原道真・鎮魂の宮・「北野天満宮」が建立され、959年、漁夫の利を得た忠平の息子が建物を寄贈し、壮大な宮になった。
謂れ板と、僕の脳内知識を合わせると、ざっとこんな感じです。
いや~楽しい。

北野天満宮・平野神社・大将軍神社 1/3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~
新人勧誘の時期ですね~
うちの下の子はこの4月から中学1年なので、今どのクラブに入ろうか検討して
毎日、クラブ見学とかしています。
身体の持病とかもあるので文科系のクラブに入部すると思いますが、
今までなかった、先輩後輩の人間関係なども体感することが大切だなと思っています。

北野天満宮は学生時代に行ったきりですので、ほとんど記憶が残っていないです。
受験の時だけ、ワラをもすがる思いで・・(笑)
道真公の怨念すごいですね。
科学でも解明できないようなチカラが働いているとしか
思えないことが起こるのが伝説になる人物所以ですね。

No title

まんとさん
クラブの存続は、4月の勧誘如何にかかっているので、今度のクラブも必死です。
昨日も手伝いに行きました。正門の集合場所に行くと、京都らしく「京都きもの企画」というクラブも集合場所にしていました。女子率が非常に高く、思わずそっちに行っちゃいそうになりました。

菅原道真・平将門・崇徳上皇が、日本の三大怨霊とか・・・全て平安時代なので、不思議な出来事はみんな霊が起こすと信じられていたのでしょうね。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR