3/24・お彼岸お墓参り終了

また早朝時間帯に、我が家のお墓参りに行きました。
当初、次の日曜日を考えていたのですが、義理姉から「新築した姪の家の片付けが終わったので、見に来るかい」と連絡を受けて、そちらを優先することにしました。
僕は、イザって時に遺児を引き取って我が子同様に育ててくれる親戚の集まりは最優先です。
日頃のちょっとした顔合わせが、家系を繋ぎます。
僕が生を受けたのも、家族がここまで暮らせてこれたのも、みんな先祖から伝わってきた小さな努力の積み重ね故です。

朝5時出発を予定して寝ました。
4:35に目を覚ましたら、階下の家内の部屋の扉が開く音が聞こえました。
家内は、何がなくともコーヒー&トーストを口にしないと目覚めない人なので、僕が降りるとトースターにパンを放り込んでいました。
速攻で着替えて、天気予報を見ていると、家内から「用意出来たよ」の声が掛かりました。

外は寒いです。
車に乗り、北に向かって走りだすと5時でした。
長尾山トンネルを抜けていくコースが好きですが、「もしも凍結していたら」と思い、安全策でr12を北上しました。
東の山並みの一部がほんのり朱に染まってきています。
奈良朝から詩に詠まれた「春はあけぼの」ですね。

僕は「あけぼの」という言葉が、小学生の頃から好きでした。
「あけぼの缶詰」の半分太陽の顔が覗いたマーク「曙光」も好きでした。
なんか「成長」や「これから始まる」を感じ、小学生の僕にエールが送られているように感じ、「あけぼも」の音が温かく響きます。
日本国旗の日の丸より、海軍&海上自衛隊が使う旭日旗の方が好きです。
しかし、「曙」というハワイ出身力士が登場し、「あけぼの」のイメージが壊れてしまいました。
あのデカイ図体は、成長しきってるよね・・・あぁ・・・

6時前にお墓に着き、墓石に水をかけ、線香に火を点けて手を合わせました。
弟一家が土曜日に参ってくれたので、素敵なお花が挿してあり、お花の入れ替えはありません。
お花差しをブラッシングしようと思ったけど、それも綺麗になっていました。
甥は後期試験で神戸大に合格したけど行かず、浪人して来年も大阪大を受けるそうです。
それを爺ちゃん婆ちゃんに報告したのでしょう。

失敗からはいろいろ学べるけど、チャレンジしないことは悔いを残します。
全力でチャレンジしよう。
朝ドラ「マッサン」で、マッサンの奥さんエリーが「人生はチャレンジ&アドヴェンチャー」と言っていました。
素晴らしい、若者への言葉です。
頑張ってくれたまえ・・・

帰路は、r12~r319~r33~r325~長尾山トンネルという定番コースにしました。
お墓もその後も山間部を通るので、朝日が拝めません。
西谷農協を過ぎ、r33を快調に南下している時に朱色の朝日を拝めました。
長尾山トンネルを抜けて大阪平野を望むと、朱色から直視できない強い太陽に変わっていました。

6:45に帰宅しました。
これで分骨先の永観堂含め3つのお墓みんな、お彼岸期間中にお参り出来ました。
そして、この寒波が過ぎたら、早朝バイク解禁しようと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR