1/26・石清水八幡宮

11:26、「男山ケーブル山上駅」への分岐を経て「展望台」到着。
20140126HachimanS032s.jpg
西に淀川対岸の「天王山」が見え、「桂川」「宇治川」「木津川」三川の合流、その北に西山・京都市街地、北東の「伏見」「宇治」まで一望です。
数々の京都攻防戦の最重要拠点に何度もなった男山で戦士たちが見ていた景色を見ながら、特に「戊辰戦争」緒戦の「鳥羽伏見の戦い」の舞台になった眼下の地を楽しみました。

「NPO法人・八幡たけくらぶ」という施設がありました。
館内には竹細工の品々が並べられていました。
20140126HachimanS041s.jpg
この山には「孟宗竹」の竹林があり、エジソンが発明した電球のフィラメントの材料にもここの竹が使われました。
大昔、エジソンの伝記で読みました。こういう竹文化は、末永く残って欲しいな。

11:37、「石清水八幡宮・本殿」到着。
20140126HachimanS044s.jpg
白装束の神官や巫女さんが目につきます。
破魔矢を授かり「厄除け参り」する列にも、祈祷昇殿口にもお参りの方が列を成しています。
さすが、源氏の見えない力を得ようとする方が多いです。
多数の神官や巫女さんを揃えているのでしょう。

清和天皇が豊後・宇佐八幡宮から勧請した八幡様を京都の守護にしようと僧を派遣し、帰りに男山の対岸「天王山」で霊験新たかな清水を見つけたので、石清水八幡宮を建立し、その後対岸の要衝の地に移しました。
清和源氏の末で源姓を賜って皇室から離れた武士集団が「清和源氏」として、ルーツのここを氏宮としてきました。

壮大な歴史絵図が、ここを取り巻いています。
「文武両道・知恵まもり」「竹製ブックマーク栞」「平安風絵図・巾着」「石清水八幡宮・木札」を、総額4500円で購入しました。
お守りは、実家の仏壇に供えご先祖様の加護も頂き、嫡孫くんへのプレゼントです。
文武両道は、僕の大好きな言葉です。
木札は、去年嫡孫誕生記念に勧請した遠い先祖・美作菅家党の祖を祀る庭の祠・「三穂神社」に入れておきます。

本殿裏の摂社を巡ると、ちょうど北側に門がありました。
軍事基地として男山を見ると、ここからどういう風にさっきの展望台に続いているのかが気になります。
あの見晴らしは物見曲輪に決まっているので、物見の兵が駐屯し、常時京都側の戦況を報告していたでしょう。
20140126HachimanS062s.jpg
いつ作られた土塀かわかりませんが、織田信長が気に入って多用したという瓦入り土塀で、厚みもあり大砲以前の戦闘なら十分に防御できそう。

北西角に木造の「高倉」がありました。
どんなお宝が眠っているのかな?
拝殿前に戻ります。
弓矢の氏宮らしく、両サイドに大きな矢が立てられ、カッコイイです。
20140126HachimanS054s.jpg
お祓いの雅楽に乗って巫女さんが踊り、雰囲気いいな。
本殿境内を囲む正面門を出る時気づいたのですが、門から拝殿を見ると、拝殿は正面門を向いておらず、微妙に数度角度がずれています。
何故かな?

さっきは正面門に続く石畳参道の途中に登って来たので、帰路は石畳正面道から下りてみます。
石畳終わり(始まり)に石鳥居があり、それをくぐるとグルリと曲がってゆるやかな石畳階段で山道を下ります。
そこに「神馬舎」がありました。
扉が閉まっていましたが、神馬がいるのでしょう。
「八幡駅」側に下る道も分岐していましたが、これもクローズされていました。
ちょっと高めの観光地価格の茶店があり、廃屋もありました。

登る時に分岐したとこに着き、12:15駐車場の南側に下りてみました。
「三條・小鍛治・相槌神社」というボロボロのお宮がありました。
鍛冶ということは、兵器や鉄器を生業にした家が連なっていたのかも?
「東高野街道」と「奈良街道」の石道標が立っています。
旧街道ですね。

12:19、バイクまで戻りました。
家内との待ち合わせは、13:30「伏見駅」なので、ちょいと慌てなければなりません。
ナビを「伏見稲荷」にセットし、GO!
「たこ焼き・いっちゃん」前にバイクはまだいません。

r13~R1~r201で「龍谷大学」前通過。
日曜日なのに大学生風若者がたくさんいます。
受験かな?
JR・奈良線「稲荷」駅前が伏見稲荷正面で、駐車場は満車でよそに回されています。
僕はバイクなので、「バイクはこっちへ」ってバリケードを警備員がどかしてくれました。
スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/26・石清水八幡宮・石清水社

日曜日は、京都お参りツーリングに出ました。
当初は、「11時集合・原付二種・伏見稲荷大社グループツーリング」参加に申し込んでいたのですが、降水確率40%ということでツーリングがキャンセルになりました。

土日の天気図を見ると、土曜夜から日曜朝にかけて、日本海から太平洋に抜ける低気圧に伴う寒冷前線が近畿地方を通過するようで、それに伴う雨のようです。
でも日曜9時の天気図では、寒冷前線も太平洋に抜けており、夜中の前線通過時に降るだろう雨での降水確率アップのようで、朝には上がり以降1ミリ以上の雨は降りそうにありません。
よってソロで、「石清水八幡宮」~「伏見稲荷大社」~「家内と待ち合わせ伏見探索」を決行することにして寝ました。
1日の降水確率というのは、24時間以内に1ミリ以上の雨が1度でも降る確率なので、0~6時・18時~24時というツーリングに関係ない12時間にいくら降っても関係ありません。

日曜日はいつものように夜明け前に目覚めましたが、予想通り雨音は聞こえません。
ムフフ、予想通り。
ソロツーリングになったので時間に縛られることがなくなり、9:30に家内を乗せて駅まで送りました。
家で着物を着て「きもの教室」に通う日ですので、雨に濡れた道路を歩いてハネなど上がるとかわいそうなので、アッシー君をします。
またまた見たことない柄の着物が登場し、目の保養をさせてもらいました。
小学生時代から結婚するまで続けていた茶道・華道時代のたくさんの着物を嫁入り道具として持参したし、着物の着道楽だった義理母の形見で、着物は唸っています。
着てあげないとね。

早めに昼食を食べ、倉庫から「里山VTR250・姫路城千姫ぬいぐるみタンデムバージョン」を出しました。
12/29以来のエンジン始動ですが、チョークを引っ張ると一発始動しました。
10:20出発し、中国道・池田ICから高速で、名神・大山崎IC下車しました。
前回何処に大山崎IC出口があるのかわからずミスりました。
その後「JH西日本」に電話し、「京滋バイパス」方面に入ることを教えてもらいました。
ここのJCTはややこしいです。
ぐるぐる回って分岐が多いので、しっかり道標を見なくちゃミスりそうです。

R478で「桂川」を渡り、r13で「宇治川」「木津川」を渡ると、男山です。
「京阪・八幡駅」からケーブルで上がれますが、男山の西の駐車場から上がれる「表参道」で八幡様に上がります。
ゆっくり走ってると、お店の開店準備をしながら、僕のバイクから目をそらさない店主さんがいます。
「ん、なんだ?」ってお店を見ると「たこ焼き・いっちゃん」というバイク乗りさんが集まるお店を発見しました。
こんなトコにあったんだ。

駐車場は舗装なしなので横にバイクを停め、係員さんにバイク置き場を聞きます。
ここは四輪専用のようで、木陰とか四輪区分されてないとこだったらどこでも無料だそうです。
指示されたバス専用駐車場に入る路上に広がってるスペースに置いて、11:03登山開始です。

まず「ニノ鳥居」をくぐります。
緩やかな勾配の階段坂を登ります。
急勾配の沢を邸内に引き込んだ風流なお宅があります。
20140126HachimanS011s.jpg
辻辻に道標がしっかり設置されており、迷うことはないですね。
20140126HachimanS013s.jpg
分岐を「石清水社」「松花堂跡」経由の道で上がります。
もう一方は「青峯殿」経由で同じ本殿に上がるようです。
20140126HachimanS015s.jpg

11:14、「松花堂跡」到着。
謂れ板によると、松花堂さんは江戸時代の真言宗の学僧で、ここに庵を結び暮らしていましたが、明治の廃仏喜捨により撤去されたそうです。

11:16、「石清水社」到着。
20140126HachimanS019s.jpg
「八幡太郎・源義家」は、ここの清水を産湯として使ったので、八幡太郎という通名がつきました。
今回の訪問の一番の目的はココです。
清和源氏から別れた河内源氏大躍進の源氏の代名詞です。
平安時代、朝廷に従わなかった蝦夷地(東北地方)平定の命を受け、東北を平らげ京都朝廷の勢力範囲を広げました。
その縁で、陸奥・出羽・下野という東北・関東北部の律令国守に任ぜられ、河内源氏の関東武士団形成の基礎を築きました。

鎌倉幕府も室町幕府も強兵の関東源氏武士団が全国を席巻して作り上げた武士政権で、関東武士が全国各地に土地を得て、地頭として支配する構図になりました。
井戸の中にお賽銭がたくさん見えます。
鬼瓦には八幡社の巴紋が・・・。
ここまでは急勾配をつづら折れで上る道で、木々の間から見える木津川などを見ると、男山が昔は木津川に洗われていたのが想像できます。
河岸段丘が想像され、大河の数多の氾濫にも堪えた地盤はしっかりしてそうです。

「石清水社」を過ぎるとすぐに、裏参道との交差点がありました。
下からの登り口同様にバリケードクローズされており、土砂崩れ復旧中なのかな?帰路を「裏参道」と思ってたけど、宛が外れました。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/5・丹波篠山味間探索 西谷里山歩き

お年玉年賀はがきの当選交換してきました。
今年は末等・記念切手セット9枚当選でした。
全部で200枚だったので、末等当選確率3/100なので、少々当選率が高かったようです。
同時に、出さなかった年賀はがき12枚の通常はがきへの交換もしてもらいました。
手数料5円/枚なので、60円出費です。
その時、「4月からはがきが52円に値上げされる」ということを聞きました。
消費税が8%にアップする関係でしょうね。


----------1/5
r36~R176に乗り南下開始し、鯖寿司のお店を探しながら走りましたが、JR南矢代まで来て発見できずでした。
ロードサイドのはずなんだけどなあ。
JR藍本駅を過ぎ、「波田東」交差点を左折し、お気に入りの武庫川沿いr310です。
r309との交点「須磨田」で左折し千丈寺湖の北岸を走る予定でしたが、何かやってるバイクに気を取られ、直進しちゃいました。
ままよ、南岸通行に変更します。

また「中西商店」への道をミスって、武庫川まで下っちゃいました。
JR広野駅のとこで、一瞬R176に復帰し、すぐにr308に乗ります。
「青野ダム記念館」のとこで右折し、「青野ダム上」を走り、千丈寺湖南岸の細道を走ります。
こんなところにダム湖にプレジャーボートを降ろすスロープがありました。
大入り満員で、ヒッチメンバーで車に引っ掛け引き上げている方もおられました。

「尼寺」でr49に合流し、「志手原」からr37~r323、定点観測ポイント・「波豆・八阪神社」から南下し、r68を渡り、ずっと気になってた「西谷中学」手前の峠でストップ。
いつもの吠えまくるワンちゃんの位置が、道から離れてて首輪もしっかりしてるので危険はなさそうです。
14:24、チャンス到来とばかりに、里山に入り込みます。
20140105AjimaS256s.jpg
『宝塚市・大原の地区・里山林等整備事業 新しい里山景観を観て楽しむ森 この森は、田んぼを使わなくなった後に生えたサクラバハンノキ林や、里山を代表する樹木の一つであるコナラ林の雄大な姿を楽しむ森です』
という里山散策案内図が立っています。
コナラ林・サクラハンノキ林の位置も明示されており、せっかく多大な費用を掛けても、近隣の小学校の授業以外にはほとんど人が入ることなさそうですが、細いながら道は明確そうなので歩いてみましょう。

20140105AjimaS257s.jpg
脱穀した籾がそのままになってる農家の裏庭を通り、「県道へ420m」と「頂上へ320m」の交差点に出ました。
r68に行っちゃうと帰るのに県道をかなり歩くことになるので、頂上の方に行ってみましょう。
景色が望めるといいなと向かいましたが、少しだけでした。
木々を少々伐採したら、r68が一望できそう。

左回りに進む道を選ぶとスタート地点に戻れると踏んでいたのですが、道がなくなっちゃいました。
仕方なく「県道方面へ190m」という交点から県道に向かいました。
20140105AjimaS260s.jpg
同じ道を戻る方が早くバイクに戻れますが、時間に余裕があるので別のとこも見てみたいです。
雨が降ると湿地になるだろう元棚田を下り、14:50・予想通りr68に出ました。

低山里山山中歩き30分でしたが、見覚えのあるこの位置だと舗装路を同じぐらい歩かないとダメそうです。
20140105AjimaS275s.jpg
バイク装束の僕がトボトボと県道を歩いてる・・・何台もツーリングバイクとすれ違いましたが、「あの人、どうしたんやろ?」って思ってるでしょうね。

バイクに到着15:11。
舗装路20分歩きで、トータル1時間の寄り道でした。
峠横の民家に大型トラックが半分道を塞ぐ形でお尻を民家側に突っ込んでいました。
何してるのかな?と思ったら、シャベルカーが田んぼに落ちかけて止まっていました。
もう一台シャベルカーを運んできて、レスキューするみたいです。
里山造成でミスったのかな?

r33~r325~「長尾山トンネル」を抜けて、16時頃倉庫着。
いつものように乾拭きをしっかりして、通勤リード110に乗り換え帰宅しました。
次男が予定より早く17時に東京に帰るそうで、ササッと片付けスタンバっていました。
でも次男の友達から電話が入り、家の前までお迎えが来ました。
「では、元気でね」・・・

これで、お正月の息子たちの帰省は全て終わり、次男を送り出してから家内が「静かになったね」だって。
「毎度のお三どんご苦労様でした」
この日から始まる大河ドラマ「軍師官兵衛」の裏話や出演者を招いてのトークなどで、NHKは盛り上がっていました。
家内は「もうダメやわ」ってことで、始まる前に寝ちゃいました。
僕は夕食・お風呂を済ませ、自室で布団に包まってTVを見ていましたが、7:30からの「ダーウィンが来た」の途中で、寝落ちしてしまいました。

丹波篠山味間探索 8/10

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/5・丹波篠山味間探索 大国寺

謂れ板に、『松尾山・文保寺略縁起 大化年間、印度より法道仙人来朝し、7堂伽藍を造営、聖観音を本尊とされたが、承平・天慶の乱の頃荒廃す。正和年間、ご本尊に慈覚大師作の千手観音を安置再興し、「松尾山・文保寺」の勅願を賜う。
戦国時代末期再び荒廃し、江戸時代に再興された。全盛期は21ヶ坊を数えたが、明治以降は3ヶ院となり現在に至る。』と書かれていた。

大化年間ということは、天智天皇と中臣鎌足がクーデターで蘇我氏を追い落とした「大化の改新・645年」頃・・・その頃本場印度からの渡来僧が創建したのだから、仏教を日本国の根幹に置いた蘇我氏・聖徳太子の時代からまだたった50年・・・歴史が長いし寺院ランキングも上位だったのでしょう。

そして、(キタ~)「承平・天慶の乱」とは、僕の大好きな平将門・藤原純友が平清盛が武士天下を取る100年前に、制度疲労を起こしていた平安時代藤原氏貴族天下から武士天下に変えようとした時代です。
純友の兵火は、瀬戸内海~大阪湾~鳥羽伏見界隈までだったので、ここまで内陸に及んだのかと読み直したら、兵火で荒廃したのではありませんでした。

そして現在の高野山同様、寺町を形成した大寺院だったようです。
比叡山天台宗の祖・最澄が生まれるはるか前だから、当時の印度仏教など知りませんが、天台宗のようだったら現在の比叡山のように修行場が背後の松尾山に広がり、お坊さん養成学校でもあったのでしょう。

2度目の荒廃の時期に、波多野秀治の子が逃れてきたようです。
見下ろすと、篠山盆地の西の端が見えます。
秀治の子はどんな気持ちで、現在も大きくは変わっていないだろうこの景色を見ていたのでしょう。
誰もいない境内で、脳内妄想が広がります。

帰り道を下っていると、『工事竣功記念 昭和58年9月28日台風10号は、最大日雨量240ミリという未曾有の降雨量を記録し、文保寺の渓谷を覆すが如き甚大なる被害をもたらしたが、町並みは県当局を始め関係各位の絶大なる尽力により昔の面影を一新する文保寺川が蘇った。この大事業を後世に伝えるため記念碑を建立する。 昭和60年10月 文保寺・二村神社・味見奥村』という碑が立っていた。

今回の東北の震災でも過去の記憶が土地に残っていればと思いましたが、こういう碑が人の人生の何倍も長く残ることで、次の被害を少しでも減らせます。
こういう日本の何処にでもある当たり前の文化が好きです。
帰宅後、よく知る「竣工」と違って「竣功」はどういう意味かな?と調べると、同じ意味だそうです。

12:43、バイクに戻り、波多野秀治のお墓が発見できなかった心残りはありますが、r36の奥をもう少し探索しようと出発しました。
r36に戻り、旧道っぽい道があったので突っ込みます。
更に細道にも突っ込みましたが、道がなくなり得意のUターンを決行。
左ハンドルの車載カメラが邪魔で、右に大きく切れないから、切り返しの数が増えます。

12:53、「安泰山・大国寺」に案内板に誘導されて到着。
無人の受付があり、入山料200円だって・・・ブ~と思いましたが、他でいいものを見せてもらって来てるのでチャリン。
20140105AjimaS239s.jpg
小さなお寺なのに、写経会場があったり、境内に営業中のお食事処まであります。
観光バスが入れるような道もないのに、何処からお客さんが湧いてくるのだろう。
現在は僕の他に誰もいません。
その辺を聞きに昼食でも取ろうかと思ったけど、さっき200円払ったばかりなのでやめときました。

20140105AjimaS248s.jpg
パンフレットによると、国の重要文化財指定が本堂と本尊他5体の仏像にされています。
重文の仏像は観たいと思いましたが、重文の本堂を眺めても「何処が?」って感じだったので止めました。
更に500円必要だし。
それらの用の方は、ベルで知らせるシステムになっています。
謂れ板によると、ここも大化年間・空鉢仙人建立となっており、こちらも印度のお坊さんかもしれません。
悠久の歴史を誇る古刹でした。
漂う雰囲気はないけど・・・

r36を更に進み、13:09・「熊野神社」到着。
軽四トラックが入って、何か作業をしています。
帰路に着きます。
往路で見つけたr36沿いの和菓子屋さん「諏訪園本店」に14:10ストップ。
20140105AjimaS254s.jpg
「いちご大福」の看板に釣られたんだけど、売り切れでした。
でも和菓子6種類6個・960円で購入。
「チョコ大福」とか面白そうなのも買いました(どれもかなり美味しかったです)。
家内へのお土産です。
ここらは茶畑が多く、店内にはたくさんお茶が売られていました。
いい香りです。

大体の地形・地図が脳内に入ったので、次は秀治さんのお墓の位置をもう少し調べて探索に来ます。

丹波篠山味間探索 6/10

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/5・丹波篠山味間探索 文保寺

r13~r12~R173~R477で北上開始です。
目的地は篠山・味間だけど、時間に余裕があるのであえて遠回りです。
野間の大ケヤキを横目に見ると、赤ツートンCBが止まっているのが見えた。
そのまま北上していると、そのCBが追い付いてきました。
道を譲ったらだんだん離れて行ったけど、R372との交差点信号で追いつきました。
同じCB400のカウルなしタイプです。
冬は寒いだろうな。
R372を西に追走したら、途中でCBは右折し園部の方に行きました。

「天引峠」~「安田交差点」~「日置」を越え、r304の篠山川越えの橋が新装成ったようなので、r304に曲がり越えてみます。
すぐに篠山川に沿って西進する道にチェンジし、道なりにr702に合流します。
戦国末期の丹波篠山の雄・波多野氏居城「八上城址」のあった「高城山」のきれいな姿を横目に、道なりにr77に合流しました。
本日の目的は、明智光秀の丹波攻略により陥落した滅亡した波多野秀治の子が逃れた寺院・秀治の墓などの探索です。
例によって1回目なので、予備知識で武装せず、行き当たりばったり、地形を見、案内板を見つけ、地元の方に話を聞き、野生の勘を頼りに自由な気持ちで探索します。
わかっているのは味間地区のお寺というだけです。

篠山市街地のお正月の様子も気になりますが、あえてパスし篠山城址の案内板を無視し、r77~r36でR176に出ます。
篠山のR176沿いに鯖寿司の美味しいお店があるそうなので、注意しながらはしったけど見つからず。
もっと南か北なのかも。

R176を少しだけ走り、山越えで西脇に抜けるr36に入ります。
この道沿いに観光案内板があるかもと、ゆっくり進んだら「文保寺」の道標を見つけ左折する。
鳥居が立ってたからここじゃないなと別の道を行ったら間違いで、鳥居の道が正解でした。
12:05、山門横の駐車場にバイクを停めます。
20140105AjimaS186s.jpg
「白髪山登山案内図」があったので、山登り基地にもなってるのかもしれません。

大きな草鞋が供えられた左右の仁王像が守る立派な山門で、謂れ板によると、天正の乱で焼失後の再建だそうです。
織田信長の丹波平定の兵火でしょう。
戦国末期築でも400年以上経っていますが、信長の兵火がなければ、多くの文化財が一昔前の姿で残っていたかもしれませんね、残念です。

右手に鳥居があり、「二村神社」となっていました。
さっきの鳥居は、この神社の神域を示していたのですね。
銅板葺きの本殿・拝殿が趣があり、拝観料を賽銭箱にチャリン。
20140105AjimaS200s.jpg
ついでに、「幸せな人生をありがとうございます」といつもの言葉をつぶやきます。

謂れ板によると、味間地区の惣社で延喜式収載の古社のようです。
『・・・明治41年には、御霊神社ほか5社が合祀され全部で19神にわたる神々を祀っている。特に記すべきは、1956年境内地に祀られた波多野秀治の御霊神社である。・・・秀治が当二村神社を崇敬したこともあり、落城に際し秀治の遺児が味間に逃れ来たともある。いずれにせよ、当社と秀治とは因縁浅からぬものがあると思われる』

ここに波多野秀治の子が逃れて来たようで、ならばここ「文保寺」の坊主になったのでしょう。
秀治の墓を探すべく、摂社などの周りも探しましたがありませんでした。
帰宅後調べたのですが、r36北側に「御霊神社」がありました。
この時点では合祀と書かれていたので、御霊神社はもうなくなったと思っていました。

『平成30年春 文保寺再興700年記念開帳法要厳修 本堂改修事業・仁王像修復事業・参詣者用トイレ新築事業など ご支援・ご協力をお願い申し上げます 宗・天台宗文保寺』の大きな看板が立っていました。
鎌倉時代末期にに再興されたのですね。

「天台宗・観明院」に入ります。
賽銭箱がないので上の本堂まで上がると、ちょうど法要が終わった黒服の方々が出てこられました。
ご住職さんも出てこられたので頭を下げます。
「ようお詣り」とお礼を言われました。
恐縮です。

次は「天台宗・大勝院」「真如院」、全部天台宗で更に上・歩いて5分ほどの距離にお堂があります。
12:31、ここが「文保寺」でした。
20140105AjimaS227s.jpg
賽銭箱があったので、まとめて拝観料をチャリン、ついでに「幸せな人生をありがとうございます」。

丹波篠山・味間探索 5/10

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

今夜は前線通過? & 1/5・丹波篠山味間探索・序

明日は、原付二種グループツーリング・「伏見稲荷詣」です。
TVニュースの天気予報は曇りなので、天気予報図を見てみました。
同じ経度上の西の日本海に低気圧があります。
明日9時の天気図では、その低気圧が太平洋上に抜けており、低気圧中心の東北太平洋沖~房総半島沖~紀伊半島はるか沖合いに寒冷前線ができています。
どうやら夜に寒冷前線が出来て、近畿地方を横断していくようです。

海で典型的な寒冷前線を見ると、綺麗な一本の線になっており、下に入り込む冷たい空気に押し上げられた豊富な湿度を含んだ暖かい空気が急激に上昇し、積乱雲が発生して急激な天候変化を起こします。
海では最も危険な気象状況です。
寒冷前線が通過した瞬間に、一瞬で海面は一変し、冷たい雨とド強風に見舞われます。
でも積乱雲の幅は狭いので、厳しい状況は短時間で、30分から長くても2時間耐えれば、なんとかなる元の海に戻ります。

高校生の時に初めてこれを経験し、乗ってたヨットはひっくり返って、船から離れないように身体を艇体から伸ばしたシートに縛りました。
数年前の春のレースでもこの天気図で、雨は大したことなかったけど、25m/sオーバーのド強風に見舞われ、波が真っ白に砕け海面から2mぐらいの高さまで霧の中にいるように視界が利かなくなりました。
レース中でしたが先輩のレース艇だったので艇体確保のためにレースから離脱し、クルーに指示して、セイルを小さくして1時間弱風を逃がしながらゆっくり走ってやり過ごし、その後ハーバーバックしました。

今夜は陸上だから、寒冷前線も山などで崩れ海上のようなことはないでしょうが、短時間に強風と豪雨があるかもしれません。
でも寒冷前線のスピードは早いので、明日の朝はもう回復基調のようです。
11時の京都南部集合は大丈夫そうです。
夜明けの天気を見て、回復が早そうだったら、集合前に予定通り「石清水八幡宮」にお詣りしましょう。
更に時間があれば、去年初冬に見た時は流れたままだった「流れ橋」の現状も見に行きたいです。

昼過ぎに解散のようなので、午前中の着付け教室を終えた家内と、「伏見」界隈をデートしようと誘っています。
雨でなければ、着物のまま来るようにリクエストしています。
京都市内の寺社やお店は、着物の人には結構特典があるので、僕もおまけで得したいなと思っています。
果たして、明日のお天気は・・・

-------+ 1/5

前日18時に寝たので、0時に目が覚めました。
これでも6時間寝ましたが、あまりに早すぎるので二度寝したら次は4時に目覚めました。
ゴソゴソし、7時になり明るくなったのでDriveman1080を車に持って行き、時刻設定・倒立設定・画質設定しました。

Driveman720は、720(1280×720)のHDのみでしたが、これはそれに加え1080(1920×1080のフルHD)と1080L(画質を落としたフルHD)の3種類できます。
1080は32GBメモリーで8時間だけど、1080Lだと14時間に記録時間が伸びるのでそれにしました。

長男一家は帰りは飛行機が取れず、8:35新大阪出発新幹線で帰るので、7:15に長男一家と家内を乗せて駅まで送りました。
駅で遼成君とハイタッチ!してバイバイです。
笑ってくれたけど、意味わかってないよね。
家内は長男一家が泊まった隣の実家の片付けをするので、「どっかに行ってきたらいいよ」だって。
僕は次男が帰る18時まで暇なので、自由時間になりました。

箱根駅伝総集編を途中まで見て、新春初ツーリングに出ることにします。
昼食用として、食卓に載ってたバナナ1本と長男一家が食べなかったドーナツ3個をヒップバックに入れます。
真冬仕様バイク装束に着替え(篠山では小雪が待っていましたが、寒さは感じませんでした)、「Driveman・1080」を持って倉庫に行き、「招き猫CB400SB」を出します。
Driveman設置でナックルガードが映り込むことがわかり、一旦自宅に戻りナックルガードに新たな穴を開けて新たなタイラップで固定し直し、レンズに被らないようにします。

これでやっとこさ出発です。
10:21、最寄りの御用達GSで給油。
269km/10.61L=25.4km/L。
これは前回の岡山県山城巡り&高速道路での燃費ですね。

丹波篠山・味間探索 2/10
1080Lは、画質を落とし過ぎのようです。
720の方が、いいな。

1/24・JIBバッグ

昼休みを利用し、西宮甲子園まで通勤リード110を飛ばしました。
R171~武庫川左岸土手道路南下ルートで快走でした。
目的は、JIBバッグの購入です。

30年ぶりに、甲子園のJIB本店に上がります。
学生時代、高校ヨット部の先輩がここでセイル(ヨットの帆)を縫っており、卒業後も含め当時数回訪問したことがあります。
JIB創業時代はセイル屋さんでした。
他のセイルメーカー同様、セイルの端切れをバックに縫い、セイルバックも作っていました。
今は、セイルバック製造の方がメインになり、セイルメーカーを止めています。

かつてと同じ商業ビルに入店しており、JIB自体の場所は変わっていませんでしたが、他の店舗物件は空きが目立ち、往時の活気はありませんでした。
当時は、西宮市の浜手高級渋滞街・甲子園という立地とマッチしたファッション系や喫茶店が入店しており、お洒落なファッションビルだった記憶があります。

お店には、平日なのにお客さんが数人おり、社長Sさんの知り合いのおじさんがバックを購入しており、お若い女子さんが友達へのプレゼントを物色していました。
僕は、今月中学受験を無事突破し、第一志望校に通うことになった姪の合格祝いプレゼント目的です。
筆記用具好きの甥の中学受験合格時は、万年筆をプレゼントしましたが、バッグ好きの姪にはJIBバッグです。
来年は、甥の大学受験があるので、また何か物色しなければなりません。

ヨットレース仲間のSさんやそのクルーさん達は工場の方にもいませんでしたが、感じの良い爽やか女子さんに見立ててもらい、中高生女子に一番人気だという「JIBバックSS・13125円」を買いました。
ホワイト・ライトブルーのセイルクロスを縫製し、ピンクのショルダーベルト付きの物です。
こういうものは女子センスに従うのが無難です。
無料で、ネーム入れもしてもらえるそうで、それもやってもらいました。

Sさんがバイクに復帰したかどうか聞いてみました。
昨年春にハーバースロープでコケて膝を打ち、レースでもずっと膝にサポーターをしていました。
どうやら完全復帰したようで、バイクも復活したそうです。
「・・さんですね、社長に来店されたことを伝えておきます」と言われて、お店を後にしました。
きっと喜んでもらえるでしょう。

セイルバッグは、とても丈夫です。
僕も学生時代、あるセイルメーカーのファクトリーチームにも所属していたので、そのロフトで端切れを使ってバッグを縫ったことがあります。
JIBバッグほどおしゃれではありませんが、業務用ミシンと型紙があれば簡単に縫製できます。
それに、クリングル(穴)を開け、ロフトのそこらに転がってるシート(ロープ)を通せばショルダータイプになり、ファスナーを縫製したら出来上がりです。
30年経た今でもどこも破れず使えます。
原価なんてタダなので、自分で使ったものを無料で持って帰りました。
それが、ベネトン並みの鮮やかカラーセイルを使い、ファッション商品として海ではなく都会で売ったら1万円だって・・・
Sさんの商才は大したものです。
気のいいオッチャンなんだけどなあ・・・

1/19・沖縄ツーリング準備

今朝、朝ごはんを食べていたら、隣の実家の掃除&換気を終えた家内が戻ってきて、「面白いものを見つけたよ~、何だと思う~」って勿体ぶって笑っています。
こういう時は、月命日に弟が仏壇に供えたものに決まってるので、「娘の合格祝いで、いい物が供えてあったんだ~」と言うと、「それもあるけど・・・」って。

「玄関の板の間に引いてあるマットの上に、饅頭の包み紙が落ちてた」のが正解でした。
弟はグルメ番組大好き人間で、やたらとそのテの店を食べあるき詳しいです。
でも、そんな日頃の食生活が影響したのでしょう、一昨年心筋梗塞を起こして死にかけました。
以来、義理妹に「お菓子禁止・甘いもの禁止・美食禁止」命令を出されてシュンとしています。

「あ~、嫁さんに隠れてコソコソ食べてるんだ~」って、家内と大笑いしました。
家内によると、「男は隠し事のしっぽを隠すのが下手だから、義理妹に見つかってるよ」だって。
ギクリ・・・僕の隠し事も、みんなお見通しされてるような・・・

---------
1/19の続き・・・

1時間の船舶免許講習を終え、14:40に開放されました。
新しい免許は、数日後に郵送されくるそうです。

次は四天王寺界隈の寺町探索予定だったのですが、寒いのでめげました。
「大阪・梅田」からR176で淀川を渡り、「十三」~「加島」から、阪神高速側道r10で北上します。
途中で、「ホンダドリーム尼崎」に寄ることを思い出し、「田能遺跡」~「猪名寺」経由でお店に着きました。

店長さんに、レンタルバイク・バッテリー本体からシガーソケットを引っ張る方法を聞きました。
あまりに寒いので、南の国・沖縄とかに脱出してやろうかと考えています。
北海道でレンタルバイクした時は、ナビ・リアボックス付きだったので問題なかったのですが、沖縄のレンタルバイクを調べるとナビもシガーソケットもリアボックスもなしです。
僕のVTR250はヘッドライト、CB400SBはリアライトからシガーソケットを引っ張ってもらっていますが、素人なので僕には無理です。
バッテリー直なら出来そうですが、プロにやり方の教授を願いました。

VTRにもCB400にも付けてもらった「MCシグナル・DCステーション・2079円」を購入しました。
バイク用・防水電源アダプター・12Vシガーソケット2穴・1.5mケーブル・ヒューズ内蔵タイプです。
これなら、赤線をバッテリーの赤(+)青線をバッテリーの青にプラスドライバーで着けたらお終いです。
勝手知ったるVTR250かCB400を借りるつもりでしたが、VTRならシートを開けたらバッテリーがあるので簡単だそうで、VTR第一志望でレンタルすることにしました。
バッテリー直なので、エンジン切ってもナビはOFFにならないので、ガーソケットから電源を抜かないといけないそうです。

下調べ中ですが、往復飛行機チケット+民宿2泊セットで4万円弱なので、レンタルバイク3日間+食事その他で7万円で沖縄に脱出できそうです。
10万円+クレジットカード持参で余裕でしょう。
1月下旬~2月上旬という極寒期でも最低気温10度~最高気温18度という天国の世界です。
2月はプロ野球キャンプがありますが、航空券の底値時期で、それほど混んでなさそうです。

昔に一度だけ夏に行ったことがありますが、メジャー観光地や戦争関係地・熱帯魚との海水浴をしたので、今度は中世のお城・絶景海岸線・辺野古米軍基地予定地などを見学し、一周しようと目論んでいます。
週間天気予報を見て、雨を避ける日程で1週間前に一気に予約するつもりなので、ネックは航空券が取れるかどうかです。

16時頃帰宅すると、家内がタンスの肥やしになってた着物を数着出して来てあれこれしていました。
風呂に入り体を温めてから、家内の作業横で邪魔をします。
次週は自宅から着物を着て行くそうです。
着付け教室卒業コンテストがあるそうで、優秀者は会報に載るそうです。
地区大会で優勝すれば東京大会に出て、それにも勝てば世界大会があるそうです。
更に女優の道が・・・とか、あ~だこ~だ笑い合いました。
いつものように、「そりゃ美人やから優勝しちゃうね」なんて、イタリアーノの僕は大いに持ち上げときました。

でも残念なことに、コンテストに家族が見に行けないそうです。
息子のピアノの発表会を見て、いっちょ前のスーツを着たチビが、いっちょ前にステージでピアノを弾くのが見れてすごく楽しかったのになあ・・・。
「モヤモヤさま~ず」「ダーウィンが来た」「軍師官兵衛」を見て、おやすみ時間になりました。
ああ、面白かった~。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/19・真田山~船舶免許更新

真田山を低速で探索し、真田丸本陣があったと思われる「大阪明星学園」正門前に来ました。
長男の時も次男の時も中学受験の候補校でした。
長男の時は、夫婦で学校説明会にも参加しました。
カトリック系の学校で、僕がプロテスタント系でとてもいい教育を受けたので、好印象の学校でした。
結局長男は兵庫・甲陽が第一志望で受験せず、次男は私立中学統一受験日が大阪と兵庫でずれたので受験機会ができましたが、兵庫・六甲とヨット部のある大阪・清風を受験しました。

公舎のてっぺんに立つマリア像を見上げながら、前日土曜日の近畿中学統一受験日初日で早々と第一志望合格という結果を得た姪の喜びを、マリア像に感謝しました。
姪は和歌山のイエズス会親愛女子に通います。
僕もプロテスタント系中学に通ったので思うのですが、宗教がらみの学校に、多感で精神も身体も大きく変わる中高の時期に通うのは、とても有意義だと思います。
素敵なレディーに成長するでしょう。

更に真田幸村関係遺物を見つけようとうろうろしていると、小さな交差点に「近松門左衛門墓所・0.7km・井原西鶴墓所・誓願寺0.6m」の道標が立っていました。
矢印の方向に進んでみました。
誓願寺を見つけられず、ナビに探させ、11:44到着。堂塔は道から見えず、ビルとGSとの間のとても狭い山門のみの入口で、一度通り過ぎちゃいました。
「井原西鶴・中井一族・墓所」の石柱が立ち、お墓参りしました。
20140119SanadaS031s.jpg
中井家というのは知らなかったので、謂れ板や無料でいただけるパンフレットをベンチに座って読みました。

江戸中期に「大坂学問所」を開いた教育者一族だそうです。
明治維新後の奇跡の急成長も、その礎は江戸時代の識字率の高さです。
都市では殆どの人が文字が読め、農村でも半分ぐらいの人が読み書き理解できたそうです。
特権階級の支配層しか教育の機会がなかったヨーロッパより高い識字率は、このような市井の教育者がいたからです。
ありがたいことです。

真田山から大坂城に通じているという「真田の抜け穴」や、「幸村戦死の場」も探索予定だったのですが、歴史観光案内板を当てにしてたのが甘く、見つけられませんでした。
大都会・大阪市なので、歴史遺産で町おこししてる地方都市とは大違いでした。

更新講習が13:30からなので、昼食&写真撮影を考慮し、早めに切り上げて講習会場に向かおうと道に出ると、なんと駐禁おじさんが僕のリードのナンバーを控えています。
「すいませ~ん」で開放されました。
また駐禁でゴールド免許への道が遠のくところでした。
「ホッ」

途中12:01、大坂城が見え出した「セブン-イレブン・大阪上町店」で、エビマヨおにぎり・110円+切れてるバニラロールケーキ・128円を昼食用に購入。
少し北上して、大手門を激写。

12:13、講習会場の「大手前センチュリービル」に到着しました。
20140119SanadaS037s.jpg
20140119SanadaS039s.jpg
すぐにビル内の「大阪府モーターボート連盟」に上がり、スクーター駐輪場所を聞き、所定の位置に停め直します。
講習・更新料10500円+写真撮影料500円=11000円を払い、免許用証明を撮ってもらいました。
ダイレクトで更新手続きをする方が安いのでしょうが、免許切れ連絡がないので一度失効講習を受ける羽目になったことがあるので、前回同様連盟経由で新免許を送ってもらうことにしました。

講習会場は、午前中船舶免許試験会場だったようで、次の講習の準備中でしたがご好意で入れてもらい、昼食をパクつきました。
12:45に会場がオープンし、旧免許証・写真を渡し講習手続完了。
身体検査で視力検査はあっさり合格し、席につきます。
講習開始まで流れていたビデオで、海の救助ネットワーク・VANネットの宣伝が流れていました。
13:30定時に講習が始まり、20分間ビデオを見て、40分間最近の事故事例などの講義です。

広島・呉で起きたばかりの自衛艦とプレジャーボートの衝突事故にも、触れていました。
全員ライジャケ未着用だったことが、悲しい結果につながりました。
数年前琵琶湖であったヨットの転覆事故でも、子供5人中ライジャケ着用の2名だけが助かり他の3人は亡くなりました。
ライジャケ着用子供生存率100%&未着用生存率0%・・・
ライジャケ未着用大人女性2名の生存率0%・・・
未着用大人男性4名中生存率50%・・・
「ライジャケさえ着ていれば・・・」、水の上に出る時はライジャケを着ようと念を押されていました。
全船長さんが5年毎にこれを聞いているのになあ・・・

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/19・真田山

日曜日は、小型船舶1級免許の更新講習に行きました。
免許期限は2014年11月ですが、船の免許は1年前から更新可能のようで、大阪府モーターボート連盟から更新ハガキが届いたので、忘れないうちに更新講習の申し込みをしました。

家内は着付け教室だし、講習は大阪市内大手町で午後からなので、午前中先週に続き市内探索することにしました。
大阪城~大阪冬の陣で真田幸村が真田丸を築いて徳川方に大損害を与えた真田山、四天王寺~北へ続く寺町筋を探索のターゲットに定め、土曜夜に主な位置をGPS登録して床につきました。

日曜日は6時頃目が覚めましたが、非常に寒いです。
僕は毎年この時期、「春眠暁を覚えず」のことわざの先取りが始まり、1年中で一番朝寝坊です。
予定通り7時出発目指して、朝ごはんやお風呂などをやっつけて、イザ出陣と思って窓の外を見ると、雪が舞っています。
西の空は時雨雲で視界がなく、六甲山が見えません。
どうせすぐ止むだろうと、自宅待機することにしました。
グズグズしてたら、9:30に家内が出発するということなので、車で駅まで送って行く臨時仕事が入り、出発が10時を回っちゃいました。

目的地が大阪市内で、ビル内の講習会場だし、市内小回りに便利な通勤リード110で探索するので、冬用バイク装束を止めて通勤スタイルにしました。
でもこれは失敗でした。
この冬一番低い最高気温6度だったので、バイク用と一般用との差を思い知りました。
胸はスクリーンで直接風が当たらないからマシだったけど、肩がいけません。
すぐに失敗を感じましたが、面倒だったのでそのまま進み、結局講習後の午後の部探索をキャンセルし、一路帰宅してしまいました。

r13を一気に尼崎に南下し、途中で「ホンダドリーム尼崎」に寄ろうと思いましたが、10:30開店のようでまだ開店準備中でスルーになりました。
R2に出て一路東進し、「阿波座」~「森ノ宮」と大阪城南東まで来て、真田山に向けて南下しました。
「真田山公園」内にバイクを停め、探索開始です。
野球場やプールが有り、開発された町中ですが、「山」と地名に残っている通り、四方に下りを有し山の面影が残っています。

東は湿地&海・北は淀川・西は大和川という大河に囲まれ、そこから堀を引いた織田信長との10年戦争でも落ちなかった石山本願寺跡に建つ大坂城は、要害に囲まれていますが唯一防御の弱いのが南面です。
そこに真田幸村が真田丸を築いて徳川軍を翻弄したわけですが、当時は大坂城から丘として見えていたのではないかと想像できました。
10:57、「真田山幼稚園」・・・こんな名前の園に通ったら、いずれ歴史に興味が向きそうです。
「宝国寺」「西念寺」「本伝寺」・・・ここも寺町ですね。

一旦バイクに戻り、寺町続きを更に北に上り「高野山真言宗・興徳寺」内の大きな千手観音像?に目が留まり寄り道。
千手観音のように背面から手がたくさん出ていますが、千手ほどはありません。
「准低観音像」というそうで、真言密教を開いた空海・弘法大師が強く信仰し、高野山では住まいである僧坊の次に「准低堂」を建て、准低観音像を得度の本尊としたそうです。

11:18、「心眼寺」到着。
20140119SanadaS017s.jpg
ここまでの全てのお寺で誰にも会わなかったのに、ここには5~6人のカメラ片手の散策観光客に会いました。
山門前に、「真田幸村出丸跡」の石碑が立っています。
でもここは坂の途中なので、真田丸の本丸はもう少し南の真田山最上部に建てたと思われます。
山門扉には、真田氏の家紋・六文銭がバッチリと・・・
もう一つ、面白い石碑が立っていました。
20140119SanadaS018s.jpg

「京都見廻組・桂早之助・渡辺吉太郎・墓所・当山」・・・京都見廻組は、幕末京都守護職・会津藩主・松平容保公の下に置かれた京都治安維持舞台で、新選組と同列の組織です。
京都河原町近江屋で坂本龍馬・中岡慎太郎を暗殺した組織で、両名は当事件の襲撃者で、渡辺が坂本を斬ったとなっている。
寺内の両名の墓石横に掲げられた謂れ板によると、鳥羽伏見の戦いで見廻組は最前線で戦い戦死したとなっています。
戸板で幕府軍総司令官・徳川慶喜がいた大坂城まで搬送され、この寺に葬られたとのことです。
戦力で上回る幕府軍が、薩長軍に敗れた鳥羽伏見の戦いは、太古から何度も劣勢を跳ね返した天皇勅命軍の証「錦の御旗」の威力をまざまざと見せつけました。
徳川将軍でさえ、緒戦の敗戦を知り、咸臨丸で大坂沖から江戸に敗走・謹慎したぐらいです。
しかし、徳川の正義を胸に戦った戦士の無念は如何程だったろう。
戦い破れ戸板に乗せられ本陣に帰還したら、主将が既に戦線離脱していたんだから・・・。
いろんな思いを胸に巡らし、手を合わせました。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

1/4・インスタントラーメン記念館 後編

行列の先頭になり、お姉さんに促されて、カップにお絵かきする席に着きます。
テーブルに用意されてる6色ほどのマジックで絵や文字を書きます。
家内は絵なしで、「遼君もうすぐ1歳記念」と文字を大きく書いてました。
長男は遼成くんにマジックを握らせ、苦労してお絵かきさせようとしてます。
当然点と線のみで、おまけに長男のズボンにまで書いています。
「うわぁ~やられた~、これ落ちる~」とお嫁さんにヘルプしています。
「う~ん、やってみるけど難しいかもね~」と笑っています。

お嫁さんは、チキンラーメンのゆるキャラ・ひよこちゃんを書いてます。
僕はCUP NEEDLESの文字を塗り絵し、太陽と海とヨットを書きました。
家内が覗きこんで、「やっぱりね~」だって。
建築設計家だけどプロダクト・デザイナーでもある次男はさすがピカイチの上手さで、ひよこちゃん他を書いて配色も素晴らしいセンスです。
そのまま製品化出来そうな出来栄えです。
ただ子供時代からのいつもの如く、他のみんなが終わっても我関せず急ぎもせず、マイペースで自分の作品に没頭しています。
この熱心さがいいんだよね。

次のトッピングコーナーで、お姉さんに「はい、そのハンドルをぐるぐる回してください」言われて、カップを麺にかぶせる作業を手動機械でします。
次はトッピングです。
中のお兄さんにスープの味(5種類)具(20種類ぐらいの中から4種)を指名し入れてもらいます。
その次は包装です。
お姉さんがみんなの作品を1つずつ簡単な機械に通してくれ、ビニール圧着包装されるのが見れます。
20140104RamenS160s.jpg

最後に持ち帰り用ビニール袋と紐をもらいます。
水鉄砲のような手動ポンプが置いてあるテーブルに行き、ビニール袋の中にカップヌードルを入れ、布団圧縮袋の要領で
備え付け手動ポンプでシュポシュポって、ビニール袋に空気を入れていくとそれが膨らみ、中でカップヌードルが固定されます。
紐をビニール袋の2つの穴に通し出来上がりです。
みんなが肩から下げて姿になり、記念写真をパチリ。
20140104RamenS163s.jpg
僕はでっかいカップヌードル前で遼成くんを抱っこし、家内とスリーショットです。
20140104RamenS171s.jpg

それをぶら下げながら、颯爽とインスタントラーメンの歴史展示見学に出発です。
見学中の12時頃は行列は解消されています。
昼食時が空いてるみたい。
試食室があります。
自販機で日清食品製品を買い、テーブルで食事する流れになってますが、テーブル待ちで20人ぐらいの行列ができていたので退散します。
グッズ売り場で、ひよこちゃんぬいぐるみを物色しましたが、手頃な大きさのがなく残念でした。
20140104RamenS181s.jpg
「千姫・VTR250」に続き、「チキンラーメン・VTR250」もデビュー出来たのに・・・。

長男からラーメンを食べに行こうとの提案があり、自宅近所の天下一品に入りました。
「久しぶりに、チャーハンセットが食べれるぞ!」
息子たちは懐かしいと言ってます。
次男の住む千葉にはないし、長男の住む東京では行列ができる大賑わいで、大阪の人間である長男は、僕同様並んでまで混んでるお店で食べようとは思いません。
だから縁がないとか。

男組は全員「チャーハンセット・こってり」、女子は「塩味さっぱりラーメン」、遼成君は大人と同じタイミングで食事
なので、モリモリベビーフードを食べています。
13時半頃帰宅し、長男一家は翌朝東京に帰るので、遼成くんの体調を整えるために家でゆっくりします。
次男が買い物に行くというので、家内と3人で駅まで送りました。
その後家内の銀行用事に付き合い、帰宅しました。

ここで僕は、通勤リード110に乗り換え、ホンダドリームから届いてたパンフレットを手に出かけます。
「先着100名様・ホンダドリーム福袋プレゼント」目当てです。
1/4からだけど午後になっちゃったので無くなってるかも・・・ってお店に飛び込みましたが、まだ残っていました。
ラッキー。

続いて、アマゾンに注文した「Driveman1080・シンプルセット」をヤマト運輸営業所まで取りに行きます。
キーON・OFFで自動撮影開始・終了し、32GBメモリーカードで8~14時間録画できるので、バイク車載してみようと思います。
車用「Driveman720」よりグレードを上げたのは、三脚アダプタ付きで倒立撮影が可能だからです。
基本車用なのでフロントガラスからぶら下げる仕様だから、バイクでは倒立設置になっちゃいます。
倒立撮影モードに切り替えられるのがありがたいです。
帰宅して説明書を読んで、720の時の設定知識を思い出します。

そういえばアメリカンフットボールのライスボウルはどうなったかな?
風呂に入り本読みし、「岡山の民話・稲田浩二編・未来社」を読み終えました。
起きてきた家内とぼたん鍋の残りを食べながら、映画DVD「イエスマン」を途中まで見て、18時頃寝ちゃいました。
早起きの分、仕事のない休日はウィークデイ以上に早く眠たくなっちゃいます。

1/4・インスタントラーメン記念館 前編

お誕生日ビデオが、長男が設定した共有ボックスに投稿されました。
お嫁さんから、「見てください」って・・・

昨日の嫡孫くん1歳の誕生会の様子です。
午後を早退した長男と、ちょうど東京に来ていたお嫁さんの妹さんがいます。
妹さんはお産婆さん看護師さんなので、遼成くんをこの世に取り出してくれた大恩人でもあります。
1歳誕生日おめでとうバルーンが上がる部屋で、紙製のとんがり帽子をかぶり、ハッピーバースデーの歌を歌ってもらい、親につられてパチパチ拍手をしています。
お嫁さん手作りのアンパンマンがデコレーションされたケーキを、ニコニコ美味しそうに食べています。
初ケーキだそうです。ぐふふ・・・


----------
1/3 インスタントラーメン記念館

4時に目覚め、ゴソゴソしたり、1/3に届いた年賀状をチェックしたりしました。
8時半になったので、隣に行き長男と出発時間の相談です。
昨夜の鍋の時、池田の「日清食品・インスタントラーメン発明記念館」の話が出て、長男一家が東京で行ったビール工場見学が楽しかったそうで、行くことになりました。
世界初のインスタントラーメン発明者で創業者の安藤百福さんのお孫さんと、弟は同じ中高の同級生でした。
仲のいい遊び仲間で、我が家にもよく来ていました。
泊まっていったこともあったような・・・。

10時開館だから、9時半出発と言うと、遼成くんの午前中のお昼寝タイムを考慮し、10時半出発がいいとのこと。
長男は僕らの都合より自分の家族優先なので、お父さんとして頼もしいです。
家長はこうでなくっちゃ。
次男が起きたので誘うと、参加するとのことです。

10:30をまわり、車で出発です。
R171で軍行橋を渡ってすぐ左折北上し、家から15分・11:03に「インスタントラーメン発明記念館」に到着しました。
お正月でもあり駐車場待ちを覚悟してたけど、ちょうど北駐車場に1台だけ空きがあり、係員に誘導されラッキー。
まずは、安藤百福翁像と並んで、次男が抱っこした遼成君の記念写真です。
20140104RamenS144s.jpg
百福さんみたいなでっかい人になりなよ。

館内に入ってまず目についたチキンラーメンのマスコット・「ヒヨコちゃんぬいぐるみ」が大量に積まれた「ご来館500
万人記念」前でまたパチリ。
主役遼成君を交代で抱っこしパチリ・パチリ。
20140104RamenS148s.jpg
インスタントラーメンの歴史展示物を見学する前に、ほとんどの来館者がお目当ての「マイカップヌードル・ファクトリー」の行列に並びます。

僕らが並んだ横に、「ここから製作終了まで30分」の案内板が出ていました。
すぐに列が伸びていきます。
いいタイミングで入れたかも・・・。
遼成君はお父さんに肩車されながらごきげんさんです。
20140104RamenS151s.jpg
僕が息子たちを肩車してた時は、髪の毛をがっちり掴まれ痛かったけど、遼成君は両手を離してロデオ乗りです。
安心してるね。

少し進むと、制作手順ムービーが流れていました。
これからの工程を学習します。
「made in JAPAN大賞」の垂れ幕が下がっていました。
「ラピタ誌」という雑誌が企画した今世紀の日本製品で最も偉大だったものを選ぶ賞で、日清食品カップヌードルが1位に選ばれたそうです。
2位ソニーウォークマン・3位JR新幹線・4位任天堂ファミコン・5位三菱重工ゼロ戦・6位日清食品チキンラーメン・7位トヨ
タプリウス・8位ホンダスーパーカブ・9位ソニートランジスタラジオ・10位味の素だって。

あと10人ぐらいになる横に、自販機があります。
これに300円投入し、空のカップのみ購入します。
5人分購入。
20140104RamenS157s.jpg
すぐに横のお姉さんがカップにゴミが入らないように簡易蓋をしてくれます。
次に手の消毒機械です。
ボタンを押すとジュースが出て来る自販機みたいな機械で、カップを置く部分に手をかざすと霧が手に吹きかけられます。
消毒用エタノールの臭いがします。
手をもんでアルコールをまんべんなく手になじませ消毒します。

1/17・阪神大震災は、ハッピーバースデー

年明けから、『1.17・阪神淡路大震災追悼日」の今日に向けて、震災報道が増えていました。
そして今朝・・・5:45に黙祷をしました。
我が家も大損害を出した僕の人生の大きなマイナス日でしたが、反面家族・特に小中学生だった我が息子たちが笑顔で僕ら親を助けてくれた嬉しい日でもありました。
そしてちょうど1年前の今日、嫡孫の誕生で、嬉しい要素がマイナスを大きく上回る我が家の記念日になりました。

----------
午前中、家内と次男をccにして、長男夫婦にメールを送りました。

> 遼成君、お誕生日おめでとう。
> とうとう1歳・・・やっと1歳・・・お父さん・お母さん、よう頑張りましたね。
> 特にさ・・さん(お嫁さん)に大拍手です。
>
> こちら関西の今朝のニュースは、阪神大震災追悼行事の話題ばかりでした。
> 幼く命を落とされた方々のお話を聞きながら、幸・君(長男)は早朝に産気づいたと思っ> たら昼前には世の中に出てきたのに、粘ってこの日を選んで誕生した遼成君は、多くの子達の期待を受けて生まれて来たようで、きっと大物になるなと確信のようなものを感じました。
>
> 今朝雅・ちゃん(家内)から、「お誕生日プレゼントしなくちゃね」って話が出て、「靴のプレゼントでいいんじゃないの?」と答えると、「あれはクリスマスプレゼントでしょう」って言われちゃいました。
> 「まあ、本人はわかってないから、今回はいいんじゃないの~」なんて、勝手に結論づけちゃいました。
>
> 先日、無茶かっこいい自転車に乗ってる幼稚園入園前と思われるチビ君を見ました。
> イタリアンなベネトンカラーの鮮やかなカラーリングの小さな自転車に、颯爽と乗っています。
> 追いかけるお母さんも追いつけない速さで、「上手だなあ~」と見ていたら、なんとペダルがありませんでした。
> 両足べったりのサドルの高さで、地面を足で蹴って走っていました。
> ブレーキはどうなってるのかわかりませんでしたが、スパッとお店に乗り付けて横に転がし、サッサとお店に入って行きました。
> 後からやってきたお母さんは、ヒョイと持ち上げて邪魔にならないとこに置いてからお店に入られたので、軽いんだなと思います(鉄製ではないのかも?)。
> 「乗れるようになったら、あれを買ってやろうかな~」なんて、雅・ちゃんと話しました。
> 知ってますか?
>
> 広島県の呉沖で、自衛艦とプレジャーボートが衝突し、船長さんともう一人の方が亡くなられましたが、死因が低体温ではなく溺死ということで詳しく記事を読んだら、全員ライフジャケットを着用していなかったと書いてありました。
> ああもったいない・・・実にもったいない・・・
> ご冥福を祈りながらも、全員にライフジャケット着用を義務付けなかった船長の甘さを感じました。
> 持論「ライフジャケットさえ着ていたら、多くの水の事故死は防げる」が、また立証されました。
> 昨年12月、ヨットハーバーの知り合いのお店で、幼児のライフジャケットを物色しました。
> 大人並みのカッコイイのがあるのですが、幼稚園ぐらいからの子用で、それ以下のは如何にもベビーな感じで・・・もう少し大きくなったらプレゼントしますね。

-----
お嫁さんから返信がありました。

メールありがとうございます。
無事に一歳のお誕生日を迎えました。病気も怪我もなく、すくすくと成長してくれてありがたい限りです。
あの日からあっという間の一年でした。これからも楽しんで子育てしていきたいと思います。
遼くんはあの後、バイバイの他にパチパチもできるようになったり、何かを持ってきてと言うと持ってきて渡してくれるようになりました。お正月に色々な経験をして刺激を受けたのか、急成長です。
今日は三人で誕生日パーティーをします。ビデオと写真を撮って近いうちにまたパソコンで見れるようにしたいと思っています。

------
その後、長男からも返信がありました。

お父さん、ありがとう。
今年はプレゼントは靴で十分です。
ペダルのない自転車、最近流行っているようで、あれに乗ってるとバランス感覚が出来て通常自転車にすぐ乗れるようになるとか。
友達の子供は5歳くらいで使っていたから、それくらいの誕生日プレゼントでお願いします。

今日は午後半休を取って、これから家で誕生日会です。
写真送ります。

--------
震災で犠牲になられた方には申し訳ないですが、我が家はあの大損害をみんなで力を合わせて克服し、家勢ますます盛んです。
実際は貧乏暇なしだけど、そんなことは小さなことです。
我が子の成長を温かく見守るお母さんがおり、会社を半休して誕生会を家族3人水入らずで祝える環境を日頃頑張って維持しているお父さんがいるだけで、どれだけ幸せなことか。

太古の大昔から僕の嫡孫の世代まで、我が家の血は途切れず続いてきています。
その途中には大成功した人物も出ただろうし、清貧の生涯で終えた先祖もいたでしょう。
それに思いを馳せれば、物質的な豊かさなど小さなことで、いずれなくなります。
伝えるべきは、目に見えない心のバトンタッチです。
僕の次の世代も世間様に後ろ指さされない実業で、しっかりやっています。
これからも、僕は僕の行動という後ろ姿で、次世代・次々世代に目に見えない心を伝えていこうと思います。

1/12・住吉大社

集合場所の「住吉大社・南駐車場」に入ろうとしたら、係の方から「ここはバイクは停められません。1つ北の信号を右に入り、鳥居を潜って太鼓橋手前周辺に停めてください」と言われました。
「南海電車・住吉大社」と「阪堺電鉄・住吉鳥居前」駅正面の大手道鳥居を入ったとこに置きました。

10:57、太鼓橋まで露天を探索し、11:04・リーダーさんに「南駐車場にバイクが入れないことと、大鳥居下で待つこと」を電話しようとしたけど、繋がりませんでした。
20140112SumiyoshiS070s.jpg
11時に第一集合場所出発予定だったので、もう出たのでしょう。
しばらく門前で電車観察し、暇なので先にお詣りすることにしました。
20140112SumiyoshiS068s.jpg
まだ正月が明けたばかりだからか、参拝のお客さんが一杯です。
4つも本殿があります。
全て檜皮葺でいい感じじです。

白装束の美形巫女さんが、お正月神事なのか雅楽の調べに乗せて、両手に榊を持って舞っています。
11:19、「種貸社」という変な名前の神社参拝。
20140112SumiyoshiS085s.jpg
「祝子宝芳名者」の板が立てられており、「子宝授け」の神様のようです。

11:30に鳥居前に戻る直前電話が鳴り、電話を取り出したとこでお揃いの皆さんの顔が見えました。
リーダーさんが電話を耳に当てています。
僕以外の7名の方は全員第一集合場所からご一緒なので、皆さんに新年の挨拶をして、甚兵衛さん先導でお食事に向かいます。
「甚兵衛渡し」を訪問したとこだったので、なんだかこの人が江戸時代の船頭に見えておかしい。

12:54、お食事処「やろく」Dセット・1627円を精算して外に出ます。
11:30開店すぐに行ったのに、既に待ちがでていて人気のお店のようでした。
量も多く美味しかった。

ここから「住吉大社」参拝開始です。
僕はひと通り巡ったので、お守りを物色しました。
白馬の金色のブックマークにもなる薄型長方形お守りがあったので、これを家内へのお土産に買いました。
1000円。
ブックマーク形お守りが流行ってますね。
僕は既に2つ持っています。
「大筒おみくじ」がありました。
20140112SumiyoshiS088s.jpg
両手で持ってガラガラして引きます。

13:06、盆栽甘味処・「盆栽カフェ・グラード」さん到着。
ここは住吉大社裏側にあり、「住之江味噌・池田屋」さんというナイスな古民家が近くにありました。
池田屋さんの由来板が壁に揚げられており、『明治の初め、当家17代池田屋甚兵衛が多年の研究手法により調整した。明治天皇に15年間献上し、大正天皇・昭和天皇へも献上した。「住之江味噌」命名の由来は、摂津一宮官幣大社宮司・男爵津守国栄卿が、謡曲「高砂」にも記されている古来よりの名勝・住之江の浜に因んで名付けられたもの』となっていました。
開いてなかったけど「ハット屋パン」というお店もあり、なんかいい感じの下町でした。
池田屋さんも「甚兵衛」でこの日は、「甚兵衛の日」でした。
20140112SumiyoshiS093s.jpg

「抹茶甘味セット・750円」でマッタリし、14:08店を出ました。
ブラブラと住吉大社内を帰り、解散になりました。
「北津守」~R43~r13経由で帰宅しました。
途中、14:57・「西淀川区出光・大和田SS」で給油。
139km/3.51L=39.6km/L。

さらにもう一件、16:02・「アストロプロダクツ・伊丹店」にも寄り道しました。
気になっていたツールショップです。
「24球LED・ボタン型ライト・290円」+それの電源「単4アルカリ電池4本・99円」+「フォーエバーチタン・庭ハサミ・980
円」+「伸縮式・孫の手・280円」の無駄使いしてしまいました。
男子が好きそうなプロ仕様ツールがいろいろ揃っており、面白いお店でした。

帰宅したら家内も帰っており、着付けの復習を自室であ~だこ~だやっていました。
お正月に着物を着た生徒友達さんもいたようで、楽しそうです。
18時から、前回途中までしか見なかった映画DVD・「ジムキャリー・イエスマン」を最後まで見ました。
20時から、1回目は寝てしまって見なかった大河ドラマ「軍師官兵衛」を、2人で見ることが出来ました。
いつも日曜の20時は寝てる時が多い家内も、自分の生まれ育った播磨が舞台なので、張り切ってます。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/12・大阪河口渡船探索

日曜日は、家内は着付け教室なので僕はフリーです。
「50歳以上ツーリンググループ」の新年「住吉大社お詣り」に参加しました。
堺に集合し、短距離移動してのお詣りで現地解散なので、バイクでなく徒歩でも車でも参加OKでした。
大阪市内ということもあり、通勤リード110で参加することにしました。

集合時間11時・「住吉大社南駐車場」なので、それまで市内歴史探索しようと地図を見ていて、「そうだ渡船場確認をしよう」というアイデアが浮かびました。
「夫婦で大阪城までサイクリング」で、大阪市内に点在している無料渡船に乗るというアイデアを温めていました。
具体的に計画を動かすチャンスです。
土曜の晩、現役渡船場が8ヶ所あることを調べ、それぞれをGPSに記憶させて寝ました。

7時出発予定でしたが、休日なので家内のお風呂時間が遅れ、僕のお風呂上がりが7時を回っちゃいました。
バイク装束に着替え、GPS・ワークマン膝当てナックルガード・リアボックスをセットし家を出ました。

できるだけ想定される自転車コースに沿うべく、まず軍行橋から猪名川土手に沿う市道を南下します。
7:49伊丹空港・北に出ると、いつもより飛行場見物の方が多いです。
「あれっ、何かあるの?」
少し下ると猪名川土手自転車歩道にバズーカ一眼レフがズラリと並んでいます。
20140112SumiyoshiS005s.jpg
帰宅後のニュースで知ったのですが、大量航空旅客輸送の一時代を築いた「ボーイング747・ジャンボジェット」のお別れ遊覧があったそうです。
伊丹往復飛行で富士山遊覧だって。
滑走路南の着陸ポイントからも一眼レフカメラマンが多数市道に出てきていました。

猪名川を右手にしながら南下し、神崎川を渡りました。
続いて淀川を渡らなければなりませんが、R2・「淀川大橋」で渡れるのは知ってるので、R43を探索します。
自転車により安全な道を探りながらだったので、ちょいと迷ったりしましたが無事淀川を渡れ、安治川も渡りました。

8:50・「天保山」到着。
海遊館観覧車が目印です。
船で大阪湾川から遡って来たこともある天保山から対岸のUSJを眺めながら渡船場を探します。
9:04「天保山渡船場」到着。
日中は30分毎・朝夕は4本/時間の運行のようです。
20140112SumiyoshiS014s.jpg
人と自転車が乗った大阪市マークの入った渡船が、対岸のUSJ側に渡って行きました。
横には海上保安庁基地があり、海猿観戦が泊まっていました。

「日本一低い山・大阪天保山山頂4.53m」の表示があり、単なる公園の植え込みに、生意気にも「国土地理院・三角点」柱が立っていました。
20140112SumiyoshiS027s.jpg
バイクに戻る途中天保山公園入口に、「天保山・西ルート・・・階段を登りそのまま直進、山頂まで100m」と書かれた案内
看板を見つけました。
標高4.53mなのに生意気です。
こんなとこに力が入ってる大阪人が、好きです。

続いて、「尻無川」を渡る「甚兵衛渡船場」に9:27到着。
20140112SumiyoshiS032s.jpg
ちょうど自転車1台だけのお客さんを乗せて出発するとこでした。
市街地から離れ埋め立て工場地帯の日曜日なので、のんびりしてていい感じです。

9:43、「落合上渡船場」到着。
20140112SumiyoshiS044s.jpg
木津川を渡る最も上流の渡船場で、こちらも同じような雰囲気です。
9:51、「落合下渡船場」到着。

9:57、「千本松渡船場」到着。
ここは横にループ大橋が掛かり、その下で少年野球チームの練習をしていました。
長男が少年野球をしていた時、僕も手伝いに行きたかったけど、当時は日曜日も働いており、夕方まで休みが月に2日だけというハードワークの時期なので、その余裕さえありませんでした。
少年たちと同じユニフォームに身を包み、ノックをやってたり、インパクトドライバーの音を響かせながら何かを作ってるお父さん達の姿を見ながら、長男にはかわいそうなことをしちゃったなあ・・・と過ぎ去った日々を思い出していました。

10:12、「大阪住吉漁協」到着。
この4つの渡船場は全て木津川に掛けられています。
その一番河口側にある「木津川渡船場」を探したのですが、結局見つけることが出来ませんでした。
大きな会社の敷地に入る枝道ばかりで、ここしか川岸まで行けなかったのに・・・何処なんだろう?

探索予定終了しましたが、ここから15分に住吉さんがあるので、時間が余っています。
10:35、「ローソン南津守7丁目店」で「もち食感ロール・いちご味・275円」を購入し、朝パンが2枚だけだったので駐車場で小腹を満たせます。

10:41、「阪堺電車」軌道が中央を走る道に出ました。
1両の電車が走ってたので、一時停止激写タイム。それを2度ほどしたら、住吉大社さん前でした。
道路中央に路面電車駅がありお客さんが待ってます。
とってもいい雰囲気です。
気に入っちゃいました。
住吉さんに来るのはいつ以来だろう。
もう記憶も残ってないぐらい昔です。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/3・初サイクリング&ぼたん鍋

6:30のぼたん鍋開始まで暇になったので、自転車でバイク倉庫へGO。
元旦に姫路城で買った「しろまるひめ・ぬいぐるみ」を、ひこにゃんと交代でVTRにくっつけられるように、両面テープでマジックテープをバイク倉庫に持って行き作業ゴソゴソ。
14:04、コンビニでお墓参りセット用にCRライター・120円を新調します。

バイクセブン横を通過して定番に「猪名川土手」に上がり、南下開始です。
「園田競馬」横の土手には、早朝自転車では誰も居ないのにギャラリーが20人ほどいます。
競馬開催中のようです。
目の前20mにレーススタートゲートが設置され、ここはナイスな観戦場所です。
最後の馬・大外(土手側)12番がスタートゲートに入ったら、3秒ほどでスタートゲートが開きました。

「各馬一斉にスタート!おっと12番が遅れたか・・・」という実況が、馬場を挟んだ観客席スタンドでされていそうです。
残念ながら何か放送してるのは聞こえるけど、聞き取れません。
12番はいきなり1馬身ほど遅れて最下位スタートして行きました。
でも1周して目の前を通った時は6位に順位が上がっています。
そして観客席前の最終コーナーを回ったところで、盛大な声援が聞こえてきました。
フィニッシュした馬が、惰性で目の前まで半周走って来ます。
12番は2位でフィニッシュしたようです。
馬券に絡んだね。

レース終了後、ギャラリーは一気に引いていきました。
僕も自転車に乗り、更に南下し次の橋を折り返します。
競馬は最終レースだったのか、横の駐車場から車が続々と退出してきます。
自転車のおっちゃんが、「惜しかったなあ~、5000円ついたのにな~」って大声で悔しがっています。
馬券はいくら買ったのだろう?
100円のが5000円になったのかな?
あの12番が番狂わせしたのかな?

まだ時間があるので、バイクセブンに寄り道しました。
バイクばかり並んだ駐輪場に僕のロードバイクが1台・・・違和感アリです。
新春大安売り目玉品とか、買わなきゃ損でしょう福袋とかを期待しましたが、財布の紐が緩む目玉品はありませんでした。
まあお財布を持ってないので、買うためには一旦帰宅して出直さないといけないんだけど。
総走行時間1:11:12・距離18.6km・平均時速15.6km/h・最高速度32.9km/h。

17:30に帰宅したら、家内の鍋の用意が出来上がっていました。
18時に次男を駅まで送りました。
西宮北口で中高の同級生と集まるそうです。
盆・正月に帰省すると旧交を温め合う機会が多いね。
長男は次男とフェイスブック友達になってるようで、次男の行動を把握してるんだって。
「お父さんも友達になったらいいやん」と言われたけど、息子と友達なんて遠慮しますわ。
息子の行動なんて、知りたくないもん。

18:30、長男一家が泊まってる僕の実家でぼたん鍋開始。
隣の自宅から、家内が準備した食材を運び入れ、卓上IHを2Fから下ろしてきた座敷机中央に載せてグツグツが始まります。その横で遼成君の夕食で、モリモリベビーフードを食べます。
機関車に石炭をスコップで放り込むように、次々とお嫁さんや長男が遼成くんの前にスプーンを出します。
口を開けてパクリと気持ちのいい食べっぷりです。
タイミングが遅いと、なんか文句を唸ってるし。
この食欲だと、親も安心です。
お腹が膨れだすと、手遊びが始まり、次に移動しだし、わかりやすいです。

ぼたん鍋の方は、かつおだし+肉と一緒に買ったぼたん鍋用合わせ味噌に肉から次々に食材投入です。
霜降り部分でも牛のように油っこくなくさっぱり味なので美味しいと、お嫁さんが言って食べてくれます。
産休前は皇室渡航にお伴し、社長記者会見でも横に座って新聞に載る才色兼備な会社のエース格のお嫁さんです。
そして変に僕ら親にこびらず、自然に応対できる素晴らしいお嫁さんです。

僕は母がそうだったからかもしれませんが、自分を殺して旦那に甲斐甲斐しく仕えるタイプの女性は好みではありません。
旦那の茶碗が空きそうになると、目ざとく見つけてご飯をよそうタイプは落ち着きません。
そんなことは自分のタイミングで自由にします。
もっと堂々としておいてほしい。
よくもまあ、長男くんがこんないいお嫁さんを獲得したものです。
まあ、僕だってかなり過ぎた家内を獲得してるけどね。
20時前にお開き退散し、21時台に寝ちゃいました。

1/3・お墓参り

5:30に起床し、2日到着分の年賀状住所などをチェックしました。
7時を過ぎ明るくなり、今日のメニューは我が家の墓参りなので、母が好きだった庭の水仙をチョキチョキします。
20140103ShishiS135s.jpg
水仙を激写したついでに、車のドライブレコーダーと「Beby in Car」ステッカーを写しました。
20140103ShishiS137s.jpg
12月に、オートバックスで買っておきました。

9時半に、お墓参りに出発しました。
昨夜中高の友達と集まった長男は、高校時代同様麻雀をやってたようで、6:30に朝帰りしたそうです。
僕は生涯で朝帰りなんてしたことないのに・・・
3列目シートでお嫁さんの膝枕で、すぐにスヤスヤです。
家内が仲がいいねと笑っています。
僕らに似たのかラブラブは平気です。
2列目で家内が子守りし、次男は助手席で僕とあ~だこ~だおしゃべりです。

10:25、「道の駅いながわ」横の猪肉専門店・「猪肉の根木」さんに到着しました。
弟の家と長男の嫁さんの実家に、猪肉を送ります。
20140103ShishiS139s.jpg
お肉をあまり食べないので「1人どれぐらいの量がいいですか?」って聞きました。
去年も同じことを聞いたような・・・。
1人150g~200gは標準のようなので、特上霜降り100g・1100円を400g+特選・1000円を400g+ばら肉・800円を200g=合計1kg+ぼたん鍋の合わせ味噌タレを多めの2袋を、両方の家に送りました。
20140103ShishiS140s.jpg

お嫁さんに実家の住所を宅急便送り状に書いてもらいました。
翌日AM到着指定して、お嫁さんにその旨電話しといてねって頼んでおきました。
「お嫁さんも猪肉を食べたことないので、我が家分も同じく1kg+合わせ味噌を購入し、3万円ほどになりました。
我が家は4人で1万円だから、お店で食べる1人5000円より安価です。
でもお店で食べた方が美味いけどね。
20140103ShishiS142s.jpg

根木さんを出発してお墓に向かうと、家内から「あ~お父さんの名前で送っちゃった~、お嫁さんとこにはユキくん(長男)の名前で送れば良かった~」。
長男は、「そんなことええって」と言うが、「いやあかん、電話して変更してもらおう」と僕が。
「じゃあ、そうする」って家内が電話連絡して、無事変更OK一件落着です。
今夜はぼたん鍋です。
毎年1回は食べるね。

お墓に到着しました。
前日弟が来たので、お花は省略で自宅の庭から今朝切ってきた水仙を加えます。
母も喜んでいるでしょう。
今回は、「お墓参りセット」を忘れませんでしたが、付属の防風ライターが点かないので、また僕のライターを使用しました。
僕のベルトバックにはたばこを吸わないのにライターが入っています。
あとハサミも。
意外に助かります。

帰路に着き、三田の里山で昼食を取ろうと、r12~r319~r323で「峠茶屋」を見ますがお休みみたい。
「半鐘の家」も「木器亭」もお休みです。
正月三が日だものな。
「岡村酒造」横を通り、息子たちも小学生時代お世話になったであろう「伊丹青少年野外センター」に抜ける。
息子たちの記憶は、曖昧みたい。
僕は小学生時代のお泊り勉強を覚えているけどなあ。
体育館に泊まり、初枕投げを体験しました。

次は、家内が大学入学時オリエンテーションで日帰りした「KG千刈キャンプ場」です。
僕は中学入学直前オリエンテーションで3泊ほどしました。
大学のオリエンテーションは、サボりました。
中学の時はいきなり、わざわざ乾いたグランドに水を大量に撒いて「どろんこメチャビー」でした。
「なんで~、汚れるやん」で始まったけど、全員どろんこグチョグチョになって、誰も友達のいなかった僕も、すぐみんなと友達になれました。
あのタイミングでのあれはいいね。
今でもやってるみたいです。

r49からr33・「西谷農協大池レストラン」に行くが、ここもお休みでした。
妊娠前のお嫁さんと長男・僕ら夫婦で、釣り堀をした思い出の池です。
鯉の引きがすごくて、家内もお嫁さんも大喜びでした。
r33~r325~長尾山トンネルで大阪平野側に抜けて、「山本台・阪急オアシス」で鍋の具を買いました。

阪急山本駅近くのヨット部の先輩がやってる「太鼓亭」で昼食にしました。
遼成君はベビーフード+お茶です。
12:43海老天カレー924円+親子丼609円+天丼724円×2=1448円+親子丼セット1008円=3989円。

帰宅後、そのまま長男夫婦は車でお出かけで、遼成くんは我が家でお留守番です。
僕は年賀状チェックし、未発送だった家内の着付先生に年賀状を出しました。
帰宅後遼成君と遊んでいると、長男が庭の窓から声を掛けてきます。
遼成君はピクンと反応してキョロキョロ・・・次に玄関からのお父さんの声がして、喜んで高速ハイハイでお父さんに抱っこされに行きます。

1/2・初めての靴

ということで、「今回は見合わせます。いろいろ出して話も聞かせてもらいありがとうございました。参考になりました」と長男が挨拶し、最初の靴は東京で買うことになりました。
弟の長男は1歳誕生日に初めて歩いたと妹が言ってたので、10歩歩くのはあと1~2ヶ月先でしょう。
靴を履かせてもらいながら泣いてる子もいましたが、遼成君は赤いかわいい椅子に腰掛けて靴を履かせてもらいながら、店員さんを「怪しいヤツ」という目で見ながら、お父さんの腕をギュッと掴んでいました。
カメラを持って行かなかったのが、痛恨の極みです。
メチャクチャ可愛いかった~。

泣いてた子は、12.5と13.0の2足を大人買いしていました。
「お爺ちゃん・おばあちゃんが喜ぶよ~」と、お父さんに言われていました。
これからジジババの家に行くようです。
うち同様、スポンサーはジジババかも?
ここは、写真館「スタジオアリス」同様、幸せいっぱいでいいです。

帰りに、14時・イタリアン・ファミリーレストランで、ピザ・パスタで昼食にしました。
「靴のお金を渡しとくわ、1万円でいいかな?」って言ったら、「5000円でいいよ。買ったら履いてる写真を送るわ」だって。
帰宅後、18時に中高の同級生と会うという長男を駅まで送りました。
車の中で、お嫁さんが綺麗になってると話すと、「変わってないよ。髪を少し切ったのと軽く髪染めしたので、そう見えるのかな?」って、家内と同じことを言ってました。
職業柄髪染め&パーマ禁止だったのですが、産休中なので少しイメチェンしたのかな?
それにしても女子目線は鋭いです。
家内は、バッチリファッション・チェックまでしています。

帰宅後、家内とNHKドラマ「10年先も君に恋して」のDVDを見ました。
いつもの休日のように20時前に床に入りましたが、次男の電話で起こされました。
大阪天満宮駅だそうで、最寄り駅に21:40に着くそうです。
車で迎えに行きます。

大阪城まで、直線距離20km走ったそうです。
スマホで神社を検索しながら、20社ほどお参りしトタール距離は30kmになったそうです。
お参りの都度食べて休憩し、その度ランニングの薄着だから身体が冷えたそうです。
大坂城がプロジェクションマッピングされており、その入場料が3500円で、持参した1万円の軍資金が残り1000円になったそうです。

駅から出てきた時ぎこちなく歩いているので聞くと、「膝が痛い。走り過ぎた~。去年の20kmは平気やったのに、25kmから膝が痛くなってきた。まだフルマラソンはあかんわ、ハーフがいいとこやわ」だって。
グアムマラソンで、5kmけ×4人コースに2度出場してるので、次はハワイか東京マラソンにエントリーするのだとか。

長男も去年2回、大会で10kmを走ったと次男が走りに行った後教えてくれました。
次男はずっとヨット部でしたが、長男は少年野球~中学・陸上部~高校・将棋~大学ライフル射撃部といろいろやって来ました。
また走りたくなり、家の周りを時々走っていたのですが、目標がないとやる気が起こらないので、新潟マラソンと地元・台東区マラソンにエントリーしたそうです。
新潟がお嫁さんの実家だから、帰省がてら大会に参加できるからそうしたそうです。

新潟では、ゲストがシドニー金メダルのQちゃんで、沿道から応援がすごくて、あっという間にレースが終わったそうです。
でも、台東区の時はゲストが東京2020オリンピック最終プレゼンターだったパラリンピックの佐藤さんで、スタートシグナルだけだったから沿道の応援が少なく、見知った道を淡々と走っただけだったそうです。

その話を次男にすると、「え~、知らんかった~」と驚いていました。
我が家にマラソン旋風が吹いています。
フルマラソンは体の負担が大きいので、ハーフぐらいに止めておいて欲しいな。
僕らのようにのんびり自転車なら、身体への負担が少なくあまり心配はないんだけどな。
孫が自転車に乗れるようになったら、家族でスポーツ自転車に乗り出すかもしれません。
うふふ・・・。

1/2・初詣

4時頃目覚め、真っ暗で外では活動できないので自室でゴソゴソ。
7時になり、PCで送られてきた年賀状の住所などチェックします。
家内分の仕事関係に1枚新しい人からのがあったので、印刷して発送しました。
ついでにメールチェックすると、妹からメールがあり「10時に岸和田を出ます。お姉さんにも連絡します」となっていました。
1/2に我が家の氏宮に参ると言うので、「一緒にお参りに行こう。出発時間が決まったら連絡頂戴」と返していた返信です。

8:23、通勤リード110でコンビニに走り、「イタリア栗のクリーミーモンブラン250円×2=500円」+「雪苺娘210円×2=420円」+「もち食感シューロールケーキ168円×2=336円」+「まるごと苺ミニ150円×3=450円」+「7プレミアムふんわりドーナツ298円」+「7プレミアム厚切りバウム298円=2302円」を買いました。

10:35、弟一家含めてみんなで氏宮の「臂岡天満宮」に参りました。
20140102HijiokaS107s.jpg
息子たちの名前を授かったお宮で、遼成君が去年初宮参りしたとこです。
20140102HijiokaS111s.jpg
遼成君の「人生初おみくじ」を長男が引きました。
宮司さんの息子さんが、遼成に手渡そうとしてくれるのだけど、警戒して手を引っ込めて受け取りません。
知らない人から身を守る術がちゃんと備わっていますね。
20140102HijiokaS109s.jpg
でもまだ2回目のご対面の弟や姪には、ちゃんと抱っこされて愛想を振りまいています。
親の相対などで、この人は安心だとわかるのかな?

20140102HijiokaS117s.jpg
長男が受け取り開くと、「運勢・大吉」でした。みんなで大喜びです。
弟の持って来た三脚で、全員写真です。
僕のカメラなのに使いこなせていない僕は、同じソニーの上位機種一眼レフを持ってる長男に任せます。
ちょちょいとセルフタイマーを設定し、3連写を2回して遼成君が正面を向いてる写真が撮れました。
3連写だと瞬きしても問題無いですね。

20140102HijiokaS126s.jpg
ランニングスタイルの次男は、そのまま走りに行きました。
去年は西宮戎まで初詣ツアーをしたので、今年は大阪方面だそうです。
帰宅し、お茶タイムです。
お目出度いお正月なので、東寺で買った「金箔入り梅茶」の出番です。
孫くんは、弟とハイタッチ!しています。
弟が「タッチ」って言いながら手のひらを向けると、半分以上無視ですがタッチしてきます。
まぐれではなさそうに思うのですが。
「遼成く~ん」と名前を呼ぶと、「あ~」とか言うので、名前もわかってるみたい。

妹が遼成の座ってるベビー椅子を指さし、名前を見つけました。
この椅子は僕が赤ん坊の時、両親が買ってくれたものです。
母親は少し値が張っても良い物を買う人だったので、僕の次に弟、僕の長男・次男を経て弟の家に行き、甥・姪に使われ、再び我が家に戻ってきて遼成君が座っています。
僕の名前以下、歴代使用者の名前と使用初年が書かれています。
元旦に長男が遼成の名前を書き加えました。
甥の名前は書かれていますが、姪の名がまだだったので弟が書き加えました。
ここまで来ると、もう立派な我が家の家宝です。

13時になり、弟家族が我が家の墓参りに出発します。
「明日行くから、掃除もお花も要らないわ、ラッキー」って、弟を送り出します。
今月の姪の中学受験を天満宮にお願いしておいたので、きっと合格でしょう。
女子中高一貫校を目指してるそうで、弟は「僕だけが男女共学やった~」って残念がっていました。
そう言えば、我が家は全員男子校か女子校に進学しました。

長男一家と、遼成君の初靴購入で「川西阪急」に繰り出しました。
いつの間にか僕がそのスポンサーになることになってて、嬉しい限りです。
息子たちは、これから子供も増え、いくらでも子供にお金がかかるので、できるだけ協力しなきゃね。

まず4Fの「ミキハウス」を覗きます。
「なに、このかっこかわいいベビー靴は・・・」
我が子の頃は、ファミリア一本で如何にもベビーなレースなんかがついてるかわいい系だったのに、イタリアンなカラフルでセンスのいい配色の靴や、「革靴?」と見えるダンディーな靴、更にはミキハウス&ミズノのコラボな「M」マークがかっこいい靴が棚に並んでいます。
お値段も良くて、5000円とか7000円とか生意気な価格設定です。

長男が、ベビー靴の並んでる別のお店を覗きに行っています。
「あっちにアディダスがあったよ」と僕が言うと、すぐに覗きに行きます。
アシックスやなんとニューバランスまであります。
スポーツ用品メーカーがベビー靴にも進出してるのです。

店員さんのお姉さんを捕まえ、あれやこれや聞いています。
長男は「N」マークがかっこいいニューバランスの茶系靴のデザインが気に入ったようですが、店員さんの採寸11.5では、まだニューバランスの一番小さいのでも大きすぎます。
店員さんによると、初めての靴は10歩ほど歩けるようになった時が買い時だそうで、二足立ちが出来るだけで、最初の一歩がまだ踏み出せない遼成君には早いそうです。
大き目を買う手もありますが、結構短期間に赤ちゃんの足は成長するそうでその時採寸して足に合わせるのがいいそうです。
ニューバランスのベビー靴は、同じサイズでも少し大き目だそうで、足の形を見るとアシックスの方がいいそうです。
う~む・・・

1/1・海軍姫路航空隊・鶉野飛行場

兄一家の家庭には常に笑顔で溢れていて、いつも気持ちのいい帰り道になります。
13時を回り、お暇しました。
次は加古川の北の加西市です。
「一乗寺」訪問予定にしていましたが、孫くんをまた寒空に出すのが忍びなくそこは飛ばして、「加西・鶉野飛行場跡(旧姫路海軍航空隊基地)」を目指しました。

14:43、家内と自転車で来た時は見つけられなかった防空壕を見つけました。
司令部が避難するのかな?
民家の庭にある感じですが一般公開されているようで、分厚いコンクリートの半地下ドームが回りの牧場風景に異彩を放っていました。
20140101HimejiS090s.jpg
中も公開されており、当時の写真・戦闘機の装甲板や資料など、いろいろ展示されていました。
隣は、神戸大学農学部の牧場で、牛が放し飼いされています。

滑走路に向かいました。
20140101HimejiS099s.jpg
ここは紫電改などを制作していた川西飛行機(現・新明和工業)工場が隣接し、ここから各地の戦線に飛び立っていました。
ここで編成された姫路航空隊特別攻撃隊も、最前線の九州方面に飛び立ちました。
元特攻隊員さんが寄贈した旗竿に旭日旗がはためき、ここから飛び立ち戦死した特攻隊員の名が石碑に刻まれていました。
負け戦だったので、戦後すぐは「無駄死に」などと陰口を叩かれた特攻隊ですが、あの精神は戦後もずっと日本人の心に勇気を宿し、諸外国の人々にも日本人の組織的な勇敢さを物語ってきたと思います。
20140101HimejiS104s.jpg
ご冥福を祈ります。

帰宅後、長男夫婦が車で出るそうで、遼成くんを預かりました。
もう僕らに平気で人見知りもせず、チャラチャラ音のする僕の鍵束で遊んでいます。
回転椅子の下に入り込んで金属製の脚にそれを当てて音を楽しんでいます。
年賀状チェックをしながら相手をしていたら僕の邪魔をしに来て、年賀状をグチャグチャにしながら一緒にやってくれる。
次男の方にもハイハイしていき、遊んでもらっています。
次男も子供好きで、楽しそうに笑っています。
親に上手に育てられているようで、落ち着いています。

長男夫婦が帰ってきて、玄関から母親の声が聞こえると、きょとんな表情になり、一目散ハイハイで部屋から出て行きます。
再び母親の声を聞くと猛ダッシュでその手の元へ。
新しく出来たショッピングセンターに行ってたそうです。
長男から「うどんを食べに行こう」という提案があり、みんなで出ました。

ベビーフードとともに、親が小さく切ったうどんを食べています。
1.5cmぐらいのうどんを、つるりと吸って口に入れています。
誰にも教えてもらっていないのに、上手なものです。

薄いブルーのかっこいい肌着のことを聞くと、ユニクロだそうです。
ヒートテックも持ってるそうで、チビなのにオシャレです。
かっこいいジーパンを履いています。
裾の折り返しが可愛く、家内がお尻の可愛いラインが凄くいいとお気に入りです。
家内が聞くと、産休中のお嫁さんに代わって長男がシカゴで買ってきたとか。
長男の会社の子会社がシカゴにあり、よくシカゴに行っています。

帰宅後、次男が車で出かけました。
年賀状チェックしていると、凄いことが書いてあるのを見つけました。
次男がジュニアヨット時代、同じヨットクラブだった後輩君のお父さんから僕への年賀状ですが、

『娘が、2014ミス・ユニバース埼玉大会でグランプリを受賞しました。3月のミス・ユニバース・ジャパン日本代表本決
戦に挑みます』だって。

お兄ちゃんの仕事がモデルで、この妹さんもモデルをやってたはずです。
萬田久子とかだよね・・・小学生の頃からかわいい女の子だったけど、ミス・ユニバースは凄いです。
日本代表になったら、関係ないのに「僕が育てた」なんてウソぶけるのに・・・。

1/1・姫路城

元旦は、3:59に目が覚めました。
冬場はこんなに早く目が覚めてもすることないのに・・・。
夜明けまでゴソゴソし、風呂に入って家内の実家の墓参りに出ました。

家内が着物です。
グハ~似合ってる~。
僕の隣に着物美人が・・・僕は果報者です。
次男は、「お母さん、気合入ってるな~」だって。

僕ら夫婦・長男一家3人・次男の6人で車に乗り込み、8時出発。
起きるのが遅かった次男用に、コンビニに寄って朝食を購入し、中国道宝塚IC~山陽道でお墓を目指します。
次男が1枚だけ買った宝くじが300円に当たったようです。

9:00、「三木SA」で姪のお土産用に「抹茶バーム・1155円」購入。
加古川日光山墓苑でお墓参りをします。
大晦日に姉夫婦が参っているのでお花はナシで良かったのですが、お線香などの「墓参りセット」を忘れて来ました。
お花の用意など必要なかったのが忘れ物の原因です。
家内は、「何しに来たんだか~」って半分しょげていますが、大笑いでおしまいです。
前日のお線香がすぐに消えたようで、まだしっかり燃え残っていたので、それに僕持参のライターで火を点けます。
お嫁さんと、嫡孫くんを抱いた長男が代表して再び燃え始めたお線香を供えます。

r65を西進し、義理父の実家があった「志方」横を通過し、今年の大河だラマ・黒田官兵衛の正妻・櫛橋娘の実家・志方城の話をします。
お嫁さんに知ってもらわなきゃね。

家内の母校・「賢明女子」を息子たちに見せ、10:06「姫路城」に到着しました。
天守閣は大修理中でシートに覆われて見えませんが、さすが国宝のお城、大迫力の美しい姿です。
20140101HimejiS010s.jpg
江戸期の平城もたくさん見ていますが、ダントツに綺麗です。
去年訪問した「熊本城」もナイスでしたが、姫路城には敵いませんね。
家内の里・播州を治めた姫路城主・本多忠政の名を次男に頂きました。
ここは我が家にとって大事な場所です。

僕同様歴史好きの長男が、お嫁さんにいろいろ教えています。
元旦は、入場料が無料でした。
20140101HimejiS029s.jpg
さらに天守閣修理見学も無料でしたが、その分予約が取れず150分待ちの大行列でした。
20140101HimejiS033s.jpg
天守閣は諦め、通常ルートを巡って、入場口に戻ってきました。
10:53、「しろまるひめ」という姫路のゆるキャラぬいぐるみ小・900円を購入しました。
本多忠政の息子・忠刻のお嫁さんで徳川家康の孫・千姫をモチーフにしているのでしょう。
これは買っておかなくちゃ。
VTRリアシートに乗せられるようにしましょう。

次は加古川の姉宅です。
家内の実家は、主がいなくなって雨漏りするようになり、取り壊して駐車場になっています。
姉夫婦が近くに住み守っていてくれています。

R2を東進していると、黒田官兵衛の主人・小寺氏の本城があった「御着城址」横を通りました。
更に進み高砂市に入ると、甥が通った「白陵中高」の案内板がありました。
姉の孫娘が、男女共学になった白陵中を狙ってるようですが、難しいからな~どうでしょうか。

R250に乗り、姉宅到着。
家の前で甥と姪の長男がサッカーボールを追い掛け回しています。
甥は白陵時代サッカー部で、まだ小学生ですが姪の息子は「ヴィッセル神戸」サッカー部に通っています。
やはりかなり上手いです。

姉夫婦・姪一家・甥で、姉が用意してくれた「下鴨茶寮おせちセット・4万円」を食べました。
注文が遅すぎて、ここのしか残っていなかったと言っていますが、高いのを買っても味はそんなに変わらないんじゃないのかな・・・おせちは味がイマイチなのに高いです。
年末に家族で食べた宅配お寿司の方が、安価でずっと美味くお腹も膨れるように思います。

兄が、歴史好きの僕のために、播州信金の姫路城カレンダーを用意してくれていました。
PC教室に通ってる姪の作った子供達メインの写真カレンダーがナイスの出来でした。
兄達にプレゼントだって。
姪の娘と息子がスノーボード教室の事を話してくれました。
1年前はスキー教室に参加したそうです。
2家族でスキーに行ったり、姪だけを我が家のスキー旅行に連れて行ったりしてたから、僕に見せたかったようです。

嫡孫・遼成君はまだ赤ちゃんなのに、生意気にお年玉をもらっていました。
お嫁さんは、職業柄子どもと親を見慣れてるお兄さんから「賢い褒め方・叱り方」という本をもらっていました。
兄も僕と同じ、本をプレゼントする人です。

「お嫁さんは英語がペラペラやねんよ~」と、孫娘にお勉強しいや~ってお兄さんが言ってます。
兄は人の悪口は言わず、怒ることもなく、プラス言葉ばかりを口にする人なので僕は好きです。
家内と交際中、学生結婚してた姉夫婦の家に、家内の実家からの生活物資を何度もドライブデートついでに浜松まで運びましたが、気持ちのいい兄夫婦なので家内との結婚への気持ちが更に膨らみました。

12/31・長男一家帰省

今朝は長男一家が帰省する日です。
早めに朝ごはんを食べ、7時に家を出ます。
今日長男が車を使うかもしれないし、元旦もお墓参りするのでまず給油です。
メーターはまだ半分ですが、車なので35Lも入りました。
大食漢です。

7:30に空港に着いて、JAL到着ロビーで待ちます。
本日到着最初の便が東京羽田からの便で、椅子に座っていると7:40オンタイムに、ボードを表示が「定刻」から、「到着しました」になりました。
赤ん坊連れなので預け荷物があるだろうから、あと10分かな。
この時間に我が家を出ても、ロビーに出てくるまでにここに来れそうです。
我が家は飛行場が近いので便利です。

ボチボチと手荷物だけのお客さんがロビーに出て来だしたので、ターンベルトコンベアが見える場所に移動します。
中を覗く長男夫婦が荷物が流れてくるのを待っています。
目が合い手を振りました。
しばらく待って出てきた長男一家と一緒に車に戻ります。
機械精算すると、100円でした。

羽田6:30発の便なので4時台に起きたけど、初孫君の準備に手間取り、便利のいい駅までタクシーを使ってしまったようです。
彼らの自宅は東京の東なので、空港まで電車で1時間掛かります。
嫡孫くんは、掴まる物がなくてもしばらく2本足で立てるようになったそうです。
でもまだ一歩が出ないのだとか。
前回東京で会った50日前はつかまり立ち横歩きだったので、着実に成長しています。
お嫁さんに向かって「ママ」と言うそうで、「パパ」も言ってるような言ってないようなだそうで、親にとって嬉しい時ですね。

長男の胸におんぶ紐で括りつけられた嫡孫くんは、「なんか変なおじさんがいるぞ」って目で見てますが、僕が頭を撫ぜても泣きそうでもないし、父親にヘルプを願うでもなさそうで、1日2日で僕に慣れてくれるかもしれません。
お盆の時は、当日に僕が抱っこしても平気になり、数時間家内と2人で世話が出来ました。
頭が良くなると、防御能力が向上し人見知りをする知恵が付いてくるけど、僕を覚えていてくれているのかな?

自宅に戻り、お迎えの家内と孫くんのあ~だこ~だ後、僕は通勤の人になりました。
大晦日なので18時に仕事を終え、宅配寿司「銀のさら」の「寿司握り5人前セット」を持って長男一家のいる隣の僕の実家に入ります。
家内・次男と賑やかな夕食です。
年越しそばを食べ、日曜日に「道の駅いながわ」で買った「ゆずシフォンケーキ」を3/4食べて、皆さんお腹いっぱいです。

主役の孫くんは、「二本足立ち」も披露してくれてとっても可愛い。
紅白歌合戦とか除夜の鐘とかゆく年くる年とか、TVでいいのをたくさんやってますが、眠気のままに21時台に寝てしまいました。

12/29・次男帰省

r68~r33で西谷農協から長尾山トンネル経由で帰宅しました。
冬の日曜日の割にツーリングバイクが走っており、お正月休みなのでバイクピースの反応率も高かったです。

12:30頃帰宅し、次男の現在地を確かめに電話してみます。
留守電に切り替わったので電車内のようです。
家内は隣の実家の掃除をしているようで、1人でTVを見ながら電話を待ちます。
新大阪駅に着いた次男から電話があり、13:15頃最寄り駅到着のようです。

次男に会えるのでごきげんな家内を乗せて駅前で待ち、乗ってきた次男に設計した建物を聞いています。
来月は薬局のオープンだそうで、先月は自社野菜工場で出来た野菜を販売するお店をオープンさせたそうです。
野菜工場はまだコストが高く試行錯誤中ですが、その間に出来る野菜の販路を作ったそうです。
建築会社なのに野菜も売るようになったのだとか。
元は、六本木レストランに併設した六本木室内農園を次男が設計してから広がった新分野なので、なんとか成功してもらいたいです。
その時は、TVでも紹介されて話題の物件でした。

帰宅ししばらくTVを見ながら昼食で休憩し、夕方から出かける次男を駅に送るついでにお買い物です。
小学校の塾の同窓会だそうです。
ホームセンターで洗濯物干しを購入し、CALAJAで家内の仕事用薄手セーター・1990円、ワークマンでこれまた家内の仕事着下に着るWキルトベストM・780円を買って18:30に帰宅しました。
風呂に入り、夕食を食べて、20時台に寝てしまいました。

北摂バイク散歩 3/4
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR