2月はメンテナンス月間

明日から2月です。
2月は、春からのONシーズンに向けて、バイクのメンテナンス月間にしています。
去年も、この2月に合わせてCBを増車しました。
先日、ホンダドリームに顔を出し、バイク3台の整備の予約をして来ました。
3台ともホンダだから、便利です。

2/4・通勤リード110・12ヶ月点検を皮切りに、2週間に渡って「里山VTR250」と「招き猫CB400SB」を次々に一泊点検に出します。
オイル交換・チェーンオイル充填と基本整備です。

通勤リードは去年、交換時期が来たのでベルトとウエイトローラーを交換しましたが、何も交換部品がなければ6000円ぐらいだそうです。

VTRは車検がありませんが、去年車検同様の24ヶ月点検をしてもらい、チェーンとスプロケット交換をしました。
チェーンオイル充填しても、すぐにチェーン音が出ていたのですが、この交換で音がしなくなり、もう一回のメンテナンス月間である8月にチェーンオイル&メンテナンスしただけで、1年間気持よく乗れました。
今年の2月は、12ヶ月点検をしてもらいます。
交換部品がなければ、8000円ぐらいです。

CBは、36ヶ月目の車検まで、6ヶ月毎の6回の点検・車検・整備をセット割引になるメンテナンスパックを購入したので、交換部品がなければ費用はかかりません。

8月は、オイル交換メインの日帰り点検をしてもらっています。
車もそうですが、定期点検と早めの消耗部品交換整備を心がけています。
いくら楽しくても、走る凶器ですから、ここはしっかりやっておかないと人様に迷惑をかけると申し訳ないです。
自分にできることをちゃんとしておかないと、臆病者の僕は安心して乗れません。


通勤リードのオイル交換だけは、自宅近所の御用達自転車屋でしてもらっています。
僕は小学校の時から自転車はここで買っています。
子供達もみんなここです。
スポーツ自転車もここで買おうとしたのですが、そのタイプの自転車の取り扱いがなく別のとこから買いました。
バイクもここに買いに行ったのですが、125ccまでしか取り扱いがなく、これも別のとこにお世話になりました。

現店主さんとは、小学生の頃から遊んだ仲ですし、気楽に「ちわ~」って訪問しています。
一昨日、リードのオイル交換をしてもらいました。
ついでに、家内が教習所で乗ってた「スズキアドレス125」の値段を聞きました。
定価から10%引きだけど、あ~だこ~だを含めると定価ぐらいのお値段になるそうです。
このお店のお嬢さんは、僕と家内がバイク免許取得で通った教習所で働いています。
僕はストレートで免許をとったけど、家内は倍の時間がかかったことも筒抜けです。

「今はリードにタンデムして出かけてるんだけど、今年は2台で走りたいと思ってるんだ。
春になれば、アドレスをレンタルして、2台で走ってみようと思うんだ。
公道でも乗れそうで、家内が乗る気になったら買おうと思って・・・」

それに対し、「中古もあるよ。うちで買った近所の奥さんが、もっと大きなバイクにステップアップしたから、戻ってきたの。近所の心安い人に乗ってもらおうと、倉庫に置いてあるんだ。いつでもエンジンは掛かるよ。良かったら試乗してみて。色は銀色。10万でいいよ」
って願ってもない話をもらいました。
う~ん・・・乗るんだったら誰かに売れる前に買うんだけどなあ・・・
スポンサーサイト

親父の7回忌 2/2

20130127EiyoshiS051s
去年、有馬温泉の姉んとこで一緒だったメンバーなので、わいわいがやがやあ~だこ~だと、遺影の親父とは全く関係ない話題で盛り上がります。
寿司懐石(中)は多すぎました。
次回は小にしましょう。

15:30にがんこを出て、次は三田藩主・茎しの菩提寺・心月院です。
16:00に着いて、まずは本堂です。
ここは、三田藩の最後の家老・白洲退蔵の孫・白洲次郎夫妻のお墓もあります。
本堂内に白洲次郎関係の資料や映画・ドラマポスターなどが置かれています。
それを皆んなに見せようと思って来たのですが、ご住職が不在なのかクローズになっていました。
冬の16時という時間だから、遅かったのかな?仕方ないね。

20130127EiyoshiS054s
墓地の方に回り、歴代九鬼家藩主のお墓、最後の九鬼藩主家族家族のお墓、最後に白洲家の墓所エリアの入ります。
兄は三田出身で、白洲退蔵さんと同じ時期に家老だった小寺さんが、明治の世に神戸で大成功し、私財を投じて建てた三田学園で学びました。
「がんこ三田の里」は兄の通った三輪小学校の校区だったそうです。
心月院にも遠足で来た記憶があるとか。

白洲次郎は、兄の出身地三田に縁があり、お父さんは僕の小学校校区内に4万坪の大邸宅を構えました。
白洲次郎夫妻の婚姻届は伊丹市に出されてます。
すごく縁のある人なので、今回の法事はこの歴史の流れの披露でもありました。
弟は、「僕もあの家で遊んだ」て喜んでいました。

高2の甥は、この日模試で欠席でしたが、小5の姪は何を感じたのだろう。
少しは白洲次郎・正子夫婦に興味を持っただろうか?
世界を股にかけたでっかい人が実は身近に住んでいたということを知ると、自然に将来への視線が広がるものです。
でかい大人に育って欲しいな。
僕らの晩年、息子はあれ、孫はそれ、姪は甥は・・・って、いろんな世界で大活躍していれば、痛快にこの世におさらばできます。

心月院で姉夫婦と解散しました。
17時半頃帰宅し、弟家族とバイバイしました。

その足で川西阪急百貨店に向かい、今回の法事のお返しを手配しました。
ここでの主役は家内で、僕は単なるアッシーくんです。

帰宅後、お腹が空かず、夫婦揃って夕食抜きです。
ああ楽しかった。
次の日曜日は、長男の初めての子に会いに、新潟に飛びます。
ああ、楽しみ~。

親父の7回忌 1/2

日曜日は、父親の7回忌法要でした。
今回は両親の実家北関東から来られる方がいなかったので、弟家族と義理姉夫婦だけの身内の気楽な会になりました。

土曜日の夜に長男がお嫁さんの実家・新潟から飛行機で飛んできました。
10日前に長男が誕生し、お嫁さんと長男くんに会いに、週末ごとに東京から新潟まで帰っています。
土曜朝に新潟入りし、お昼に初沐浴をお嫁さんの指導のもとやってから、こっちにやってきました。

出産に立ち会い、息子のへその緒も切ったそうです。
その写真やビデオを見せてもらいました。
我が子が生まれた頃は、出産は男子禁制みたいな世界だったと思うのに、今はお父さんも付き添うのが普通のようで、明るい個室にお父さんも一緒に寝て、陣痛の一晩を一緒に過ごしたそうです。
3D胎児写真にも驚いたけど、世の中変わったなあ。

日曜日10時半のお寺さんでの法要に備えて、あれやこれや準備しました。
20130127EiyoshiS045s
9時半に3人で家をでたら10分でお寺到着。
位牌や遺影、供物を本堂に供え、僕はお寺の前の道で弟と義理姉の車が来るのを待ちます。

我が家がお世話になってるのは、戦国時代末期に日本有数の総構の城だった荒木村重の有岡城内にあるお寺です。
横には「白雪本社」があり、「伊丹マルシェ」という手作り朝市みたいなのが、お寺さんの前の小さな広場で行われています。
20130127EiyoshiS047s
アクセサリーやコーヒーなどが販売されていて、長男はモーニングコーヒーを飲んでいます。
アコーディオンのお姉さんが、場を盛り上げています。
紙芝居も始まりましたよ。

皆んな揃って法要が始まりました。
ご住職さんは、急な葬儀が有りそちらに行かれたので、娘婿の副住職さんが供養してくれました。
境内に荒木村重が落とした伊丹城(後の有岡城)主・伊丹氏の供養塔が立っています。
20130127EiyoshiS046s
宝きょう印塔ですね。
末裔さんが建てたのだろうか?

11時に法要を終え、お墓に向かいます。
その前に、新潟に帰る長男を義理兄夫婦が空港まで送ってくれました。
長男はこの姉夫婦が好きなので、お願いしちゃいました。
姉とぺちゃくちゃよく喋っています。

僕と弟は我が家に戻り、弟の車を駐車場に入れて、弟家族がうちの車に乗り込んで2家族でお墓に向かいます。
病明けの弟は、義理妹から運転禁止令が出ています。
だから妹が運転して来ました。
お墓は雪が降っているかもしれないので、より重いのでスリップしにくいからうちの車で向かいます。

r12を北上し猪名川町に入ると、路肩にチラホラ雪が残っています。
12:10、お墓到着。
兄の車は5分ほど後ろのようです。
先に墓石の横にテーブルを出して供物を並べます。
1度しか来たことがないのに、兄は広い墓苑の中の最寄り駐車場に車を入れました。
「ようわかりましたね」「うん、わかるよ」って。
ナビ登録でもしてたのかな?

お線香を上げて、集合写真を撮って、下の墓苑事務所でトイレ休憩します。
次に「がんこ・三田の里」に向かいます。
r12・r319・r323・r37でJR三田手前でR176に乗って少し北上します。
早朝バイク・大原城址探索の時見つけました。
荒木村重の摂津平定のおり落とされた大原城主・豪族大原氏の縁者が帰農した大邸宅(多分庄屋)が、がんこ三田の里店になっています。

迷路のような邸内の畳の部屋の個室に通されました。
椅子&テーブル席になっており楽です。
13:27、父の思い出を話させてもらってから、遅いお昼ごはんスタートです。
料理も予約してあるのですぐに食べられます。
摂食中の弟に合わせて、弟家族は単品で妹と姪は適当に追加します。
僕らと姉夫婦は、寿司懐石の真ん中のお値段のです。

今冬シーズンのバイク用品お買い物 その2

冬バイクで解決できない難題は、つま先の冷たさです。
直接足に風の当たらないスクーターならそういうことはありませんが、ネイキッドの場合は・・・

「コミネ・AK-078・ネオプレーントゥウォーマーミドル・1155円」
バイクセブンで取り寄せてもらいました。
ブーツを履く前に靴下の上から履く半靴下です。
ネオプレーン素材なので、温かいはずです。
和歌山ツーリングで2回使いましたが、これはお勧めです。


「DAYTONA・RIDEMITT・4mm厚・003・ネオプレン完全防水グローブバイクセブン・3780円」

ドアtoドア・通勤リード通勤・5分という恵まれた環境にいますが、雨の時が難儀です。
夏なら炊事用ビニール手袋でOKなのですが、その他の時期は冷たいです。
通常通勤手袋の上からホンダ・レインオーバーグローブをするのですが、防水は完璧だけど操作性がイマイチです。
ひたすら我慢でしたが、バイクセブンでこいつを見つけました。

ウェットスーツ(ネオプレン)素材のグローブで、中間層に水を通さないフィルム素材をサンドイッチしてるので完全防水だそうです。
寒い時期に小型ヨットに乗る時は、ヨット用ウェットスーツやドライスーツで乗ります。
ウェットスーツは水を通すので、海水をザブザブ被りだすと冷たいです。
でも肌についた水が体温で温まり、それ以降は冷たくありません。
そんな経験があるので、ネオプレン素材はお気に入りです。

その後の雨経験は、そろそろ10回ぐらいになりますが、全く手が濡れません。
ネオプレンは風も通さないので、通勤に使ってる冬用ワークマンぬくぬくグローブより暖かいかも?です。
但し蒸れます。

プロテクターなど何も付いてないので、長距離・高速道路移動もあるツーリングでの使用には二の足を踏みますが、僕の冬季雨の日通勤の環境は、かなり改善されました。

今冬シーズンのバイク用品お買い物

この冬のバイク用品お買い物・・・
お買い物ではありませんが、CB400SBのリコール修理ハガキが届いたので、年明け早々に修理してもらいました。
雨天走行でリアストップランプ配線に水が入り、ランプが点かなくなるトラブルだそうです。
一部だけど、新しくなってラッキーです。
5年後ぐらいに、総取り替えとかになったら嬉しいな。

---
「TNK工業・ジェットヘルメット・SpeedPit AR-7V AERONATOR」
年末にバイクセブンでワゴン盛り・5980円で売ってたので、衝動買いしてしまいました。
僕は、日焼けが気になる男子です。
高校生の時から船に乗ってるので、日焼けの悲惨さを嫌というほど知っています。
体力も落ちるので、レーサーには日焼けはご法度です。
真夏でも半袖・半ズボンで外出なんてしなくなりました。

自転車サイクリングでも、自転車ヘルメットの下につば広ハットで日焼け予防しています。
バイクヘルメットは、日焼け対策がイマイチなように思います。
UVスクリーンらしいけど、物理的に日差しを防ぎたいです。

ずっと、オフ車用の長いひさし付きのジェットヘルが出ないものかと思っていました。
アライやショウエイの大手メーカーから、そんなニーズに答えるヘルメットが出て来ました。
でも高くて買えません。
1年ほど前にSBKのひさし付きジェットヘルがワゴン盛りされていたので飛びつきましたが、スクリーンが短くて顎に直接風が当たって寒いし、スクリーンの隙間が大きくて風切り音がでかくて使えませんでした。
懲りずに、今度はこいつを買いました。

5980円なので素晴らしい性能を期待するのは酷ですが、特に不満はありません。
和歌山ツーリングにも使いましたが、合格です。
風切音が大きめかな?
1日ツーリングには、ヤマハやOGKなどの1万円オーバー購入品(お値段は性能に正比例しているでしょう)を使うので、TNKは通勤で活躍してもらいます。

---
「コミネ SK-619 インナーチェストガード フリーサイズ 1575円」
「コミネ SK-479 背中用 バックインナープロテクター Mサイズ 3150円」
コミネの胸と背中のハードプロテクターを、追加購入しました。
僕は夏用メッシュも冬用ジャケットも、コミネを使っています。
家内のもコミネです。

コミネジャケットは、肩と肘にハードプロテクターが入り、背中はソフトプロテクターで、胸はプロテクターが入るポケットのみです。
臆病者の僕は、夏用を買った時すぐ、胸と背中をハードプロテクターにしました。
冬用を買ってからは、同じ規格なのでそれを入れ替えていました。

ウインタージャケット使用2~3回目の時に、プロテクターの入れ替えを忘れた事に気づきました。
めんどくさがりの僕はこれからもきっと忘れるだろう・・・
臆病者なので、忘れたと気づいてから後の走りは不安でいっぱいになります。

プロテクターにジャストサイズのポケットなので、入れ替える時あっちこっち引っ張るからビリって行くと嫌だなあとも思っていました。
これでプロテクターの入れ替えをしなくてよくなりました。

1/20・白崎海岸ツーリング 3/3

20130120ShirasakiS012s
風車が、ブワンブワンと低い不気味な音を立てて回っています。
こんなのが近くにあると、恐ろしいし眠れないな。
ここも風が強いけど、白崎海岸よりマシですね。
トーテムポールと灯台をバックに集合写真をパチリ。
ここまで来ると、瀬戸内や大阪湾の海と雰囲気が違い、水平線が長いです。
20130120ShirasakiS015s

GS給油し、喫茶店でお茶して高速予定で、帰路に着きます。
r24・海岸線を御坊に向かい、長い砂浜の神社のとこでごちゃごちゃと内陸に入りR42に出ます。
少し北上しGS給油。
僕のはまだメモリが3つで半分近くあるので給油をパス。

少し北上しますが喫茶店はありません。
リーダーさんは「もうない」と判断したようで、右折してICに向かいます。
初めての「川辺IC」で湯浅御坊道路に乗りました。
14:42、「吉備湯浅PA」でお茶休憩です。
僕はクリームソーダで、多くの方はコーヒーで、あ~だこ~だが始まりました。
20130120ShirasakiS019s

ゲストご夫婦さんの旦那さんから、西宮クシタニを教えてもらいました。
R171の大きなカーブのところにあるお店でした。
以前からバイク屋さんがありましたが、お隣にクシタニさんがあるそうです。
僕は1軒のレーシーなお店だと思ってました。

更に北上し、16:17・「岸和田SA」到着。
移動販売メロンパン屋さんで、200円チョコレートメロンパンをお土産に買いました。
どんな味かは、家内が全部食べちゃったので不明です。
「美味しい」らしい。
次は2個買おう。

メロンパン屋の前で、ひと通りおしゃべりし、ここで解散し次々に離脱することになりました。
僕は一足先に出発しました。
頑張って追いかけるより、マイペースで走っても、鈍足なのでどうせ追いつかれ抜かれるだろうとの読みです。
80~85km/hペースで阪和道~近畿道を北上します。
結局追いつかれませんでした。
更におしゃべりしてたのかな?

CB400のガソリンメーターは、液晶で満タン時6つマーク表示です。
3つになれば残量が半分弱で、最後の1つ表示の次に「ガソリンもうないよ」表示のリレー点滅になります。
残量4Lでリレー点滅になるので、あと4L×24km(厳しく見積もって20km)=96km(80km)走れます。
朝の集合場所・東大阪PAを通過する時は、メモリ1つになっていました。
リレー点滅になったら高速を下りようと思い走って来ましたが、このままでは帰宅できそうです。

阪和道~中国道ジョイントの「吹田IC」で下車しました。
ここから最寄りの「池田IC」までちょっとなのに450円(ETC休日300円)も必要なので節約です。
いつもならそのまま高速利用ですが、ガソリン残量のアクシデントに備えるために、早めに下ります。

中国道の横を走る中央環状線は、高速道路気味のスピードで流れるので、時間的にもあまり変わりません。
横を走る中国道を見ながら走りましたが、播州組は抜いて行きませんでした。
ここでリレー点滅が始まり、17:40・朝給油した御用達・伊丹産業ESSOで給油しました。
335km/13.86=24.2km/L。
バイクで13Lも給油したのは初めてです。

近所のバイクセブン&オートバックスに寄り道し、倉庫前でCBを乾拭きして、18:30頃帰宅しました。
家内へお土産のメロンパンを渡すのと交換に、夕食を受け取りTVを見ながらムシャムシャ。
風呂で温まり、大河ドラマが始まったところで自室に上がり、PCに帰宅メッセージを打ち込み床につきました。
ああ面白かった。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/20 白崎海岸ツーリング 2/3

先頭にリーダーKさん、女性陣が続き中間にMさん。
最後は鈍足の僕が定位置と思ったけど、先月から3度もご一緒してる播州組Kさんがトリを取るそうです。
「僕の後ろなんて、知らないよ~」で出発しました。
Mさんの「まだ着いたばっかりで、温かいコーヒーも飲んでいないよ~」の声は、リーダーさんの耳には届いていなかったようで、出発時間の9時になり無視されました。グハ

近畿道を南下し、阪和道に入り、9:49・岸和田SAで最初の休憩です。
80~90km/h・たまに100km近くで離されたのを追いつきの走行でついて行けました。
1週間前の白浜ツーリングの朝走行で寒かったのでチョッキをプラスしてきましたが、暑いです。
気温が少し高いのかもしれませんが、ハードプロテクターの胸と背中に汗をかいています。
汗はかえって風邪を引くので、チョッキをリアボックスに収納しました。

ここから一路目的地を目指します。
初めて下りる「広川IC」下車。
紀州広川と言えば、稲むらの火ですね。

西進してr23・海岸道路に出ます。
そのまま海岸線を南下して行くのかなと思ったら、途中山中に入りr24に出て、海岸線を北上し、11:09・白崎海岸に到着。
途中使った道は広域農道なのかな?
こんな広めの道がこんなとこを走ってたんだと、びっくりしました。
道をよく知ってはります。

相変わらず白い世界です。
20130120ShirasakiS006s
全11台が横に並ぶと結構な迫力だな。
女性陣はおトイレに行かれますが、「展望台に上りますよね」とリーダーさんに確認し、僕は同僚男性さんと展望台に向かいます。
風が強いです。
20130120ShirasakiS009s
前回も前々回も強かったけど、この日は15m/sを超えています。
沖はうさぎがぴょんぴょん跳ねて、白波オンパレードです。
この風じゃディンギーは辛いな。
クルーザーでも2ポイントリーフで安全航行を強いられそうです。

20130120ShirasakiS007s
シャッターを押そうとしても風でカメラが揺れるので、手振れで写真は全滅かな?と思いましたが、さすがに一眼レフ、失敗作品無しでした。
レンズが明るく大きいので、シャッタースピードを短くしてもいけるのでしょう。
これを全自動でやっちゃうんだから、日本のカメラはすごいね。

レストラン「白い岬」で昼食です。
「月見しらす丼・850円」を食べました。
「満幸食堂」のような「どんだけ~」なしらす量じゃないけど、美味いね。
12:39、精算して出発。

r24・海岸線を南下します。
ここでも海岸線をずっと走るのではなく、僕の知らない道を使います。
鈍足な僕は遅れ気味で、枯葉マーク車に阻まれたり、道路工事・片側通行区間の信号待ちがあったりで、ちぎれてしまいました。
前回2回は、御坊から北上ルートだったので、南下するのは初めてです。
道間違えをしちゃいました。

Uターンするのも面倒で、R42に出て紀伊由良で本線復帰を試みましたが、ここでもミスロードしてしまいました。
紀伊由良は右手なのに、道標は左折道を指示しています。
先に右折道があるだろうとスルーしたら、左折道がR42の下をくぐって右に走っていました。ナハ

紀伊内原から右折してr189に入ります。
道は順調に西進し、最後の一山の向こうが海岸線というとこまできて左右に道がわかれます。
野生の勘で左を選択。
僕ら2台の後ろに追いついてきたバイクは右へ。

予想通りr24海岸通に出ました。
「ああ、ここに出るのか」、見覚えのあるとこで目的地の「日の岬」に近いです。
御坊の海に出たとこの交差点を右折し、13:31・「日の岬」到着。
最後のヘアピンカーブを上がっていくと、先着の皆さんが手を振って声を掛けてくれます。
僕はそのまま駐車場に上がりましたが、皆さんのバイクがない。
後続のKさんが「あっちみたい」とジェスチャーで教えてくれます。
下にも駐車場がありました。

Kさんは、鈍足でちぎれてしまう僕に付き合わされて大変でした。
僕は毎度のことで平気なんですが・・・ぐふふ。
リーダーさんに聞いたら、10分遅刻だって。
遠回りしちゃいました。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/20・白崎海岸ツーリング 1/3

この日曜日は、当初父親の7回忌法要の日でした。
でも先月弟が緊急入院したので、少しでも体力回復した後のほうがいいので1週間後ろにずらしました。
両親の親戚が北関東ばかりで、遠路参列の方がおられなかったので、日程変更が利きました。
北関東の本家に連絡しましたが、特に問題もなくOK。

ということで空いたので、家内の都合を聞きました。
翌週の参列者へのお礼品の購入と、関東から寄せられた御佛前のお返しの品定めでデパートに行くらしい。
「私一人でいいから、バイク遊びしてもいいよ」とのこと。
顔色を読まれてますね。
1.17に長男に男の子が生まれ、2/3に会いに行くから、お嫁さんへのプレゼントも物色したいのだと思います。
こういうのは、旦那が横にいると気ままにあっちこっちとウインドウショッピングが出来ないからね。
僕はもうプレゼントのセイルバッグを用意済みだから、こちらの心配もありません。

北摂ツーリング会の白崎海岸ツーリングに申し込みました。
今年に入ってもう2回目北摂会のツーリング参加です。
寒さに弱いバイクは、冬になると走行イベントが減りますが、このグループ主催者はオフ車乗りなので、冬でも精力的です。
グルメやおしゃべりより、寒かろうが少々雨が降ろうが、走って景色を堪能したり歴史遺産を巡りたい僕には好都合です。

目が覚めたのは4時過ぎ・・・既に階下で家内が活動してる音が聞こえます。
いつもより1時間も早い活動開始です。
外は真っ暗なので、自室であ~だこ~だしてたら、いつもより1時間早い6時にお風呂に入ってます。
朝一から出掛けるのかな?

階下に降りて最近の定番・リンゴダイエット朝食がお皿に載ってたので、TVを見ながら食します。
「今朝は早いね。何時に出るの?」
「あなたが朝早く出掛けると思って・・・一緒に出るの」
家内はとにかく戸締り・火の元点検に時間がかかります。
僕が一緒に点検すると安心するようで、ウィークデイも点検後僕と一緒か、少し早めに家を出ます。

「去年一緒に行った白崎海岸に行ってくるわ。7時に出るよ」
「そう、ちょうどいいわ」
家内と入れ替わりに朝風呂で体を温めます。
家内と一緒に自宅を出て、倉庫から「招き猫・CB400SB」を出して玄関前に停めます。

前回ツーリングでお手製テーブルクロス・ナックルガードが下にずれるようになったのでゴソゴソしました。
2つ穴・結束バンド2本で固定していましたが、3つ穴・結束バンド3本に強化します。
結束バンドの1本がすぐ緩むようになったからズレやすくなりました。

8:00、最寄りの御用達・伊丹産業ESSO・GSで給油します。
今回は7.9Lでしたが、前回給油の時トリップメーターを控えるのを忘れたので、前回との合計で、440km/19.8
=22.2km/L。
ホンダドリームにリコール修繕を出したから、その時の点検で燃料だけ食ったのでしょう。
いつもより燃費が、2kmほど低下。

GSでGPSをセットしたり、ゴソゴソしてから出発します。
9時に、近畿道・「東大阪PA」集合なので余裕です。
8:38到着。
リーダーKさんのアフリカツインの横に停めます。
このバイクは迫力があるな。
ビデオで見た戸井十月さんの大陸横断・縦断で使われたバイクです。
パワフルで壊れない・道を選ばないオールラウンダーで、かっこいい。
僕には操れそうにないけどね。

コンビニ店内にKさんがいました。
他にもバイク乗りがいましたが、おツレさんがやってきてツーリングに出発されました。
Kさんと話しているとY女史が「おはようございます」って登場。
お隣の席でもバイク乗りさんの待ち合わせのようです。
9時近くになり、播州組がやってきたのが見えたので店を後にします。

店の前で全員集合。
メンバーの播州組Y女史のゲストさんは、さっきのお隣集合さん達でした。
BMW2台のご夫婦・・・色違いの同じような形のバイクで、BMWジャンパーも色違い。
仲良し夫婦は、見ていてこっちまで嬉しくなっちゃいます。
「いつも喧嘩しながら走ってます」なんて言ってたけど、いい家庭を築かれているのは一目瞭然です。
Y女史さん同様の美人さん1名。
この近くにお住まいだとか。
ハーレーの神戸の男性は、さっきのご夫婦の旦那さんの同僚だそうです。
例年、冬はバイクは冬眠するそうですが、同僚さんのお誘いに仕方なく出動してきたのでしょうか?

播州組には、Yさんと奥さんMさんがいます。
奥さんは初高速道路で、「無理そうなら途中で脱落します」とのことでしたが、しっかり走って来たんだ。
山陽道・菩提寺PAからノンストップ・1時間ほどでここに来たのは立派です。
僕はいつも途中の三木SAで1回休憩をいれないと持ちませんよ。
パワフルな感じの奥さんじゃないのに凄いな。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/13 紀伊田辺ツーリング 4/4

ホンダドリームに到着し、整備の方にリコール・ハガキを見せます。
「これって、先週してもらったのと同じですよね。
僕のバイクは二重登録になってるかも?
1つ消した方がいいよ。
切手もったいないし」

僕のバイクは、2011年最終版でメーカー在庫がなく、「ホンダドリーム尼崎店」の運営会社「ホンダドリーム近畿」の他店にあった在庫・最後の1台を回してもらいました。
その関係で、そのお店から新車移動した時と、僕が2012年2月末に尼崎店から購入した時点の2度販売されたようになったようです。
これからも2通届くかも?
無料お土産が2つ来たらいいのに。

後ろを走ったGさんからの指摘「ストップランプが、ブレーキも掛けてないのに、明るくなったり暗くなったりしてますよ」を聞いてみました。
高速道路で単調運転になると、僕は右足の置き場所を時々変えます。
「つま先にブレーキ&土踏まずバー」の通常位置と、「つま先をバー&かかとをマフラー横のかかと置き場」です。
今回のリコールは、「雨水侵入によるケーブル不良で、ストップランプが点灯しなくなる事の改善」で、その時ストップランプ点灯タイミング調整したので、それが原因だそうです。
以前より、ストップランプ点灯を敏感な方に振ったとのことで、バイクの下に手を入れちょちょいと調整してもらったらお終いでした。

「どこまで行って来たのですか?」「白浜まで」「え~結構遠くまで・・・」なんて他愛のない会話後、2Fでお水をもらって休憩して帰路に着きました。

「あ、そうだ」、16:58バイクセブンに寄り道です。
バイクセブンに用はなく、1Fのオートバックス・伊丹店にて、ナビバイザー・1480円を購入。
光でナビに見えにくくなる対処としてバイザーを使用してるのですが、一部分壊れてしまいました。
使えないことないけど新調です。

17:30帰宅して、お互いの今日をぺちゃくちゃ。
心筋梗塞療養中の弟が夫婦でやってきたそうです。
朝風呂中に弟から今から行くとの電話が入り、慌てて実家の風通しなどしてお迎え。
来月受ける2度目の手術の説明を受けたそうです。
なんだかんだで、結局歯医者に行けなかったそうな。

家内にお土産の薄皮饅頭を見せると、なんと知ってました。
店名まで知ってる・・・どこでそんな情報を手に入れるんだ?
「美味しいね」ってポコポコと2個食べていました。

風呂に入り、夕食を食べ、日曜夜の家内のお楽しみ「もやもやサマーズ」に付き合っていると寝てしまいました。
ああ、楽しかった。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/13・紀伊田辺ツーリング 3/4

皆さんと話をしていてわかったのですが、「和歌山の会」のリーダーさんが、田辺出身で大阪に住むGさんで、その初詣ツーリングにお邪魔したようです。
Tさんは「おやじツーリングの会」のリーダーさんでした。
「また参加してよ。会に入ってよ」って・・・何だか僕のバイクライフも、どんどん広がるね。

20130113TokeiS027s
10:54、でかい「蕎麦処」の暖簾が下がる「めはり本舗三軒茶屋・田辺店」に到着。
Aさんのお店です。
めはり寿司をおまけしてもらって、「天丼&温蕎麦セット・1200円」でお昼ごはんにしました。
美味しかった。

予定ではここで解散でしたが、11:48、全員で近くの「南方熊楠顕彰館」到着。
20130113TokeiS031s
お隣に住居があります。
紀伊半島の博物・生物・民族学者の南方熊楠は有名ですが、田辺市内に住んでいたとは知りませんでした。
和歌山の山奥に庵でも結んで、自給自足の生活でもしてたのかと思っていました。
住宅は入館料がいるとのことだったので、外から激写しておきました。
白壁&板張り2棟の質素な家でした。
研究ツアーに熊野に入ると、きっと1ヶ月や2ヶ月は帰って来なかったんだろうな。

ここの駐車場で解散になりましたが、結局全員この後のお目当てが「とれとれ市場」だったので、またもやゾロゾロと並んで走りました。
12:39、「白浜・とれとれ市場」到着。
20130113TokeiS040s
マグロの解体をやってました。
Tさんの奥様がご贔屓という「薄皮饅頭・6個600円」を購入しました。
Tさんは試食魔で、あちこち試食しながら気に入ったのを買っています。
家内との御坊~湯浅タンデムツーリングで好評だった「金山寺味噌」があったので、それも購入しました。

ここでほんまの解散になりました。
A女史さんは日高郡にお住まいだそうです。
御坊~湯浅ツーリングで、クエを食べたとこやね。
Nさんは下道で帰路につくようです。
僕も通常なら下道希望ですが、夜には雨になるという天気予報に変わっていて、雲が空を覆っていたので高速組に入ります。

13:17、「田辺高速入り口・Mobil」で、11.9L給油。
トリップメーター記録を忘れたので、燃費は次回まわしです。
気温が上がり、背中のハードプロテクター回りは汗をかいています。
冬用二重グローブが暑く、一重にしました。

渋滞もなく順調に3台で北上。
僕は2台目を走ります。
僕の希望で関空から阪神高速回りにしてもらったので、予定の次の休憩は「紀ノ川SA」でしたが、「吉備湯浅PA」手前で付近で疲れてしまいPA手前で左ウインカーで先頭のTさんにアピールです。
後ろのGさんは左ウインカーになりましたがしか~し、Tさんはバックミラーを見ていなかったようで素通りです。
ウインカーを切って、追跡します。

予定通り「紀ノ川SA」休憩。
100km近くノンストップだったと思います。
信号ストップ等がある下道なら平気で走る距離ですが、高速道路は緊張しちゃってどうも苦手です。
SA毎休憩の60kmぐらいが、僕には合ってるようです。
海南付近のトンネル銀座で、60km/h巡航で走ってる若葉マークに捕まってスピードダウン時間がかなりあったので、そこで復活しました。

いつもなら、和歌山からの帰路は阪和道~近畿道ルートなのですが、帰りに「ホンダドリーム尼崎店」に寄ろうと、関空から阪神高速ルートを予定したのですが、「向こうは風が強い日が多いから、危なかったら下道に降りるよ」とのことで、ならば近畿道ルートに変更しちゃいました。
「優柔不断でご迷惑おかけします」

ちょっと怖い「紀ノ川SA」から大阪方面のカーブ下りエリアをクリアし、「松原IC」下車。
ここでGさんとお別れです。
R309を少し走り、「阪神高速」に乗って環状線~空港線で、「豊中北IC」下車。
ここでTさんとお別れして、大阪空港地下を通ってr13に出て、南下してホンダドリームに到着しました。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/13・紀伊田辺ツーリング 2/4

Gさん先頭に僕がビリで、高速南下します。
手袋内ポリエチレン使い捨て手袋の効果はナシで、いつものように指先が冷たい。
今回2回目使用の「KOMINE・ネオプレーン・トゥーウォーマー・ミドル・1155円」は、優秀な利き目で、足先の冷
たさから開放されました。
通勤の雨の日グローブで使ってるネオプレーングローブの薄いのがあれば、その上にウインターグローブがいいかも?

80~90km/h巡航だけど、さすがに高速ばかりなので胸の上部が冷えて来ました。
一番大きなスクリーンに交換してるけど、スクーター並みのスクリーンが欲しいぞ。
BMWのツーリングモデルが一様に大きめスクリーンが着いてるのは流石です。
暑いと思って脱いできたチョッキが欲しい。

次の休憩は「印南PA」と聞いてたけど、9:07「吉備湯浅SA」到着。
小刻み休憩が有難い。
トイレ休憩のみですぐ出発です。

9:37「印南PA」到着。
ここもトイレ休憩のみです。
トイレの数が少なく、2人待ちでした。
「バイクは寒いでしょ」と声を掛けられたので、「冬なんだから車にしときゃいいのにね」っておっちゃんと笑い合った。
おっちゃんも暖かい季節は、バイク乗りなんでしょう。

僕の南紀和歌山・高速道路最遠・「みなべIC」を越えて、最終「紀伊田辺IC」で下車。
大学卒業後、先輩達とコーチをやってたジュニアヨットのレースで、田辺湾に来て以来です。
先入りしたレース艇と選手とは別行動で、夜中走って田辺を目指しました。
高速道路もなく途中でダウンし、R42・海南のトンネルを抜けたとこにあったホテルに泊まりました。

「予約なしでいつでも泊まれるから、あそこがいいやろ」と、土曜の夜中・乗用車1台・男4人でラブホテルに突入です。
4人部屋ってのがあったのでそれにすると、ドアを開ければメインルームにWベッドがあり、更に扉を開けるとサブルームにまたWベッドがありました。
「どんな用途に使うんだ?」っていろいろ想像しながら、最年少の僕はサブルームに、1学年上の先輩と2人で押し込められました。
小学校から大学まで一緒の先輩なので気心は知れていますが、「これはやばいかも?眠れないな」って一大決心してWベッドに2人で寝ました。
たけど、一瞬で睡魔に負けました。
どうやら無事だったようで、気持ちの良い目覚めでした。

田辺市内をゴソゴソ走って、10:06「闘鶏神社」到着。
20130113TokeiS003s
そこに見覚えのある赤のハンターカブがいました。
田辺在住のAさんです。
この方ともエア・バイク知り合いです。
本日3人目のリアル知り合いにチェンジです。
Tさんという車で来られた女性もおられました。
これで全員集合だそうです。

20130113TokeiS011s
「闘鶏神社」は、熊野三山の別当だそうで、熊野参りに来られた方が、ここから山道になる熊野三山参りを断念し、ここでお参りして三山参りに変えるお宮だそうです。
壮大なお宮でもありませんが、歴史好きの僕のハートを掴む謂れ板が立っていました。
源義経の参謀・武蔵坊弁慶がここ熊野三山別当の家系の生まれだそうです。

源平の戦いは、一の谷決戦の源氏勝利後瀬戸内海の海上戦闘に移りました。
優勢な熊野水軍の動静が戦の勝敗を左右するので、源平双方から援軍要請が届いたそうです。
その時弁慶は熊野に戻り、熊野水軍の統率者で別当の地位にあった父親の説得に当たりました。
父親は、紅白各7羽の鶏を戦わせ神意を確かめたとか。
「それで、闘鶏神社という変わった名が付いたんだな」

「若王子のご正体」と「金剛童子の旗」をなびかせて、総勢2000人・200隻の熊野水軍が壇ノ浦に向かって出陣したそうです。
インド渡来の原始仏教と神道が結びついた行者信仰・熊野信仰の象徴・若王子や金剛童子が旗印とは素晴らしい。「Showthe Flag」で他を圧していたでしょう。

20130113TokeiS015s
小ぶりな社が10社ほど建っており、うち2社は檜皮葺の社です。
いいところに連れてきてもらいました。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

1/13・紀伊田辺ツーリング 1/4

1/13日・日曜日は、紀伊田辺ツーリングに出ました。

寒い冬が続いていますが、この日は平年より高めの気温と上天気という予報だったので、電車でローカル駅巡りをしたそうなことを言ってた家内を都合を聞いてみました。
答えはNO。
先週、耳鼻科に感動したので歯科でメンテナンスしに行くのだとか。
ふむ。
JR・冬のワンデイパス・3500円で、伊丹~大阪~和歌山~五条~桜井~奈良・観光~木津~尼崎~伊丹というぐるり周遊計画を練っていましたが、お蔵入りです。

残念1/3・ニヤリ2/3で、ソロツーリング計画を練ります。
播磨・備前の海岸線もいいな。

雪は大丈夫そうなので播磨北部の山城探索はどうかな?
山崎IC下車で長水城址~毛利・羽柴激突に散った山中鹿之介終焉の城・上月城址~赤松円心本拠地・白旗城址~龍野城~夢前川を北上し宮置・置塩城址・・・いいかも。

奈良から県道利用で沿線の寺社に寄り道しながら鎌倉幕府倒幕のため後醍醐天皇が篭った笠置~お勧めの道R369で針テラス~R25の北エリアのお勧めの道利用で柳生探索というのも良さげです。

などと考えていると、バイク知り合いさんから「和歌山田辺・闘鶏神社初詣」のお誘いが舞い込みました。
闘鶏神社~めはり寿司~白浜とれとれ市場という未知の場所ばかりで魅力的です。
お誘いに乗っかることに決定しました。

誘っていただいた宝塚のTさんと、7:00に伊丹MANDAIスーパー前集合です。
メール繋がりで初対面なので、お互いの特徴をやり取りしました。
明け方7時に、開店前のスーパー前集合。
同じCB400なので、間違う心配はありません。

目が覚めたら6時でした。
4時に目覚めて二度寝したからヤバイ時間になりました。
朝風呂をやめて速攻で着替え、倉庫に急ぎます。
ツーリング道具一式を里山VTRから詰替えます。
まあ集合場所までちょいとなので悠々間に合いました。

6:30到着。
ここで地図をタンクバックに収納したり、ヘルメットスクリーンに曇り止め処理したり。
GPSナビをハンドルにセットし、グローブの下にポリエチレン使い捨て手袋をはめると暖かいというので、それもやってみます。

ここは、「鴻池」という地名で、以前は鴻池という大きな溜池がありました。
今は埋め立てられてスーパーや伊丹北高が建っていますが、北高の南に黒池として小さく残っています。
前述の山中鹿之介は、山陰の雄・尼子氏の家老職でした。
中国地方に台頭してきた毛利を攻め滅ぼしに尼子氏は安芸を攻めたが逆に敗戦し、反対に毛利に攻められ安来市・月山富田城に滅びました。

主家の再興に奮闘する鹿之助は、織田軍団の中国平定司令官・羽柴秀吉方に合力しますが、上月城籠城戦に敗れ護送途中に殺害されて果てました。
その家族は、秀吉の富の源・多田銀山で暮らします。

江戸時代になり鹿之助の息子がここ鴻池で酒造りを始め、大消費地・江戸に運び富を得ました。
これが伊丹の酒造の発祥らしい。
苗字を山中からここの地名「鴻池」に改め、江戸廻船問屋など鴻池財閥の基礎を作りました。
鴻池財閥発祥の地の碑が、黒池の畔に立っているらしいと最近知り、早朝自転車ででも行ってみたいなと思っていたところでした。

なんて考えていると、Tさん登場。
メールでのやり取り同様、気さくな方でした。
僕に何かあった時の緊急連絡先が財布に入っていることと、携帯電話番号を書いた名刺を渡してすぐに出発しました。

中央環状~近畿道~阪和道で、8:30「岸和田SA」集合を目指します。
余裕で到着したら、GさんとNさんがいました。
GさんのバイクはNC700X・黒です。
フロイントサイドパイプ(銀色を黒に塗ったらしい)・純正リアボックス・サイドボックスのHONDAロゴがかっこいい。
ホンダドリームに飾ってあるNC700Xと同じバイクには一見して見えないかっこ良さがある。

Nさんのバイクは、「ストライカー」と言ってたと思う。
ヤマハの正規逆輸入車で1300ccアメリカン・クルーザーです。
幅広タイヤは、安定感抜群だそうです。
怖がりな僕の苦手・縦溝なんて平気そう。
車体が赤で、そう言えばネット上だけのお付き合いのあの人のバイクに似てると思ったら、本人でした。
うわぁ~驚き。
架空バイク知り合いが、また1人・リアル知り合いになりました。
タンクがスマートでお洒落な湾曲なので容量を聞くと15Lだとか。
僕のCB18Lより小さいけど、ツインエンジンだから燃費がいいんだろうなと聞いたら、15km/Lだそうです。
航続距離200kmということでした。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

大震災・1.17が転じて、祝誕生

1/17
また、「阪神大震災」の日が巡って来ました。
18年目だそうです。
いつもの「ろうそく慰霊」が、昨日の夕方から今朝まで近所の公園でありましたが、今年は見送りました。

1/16朝、NHK連続テレビ小説を見てると電話が鳴りました。
「あっ!とうとう」とピンと来たので、TVをOFFにしました。
家内が受話器を取り、「ああ、そう・・・」なんて親しげに話しています。
受話器を置いた家内がやってきて、「今朝、お印があって病院に行ったんだって。
今日中に生まれそうで、ゆきくんも今向かってるところ・・・」

長男のお嫁さんは、先月から新潟の実家に戻り、週1で出産する病院に通っていました。
出産予定日は来月ですが、先週の段階で2400gオーバーだったので、予定より早く生まれるなと予想していました。
臨月までいたら、大きくなりすぎてお母さんが大変です。

我が子は2人とも1週間ほど早く生まれ、2650gと2580gの小型だったので出産が楽でした。
それを聞いて、毎日のマリア様へのお祈りに、「遼成君、早めに生まれておいで」を加えました。

一報を受けて仕事を放り投げて東京から新潟に飛んでいく長男は、今時のお父さんだな。
出産電話がいつ掛かるか期待してたけど、お昼になってもない・・・メールチェックしてもない。
夕方になってもない・・・帰宅する時間になってもない・・・

家内は、お印があって病院に着いたらすぐ陣痛が始まって、2人とも1時間ぐらいで出てきたけど、お嫁さんは苦しんでそうだ・・・その病院で助産師してる妹さんが取り上げてくれるので安心だけど・・・
とうとう床につくまで連絡がありませんでした。

夜中12時前に電話が鳴りました。
「ついに・・・」と受話器を取りましたが、長男のような声が一言聞こえてから無言電話になっちゃった。
すぐにまた電話が鳴るが無言電話・・・僕の部屋のFAX受話器がおかしいのかな?
と思い1Fの電話の前でスタンバイしたら、また鳴った・・・でも無言電話・・・
更にもう一度・・・その後音沙汰無しになりました。
何かあったのかな・・・不安・・・

今朝は5時に目覚め、震災のあの時間5:46にろうそく公園で行われる黙祷集会に間に合います。
でも、出産が気になって向かえませんでした。
そして、家内をもっと不安にさせそうで無言電話のことを言わずにいました。

NHK朝ドラが終わり、出勤時間になりました。
先に家内が出勤し、後から外に出た僕が戸締りしようとしたら電話が鳴りました。
慌ててドアを開け、受話器を取ります。
新潟のお母さんです。
「電話があり、今生まれたそうです。2580gの男の子だそうです」
「ありがとうございます。お世話になります。うちの子は2人とも小さく生まれ、ちょうど次男と同じ体重です。保育器に入っていますか?」
「電話から元気な鳴き声が聞こえていたので、入っていないんじゃないでしょうか?新潟に見にいらしてくださいね」
落ち着いたお母さんなので、口調に安心感があります。

すぐ家内の職場に向かい報告。
そして昨夜の無言電話のことも報告。
そこに病院に詰めてると思われる長男から電話が入りました。
2日連続で、会社を休むんだな・・・

1日頑張ったお嫁さんには、ゆっくり休んでもらわなきゃ・・・
それにしても、1.17が誕生日とは覚えやすいな。
追悼の日が喜びの日に変わっちゃった。

長男から朝、出産直後の写真が届きました。
指がちゃんと5本揃っています。
長男が生まれた時、毎日数度指の数を数えていたのを思い出しました。

昼には、「鼻の形がお母さんにそっくりや」とのメッセージ付きで、肌着を着せてもらってスヤスヤ寝てる写真が届きました。
長男が生まれた時の第一印象は、「まるでお猿やな」でしたが、それよりずっと顔が整っています。
体重は長男より小さいですが、大きく見えます。

遼成君との初対面日取りを考えなきゃ。
僕からのプレゼントはもう買ってあります。
おむつなどお出かけにいろいろな荷物が増えるので、50Lのセイルバッグです。
海水浴に行くようになったら、ヨット用のかっこいいライフジャケットをプレゼントしよう。
あわよくば、将来のヨット部員誕生を目論みます。

お嫁さん・・・ありがとう。
女性は凄いものを生み出すなあ・・・男なんて完敗です。

1/4 今年2回目のツーリング

お正月休みの最終日4日目です。
寒い日でしたが、7時を回ったので自転車でグルリお散歩に出ました。
晴れの天気に薄い雲がかかり、そこからチラチラと雪が落ちていました。
最高気温6℃という日で空気はピンと寒いのですが、自転車だと体は温かです。

帰宅後朝食を食べ、TVを見ながらゴロゴロ粗大ごみをしていましたが、10時半になったので次の行動開始です。
家内はまだ起きてこない次男の朝食の用意で待機中なので、僕一人で通勤リードに乗り電気屋さんに向かいました。

1つは、実家の元母親の部屋のエアコンの値段調べです。
長男夫婦が帰省した時にこの部屋にもエアコンが必要です。
僕同様エアコン嫌いの母親が、外して捨てたのでまた買わなくてはなりません。
次の帰省の時は、チビさんが増えているだろうから必須です。
「旦那の実家に行くと、あせもになっちゃった」なんて言われないようにしなくちゃ。

そして2つ目は、携帯電話の単3外部電源です。
僕は必要と思われる休日しか電源を入れないので、よくバッテリー切れをしてしまいます。
使いものにならない僕の携帯電話のために、外部電源を携帯しようと思います。
単3仕様なら、コンビニさえあればどこでも電源が確保できます。

エネループなどのリユース乾電池電源の携帯デジタル機器が、もっと増えたらいいと思います。
カメラがそうなれば、機種ごとに異なり捨てられているバッテリーの無駄がなくなるのに。
11:29、ジョウシン川西店、単3・2本付きで975円(ポイント値引きで412円)でした。

帰宅後昼食を食べて、前日に続き今年2回目のショートツーリングに出ました。
前日携帯電話が使えず聞けなかった「肉の根木」に猪肉を買いに行きます。
家内から頼まれたお使いは、「適当に5人前」です。

バイク装束に着替えて、招き猫CB400SBを引き出します。
こちらは3週間ぶりです。
EFIなので一発点火。
これで2台とも3月頭まで2ヶ月間ぐらいはバッテリーが持つでしょう。
長尾山トンネル~r325~r33。
前日以上に気温が低く、r33のいつも水が出てるとこがちょっとおっかなかったです。

r68に乗り一気に「道の駅・いながわ」です。
一気と言っても、凍結が心配で制限速度以下でゆっくり走りました。
幸い交通量が少なく、左ウインカーの出番は1度だけでした。
先客バイクが2台いました。
「皆さん、好きねえ」
走りだしちゃえば冬用バイク装束のおかげで寒さを感じないのですが、出るまでがねえ。

ここにバイクを置き、お隣の「肉の根木」に向かいます。
20130104NegiS140s
13:12、腸を抜かれたイノシシが2頭店の横にぶら下がっていました。
「大人5人だったらどれぐらいの量が必要ですか?」
「500g~1kgやねえ」
特上100g・1100円・その下1000円・更に下900円の3種類を各300gずつ、加えてぼたん鍋用合わせ味噌で1万円少々でした。
家内から預かった弟の住所を宅急便送り状に記入しました。
弟のとこに翌日届くそうです。
病明けの弟が食べるかどうかわかりませんが、弟の病気でどこにも行けなかった家族にホコホコのお裾分けです。
早く元気になってもらわなくちゃ。

バイクに戻り、r12を北上開始です。
13:36、もったいないなと思ってた朽ち果てていくばかりの「川辺酒造」が、リニューアルされていました。
「K's DELI」というレストラン&喫茶店になっていました。
道に「OPEN」と書かれた立て看板が出ていたので緊急停止です。
OPEN・7~17時。
20130104NegiS142s
最近田舎ではやりの古民家リニューアルレストラン&カフェですが、ここの建物は大きいので、お客さんの入りと経営者の気合で大きく発展するかもしれません。
猪名川の流れや素朴な自然がふんだんにあるので、いいんじゃないかな。
1人なので、次回家内を誘って入ってみましょう。
20130104NegiS145s

r319~r33~r325~長尾山トンネルで帰宅しました。
前日より近場のツーリングでお茶を濁したのは、路面状態が怪しかったからです。
西峠・城東トンネルの更に気温の低い方に行くのはどうも気が進みませんでした。

帰宅後、また出かける次男を駅まで送り、帰路16:39、靴の量販店・The Shoesで靴紐を購入しました。
280円。
家内のトレッキングシューズの紐が丸紐で、よく解けるからです。
平紐に交換します。

帰宅して早めの夕食を食べて、家内の「なんかいいDVDない?」のリクエストに応え、ロードショータイムです。
市川拓司原作の映画「今、会いにゆきます」です。
竹内結子・中村獅童主演のラブストーリーです。
久しぶりに観ましたが、最高に良かったです。
この映画の共演をきっかけに結婚した主演の2人でしたが、破局を迎えた時、かなり悲しかったことを思い出しました。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

今年初ツーリング 2/2

長尾山トンネルを抜けて、いつもの定番里山コースです。
r33~r68~r49で花山院に差し掛かります。
日陰コースなので凍結に注意しますが、問題なしでした。

アメリカンバイク6台集団とすれ違いました。
「小野」からr309。
r37・小柿との中間付近から北に伸びる枝道で、r49・乙原に抜けられる道を地図で見つけたのでその探索をしようと思っていましたが、未舗装路で断念しました。

ここでランドナー自転車とすれ違いました。
いかにもベテランさんで、ここらの道を知り尽くしているという雰囲気が余裕の走りに漂っていました。
かっこいい!

r37に合流し、小柿・三田市野外センターで休憩してるバイクを追い越しました。
「あなたも好きね」と、一礼を交わしました。
羽束川の小柿渓谷を登ります。
年中水が道を渡ってるところがあるので、ゆっくり目に走ります。
この日も水が渡っていましたが、凍結はしていませんでした。
大阪平野でも最高気温が10℃行かない真冬並み気温なので、要注意です。

r12との交差点・後川が近づくと、「あそこを探索してみよう」と頭に浮かびました。
風も弱く、凍結も無さそうなので多少山に入っても大丈夫そうです。
「籠坊温泉」まで羽束川沿いを走り、r308のR173への未開通区間に入ります。
籠坊に来る度、ずっと気になっていた道です。

r308に折れるとすぐ、路上の水たまりが凍結していました。
r37より立派な道がついていました。

20130103ShitsukawaS117s
14:11、民家の軒下にスズメバチの大きな巣発見。
14:20、r308エンドの神社探索。
14:28、舗装路エンドの先の地道を徒歩探索しました。
木が生えて森に還りつつある段々の耕作地がありました。
朽ちた石組みが覗く水の手が横堀に似て、これが山頂付近の要害の地なら中世の山城跡と言えそうです。

「後川新田・原」地区まで探索しましたが、最後まで急勾配はなく道も割合広く快適な道でした。
エンドにも現役民家があり、少し前までは隠れ里そのものだったでしょう。

さあ帰りましょう。
14:35、「黒川新田原」バス停が、原公民館前にありました。
ここまでバスが入ってるのに驚きです。
往路で見つけた「くろかわ」という蕎麦屋を探索。
20130103ShitsukawaS127s
駐車場もあります。
やってないようですが、冬でも住んでおられるような気配がします。

その手前に「天空農園」というのもありました。
その駐車場にナンバーのないオースチンミニがいます。
「弥十郎ヶ嶽」への道があり、山頂まで1時間40分だそうです。

「天空農園」に非常に興味をそそられたので、バイクを置いて「この先農道につき一般車両進入禁止」の地道を上がってみました。
管理事務所となってる改装中の民家があり、その上に素敵な茅葺き民家がありました。
20130103ShitsukawaS137s
田んぼに囲まれ「ふむ、天空やな」と思える絵になる風景がありました。
「セミナーハウス」とも書いてあったのですが、どういうとこなんだろう?
喫茶や食事が出来れば、僕のような物好きが、田舎ののんびりを味わいに寄ってきそう。

14:57、籠坊温泉の下にある「アマゴ釣り・釣り池」横で釣りを見ました。
美味しそうな型のがいい引きをしていました。
「後川」まで戻り、r12を南下しました。
標高の高い「西峠」も凍結に注意しながら越え、「道の駅・いながわ」まで帰って来ました。
バイクがいるかな?と覗きましたが、定休日のようです。

お隣の「肉の根木」が開いてたので、家内に猪肉の購入を打診すべく携帯電話の電源を入れると電池切れです。
僕の携帯電話はいつもこうです。
肝心な時に役立たずです。
単三電源を導入せねば。

旧r12を利用して帰宅し、VTRのお手製テーブルクロス・ナックルガードにドリルで穴を開け、結束バンドで固定し、長時間走るとずれてくる問題点を解消しました。

「塩化カルシウムで汚れた車を洗車してくるわ」と家内に声をかけると、「私も行く」だって。
洗車機内に車を止めて洗車機が動くシステムなのですが、自分の車が前後に動いてる錯覚を覚えるとこが好きなんだそうです。
17:23、「泡ジェットワックス・700円」洗車機内であ~だこ~だ。
風呂で温まり、夕食を食べ19時頃寝ちゃいました。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

今年初ツーリング 1/2

1/3、この日は寝正月の予定です。
夜が白み出したので元旦・2日に届いた年賀状で出していなかった方に、年賀状を制作し投函しました。
今が最も朝が遅い時期で、7時近くなってやっと朝という感じです。
でも日没が遅くなってきました。
12月上旬は16時になると夜の雰囲気だったのに、1時間ぐらい遅くなった感じがします。

7:30、近所の氏神様に初詣。
元日は、日付の変わる頃から参拝行列が出来、1日中朝大賑わいなのに、3日ともなるといつもの日曜日の雰囲気です。
お参りの行き帰り、家内と毎年恒例の正月お飾り品評会であ~だこ~だしました。
ここらは昔別荘地だったので、敷地が広く立派な家が多いです。
お飾りも一味違ったものが飾られ、見ているだけで楽しいです。

我が家もそれに刺激され、以前はスーパーの山盛りを買ってたのに、一工夫されたものに最近変わっています。
今年は、「阪急キッチンエール」で980円で購入したものです。
家内はちょっとこの購入を楽しんでいるようです。
我が家とお隣の実家ともちょいオシャレです。

帰宅後、御用達SSで通勤リード給油・171km/4.31L=39.7km/L。
近所に新規開店した「阪急オアシス」に買い物に行くという家内からのリクエストがあったので、すぐに行こうと誘いましたが、10時開店なのでそうも行きません。
朝ご飯食べたり、何やかやしたり、箱根駅伝に涙したりしながら時間になったので家内を誘いますがまだ空振りです。
今度は「今日は寒いねえ」です。

10:30を回ったので、いざ出陣です。
今年初タンデムです。
トレッキング用カッパを家内に着せたら、全然寒くないとのことでした。
買い物袋2つの食材を買い込んで帰宅し、僕は卵焼き・味噌汁・バターご飯で少し早めの昼食です。
またまた箱根駅伝で小さなドラマが起き、「タスキを繋げろ~頑張れ~」ってまたまた涙です。

次男の会社の内定者に国学院の選手がいましたが、往路のメンバー変更で走りませんでした。
復路にも走らず悔しい思いをしているでしょう。
調子を崩しちゃったのかな?
往路の2日は、一緒に出かけなかった次男がTV応援してたのにな。

その後彼の悔しさを晴らすべく、西宮のえべっさんまで走りに行ったそうです。
今回次男はランニング用の靴も持ってきています。
道中の神社に寄り道しながら20kmほど走り、帰路は電車だったそうです。
保育園の時毎日のように通った散歩コースの2つの神社にもお参りしたとのことです。
スーツも持って帰ってきています。
家内の推察によるとGFさんとこへの挨拶用だそうです。

ということで僕の御役目は御免のようなので、「ちょっと走ってくるわ」とバイク装束に着替えて玄関を脱出しました。
倉庫から里山VTR250を引っ張り出します。
こいつは1ヶ月ぶりです。
早朝活動が自転車ばかりになっちゃったからな。
招き猫CBの方も、最後に使ってから3週間です。

チョークを引っ張り、キーONでライト点灯、イグニッションONしたら一発点火してエンジンが動き出しました。
荷物を積み込んでいる間に回転数が上がりチョークを戻します。
素晴らしいです、ホンダエンジン。

通勤リード用に新規導入したヘルメット「TNK工業・SPEEDPIT・AR7V・AERONATOR」の初ロング使用です。
頭のフィット具合・耳のクリアランス(福耳なので重要)・あご紐金具の着脱具合・スクリーンの大きさ・ひさしの日差し遮り具合・風切り不快音など、全ていい感じでした。

吹屋 2/2

前回走った道を逆に進みます。
20130102FukiyaS080s
12:16、「ドドーン」広兼邸登場。
家内に次の訪問先を何も説明しなかったので、「わぁ~」って驚いています。
山がちの細い田舎道をぐにゃぐにゃ走ってたら、突然前方にドカンだから驚くんだよね。
僕も前回、圧倒されました。

20130102FukiyaS081s
300円で内部探索。
今回は2人なのでより楽しいです。
ベンガラで大儲けした庄屋さん・広兼家は、まさに中世の山城を作られました。
圧倒的な迫力です。
「金田一耕助のふるさと・おかやま・八つ墓村」のポスターが、いい雰囲気です。

「羽山渓」の素掘りトンネルも見せてあげたかったけど、この気温ではそこに至る沢道の凍結必至なのでパスです。
備中中部広域農道に出て、r33に戻ります。
前回走らなかった「成羽川」沿いの道は、バイクでは最高に楽しそうな道でした。
ゆるやかなカーブ・交通量少なめ・渓谷と田園の景色がゆっくり楽しめます。
ツーリングマップルお勧めの道・R313に合流し、素敵な景色が続きます。

「高梁川」に合流し、道もR180に合流します。
R180を北上し、備中松山城址に向かいますが、小雨が降って来たので、山城攻めは断念し城下町をグルリと回ってお茶を濁します。

高梁川とJR伯備線に挟まれたR180を南下し「総社市」、さらにR180を東進し、R429にちょいと折れると、今度もドカンと左に五重塔が見えてきました。
20130102FukiyaS110s
「吉備街道」に入って、14:36次の目的地「備中国分寺」到着。
「五重塔だけと思ったら、すごく広いね」ってまた喜んでいます。

謂れ板を読みながら、「へ~」って言ってます。
『741年、聖武天皇の建立』
前知識を何も入れない方が、新鮮で楽しいね。
大化の改新の約100年後、奈良時代に入る50年前、飛鳥時代だね。
各国に作っていった国分寺は、庶民の行動規範として据えた仏教思想の普及とともに、国分寺や一宮は行政庁としての役目も持っていたのでしょう。
今の県庁かな?

次は7kmしか離れていない備中国一宮・「吉備津神社」です。
ここで今年の初詣をしましょう。
吉備街道を東に進み、再びR180に合流し、GPSがあと2分と表示したところで車の流れが止まり動かなくなりました。
「桃太郎伝説」の吉備津神社は大人気のようです。
国分寺でも閑散としてたから甘く見ていました。

駐車場入場まで何時間掛かるか予想もつかないので清く断念し、吉備津神社への交差点をスルーしました。
すぐに、備前国一宮・「吉備津彦神社」がありますが、こちらはそれほどの人気はないようです。
自転車でも数分の距離しか離れず、備中と備前の一宮が並び建っています。
同じ山の北東面と西面の関係ですが、この間に国境がある、面白いね。
神様同士で喧嘩が始まりそう。

ICまで行くのが遠いので、すぐ近くにある「吉備SA・スマートIC」から山陽道に乗りました。
岡山ドライブ・デートは楽しかった。
18:06、「権現湖PA」で「神戸ブラックバーム1575円20%引き1260円」を購入。
ぐんぐん家に近づきますが、「宝塚トンネル~三木JCT・30km渋滞」の電光表示です。
やはり、元旦以外の高速道路は混みます。

「三木東IC」で下車し、18:09・「セルフ三木東IC出光」47.79L給油。
お気に入りのr38で「道場」に出て、R176を少し三田に向かって北上し、僕のお得意の裏道・JR道場~武庫川渓谷~川下川ダム~r33~長尾山トンネルを使い、19:30帰宅しました。

帰宅すると、ちょうど次男が家を出るところだったので駅まで送りました。
去年は、箱根駅伝・山の神・柏原竜二降臨で涙を流してたのに、今年の往路はどうだったのだろう?
風呂に入って、おいしいカレーを食べて、20時台に床につきました。

吹屋 1/2

1/2
例年なら高速道が混むので、お正月は元旦以外遠方には行かないのですが、家内のリクエストがあり、岡山県の吹屋観光に向かいました。
去年の秋の初め、ソロツーリングで行った時の話をしてから、ずっと行きたそうにしていました。

6:59、宝塚出光給油、30.79L。
中国道もチェーン・スノータイヤ規制が出ています。
広島の芸北の方なので、ノーマルタイヤでも行けそうです。

8:55、「勝央SA」で最初の休憩です。
気になった「津山ドーナツ」1140円を持ってレジに行くと、「本日は2割引きですので912円になります」って、ちょっとお得しちゃいました。
20130102FukiyaS052s
駐車場に戻ると、ド派手な東南アジアちっくなトラックがいました。

時折、雪が降り50km速度規制区間もあり、下車予定の「新見IC」以西はチェーン・スノータイヤ規制が出ていました。
本線はバリケードで封鎖され、強制的に全車ICに降ろされ、係員さんの目視で再びハイウェイに乗るのですが、僕らは「ここで下ります」「じゃあどうぞ」って感じでした。

R180で新見市街地を抜け、高梁川に出合ったところで、夏の終わりに走って気持ちよかったr33に乗りました。
相変わらず交通量が少なく、マイペースでのんびりおしゃべりしながら南下します。
前回通行止めで残念だったr50は、まだ通行止めでした。
両側に断崖の迫る沢道のようで興味津々なのですが、長期通行止めのようです。

r65に左折し、高度をグングン上げいきます。
凍結があってもおかしくないので、ゆっくり走ります。
10:45、吹屋ふるさと村到着。
前回は、横の茶店がかき氷客が溢れていましたが、駐車場には僕らの車1台だけです。

ベンガラ色の町並みをブラブラ歩きます。
「綺麗ねえ」と家内が喜んでいるので、僕まで嬉しくなります。
多くのお店が閉まっていましたが、店先を掃き掃除してた店主さんの「どうぞ~」の声に誘われて、おみやげ屋さんに入りました。
浮世絵の綺麗なお箸に目が留まりました。
箸先に刻みが入り麺類にも使いやすそうなので購入。
5膳セット・850円。
お隣のお箸は「合格五角箸・5膳セット・800円」で五角形のようです。
光沢塗りされていないので使いやすそうで、僕が愛用してる京都手作り市で購入した紫檀箸と同じく先が細いので食べやすそうです。
黒檀他5種類の木製が1本ずつセットされており購入。

吹屋小学校のことを聞いたら、2年ほど掛けて中を解装し、一般開放するそうです。
去年3月に廃校になった後、数日間一般開放したら数時間待ちの大人気だったらしい。
20130102FukiyaS056s
明治7年開局・「吹屋郵便局」が、かっこいい。

ベンガラメインストリートを車に戻り、「吹屋小学校」の方に回ります。
11:21、到着。
20130102FukiyaS068s
立派な木造校舎に家内が喜んでいます。
明治33年(1900年)完成の木造建物が現役なのに、戦後作られた鉄筋コンクリート公団住宅が老朽化で住めないなんておかしいね。
防火対策されたら、木造の方がよっぽど長持ちするね。

12:02、吹屋小学校の別棟校舎で営業中の「ラフォーレ吹屋」で昼食にします。
前回も食べたかったけど、1人では・・・ね。
宿泊もできるようです。
僕は「そば」・家内は「松花堂弁当」、合計1890円。
お客さんは僕らだけで、店内に熟成中の果実酒のビンが並んでいました。
家内がごきげんさんで、口数が多いです。
すかさず激写・・・ぐふふ。

ラッキー、今年初グループツーリング 3/3/

池田で皆さんにお別れし、r13利用で16:20に帰宅しました。
家内が帰っています。

我が家の今後に大きく影響を及ぼす結果を聞かなければなりません。
知り合った学生時代に、すでに家内は近視&乱視で、更に小学生時代に目が見えないお婆さんの手を引いて銭湯に通っていた事実を知り、「いずれ目が見えなくなるかもしれない」と、それも背負うことを覚悟して結婚しました。

皆さんと楽しくお喋りしながらも、頭の片隅では「耳が聞こえなくなっていく家内を笑顔で受け入れよう」と考えていました。
毎年会ってる高校ヨット部同期の奥さんも耳が聞こえなくなりましたが、夫婦でゴルフや旅行に楽しくやっていま
す。
奥さんは、大学時代から知ってるので、僕らの集まりにいつも一緒に来ます。
読唇術で僕らの会話に参加して笑い合い、違和感なしです。
でも細かいとことがわからないので、チョコチョコとポイントを掌に書いて伝えています。
僕もあいつみたいにならなきゃ。

「診断はどうだったのかなあ?」と気になりますが、黙々と僕に背を向けお料理中です。
外見は、中耳炎の時にする耳帯みたいなのもやってないけど・・・何も言わないと言うことは・・・「予後不良の診断でもされたのかな~」

「ガ~ン」な結果を聞くのは嫌だなあ・・・気の弱い僕の口をついて出た言葉は「今日は何処に行って来たん?」
「中山さん」
わが子たちの安産腹帯を頂いたお寺なので、お嫁さんの無事の出産を願ってきたのでしょう。

「う~む、診断結果を言い出さないなあ・・・」
意を決して、「病院、どうやった?」
「やっぱり前のとこと違ってた。移転したのでもなかった」
えっ、それだけ?・・・そんなことはどうでもええねん・・・診断結果が・・・言うのが辛いのかなあ・・・。
料理中の家内の後ろ姿を見て沈黙の時間が過ぎていく。

また意を決して・・・
「何て言われたん?」・・・お料理の手を止め振り返りました。
「それがねえ」
・・・ぐあぁ~ここで言葉を切るな~・・・

にっこり微笑んで、「笑っちゃうわ。
綿棒の先の綿が詰まってただけだって」って笑い出しました。
「前にね、綿棒の先が取れて残ったのでピンセットで取ったことがあったのよ。その時のがまだ残ってたみたい」

「が~」脱力しました。
そんな結果だったら、じらさずに早よう言いなはれ。
僕の心配顔を弄んで遊んでいたな~。
「快適に聞こえるようになったよ」
ホッとしました。

これまたラッキー・・・僕の人生、ツキまくりです。
終わり良ければ全て良しの楽しい今年最初の日曜日でした。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

ラッキー、今年初グループツーリング 2/3

バイク装束に着替えて、11時に出発しました。
目的地が僕のホームフィールド北摂だし、高速道路利用になることもないだろうから、倉庫から里山VTR250を引っ張り出します。
招き猫CB400SBのリアボックスに載ってるカッパや工具を、VTRリアボックスに積み込みます。

長尾山トンネル~r325~r33。
r68を渡り波豆川沿いに北上し、定点観測ポイント・「八坂神社」にお参りします。
11:20、神社前にバイクを停めると、謂れ板が新しくなってるみたい。
お祭りを写真入りで紹介しています。
境内に山車小屋があるので、中に入ってる山車を見てみたいな。

階段を拝殿に上がります。
20130106KogameS004s
いつも誰もいない境内ですが、車が数台来ており、男衆数人があ~だこ~だしています。
この日は、謂れ板に書いてあった「正月當」の日です。
その準備でしょう。

r323を西進し、「志手原」からr49。
「虎亀」集合時間12時には早いです。
11:40、「花山院・十二妃の墓」に寄り道し手を合わせます。
20130106KogameS009s
天皇位を譲り仏門に入った花山天皇が、お気に入りのこの地・花山院に移り住みました。
仏門に入り法皇を追っかけてきた尼僧さんが、女人禁制のお山の麓に住み、花山院に聴かせるために琴を弾いたとか・・・
歴史学者じゃないんだから、本当かどうかなんてどうでもいいです。
この手の言い伝えが、大好きです。

久しぶりに「花山院」に上がろうと思ったけど、きっとあ~だこ~だ寄り道し過ぎそうでここは諦め、そのままr49を北上してがやがや集団が店内に消えた「虎亀」に到着。
リーダーさんのバイクも、播磨方面メンバーさんのバイクも到着済みです。
Nさんの新車CBR250もあるぞ。
さっきの集団が北摂グループのようです。
ほぼ同時到着だったね。

店内に入ると見知ったお顔が揃っていました。
Y嬢さんがはるばる播磨からタンデムで乗せてきた可愛いお嬢さんのお隣に座りました。
対面で、kさんの漫才トークが始まっています。
Y嬢さんと播磨仲間のNさんのお誕生日バトルが面白い。
本来おめでたいはずのお誕生日なのに、あと2日あるとか干支がどうとか、些細な数日の攻防が女子には最重要課題のようです。

京都からご参加のH2世さんは、バイクの強者のようで非常に詳しい。
大型バイクから原付に買い換えたり、楽しい乗り物を追求しているようです。
入店前、ピカピカの凄いバイクだなあとジロジロ見た「黒・KAWASAKI・大型バイク」のオーナーでした。
「ZZR1400」、世界最速だって・・・凄い。

「虎亀ピラフセット・850円」を、美味しくいただきました。
お野菜・ウインナー付きピラフ・コーヒーです。
お隣の席では、リーダーさん。
ご近所なのでいつもリーダーさんとずっと一緒のY嬢さん。
播磨方面隊Yさん&奥さんMさん。
禁煙グループリーダーJさん。
総勢10台・11名です。
ちゃんとしたツーリングじゃなく、リーダーさんが「天気がいいから、初乗します」に、「どこ行くの?」で集まりました。
リーダーさんも驚きの通常ツーリングより多い参加人数です。
皆さん、こたつでみかんに飽きたのでしょう。

あ~だこ~だトークに花が咲きましたが、次のバイクグループがやってきたので退散です。
お正月気分も抜け気味の今年最初の日曜日の上天気なので、モゾモゾ動き出したようです。
バイカーズカフェは大賑わいです。

M嬢さんとあ~だこ~だ話し、Y嬢さんのバイクを前向きにスべく引っ張り出し、R173沿い「気遊」に向かいます。
r49「虎亀」から北の峠は凍結の心配があるので南下します。
r323~r319で東進しr12・「六瀬」に出て北上、「杉生」からr602を東進、R173に出て北上し「気遊」到着。
20130106KogameS010s

ここでは大きな中央テーブルを囲んで全員座りました。
トーク第2段。
旅行番組で名前だけ知ってた「チャイ・700円?」を初めて飲みました。
生姜とかいろいろ入っているとか。
ここで判明したのですが、Y嬢さんは東京や静岡にバイクで日帰りするそうです。
豪傑だ~。

楽しい時間もあっという間に過ぎ、さようなら。
播磨組は、R173を北上し、R372を東進して姫路に向かいます。
それをお見送りして、北摂近隣メンバー&京都H2世さんは、R173を南下です。
H2世さんの後ろを走りましたが、スーパーバイクはちょっとひねるだけで鋭い加速をしています。
ビビリの僕には到底乗れそうにない代物です。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

ラッキー、今年初・グループツーリング 1/3

6日・日曜日は、去年数回参加したツーリンググループの初ツーリングに参加しました。

その前に、長男からまだ見ぬ彼の長男の「命名書き」の写真が届きました。
神社で安産も兼ねてお祓いでもしてもらったのかな?僕らの時はしなかったのでわかりませんが、来月初めの出産予定日に備えお嫁さんが帰省してる新潟の風習かも知れません。
お嫁さんの妹さんが助産師なので、そこで出産します。

夫婦並んで、色紙に清書された息子の名を額の裏に貼ったものを持っています。
今や3D映像でお腹の中の子の成長を写真に残せる時代なので、出産前から性別がわかっています。
先月の定期健診報告で、すでに次男の出産体重2580gに肉薄していたので、1週間保育器生活だった次男を超えているでしょう。
長男の出産体重2680gも超えるのも時間の問題です。
お嫁さんは細いので、難産にならなければいいけど・・・「初孫君、居心地がいいのはわかるけど、適当に出てこないとお母さんがしんどいぞ」

5時に起き、家内も休みなので本日のデート・メニューを考えながらあ~だこ~だ。
朝食食べながらあ~だこ~だやってると、家内が「病院に行ってこようかな?」とポツリと言いました。

最近、僕との会話で「えっ」って聞き返される回数が増えていました。
僕の声が小さいんだなと、大きめに言うようにしていました。

いつも右耳で聞いていた電話をたまたま左耳で聞いたら、明らかにクリアに聞こえたので自分の右耳に異常があると気づいたそうです。
食事するときも、TVを見ている時も、車に乗ってる時も常に僕が家内の右側にいます。
金曜夜にそう言うので、僕が家内の左右に動き確かめてみました。
「ガ~ン」
もし右耳が聞こえなくなっても僕らの関係は全く変わらないけど、家内がとてもかわいそうです。
すぐに、「一度病院で診てもらった方がいいよ。進行を食い止めることが出来るかもしれないし・・・」と提案しました。

家内もその気になったようです。
特急で日曜診療してる耳鼻科を探しました。
以前耳が痒くてかきむしってた時お世話になった豊中の日曜診療・耳鼻科に行く事にしました。
その時の診察券は出て来ませんでしたが、病院のカルテに残っているでしょう。

病院名が思い出せません。
場所も阪急宝塚線・豊中駅付近の数駅の駅前ということだけしか思い出せません。
PCで検索して一番上にヒットした「庄内駅」近くの耳鼻科に、「ここだったかな?別に違うとこでもいいやん」程度で行く事にしました。
「ただいま診療中」となってたので、確実に診てもらえます。

R176を「阪急蛍池駅」から南下しながら、記憶を呼び起こします。
なんだか遠すぎるなと思いながら検索した「おがわ耳鼻科」に到着し、家内を下ろして帰路に着きました。
車内での会話「ここは阪急電車だよね」
「うん、宝塚線。片方が十三から大阪梅田に、もう一方は川西から宝塚に行けるよ」
「じゃあ、終わったら中山さんにでも行こうかな。あそこなら電車で何度も行ったことあるから。お昼ごはんは適当に食べてね」・・・
(うはっ、ラッキー)「うん、わかった。じゃあ僕はバイクにでも乗ってるわ」

家内の耳のことが心配ではありますが、僕が気を揉んでも仕方のないことです。
今はそれよりバイクに乗れるこのラッキーでウキウキです。
家内もフルタイム労働者なので日曜日毎の病院通いが始まるかも知れません。
以前の耳鼻科を探しながら宝塚線沿いを北上しました。

結局見つけられず、家に着きました。
時刻は10時過ぎ。
車の中で「そうだ、北摂ツーリンググループが母子のお店で昼ごはんするから、それに参加しよう」と決めていたので、すぐにPCでそのグループのサイトを見ます。
リーダーの集合場所の出発時間を過ぎていますよ。
「まあ、ドタ参でもOKでしょう」

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

鶴居城址

元旦の家内の実家お墓参り・志方城址訪問後、r65を西進し、R372に合流してすぐ「花田IC」から播但道に乗りました。
次の目的地は、鶴居城址です。

播但道を北上し、ETCのある「福崎北IC」で下りようと思ったけど、下りれなかった。
「うわぁ~、次のICは出口は生野とかになるんじゃないのかな?目的地を通り越しちゃうぞ~」とちょっと困ったけど、程なく「市川南IC」があり助かりました。
10:28花田~市川南400円。

以前家内と自転車で市川沿いを生野から下った時、車を置いた図書館がありました。
「JR甘地」駅から播但線沿いを北上すると、整備されて山城特有の扁平山頂が顕になった稲荷山山頂が正面左に見えてきました。
アプローチ道が細くて駐車車両が邪魔で迂回したのでちょいと時間を食いましたが、城山登山道入口に到着しま
した。
うまい具合に、墓地の駐車場があり、そこに置かせてもらいました。

山頂を見上げると、元旦らしく大きな日の丸が掲揚されているのが見えます。
11:00、獣避けフェンスを開閉し、登城開始。フェンスに謂れ板があります。
20130101TsuruiS017s

『稲荷山は標高433mあり、南北に幾つもの平坦地・石積み・土塁が見られます。
南北朝時代後半、赤松円心の孫が築城・居城したのが始まりです。
1441年嘉吉の乱後、但馬の山名宗全の兵4500騎に生野峠から攻められ落城。
1488年、赤松政則が取り戻すまで山名氏の支配下にあった。
その後1560年頃領主が討ち死にしたことにより廃城になったと考えられる』

すぐに、「あと900m」という看板が現れた。
さすがに山城、結構な勾配です。
「あと700m」の看板のところにベンチが用意されていました。
休憩。
ここは雑木が一部払われており、東側の市川の風景が見下ろせます。

「あと500m」で次のベンチがあり、また休憩。
ここもいい景色です。
「あと300m」ぐらいになると、南側の山並みと肩を並べる標高になり、播磨の瀬戸内海方面が広範囲で見通せま
す。
「あと100m」にベンチがあり休憩。
ここまで上がると、山頂の国旗が目の前です。
20130101TsuruiS034s

山頂手前まで登ったところで、「これ石垣?」って先頭を歩く次男から声が上がります。
「あ~本当だ」、石垣まで整然としていませんが、中世の石積みが残っています。
四方の木を利用したブルーシートに囲まれたエリアがあります。
「何かな?」「トイレじゃないの?」と恐る恐るブルーシートをめくると、2本の木が針金で組まれた簡易トイレでした。
ここまでの道も上手に整備され登りやすく、地元の方の気持ちが伝わってきます。

20130101TsuruiS042s
12:03、稲荷山鶴居城址本郭に攻め上りました。
周囲の木々が払われ、東西南北の下界が一望です。
20130101TsuruiS046s
播但線を走る電車の音が意外に大きく聞こえます。
非常食として持ってきたバウムクーヘンで登城成功を祝います。
墓地に置いた車が見下ろせます。
20130101TsuruiS047s
南方面の播磨の山並みの上を見通せ、澄んだ空気の時は播磨灘が見えるようです。

百葉箱のようなものが立っており、「きっと、あれが入ってるな」とゴソゴソ動かすと、筆箱とノートがありました。
登城記念に3人の名前を書いておきました。
2013年最初の記入者になりました。

僕らが駐車場にいる時上がっていったお父さん・小学校低学年娘・息子チームが、僕らの登城直前に下りてきました。
男の子が元気いっぱいで下って行きました。
若さはいいね。

ハイキングコースのお昼の時間帯の割に人が少ないなと下りだすと、「あと100m」付近の最後の休憩ベンチで女性が1人で座っていました。
「こんんちは」
更に下ると、ご主人?ご家族?最後にお婆さんという順番に上がって来ました。
1:15、駐車場帰着。

「市川南IC」から播但道に乗り、13:38「福崎北IC」まで50円。
そのまま中国道に乗って、「三田西IC」下車。
r141~r37~r323~r319~r12で、我が家のお墓にお参りして帰りました。
帰宅後お出かけする次男を駅まで送り、18時台に寝ちゃいました。

家内実家のお墓参りと志方城址

「紅白歌合戦」「ゆく年くる年」「除夜の鐘」という一連の定番年越しTV番組があるので、年に1度親の夜更かし公認の日なのに、ここ10年ほどは「行く年来る年」の前に夢の中が続いています。
今回も9時には寝ていました。

よって、いつもの様に真っ暗な早朝起床になりました。
「暇や~」
食事して元旦恒例のお墓参りに出発です。

6:59、宝塚出光で給油。
2日から高速道路が混むので、高速道路利用で遠くに行くのは元旦がいいです。
中国道・山陽道を西進し、「三木小野IC」下車。
播州加古川の市営「日光山墓苑」を目指します。
いつものように近道の墓苑北側からのルートでしたが、あと数百メートルというとこで凍結していました。
手前で車を止めて凍結面を見ましたが、上下2車線とも10m幅で凍結してて滑走必至です。

仕方ないので、一旦加古川の東岸r18に戻って、ぐるりとr65「上荘橋」を渡って南側から墓苑に入りました。
9:05、次男がバケツ&柄杓担当になりますが水道が凍結してて出ません。
まあ正月墓参ではよくあることで、トイレで水を調達しました。

年末に墓参した姉の花を入れ替えようとすると、凍結してて引き抜けません。
20130101TsuruiS001s
グリグリしながらお花の交換をしました。
前回お彼岸は雨でお線香を端折ったけど、今回は上天気に恵まれ一連のお墓参りが出来ました。

今年のお正月は、長男の帰省がありません。
来月初め実家で出産予定のお嫁さんが実家に帰っているので、そちらでマスオさんです。
3D写真とかで男の子が予想されているので、考えた名前を年末にメールしてきました。

僕の名前の一字を息子たちに送ったのですが、同じ字をまだ見ぬ息子に送るようで、それに「遼」の字を加えるようです。
石川遼の「遼」ですが、送ってきた名を見てピンと感じたのは、長男がほとんど全作品を読んだという司馬遼太郎の「遼」を拝借したなということです。

r65を西進し、「志方」に向かいます。
家内のお父さんの生まれた地で、7年前まではこの地に家内の実家のお墓がありました。
去年7回忌だった義理母の埋葬に合わせて、市営墓苑に移動しました。
義理兄は義理父同様次男ですが、義理父と同じように先祖の墓守りになりました。
兄の実家は三田ですが、兄の実母が亡くなれば、お墓を加古川に移動するということで、隣同士の聖地を購入しました。

家内は姉との2人姉妹なので跡取りがいませんでした。
墓守りがいなくなれば僕が2つのお墓を守ると家内に言っていましたが、義理姉のお婿さんになった兄が墓守りするということでメデタシメデタシになっています。

生活の苦しかった学生時代に結婚式も挙げずに結婚した姉夫婦、兄がさらに別の学部に進んだのにも快く援助し続けた家内の実家。
兄が独立開業する時もその資金を家内の実家が出しました。
兄はとても感謝し、家内の実家の面倒をみんな見てくれています。
ありがたいことです。

9:25、通い慣れた「志方皿池」を右折し、「志方小学校」のとこを曲がって「観音寺」を発見しました。
20130101TsuruiS010s
2014大河ドラマ・黒田官兵衛の奥さんは、ここの城主だった櫛橋氏の娘です。
志方城の天守閣があったのがこの観音寺です。
文字の半分消えかかった志方城址の謂れ板が立っていました。

櫛橋氏の詰城のあった天神山の鞍部にある峠に上がります。
ここに家内の父親の生家がありました。
以前のまま何もない広場になっています。
八幡神社への参道も変わらぬ姿でそこにありました。

お年賀

昨年我が家は、ますます良い年でした。
そして今年も更に良い年になりそうです。
皆さんがハッピーな年でありますように・・・

20130101Nennga001
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR