和歌山御坊~海岸線 1/3

日曜日は、和歌山の海岸線巡りに出かけました。
2月に1人で巡った御坊~湯浅がとても良かったので、家内に見せたくなってタイミングを測ってました。
その時、湯浅からさらに和歌山~みさき公園までを目論んでいたので、目標・みさき公園としました。

片道150kmで、タンデムだと怖くて大きいバイクに乗れないので、いつものように通勤リード110です。
そして家内はいつもの電車移動。
時刻表を調べると、家を6時台に出ると10時前にJR御坊駅到着です。
150km/時速40km=4時間弱。

暖かくなってきたので、春秋仕様のコミネ・メッシュ上下+釣用DAIWAレインスーツ。
SONYミラーレス一眼、こいつは一眼レフなのに小さくてバイクに重宝します。
家内用の僕とお揃いの装束を袋に入れ足元に置きます。

6時頃、僕が先に出発しました。
阪神高速空港線下のr10、「加島」交差点左折で「十三」。
日曜朝なので閑散としています。
「中津」経由で「大阪梅田」の大阪の中心に来ましたが、こちらものんびりしています。
多少混むのを覚悟の上で大阪ど真ん中に来ましたが、信号に止まることもなくあっさり通過してR25・御堂筋に入りました。
こちらもあっさり通過して「難波」。
ここからR26で和歌山を目指します。

何度か参加してる「原付二種ツーリングクラブ」のツーリングがこの日あります。
目的地は篠山。
わが家近所のバイクセブンが集合場所で、大阪組は堺のコンビニで集合してこのR26を北上してきます。
「すれ違ったらいいな」と思ってこの道を選んだのですが、あまりにあっさり混む大阪ど真ん中を抜けてしまったので、堺の集合時間以前に堺を通過してしまいそうです。

堺が近づいてきたところで、1回目の休憩を入れます。
6:50コンビニに寄って、小腹が空いた時用にパンを購入。
アイス126円買って、バイクに腰掛けて糖分補給します。
「大和川を渡って、堺山本町にあるコンビニ」を頭に入ってる集合場所を思い浮かべ走ります。
7:10頃、対向車線側にあるコンビニ発見。
見慣れた方発見。

先の交差点でUターンして急襲しました。
ここに集合した3人と、あ~だこ~だおしゃべりして、7:30にお別れしました。
9:00バイクセブン集合ということだったので、僕が出発を遅らせてしまって間に合ったのだろうか?

R26でずっと南下を考えていたのですが、GPSがR26から離れるよう指示します。
道標も和歌山はそっちとのこと。
r34・r29と、阪神高速湾岸線下を快調に南下しました。
速度制限なしの60kmなので、いつもの+10では怖いから60km/hです。
複数車線区間がほとんどなので、高速車がいても気になりません。

「りんくうタウン」を通過しても更に直進。
r63も快調。
GPSと「和歌山」への道標の指示通り走っていたら、いつの間にかR26に合流しました。
ここから「しばらく道なりに」の指示を最後に沈黙。
学生2回戦の時団体全国制覇した「淡輪」が近づき、練習に通った「箱作」が懐かしい。
部員全部を泊めてくれた先輩の家の旧家はどでかかったなあ。

本日のタンデム目標「みさき公園」の観覧車が見えてきました。
「和歌山大学前」という駅発見。
えらく綺麗なんだけど。

「紀の川」を渡りました。
9:01、和歌山市湯川石油店で給油。
150km/3.38L=44.4km/L。

和歌山からは、R42です。
レースでよく来てた「海南」のR42は見知った道です。
90度クランク3ヶ所も以前のままですね。

海南を抜けてから、JR紀勢本線に沿って走ります。
堺のコンビニを出る時、GPSミニゴリラに目的地をJR御坊駅にセットして立ち上げたのですが、到着予定時刻が10:32でした。
待ち合わせの10時に遅刻です。
堺から快調にここまで来たけど、あまり変わっていません。
家内の乗った電車に抜かれたら面白いなと思ってたのですが、電車には会えませんでした。

みかんの町「有田」に入り、有田川沿いを遡上します。
対岸の山の斜面はみかん畑が上の方まであります。
「湯浅」に入り、タイムリミットの10時です。
「湯浅醤油」の国道沿い売店があったので、ここで電話を立ちあげてお詫びの電話を掛けます。

「あのさあ、遅れちゃってあと30分ぐらいかかりそうなんだ」
「調度良かったわ。1本遅れちゃったの」
「今どこ?」
「湯浅」
「へ、僕も今湯浅。じゃあ30分後に」

つづく
スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

長谷の棚田

GW初日の土曜日・・・4時に目が覚めました。
さすがに、気合が入ってますね。
まだ窓から朝の気配は入ってきていません。
「よっしゃ~行くぞ~」
と思ってらっしゃる方も、同時刻にいたんじゃないだろうか?
あいにく僕は、今日もお仕事です。

来月の阿蘇ツーリングに向けて、とうとう冬装束を卒業しました。
春秋仕様の夏用プロテクターメッシュ上下+釣用DAIWAレインスーツの組み合わせです。
グローブもインナー抜き冬用から、メッシュグローブに変更しました。

阿蘇ツーリングアイテムのシェイクダウンは一段落したので、早朝ツーリングの定番VTR250に乗っていましたが、10日ぶりぐらいにCB400SBで出発です。
星が空に輝き快晴のようです。
放射冷却で、かなり冷えます。
すぐに服装ミスを悟りました。
夏用グローブは短いので、手首が寒いです。

長尾山トンネル~r325~r33~r319~r12杉生~r602~来栖。
「田んぼに水が張られたかな?」
久しぶりに、「長谷の棚田」に上がってみました。
いろいろごちゃごちゃしてて6時になりましたが、朝一番から農作業をしていました。
いつもの激写スペースまで上がり、激写タイムです。

途中の気温は6度表示されていました。
手がかじかんでいます。
もし、お手製テーブルクロス・ナックルガードがなく、直接風を受けていたらここまで持たなかったと思います。

「こんにちは」
すぐ横の田で、小型耕うん機で土を起こしています。
遠く下の方に犬のお散歩のご婦人がいます。
すでに水が張られた田もありまだのとこもあり、この連休中にひと通り終えるのだろう。
兼業農家さんが多いから、休日になると農作業が進む感じです。
20120428HaseP003s

水の流れる音、鶯の鳴き声。
キジのハネムーン・シーズンなんでしょうか、あちこちで盛んに鳴いています。
ひょこひょこ道路に出てくるかなと思ったのですが、それはありませんでした。
ここは、いつ来てもいいね。
20120428HaseP005s

Panasonic・LumixG2をハンドルマウントしてムービーを撮りました。
さすがデジタル一眼レフ・・・画質は他を圧倒です。
aviにサイズ・ダウンしても綺麗です。
20120428HaseP009s

CMOSの新規格LiveMOSは、少しウネウネが出ますね。
でも、CCD・MotionJPEG方式より小さいサイズで録画できます。
ほぼCMOS同様のサイズなので、実サイズ・実録画時間で計算すると16Gメモリーだと4時間記録できます。
バイクバッテリーからの供給もOKで、メモリだけ交換すれば無制限録画OKです。
外部マイクからの音もクリアです。

でも、レンズが重いから、カメラが揺れます。
カメラマウントポジションは、カメラ本体中央ですが、レンズの重さが前だけにかかるので、路上からの揺れが増幅されます。
レンズを支えるマウント方法を工夫するか、レンズを軽く小さいのに替えないとダメですね。

いつもなら、棚田の一番上の道まで上がり、「才の神峠」で三草山の肩を南に抜け、「槻並集落」を抜けてr12に至るのですが、あの激坂ガタガタ細道をCBで下るのは・・・VTRの時にしましょう。
r603で三草山を越え、阿古谷川沿いを下ってr12で帰りました。

朝食食べて、庭の雑草と30分格闘して、あと1日で完了というとこまでたどり着きました。
明日は、先月走った和歌山の海岸線を、家内とタンデムして走ります。
日ノ岬からの大きな海、湯浅までの綺麗な海、白崎海岸の白い景色・・・みさき公園まで走れるかな?

長谷の棚田

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

九州・電車旅番組

日曜日の続きです。

「バイクセブン」に向かいます。
時折雨が落ちてくるので車出動してるから、小回りが・・・。
バイクセブンでバイク知り合いに遭遇。むふふ。
増設ソケットはナシ。

11:13、1Fのオートバックスで、シガーソケット1穴から2穴にする「ダイレクト2連ソケット」580円+シガーソケットDC電源からAC電源にする「BAL1746カーコンセント30W・BK」1980円を購入。
これで、バイクでAC機器が使えます。

続いてお隣の「ミドリ電化」へ。
11:46、カメラレンジ保護カバー「ケンコーMCプロテクター52mm」1650円+「エレコム保護液晶フィルム」361円を購入。
DCケーブル「DMW-DCC3」はここでもなかったので、注文しました。

車庫に行き、購入したソケットなどをCB400SBのシートを開けてゴソゴソ作業します。
シート下ボックスに入りきれなさそう。
DCコードも揃ってから、一部外に出して設置する作業をしないとダメそうです。

帰宅してお昼ごはんを食べ終えたら、「もう雨は終わりですか?」という空模様です。
厚かった雲にも青空の切れ間が見えます。
風がまだ強いけど、VTRカッパ・ツーリングでも良かったね。

約束通り14時過ぎに家内から電話が入り、駅に迎えに行った帰りに家内の用事で「ジョーシン電機」に寄ります。
15:23、消耗品の蛍光灯やFAX用紙を買うお供です。
家内のお目当ては、期間中お買い上げいただいたお得意様にもれなくついてくるトートバックです。
お出かけの時重宝しそうな大きめバックでデザインがカラフルで欲しいそうです。
僕に来るDMですが、僕は思い立ったが吉日で買い物するので、いつもそのままゴミ箱行きです。

最近は家内が管理しており、DMに入ってたチラシを見ると、「東芝クラス10SDHCメモリーカード16G」が1580円で載っています。
「おぉ~」2個購入しました。

16:00からNHK福岡製作の電車旅番組を2人で見ました。
来月阿蘇に行く僕が喜ぶだろうと、家内が新聞で見つけたこの番組を教えてくれました。
博多~由布院~別府~南阿蘇鉄道~天草までの鉄道旅ですが、車内で駅弁を食べ、温泉に入って、冷麺のお店に寄り、阿蘇の湧き水を探す楽しい番組でした。
来月は僕もバイクでいろいろ寄りましょう。

九州は、JRなのに素敵なデザインの列車が走っています。
アテンダントさんも乗っています。いいな。
去年NHKに再放送のリクエストが一番多かった番組の続編だそうです。

ゲストは、その列車やアテンダントさん制服をデザインしたデザイナーさんと、博多駅に流れる音楽やデザイン列車のテーマ音楽を作曲したカシオペアのメンバーさんでした。
この作曲家さんがNHK女性アナウンサーと旅をするのですが、あの素敵なメロディーを作るカシオペアのメンバーさんがこんなおっさんだったとは・・・単なるそこらにおる禿げたおっさんやん・・・複雑・・・

そんな複雑な気持ちで番組を見終え、そのまま月曜朝まで寝てしまいました。
夜中12時に目を覚まし、その時点で7時間も寝ています。
「朝までどうしよう」と思いながら、僕用につけっぱなしになってるお風呂を切り、いつものようにヨーグルトを食べながらTVを見ていたら、また寝てしまいました。
僕は夜に弱いね。

Lumix・G2

日曜日は、先週に引き続き琵琶湖で大学ヨット部の新人勧誘の手伝いの予定でした。
琵琶湖で活動する大学ヨット部合同でレースをして、それを新入生に見てもらい入部に結びつけるという行事です。
ところが、天気予報が思わしくなく大雨予想なので、前日にレースの中止とともに、僕の仕事だったレスキューボート運転もナシとの連絡が入りました。
ヨットレースに雨は関係ないけど、新入生が雨で二の足を踏んだら、このレースの意味がないものね。
雨予報なのでバイクツーリングもイマイチで、家内も僕がヨットなので別件の予定を入れており1人遊びになってしまいました。

9時前に、家内を駅まで送って行き、一旦帰宅します。
予報に反し、雨降ってないんですけど・・・。
結局この日1日、予報の1mmや2mmの雨が降ることはなく、たまに1mm弱まで上がるだけで、傘も要るか要らないかの雨が時折降る程度でした。
バイクで出かけても良かったね。

10時のお店の開店時間を待って、自宅を出ます。
まずは「カメラのキタムラ」さんに向かいます。
CB400SBの素敵なエンジン音を録音出来るように、外付けマイク仕様のカメラを探してGoProに至りましたが、その探索中パナソニックLUMIXミラーレス一眼LUMIX・DMC-G2W中古が激安で手に入りました。
手付かずだったこのカメラを車載カメラ仕様にすべくお買い物です。
実際価格8~9万だった物が、G3にバージョンアップされしかも中古品なので驚きの投げ売り価格でした。
車載デジタルカメラで、ロング録画には、単3仕様かAC電源仕様が必要。
風切り音対策には、外部マイク端子が必要。
この両方を備えたカメラは、LUMIXムービー一眼GH1・GH2・G2しかありません。
G2の現行品G3はマイク端子が無くなったので、現行品ではGH2しかありません。
G2がコンパクトカメラ並の価格だったので、買ってしまいました。

送られてきた物は、取扱説明書も封されたまま、付属レンズもそのまま・・・更に保証書を見ると、発送日と同日の消印が・・・使われた形跡がない。
「G2W」は、Wレンズセット品で、「14-42一般レンズ」+「45-200望遠レンズ」の2本のレンズが付属されているはずですが、望遠レンズがなく一般レンズ1本しかありません。
望遠レンズセット正規品として販売できず、新品未使用品だけど中古品として出たワケあり品のようです。
一般レンズセット品よりはるかに安い激安超お買い得品でした。

イメージセンサーは、カメラ採用の多い感度の良い感度の良いCCDでもなく、ビデオ採用の多い省電力CMOSでもありません。
LiveMOSというオリンパスとパナソニックが共同開発した感度が良くて省電力という新開発品で、CMOSのうねうねムービーになりにくいそうです。
外部マイク端子があり、電源供給も専用電池とともにAC電源供給時に動作します。

バイクバッテリーから電源供給すべくお店を回ります。
バイクバッテリーから引かれたシガーソケットが1つなので、それに2穴ソケットを増設します。
1つはGPS電源として、残りをカメラ電源にします。
シガーソケットでAC電化製品を使うために、「シガーソケット・ACインバータ」を突っ込み、そのAC電源にカメラのACコードを差し込みます。
このコードはカメラの専用電池充電器で、この充電器とカメラ本体をつなぐDCコード(別売り)を新たに買わなくてはなりません。

「カメラのキタムラ」に、G2用DCケーブルとレンズプロテクタ・液晶保護フィルムを買いに行きましたが、型落ち品だからか全て在庫がありません。
お取り寄せで1週間から2週間掛かるそうなので他店を探すことにしました。

続いて、近くの「ホンダドリーム」へ。
店長さんに、GPSとともにカメラも動作させてもバイクバッテリーへの影響は大丈夫か確認します。
付けてもらったシガーソケット・USB電源は、ヒューズがついたものらしく、もし電流オーバーしたらヒューズが飛ぶので大丈夫だそうです。
カメラはGPSナビより消費電力が少なく、CB400SBバッテリー能力からすれば問題ないとのこと。

よし。
カー用品店と家電店に向かいます。

LumixGH1を車載されているようです。
一眼レフなので、微速度撮影もできるので、微速度ムービーを入れられています。
メーカーのプロモーションビデオと言っても通りそうな素晴らしいムービーです。
素晴らしい車載ムービー

10年先も君に恋して2

今朝も夜が白み始める頃目を覚ましたのに、ノーバイク・ノー自転車でした。
GWには、長男夫婦も次男も帰省するので、庭の雑草ジャングルと格闘しています。
まだ1/3ですが、こういう機会を捉えないと、梅雨に入ったのを言い訳にお盆までそのままな気がします。
去年は、4回ジャングルと格闘したように思います。

3日連続で、昼休み自宅昼食しながらDVD鑑賞会をしました。
本日は、「10年先も君に恋して」の第3話です。

このラブストーリードラマも、主人公のすれ違いや思い違いでいろいろあります。
でも、「最悪~」の状態で次回作に繋ぐのではなく、毎回よりお互いに心が惹き合うハッピーな展開で終わります。


第3話ラスト
「ねえ」「ん?」
「私のこと好き?」・・・「御免なさい、こういう事言う女って嫌われるのに・・・」
「好き。好きだよ、もちろん。なんか今更照れるけど」
・・・
「私、実は割と気が強いの。生意気なとこあるし。頑固だし。しゃべりだすと止まらないし。片付けだって下手だし。不器用で・・・。
ウエストだって、こんな服ばっかり着てるからわかんないだろうけど、あなたが思ってるより太いし。今はいいとこばっかり見てくれてるけど、そのうち振られるんじゃないかもって・・・」
「僕も実は、今日も靴下に穴が開いてる。捨て忘れて普通に洗濯して、また履いちゃうんだ。友達にはちょっとせっかちって言われるし、研究馬鹿とも言われるし。気が弱いから、八方美人なところもある。
いつかお互いに、そういう面は見えてくる。でも僕は、それで里花のことを嫌いになったりしない。
ウエストだって、あんまり細いより太いほうが好きだし」
・・・
「ありがとう」


そして、『10年先も「恋」してますか?』

の疑問符が毎回画面中央に現れ、エンディングに入っていきます。
こんなだから、気持よく次回作が待てます。

劇中の亜美ちゃん(木南晴香さん)が、とっても可愛いぞ。

SUPER R2

バイクセブンに、ヘルメットの引き取りに行ってきました。
9800円で売られていた「SBK・SUPER・R2」というサングラス内蔵ジェットヘルメットを買ったのですが、スクリーン部分の縦の高さが短く、アゴが寒いです。
店で被った時は気が付きませんでした。
今まで50cc用も含めて数個のジェットヘルメットを買いましたが、全部アゴが隠れる長さのスクリーンだったので、スクリーンの長さなんて一定のものだと思ってました。

更に、時速30km/hになると、ピューという風切り音がします。
これも初めてです。
5mmほどスクリーンを上げると音がしないので、スクリーンを大きくするだけで問題解決のように思います。

前モデル「SUPER・R」は、普通の大きさのスクリーンなので、その在庫と汎用性をメーカーさんにメールで問い合わせました。
この手の問い合わせは、忘れた頃に返事が来るのが普通ですが、翌日社長さんから返事がありました。
「SUPER・Rのスクリーンは、R2に付かないこと」
「事故の際、スクリーンの破片で顔を怪我することがないよう小さくしたこと」
「ヨーロッパでは、小さいスクリーンが普通であること」
「風切りピュー音はおかしいので、購入店から送り返してもらえれば対処すること」
が、書かれていました。

旧タイプスクリーンを買って交換すればOKと思ってたので残念でした。
作りがしっかりしていてフィット感も上々で、帽体が大手メーカーより小さめでサングラス付き。
通勤リードのシート下に入るので、いい買い物をしたと思ってたのに・・・
家内とのリード110・タンデムでは、ゼニスのヘルメットを被っていましたが、リードのシート下に入らないので、バイクを停めた時問題有りでした。

バイクセブンで、アライ・ショウエイ・ヤマハゼニスなどのジェットヘルを見ましたが、みんな普通サイズでR2みたいに短いのがありません。
アライやショウエイは、世界的にトップメーカーなので、どうもヨーロッパでは短いのが主流という意味がわかりません。

バイクセブンからメーカーに送ってもらった結果、ピュー音がなくなりました。
内装パットとスクリーンが総替えされており、1つのボタンが脱落していたために、スクリーンがずれていたのがピュー音発生の原因だったようです。
風切り音は仕様の問題ではなく、個体差だったようです。
まあこんな事もあるね。

しかし、スクリーンが小さくアゴが寒いのに変わりはありません。
冬は使えません・・・ううむ・・・
家内とタンデムする時は、無線更新するので、口の前にマイクが来ます。
今までスクリーンの後だったのに、直接マイクに風が当たります。
スクリーンの影になるよう上に移動すると、鼻息をマイクが拾うかも・・・ううむ・・・

メーカーHPを見て、ふと気づきました。
旧品「R」のシールドをヘルメットにセットする部品も別売りであります。
この部品が「R2」に付けられれば、それとスクリーンをそっくり交換できます。
またメーカーさんに聞きました。
・・・回答は・・・「R2ヘルメットに、R部品は付きません」・・・がっかり。

メーカーさんもバイクセブンさんも、他に合うスクリーンが無いと言ってるけど、自分で確認してみましょう。
そして今日の昼休み、バイクセブンで一品一品見比べて行きました。
・・・どうやら9800円が、お蔵入りになりそうです・・・

10年先も君に恋して

また、NHKドラマ10「10年先も君に恋して」のDVDを見始めました。
2010年夏に放映され、あまりに素晴らしいドラマなので、NHKを定期的にチェックし、晩秋のDVD発売予告を知りすぐに予約注文し、2011年初春に手にれました。
何度見なおしているだろう。
10回は越えていると思う。
家内にも3度、DVD鑑賞に付きあってもらいました。
「またこれ~」って呆れられていますが、何度見ても毎回涙が頬を濡らしてしまいます。

全6話の1話目を、昼休みに帰宅した時、昼食を食べながら鑑賞しました。
また感動しちゃったし・・・

大好きな人と出会えたことは、人生の宝物です。
僕は今でも家内と最初に会った時のこと、声をかけたシーン、手を握った横断歩道・・・鮮やかに蘇ります。

家内は、「こんなこと現実にないし・・・」なんてケチを付けますが、そんなの当たり前です。
ドラマで、ありえないような優雅な暮らしをしていたり、毎日素敵な洋服を着て登場したりもあり得ないですが、これが見ている人に夢を与えたり、気持ち良くさせます。
それでいいのだと思います。

歴史小説だって、現実の武将の生活そのままではなく、日常やイマイチな部分をそぎ落とし、素晴らしい行動や言葉を主軸に数々のドラマを加えることで、その人の人生のエッセンスを光らせる。
単純化されたから、多くの人がそれに感動し、自分もそうありたいと自らの生き方を見直す機会になるように思う。

毎日横にいる人も、自分が素敵だなと感じたことだけを記憶に留め、他を捨て去るとより素晴らしい人に見える。
恋愛時代は、相手のイマイチな部分を見ないようにし、素敵な部分だけを拡大して見ていた時代だと思う。
もしそれが、ずっと続いたら・・・そう見られた自分も相手も、そう見る自分も相手も、素晴らしい人生になるように思う。

第1話の三田村教授の名言
「博君、面白そうな道を見つけたらまず進んでみる。
研究ではいつも君そうしてるでしょ?
それを何故おなごには実践できないの?」

「ハハハ・・・。博くん、人生というのはね、やりたいことを全てやり遂げるにはちょっと短いんだよ。
恐れずに前に進みたまえ!」

第1話のラスト・・・
Time of Love

今シーズン初ロードバイク

今週の早朝活動は、早朝バイクツーリング2回、早朝自転車1回、庭の草刈り1回でした。
CB400を購入したので、最初のロングツーリング予定の5月中旬に向けて、各車載物のシェイクダウンを兼ねてCBばかり乗っていました。
大体目処が付いたので、早朝バイクは本来のVTR250に戻しました。

例年、4月の声を聞いて再開していた早朝自転車を、CBの関係で2週間遅れで再開しました。
後輪スプロケットを11~27Tから、11~32Tに変更したので、クランク50T・34Tとの組み合わせで、前34T-後32Tという最強の坂道登り仕様になりました。
今年は、上り坂がより楽になることを期待しています。


今シーズンの早朝自転車初日のことです。
目を覚ましたら、窓が明るくなってる・・・6時。
「早朝バイク・ツーリング」は無理ですね。
では・・・今シーズン最初の「早朝自転車・お散歩」に出ましょう。

今年は、リアのギアを変更するために、自転車屋さんまで走っただけです。
空気圧チェックOK。
チェーンオイルが去年のままだけど、まあよい。

6:30出発。
まずJR北伊丹駅に寄ります。
旅のパンフレットの物色です。
月1回駅に寄ってチェックし、旅のネタ探しに利用しています。
平清盛関係が多いね。京都・神戸・呉・宮島・下関。
篠山・丹波ハイキング・北近畿城崎天橋立。
丹後半島は、今年も行きたいな。
北摂もあります。
春4月だから、なんだか盛り沢山です。

バイクセブン横を通り、軍行橋を渡って伊丹空港滑走路正面で激写。
通勤ロードバイクが、高速で横を抜いて行きました。
少し下ってる猪名川土手道は、軽く足を回せて高速走行出来ます。
30km/hぐらい出たかな?

猪名川の橋を渡り直して、対岸土手道を北上して帰路につきます。
河川敷で工事をしています。
道を作っているように見えるのだけど、加古川河川敷みたいに自転車でずっと走れるかな?

我が家のある河岸台地に上がる最後の急坂を、今シーズンから導入したシマノ・マウンテンバイク用スプロケット11~32Tで上がります。
前ギアを34Tの軽い方にチェンジすると、34T-32Tというほぼ1:1のギア比になる軟弱仕様です。
「おお~軽い。これで六甲山に登れるかも?」
マテリアルが揃っても、心の軟弱はそのままなので、きっとチャレンジもしないだろう・・・

「ただいま~」
帰宅すると家内から、「今年初めての自転車はどうだった?」って聞かれました。
29日、予定が入らなければ、今年初めての「夫婦で自転車」しようと話しています。
このGWは、次男のご成婚に向けての行事が入りそうなので、予定を立てていません。

次男に予定を聞けばいいのに、こういう人生の一大事の時は静観してるのが僕ら夫婦の流儀です。
僕らにも一大事だけど、次男とお嫁さんが主役なので、いろんなことは主役が決めたらいいです。
親の言葉って、子供にとってはとっても重いので、それによって考えていたシナリオを変更してほしくありません。
長男の時と同様、主役から指示されるまま動こうと思っています。

主役は2人とも東京で、実家はどちらも阪神間なので、このGWは次男が正式に向こうのご両親に挨拶に行くことで終わるかも知れません。
まあ、実家はお隣の市なので、「ほな親呼びますわ」となったら、15分で行けちゃうんですけどね。
学部1回生から付き合ってるので、早朝自転車で向こうの家の前を数度通ったことがあるし、向こうも当然我が家を偵察したと思います。

そこで問題なのが、我が家の庭の雑草ジャングルです。
今朝から伐採作業を開始したけど、GWまでにはある程度見られるようにしとかなきゃ・・・
来週は、雨以外の日は全て庭仕事になりそうです。
20120418Asa002s

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

犬飼川林道 2/2

時々鹿さんと遭遇する峠を越えました。
T字路になっており、左折するとチェーンが張ってあり通行止めになります。
チェーン方向によくいるのでサッと視線を向けましたが空振りでした。
しかし、進行方向の477側にいました。
角はなく小柄なのでメスのようですが、白いお尻が可愛いです。
僕を見つけて、サッと山に上がりましたが、止まって僕を振り返っています。
ゆっくり走りましたが、チョンチョンと山に上がって行きました。

獣避けフェンスのとこで一旦停止。
バイクから降りてフェンスを開けて脱出します。
ちゃんと元に戻してR477に向かいます。
森から出たら朝霧で真っ白です。
R477で南下中も視界が悪いので、ヘルメットのバイザーも上げて視界を確保し、40km/hほどのゆっくりスピードで進みます。
いい塩梅で、ここでも高速車が追いついて来ませんでした。

摂津丹波国境の「ひいらぎ峠」を越えてもまだ霧です。
いつものことです。
亀岡が優勢な霧に包まれた朝は、大体北摂側にも霧が越えています。
r106に入ってから霧が晴れてきました。

ここで車載ムービーの電池が切れました。
地元野菜が並ぶ「朝市」の場所で電池入れ替え休憩です。
朝市のとこでおばあさんが休憩してたので、「おはようございます」と。

振り返ると、ひいらぎ峠の上に朝霧の舌の先が伸びているので激写。
20120417InukaiS017s

「歌垣山」の方や、得体のしれない宗教法人の仏像みたいなのも激写。
軽四でおっちゃんがやってきて、お芋を並べていきます。
20120417InukaiS019s

お客さんと思われるおっちゃんが乗用車で乗り付けて、物色しています。
リアカーを押しておばちゃんがやってきます。
朝摂った野菜を持ってきたのでしょう。
20120417InukaiS021s

「おはようございます」「何しよんの?」
「写真を撮りに来ました」「そうかね」
田舎の人は気さくで、会話が親しげで自然です。
この雰囲気で帰宅し、家の前を通る人に声をかけると、完全無視や不審者を見る目で睨む人がいます。
都会の日本人は、どうなっちゃったんだろう?
「人を見たら泥棒と思え」が行き過ぎちゃったのかな?
僕の小学生の頃は、学校に住み込みの用務員さん家族がおり、正門も裏門も開けっ放しで、授業中でも近所の人は孫を連れて入ってきて、花壇や砂場で遊んでいました。
都会には、もうこういう学校がなくなりました。

r106、ウィークデーなのでr604も二輪通行可です。
「一庫ダム」でR173に合流し、猪名川沿いr12旧道にチェンジして帰宅しました。

犬飼林道3/4

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

犬飼川林道 1/2

17日、目が覚めて時計を見たら4時でした。
外は真っ暗。
来月になれば、この時間でも朝の明るさになっているので、早朝バイクも篠山以北まで行けるのになあ。
4時半までグズグズした後、着替えて出発しました。

GoProの設定やマイク位置がほぼ決まってきたので、里山VTR250の出動です。
3月初めの京都グループツーリング以来の出動です。
1ヶ月ほど動かしていないのでエンジンがかかるか心配です。
招き猫CB400SBを動かす時、VTRにキーを突っ込みライトが点くかだけ確認してたけど・・・
VTRを道路に出し、キーON・チョークを引っ張って・・・一発点火。
FIタイプじゃないのに素晴らしいです。
しかも、気温が暖かくなったからか、すぐに回転数が上がり、チョークを戻すことが出来ました。
さすが熟成の進んだVツインエンジンです。

今回のターゲットは、「犬飼川林道」?です。
年に数度走ってます。
「近畿自然歩道」に指定されていますが、ハイキングなどしてる人を見かけたことはないです。
静かな素敵な道なのですが、数人で歩いてもかなり不安になる道です。
今回も鹿と対面しましたが、物の怪が出てきそうな雰囲気も充満しており、晴天が続いた後でも、確実に道の上を水が流れている場所があります。
浅い川になってます。

池田からR423で亀岡に向かって北上します。
摂津と丹波の国境が近づくと、なんだか湿気が増えたような・・・こりゃ亀岡盆地は朝霧だなと予想すると、峠を越える手前から朝霧に突入しました。
この状態で亀岡への連続急カーブに突っ込むと、よく高速車に後ろにつかれます。
僕が遅いからだけど、視界は悪いし、恐怖の二乗で気持ち悪い思いをします。
先行車も後続車も殆ど無くここまで来ました、その流れで高速車に追いつかれることもなく盆地に下りることが出来ました。

20120417InukaiS003s
左右に田んぼが広がるR423の直線は、霧で真っ白です。
予定変更して「紅葉峠」ぐらいまで足を伸ばして、朝霧雲海見物しようかとも思いましたが、それには時間が足らなそうなので諦めました。
犬飼川手間のいつものとこから林道に入ります。
「アマゴ釣り」の看板が目印です。

20120417InukaiS004s
曲がってすぐに、満開の濃いピンクの枝垂れ桜が目に入りました。
枝の下にバイクを停め激写。
お見事です。

すぐに道は1車線になります。
今シーズン初走行ですが、前回より土が乗ってるみたい。
全線舗装路だけど、土や小石・折れ枝・落ち葉がしっかり乗ってるので速度超過は禁物です。

20120417InukaiS008s
お気に入りの場所で、犬飼川の沢の水音と川に覆いかぶさる枝を激写。
森に入ったので霧はましになりましたが、森の木々のバックは朝霧で真っ白なので、ちょっと幻想的です。
いつものように僕以外誰も通りません。
と言うより、誰かが来たらゾッとする道です。

いつもより水たまりが多いです。
路面が荒れてきてるからかな?
あの路上川のとこが安全に通過できるのか少し不安になります。
こんな道でエンコしても、バイクレスキュートラックは入ってこれません。
人力でR423まで下らないと・・・

いつもより水量が多く流れていましたが、まあ通過できました。
路上川が大雨毎に運んで来る小石が更に増えてるような気もします。
「近畿自然歩道」の指定から外れたら、この道はどうなるのだろう?

犬飼林道 2/4

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

方向音痴

日曜日、ヨット部試乗会から帰宅すると、ちょうど長男が帰るとこでした。
「良かった~間に合って。これで私も送りに行けるわ」と家内も車に乗り込み、最寄りの駅を目指します。
家内に勝とうなんて思わないけど、子供との縁は母親の方がずっとずっと濃いね。

帰路や帰宅後家内から聞いたのですが、お嫁さんが出世してティーチングの仕事がメインになったようです。
今まで、チーフとして最前線で活躍していました。
休日ほど忙しい仕事なので、夫婦で一緒に休日を楽しむ機会が多くなかったですが、これからは暦どおりの勤務になるそうです。

長男は、「もっとお嫁さんの職場に近いとこに住めば良かった」と言ってたそうです。
優しいな・・・
長男の職場には4駅ですが、お嫁さんの所へは1時間かかるそうです。
まあ、また考えてくださいな。

2人とも暦どおりのお休み生活になるので、GW後半に2人で来るらしい。
「2人で来ると、食事の世話しなくてもいいから楽やわ」と家内が嬉しそうです。
GW最後の日曜日は、山登り計画でも練らないとね。
また中世の山城攻めがいいかな?
おっと、その前に庭の雑草をやっつけねば・・・。

最後に家内の京都からのその後です。
智恩寺さんは、毎月15日の手作り市で大賑わいだったそうです。
最寄り駅は「京阪出町柳」で、そこへの道順を教えたのですが、歩いていたら「叡山鉄道・元田中駅」が見えてきたそうです。
「う~む、一駅歩いてるし・・・しかも西に歩くべきところを北に歩いてるし・・・ぐふふ」

駅に行くと、鞍馬に行けるので鞍馬に行ってみようかと思ったけど、長男が気になり帰宅を選択したそうです。
しかし僕から言われた「出町柳」までたった1駅で、その後京都駅に出る方法がわからないので考えていたら、「京都駅」と書かれた市バスがやってきたのでそれで京都駅に出たそうです。む~ぅ
毎度のことですが、楽しい1日になりました。

ヨット部新人獲得試乗会

20120415EikandoS019s

部員がやってきました。
新入生ヨット試乗会第1号女子、第2号男子、男子・女子・・・と続き、琵琶湖までの第1陣車として僕が新入生5人を乗せ出発です。

平安時代から数々の武将や公家・天皇さんが攻め上ったり、敗軍として落ち延びたりした歴史の舞台・山中越えルートで、比叡山を越えて琵琶湖側・近江神社に抜けます。
雑談に花が咲いていた車内で、今日の試乗会やヨットについての説明を始めると、ピタリと声が止んで僕に集中してくれます。
最近の若者は真面目です。
そしてさすが難関をくぐった学生、集中力があります。

柳ヶ崎YH着、第2陣以降の車出動は僕にはなく、次の仕事はレスキューに乗ってハーネスの付け替えなどです。
キャプテンとOB君の3人で乗り込み出艇。
試乗エリアのマークを4つ四角形に打って新入生がやってくるのを待ちます。

インフレータブルで新入生がやってきて、ハーネスを着けて470に乗せ、降りてきたらハーネスを脱がせてスナイプに乗せます。
次々やってくる新入生を慣れた作業でこなします。
総勢30名弱で、10名以上女子。
肩を回したベルトを胸に下げ、「ちょっと御免よ~」って、おへそ位置にあるバックルを通し、再び反対側の肩から下げたベルトのバックルに胸の位置で固定します。
「役得です」

他校も概ね試乗会で、いつも2人しか乗っていない船に3~4人乗船し、楽しそうな声も聞こえてきます。
部員の少ない学校は、合同試乗会をしています。
これも1つの手ですね。
ここで他校新入生との横のつながりができるのも、ヨット部員を増やすのにつながるのかも?

適当に寄ってくる試乗会艇を写真に収めます。
後日ムービーにして流すのだとか。
20120415EikandoS024s


15時前に全員の試乗を終え帰着。
2名の新人を獲得したのだとか。
頑張れ!
2~3m/sのちょうどいい風で、大好評の試乗会になりました。

「来来亭」でチャーハン定食を食べて、合宿所に戻ります。
試乗して先に合宿所に戻っている新入生が、バレーボールをしてるグループ、おやつを囲んでおしゃべりグループ、TVゲームグループと別れて、部員と一緒に楽しんでいます。
台所では女子マネージャーが鍋とおにぎりの用意に余念がありません。
いいね!

試乗会統括のH君から、挨拶をするように要請される。
H君は、先月大阪湾でやった恒例の卒業生クルージングに参加したので、一緒にクルージングしました。
鍋の用意ができ、H君司会で鍋パーティーの始まりです。
適当なところで、僕が指名されます。

部員がまだ経験していない、卒業後のことなどを話します。
僕が経験した人生で感じたメインの世界とサブの世界を持つことの重要さ。
僕の経験した震災時の同期ヨット部員からの声援や援助のこと。
僕が現役でレースに出られるヨット競技の楽しみの長さ。
クラブで培った先輩後輩とのつながりがベースになって、大きな船でクルージングを楽しむ今の僕。
それらを話しました。
1人でもヨットに興味を持つ子が増えたらな・・・そして入部してくれたらな。

これでお役御免です。
帰路につきます。
湖西道路が片側2車線拡張工事が終わり、いつもの帰路渋滞が解消されています。
名神も第2京阪の開通で一気に渋滞が解消されているし、大阪京都湖西間が快適になりました。

永観堂

日曜日は、琵琶湖に大学ヨット部新人勧誘の手伝いに行きました。
4月の日曜日は毎年恒例の行事です。
毎年新人を勧誘して行かなければ、4年で部員ゼロになってしまう大学のクラブの宿命なので、最も重要な行事です。
今年の手伝い要請は、今回と次週の2回です。

先週に続き、今週も家内が休みです。
また1人遊びさせちゃう展開です。
方向音痴なので都会に出てウインドウショッピングして帰宅でお茶を濁してがパターンなので、家内の予定を聞いてみます。

長男が出張に引っ掛けて土曜日にあった友人の結婚式出席のために週末帰ってきてるので、その接待を予定していたようですが、長男は日曜の朝帰りで寝てしまいました。
夕方まで寝てるそうなので、僕の車に便乗して万博公園まで乗せていって欲しいとのこと。
でも、まあ何処でいいみたい。
あ~だこ~だ話して、大学までついてくることになりました。

11時大学正門時計台前集合ですが、8:30に家を出ます。
GSで燃料補給し、洗車機に入れます。
車に乗ったまま洗車は初めてのようで、「なんだかこの車が動いてるみたい」なんて言いながら、楽しそうです。
ぐふふ・・・

一路、名神に乗って京都を目指します。
走行車線が80km/h以下の流れで、楽にのんびり走れました。
京都南ICで下車してR1で北上です。
いつもより遅い時間帯のR1なので渋滞が心配されましたが、混んでるけどどうってことなく東寺に着きました。
まだ時間があるので東寺に寄り道でも良かったのですが、御彼岸参りできなかった京都永観堂に行くことにしました。

家内の両親含めて先祖は、地元にお墓がありますが、地元のお寺さんの本山・永観堂に分骨永代供養してもらっています。
百年後はどうなっているかわからない地元と、数百年あるいはそれ以上脈々と続いているお寺さんへの永代供養はなかなか良い方法なので、僕らも真似しようと思っています。
我が家のお寺さんの本山は、百万遍・知恩寺さんで、親父は商社マン時代百万遍の吉田界隈と仕事で縁があり、更に次男が近くの大学にお世話になったこともあり、智恩寺さんに決めています。
息子たちや子孫が世界中に出ていっても、僕らのお墓を気にしなくても供養してもらえます。
まあ、次お墓に入ることになるだろう僕の時、長男がどういう選択をするかですがね・・・意思は伝えてありますが、どういう選択をするのやら長男に委ねます。

山門をくぐり駐車場へ。
ここの駐車場は穴場だと思います。
石畳だけど、山門を車に乗ったままくぐるのはバチが当たりそうだからな。
いつものように空いています。
いきなり満開の桜がお出迎えで、観光客が写真に収めています。
僕も激写。
20120415EikandoS001s

入口で「お参りに来ました」と言い、大学ノートに名前とお寺さん名を書きます。
義理両親を分骨した時、法主さんから「お墓参りの方は拝観料タダだから、たくさんお参りに来てください」と言われました。
毎年払う年会費などなく、一度きりの永代供養料も安価です。
それに、その法要は大きな本堂で10人ぐらいのお坊さんによって厳かに威厳高く行われました。
男性の低い声が重なりあい、素晴らしい体験でした。
20120415EikandoS002s

永代供養塔に参り、出てきました。
境内内の小さな土産物屋さんを覗きます。
京都では何処でも売ってる桜茶を購入しようと思ったのですが、ここには置いていませんでした。
売店の方から、三本松葉を丸く結ばれたものを頂きました。
お財布に入れておくとお金が貯まるそうです。
長いままの松葉もありそれを見ると、我が家の近所の普通の松葉の2倍ほどの長さがあります。
境内の多重塔近くにある松の木の葉っぱだそうで、3本の細い松葉が根本で1本になり、これだけ長いものは高野山にあるだけだそうです。
ご利益がありそう。
20120415EikandoS010s

東大路通に戻り、また北上しだすとすぐに大学に着きました。
校内に車を駐車し、時計台前に移動します。
他クラブの集合場所もここで、たくさんの新入生が集まっています。
「御飯食べれますよ~」などの声が飛び交っています。
ここで家内は離脱です。
「電車の駅はどっち?」何度も来てるのに・・・次男の卒業式には電車で来てるのに・・・方向音痴さんは、こんなもんです。
道順は教えたけど、駅に着けるのだろうか・・・

長男ミサイル来襲&迎撃PAC3

昨日の朝のツーリングの続きです。

「乙原」「小野」の集落を過ぎ、r68・r33で帰宅しました。
帰宅すると家内が、「うわぁ~どうしよう。時間がなくなった~」と掃除しています。
木曜日に電話があり、昨夜長男が帰宅しました。
土曜日に同僚の結婚式が大阪であるようです。
お嫁さんは来ないので気にすることもないのに、なんか頑張っていました。
オカキやプリンも用意したようだし・・・お客さんでもないのに・・・
「う~む、バイクは自重して庭の草刈りでもしてた方がよかったかも?」

昨夜帰宅後、ご近所に夜桜見物しにいきました。
桜の季節だけ、自宅から桜に向けてライトアップされてる家があります。
今年も、「見に来て~、お茶でもどう?」って誘われたのですが、21:30にお邪魔するのは非常識なので、コソッと夜桜見物です。

北朝鮮のミサイル発射を迎撃するために「PAC3」が展開されているので、ご近所自衛隊の状況はどうなのか、通勤リード110でスパイしてきました。
前回の北朝鮮ミサイル発射の時は、基地内に北北西・射角80度ぐらいで北を睨んでいました。
今回PAC3はおらず、ここのPAC3が沖縄に移動していったのかもしれません。
基地内周回コースを走る隊員や、周辺の草を刈る隊員さん・・・のどかなものでした。
20120413Asa006s

スパイついでに桃畑を偵察しに行くと、桃の花が咲いていました。
満開の桜と共演です。
20120413Asa002s

3日前から膨らんできたチューリップの蕾が、今朝咲きました。
僕の草刈りは、電動草刈り機で一網打尽したり、何でもかんでも引っこ抜くいい加減さなので、いつもの草花のその後が心配なのですが、毎年同じ所にしっかり咲いてくれます。
強いね。
20120413AsaS013s

水仙・・・チューリップ・・・次はなんだっけな?
今年も順調に、季節が進みます。

GoProテスト・3日目

今朝は4時前に目が覚めました。
毎年のことですが、僕の目覚め時間は日の出に連動しています。
夜が弱く早く寝るので、目覚ましなしでずっと起きていると、人の体は地球の自然の摂理にフィットするようです。
まるで、動物です。
4月になり、目覚めが一気に早くなり、一気に伸び出した庭の雑草にリンクしているみたい。

ということで、庭の草刈りをすればいいのですが、「早朝バイク」してしまいました。
着替えて玄関でゴソゴソしてると、新聞配達のおじさんと、「おはようございます」の挨拶です。

今日も「招き猫ニコニコCB」で出動です。
本日のお題は、「GoProの4:3比率を試す」と、「外部マイク位置を、フロントカウルとメーター類の間で試す」です。

シートを開け、シート下のUSBにGoProをつなぎます。
GoProは、自身にウェアリングする専用バッテリーでも駆動しますが、バッテリー満タンでも2時間ほどが限界でした。
あまりに早いシャットダウンだったので、ドライブレコーダーのように撮り続ける僕の使用には使えません。
USB給電しながら録画できるところが、GoProの特徴です。Good!
電源の心配なしに無制限使用出来ます。
ただし、ハンドルマウントでは、GoPro付属のUSBコードでは届かないので、別途購入した延長コードをつなぎます。

旅仕様の場合を考え、必要ないけどGPSをハンドルマウントして、そのコードを同じくシート下に引っ張り、シガーソケットにつなぎます。
このCBのシガーソケットを使うのは初めてです。
USB&シガーソケットのダブルソケット仕様にしてもらったので、フル電源使用です。
問題が起きるなら来月の阿蘇行きまで、出し切って対策取らないとね。
CB400のシェイクダウンが進んでいます。
タンク上を通る2本のコードが暴れないように、必要ないけどタンクバックをセットし、その下で押さえます。
結果、7:30帰着まで3時間で問題は起きませんでした。

「外部マイク」をカウル裏に置きます。
振動によってマイク自身が飛び跳ねると、その音を拾うので、2枚重ねになってるウインターグローブの内側の薄い手袋にマイクを突っ込んで置きました。
今まで、「シート下ボックス内」「フロントカウルとハンドルの間のタンクバックコードにクリップ」「サイドカウル・ボックス内」と試してきましたが、今日のカウル後ろが一番いいようです。
狭いスペースに突っ込む感じになるので、動く余地がないようで音が安定しています。
ただ、フロントカウルのすぐ後ろなので、カウルが切る風の音を軽く拾ってるみたい。

4:30に出発したので、カメラには厳しい光量だからしばらく何もせず走ります。
いつもの北摂里山地帯です。
「西谷農協」を過ぎた「西谷中学」のとこらで、光源不足ノイズが入らなそうな明るさになってきたので、GoProをONします。

r323まで北上し、r323で西へ。
「大坂峠」を越えて、「木器」からr37を北上。
「三田市屋外センター」を越え、お気に入りロードの羽束川沿いを北上します。
「後川奥」から、これまたお気に入りの道でr49「永沢寺」に抜けます。
この道、リスとか、ハチドリや瑠璃鳥みたいなとても綺麗な鳥とか見かける道なので期待してゆっくり走ったのですが、不発でした。

今年初めての永沢寺です。
トイレ休憩をば・・・「そやった、そば道場のトイレは営業時間外は閉まってるんやった」・・・まあ、そこはそれ・・・。
夜明けが早くなってきたので、早朝バイクでの北限が伸びてきました。

ここから帰路です。
r49を帰ります。
永沢寺から峠を越えて「わらび餅屋」さんまでの間で、数回鹿に遭遇しています。
永沢寺の北の「三国ヶ岳」に早朝登った時は、茶畑にも鹿がいて、登山道は鹿糞だらけ、そして鹿の僕を警戒する声が周囲でうるさかったです。
ここら鹿が濃いので、遭遇するかなとゆっくり走りましたが、こちらも不発でした。
この峠はカーブがきついので、オーバースピードだったら双方避けきれず衝突もあり得ます。

GoPro設定解像度960-30fps(これは、GoProの初期設定でもあります)・画面解像度1280-960の4:3を試しました。
ファイルが重いです。
編集にストレス満点になるので、これは却下です。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

GoProHERO2 テスト

バイク車載ムービー用に、新規導入した「GoProHERO2」で撮ったムービーを、あ~だこ~だ編集しています。
元ムービー自体、GoProの様々な設定により、「解像度1080-30fps」~「WVG-60」まで7種類も得られます。
ムービー編集ソフトも、バージョンアップしたものを3種類持っており、あ~だこ~だも時間がかかります。

一定の完成型だった「単3デジカメ車載ムービー」は、「640-480」の低スペックでもカメラ系のCCDセンサーなので、元ムービーが割合綺麗で、一番古い編集ソフトでも満足な出来でした。
バージョンアップしたソフトの方が、ムービーにいろんな動きや技を加えることが出来るのですが、車載ムービーを作る目的が僕の子守唄なので、素晴らしい出来は必要ありません。
そこで、ソフトも軽いので軽快に動き、作業も簡単な古いバージョンを使うようになりました。

ところが16:9中心のGoProムービーは、4:3対応の古いバージョンソフトでは、風景が自然な感じにはなりません。
バージョンの高いソフトでは、PCスペックも関係し作業動作が遅いです。

それに、懸念していた通りGoProセンサーは、ビデオカメラ系CMOSなので、バイク車載ムービーのような速い動きと激しい上下動にセンサーがついていけていません。
軽く「ウネウネ」が入ってるように感じます。
GoProの設定をもっと高スペックにすれば解決しますが、それではファイルが重くなり、記憶媒体の入れ替えが多くなります。
つまり、バイクを止めての入れ替え作業回数が増えます。
ファイルが大きいと、コピーペーストや編集作業にも時間がかかります。

次は、古いバージョンソフトで作業できるように、昔ながらの4:3比率に設定しGoPro元ファイルを得たいと思います。

GoProで得た外部マイクの位置も、試行錯誤中です。

僕なりの車載ムービーカメラのポイントは、
センサー:CCD>CMOS
画面比率:4:3>16:9
電源:確保単3orバッテリー給電
音源:外部マイク端子有り

GoProHERO2・最低設定WVGA-60fps・外部マイク(カウルとハンドルの間)、編集ソフトPowerDirector8のムービー
有馬温泉へ行こう1/2

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

ヨット訪問

日曜日の続き・・・

ということで、レース終了です。
「ああ、楽しかった」
久しぶりにレース復帰したM先輩もごきげんです。

スピン張って、16:30ハーバー帰着。
ちょうどこのハーバーでフローティングボートショーやってるので、セイリンググローブでも買おうかなと思ってたのですが、この時間じゃ終わってるかも?残念。

片付けながら、Tさんに電話します。
初めてお会いする方ですが、このハーバーに係留しておられるみたい。
そのグループの集まりにおじゃま虫する段取りになっています。
17:00には行けると言っていたのですが、無理そうです。

オーニングを被せ終了。
みなさんウェットバーでの海外レースミーティングに行かれますが、僕は離脱して桟橋に向かいます。
今日のレースのことで、盛り上がって面白いんだけどな・・・まあ、良いわ。
意外に早く17:00少し回ったぐらいです。

ボートショーは店片付けしてました。
何も買わずにスルー。
教えてもらったKYCじゃない方の桟橋で、Tさんはじめお初の方々10名ぐらいにお会いしました。
たこ焼き食べて、コーラ頂いてあ~だこ~だ。
中国大連から来られた方・名古屋の方・徳島からバスで来られた方・ご近所に係留されている方・・・楽しい時間でした。

18:30、暗くなる頃お開きで帰ります。
帰路のR171は混んでました。
でもまあ小回りの利く通勤リード110なので・・・。
19:00過ぎに帰宅すると、電車で福知山から舞鶴に行くと行ってた家内は帰っています。
しかももう寝ています。
疲れちゃったのかな?
風呂入って20:00過ぎに床につきました。

僕の予定の最優先はレースです。
次が夫婦の時間、そしてコーチ・バイク・・・って続きます。
家内も休みだった日曜日なのにレース優先してしまい、1人遊びさせてしまいました。
朝は舞鶴に行くと張り切ってたけど、1人遊びの定番通り途中帰宅になったようです。
ごめんね。

今朝、「これ、誰だか分かる?」って、写真を見せてくれました。
福知山に行ったら、ちょうどお城のお祭りだったようで、明智光秀さんが馬に乗って歩いてる姿でした。

今年ヨットレース初戦

30分ほど遅れてJ24のスタートシグナルが上がります。
風は3~4m/sになりました。
号砲・1・2・3って、え~耳を疑いましたが、ゼネラルリコール・フラッグが上がっています。
たった4艇のレースなのにゼネリコとは・・・全艇出てても「リコール艇あり」でOKだと思うのに・・・セイルナンバーが読めないはずがないのになあ・・・。

次のスタートのドラゴン級は、更に待たされることになりました。
アウター有利なので、スタートラインを流しながら下3でスタートしました。
絶対出てると思った背中艇のJ35でしたが、号砲1声なのでオールクリア・スタートでした。
う~む、もっと上るべきだった。

下1艇・J34と上のJ35とともに、予定通り風が良さそうに見える東に向かいます。
が、ボートスピードがイマイチ。
ランナー入れたり、カニンガム調節したり、トラベラーを上げたりいろいろいじくって、ティラーに伝わってくるボートバランスを整え、スピードアップに心がけますが、いい感じになったのはエンド付近に達した頃でした。

J34がトップ、J35が2位。
やはり読み通り東海面有利だったようですが、自艇は前半の滑り負けが響いて6位・ビリ2廻航です。
ビリで2回目の最終下マーク廻航。
2回目の上りレグも東有利だったので、最後も東に向かいました。
東からブローが入り、最後オーバーセイルになりましたが、3艇抜いてフィニッシュ。

スピードに集中しないといけないスキッパーなので見れませんが、有利海面を使うストラテジー・コースは自分で引けて楽しいです。
何より、ティラーから伝わってくる自艇の呼吸を感じれるのがいいです。

2レース目は、5~6m/sに風が上がり、カッパ着用です。
このブローは西からなのでしょうが、アウター有利のスタートラインで、ブローにガンガン上がってくる勢いがなく、次の風の息は東有利かなと思いアウター狙いです。
今度は下一を取りに全艇の一番アウト側で船を止めました。
デンジャラスラインを割らないように気をつけながら、他艇の動きを見てバウを下に向けたり動かしたりスピードダウンしたり楽しいです。
J35が最後まで自艇を追い越して下一に触手を伸ばしてる風でしたが、守りきってスタート。
下一は気持ちいいな。

下2のJ35と走り合いです。
アドバンテージは向こうにあります。
艇体メーカーが最速と言われてるとこなので、いろいろコントロールロープをいじりましたが、艇速アドバンテージを取り戻せません。
艇差かなあ・・・僕が母校コーチ時代の選手も向こうに乗っており、やっぱ悔しいぞ。

2艇でエンド近くまで出してタックして西に行った集団にミートしに行きます。
リーバウでセイルに隠れて見えないJ35がタックしてきたとの報告が入りました。
まだ西集団とのミート前です。
ということはJ35は集団のバウを切れずに下受けしたということ。
向こうの方がいい風に恵まれたようです。
まあ仕方ないね。
ビリ廻航。
結局、1艇抜いて6位フィニッシュ。

14:30を回り、3レース目は3時前です。
M先輩の体調によっては3レース目をリタイヤしようかなと思っていたので聞いてみます。
「いいリハビリになっとるわ」と問題なさそうなので3レース目に入ります。

2レース目は西有利だったので、ストレテジー的にずっと西を攻めました。
今度も西有利と見て、本部船寄りスタート即タックの作戦です。
上2でラインアプローチ。
いい感じで時計を刻み、先にフルセイルして下の2艇の上突破出来そうな感じです。
ところがすぐ下のJ35が自艇を止めようとしてバウを上に向けてきます。

ぎりぎり近づいてひょいとバウ振って上突破しようと思ったら、J35は上りすぎたようで風位に立ってコントロールを失ったようです。
J35の僕の学校の後輩スキッパーは「すんません」と言いながら必死でバウを落とそうとしています。
「こりゃヤバイ」、どんなことがあっても船をぶつけてはいけません。
J35を避けようと、強引にティラーを動かし極限まで上って避け、上艇にぶつけないように、今度は必死にベアです。
ドラゴンフリートは、元オリンピック選手や元アメリカスカップメンバーなどハイレベルです。
最低学連上がりなので、2トンもある船なのに、相手の技量を信じてテイルtoノーズの接近戦バトルが繰り広げられます。
これがたまらなく楽しいのですが、1艇の小さなミスが大衝突の惨事になります。
なんとか衝突を回避出来ました。ホッ。
この瞬時の判断・操作はスキッパーの腕一本に関わっています。
学生時代からさんざん修羅場を経験してきたので、冷静に操作出来ました。

しかし、艇速を失ったので、上艇にはあっさり上突破されてしまいました。
「タックいいですか?」とクルーの息・準備を確認し即タック。
動作の集中するスタート時はジェノアのセットなどクルーの方が忙しいです。
次の準備も出来ていないのにタックするとミスが起きます。
3人の呼吸を合わせるのが大切です。

ハプニングはあったけど、レース前の作戦通りの西に向かう集団の一番下のレーンを確保しました。
他艇も西有利の頭があるようで、すぐに全艇ポートになります。
落ち着いて走りに集中です。
西のブローを受けてタック。
予想通り2レース目からの西海面有利が続いており他艇のバウを切っていきます。

しかし・・・J35にバウを切られました。
何たること・・・あの失敗スタートで出遅れたJ35がここまで復活してくるとは・・・抜群に走っています。
上並行でJ35タック。また走り合いです。
ブローが入る度に少しずつ上り、J35のバウまで出ることが出来ました。
マーク廻航前に振り返ると、後続6艇がテイルtoノーズで並んでいます。

トップ廻航。
スピンアップ。
J35は即ジャイブしてスピンアップ。
次の下マーク位置を確認すると、ポートレグの方がロングみたい。
ここまで風が西に振っているのですね。
ここでジャイブと行きたいとこですが、いやらしいとこに本船が停まっています。
幸い後続艇はみんなこっちについてきます。
本船をやり過ごし、ブランケットの影響がないとこでジャイブ。
この時点でJ35に抜かれたのがわかりました。
結局、落とし目に走ったJ35はそのまま下マークを回航しました。う~む。
しかし自艇も早くジャイブしていたので2位は確保です。

2回目の上マークアプローチで、またオーバーセイルしてしまい、苦手な落とし目クローズでJ44に上突破されてしまいました。
さすがクルーザーレースの日本最高峰・ジャパンカップを制するスレッドチームです。
3位廻航。
即ジャイブ・スピンアップ。
他体はかなり遅れました。

下廻航後、J44を追い詰めましたが、少し届きませんでした。
最後はかなりのオーバーセイルで、あと3艇身前にタックしてたら抜けましたね。
結果は、4位・6位・3位、いつもの中位です。
ああ面白かった。

ご近所公園花見&梅見

日曜日は、3人乗りヨット・ドラゴン級のレースでした。
オーナースキッパーのS先輩が来られないのでメンバー不足懸念がありましたが、他のメンバー4人が来れ、JPN28に助っ人を出せる態勢でした。

今年の冬は寒く、梅の開花が遅れ、次いで桜の開花も遅れました。
ここ数年、3月下旬開花、入学式ウィークには残念桜の状態でしたが、久しぶりにドンピシャ満開での入学式になりました。
ということで、朝家内と近所の公園に桜見お散歩に出ました。

子供の頃はもっとすごかったけど、今でも十分桜の名所です。
大阪城などの雑踏桜見物じゃないので、ゆったりと歩きます。
いつもの駄六川沿いの桜道を写真撮りながら歩きます。
SONYミラーレス一眼・NEXC3が軽くていいです。
フルオート設定でも焦点を中央固定に設定出来るので、ターゲットにピタリと焦点を合わすことができます。
こういうとこが一眼レフのいいとこです。
ぶれてボケてしまう残念写真も皆無で、さすがに軽さ追求のコンパクトカメラとは違います。
20120408MidoriS005s

池の周りの散策道をおしゃべりしながら歩きます。
今日も大砲レンズを構えた方々がいます。
20120408MidoriS006s
桜に大砲を向けたまま、談笑されています。
サンデー毎日風のおじさんに少々お若い紅一点さんが混じって楽しそうです。
以前聞いた時は、花にやってくる野鳥を狙っているということでしたが、天気のいい休日の趣味を通しての談笑が一番の狙いだと思われます。
20120408MidoriS008s
池の対岸の梅林にも回ってみました。
花期の長い梅はまだ咲いている木もあり、今年は桜と梅の共演になっています。
20120408MidoriS013s

帰宅し、食事・朝風呂で暖まり、8:30にいざ出陣です。
シーズン明け初戦の先月は上がりだったので、僕の初戦です。
今年も楽しみましょう。
普通なら9:00には着くはずなのに、少々遅れましたよ。
先輩方皆さん到着済みで艤装されてる・・・シマッタしまった。

参加できなかったシーズンオフの整備で、バックステイがワイヤーからシートに変更になっています。
大型艇でも採用されてる最新シートの技術進歩は凄いです。
繊維なのにワイヤー同様の切れない伸びない強度があるそうな。
飛行機体が繊維で作られる時代だからなあ。
車だって繊維製になったら、もっと出力の低い軽いエンジンで動き、事故の衝撃だって小さくなり、いい事ずくめのような気がするんだけどなあ。
スピンシートも新調されており、ジェノアシートと区別がつかず間違えてしまいました。
まあ、ちょっと変だなと思っていたので、学習しました。

桟橋に下架され、出艇の10:00を迎えましたが、風がありません。
予報では12:00・4~5m/s・SE~Sの風だったので11:00ぐらいから入ってくるかな?と桟橋で待ちます。
10分ぐらい過ぎて、ソヨソヨが入ってくると共に、運営艇がこちらにやって来ました。
「曳航するよ」の暗黙のサインです。
各艇一斉にセイルを上げて出艇です。

今日の僕のポジションはヘルムス・スキッパーです。
一番しっかりしてるHさんがミドル・バウで仕切ってくれます。
結局風が更に入ってきたので、曳航なしにレース海面に向かいます。
ドラゴンの本日の参加艇は7艇です。

定刻11:00ではまだ風が弱く、AP旗でスタート延期です。
芦屋沖の白灯台の方に、兵庫ジュニア主催のOP級オープンレース海面が設定されています。
50艇以上のOPが集まり、チビながら壮観です。
我が子が兵庫ジュニアの選手だった頃を思うと、隔世の感があります。

早朝バイク・有馬

目が覚めました。4:45、Goodな時間です。
またまたバイク装束に着替えて、早朝バイクに出かけました。

前回、GoProを初使用しましたが、解像度の設定がイマイチでした。
より鮮明でワイドな映像を得るために、いろんな設定ができます。
ビデオ解像度が、1080・960・720・WVGAの4種類です。
鮮明にすると綺麗な映像になるのだけど、ファイルが重くなり、高スペックなPCでないと編集に時間がかかるし、動きもギクシャクする。

「解像度720-25fps・画面解像度1280×720」の設定だったので、GoProHERO2で最も低スペックの「解像度WVGA-50fps・画面解像度848×480」に変更しました。
今までのデジカメムービーが、30fps・640×480だったので、これでも高スペックです。

前回、外部マイクの位置をシート下ボックスにしましたが、エンジン音以外のクラッチ音とか機械音も多く拾い、希望の音声さんになりませんでした。
外部マイクの場所を、まずハンドル前にします。
スクリーンの影なので、風切り音は拾わないと予想される場所です。

まだ暗い外の道で、あ~だこ~だ配線してる僕を、「怪しい人」という目でジョギングの奥さんが見て通り過ぎていきます。
行き先を「有馬温泉」にしました。

R176で宝塚を過ぎ、生瀬のとこからr51・有馬街道に入ります。
高速車が2台追いついてきたので、左ウインカーでパスしてもらいます。
「蓬莱峡」の土色の景色を横目に上って行きます。
有馬温泉の兄のマンション前を通り過ぎたとこで、前を小動物が横切りました。
「リス」でした。
道を横断して、僕を振り返って次の敷地に姿を消しました。
こないだ兄夫婦と登った六甲山への登山道から出てきましたよ。

北摂の里山を早朝走ってるので、いろんな動物に遭遇します。
イタチや狸は、よく交通事故でやられてるし、たまにはウリボウにも会います。
山道に入れば、鹿なんていっぱいだし、秘密のあの場所ではハチドリと思われる小さくて綺麗な小鳥にも会えます。
でも、リスはなかなか会えません。
年に1~2回がいいとこです。
たいてい、シマリスの縞のないヤツですが、とても可愛いです。
幸先の良い朝でした。

ロープウェイ駅から下り、有馬の中心・神戸電鉄・有馬温泉駅までゆっくり出て、ここで外部マイクの位置をカウルのサイドボックス内に変更しました。
プラスチックボックスにマイクを入れるだけだと、転がる音を拾いそうなので、インナーグローブを布団にして、その上に置きました。

駅前から、再びr51に乗り来た道を戻りました。
R176で宝塚市街地に戻ってきてもまだ6:30だったので、r33にチェンジしました。
ワインディングです。
長尾山霊園や宝塚カートフィールド・ゴルフ場を通り過ぎ、「十万辻トンネル」を抜けて「鳥ヶ脇」。
ここから定番コース、r325・長尾山トンネルで帰宅しました。

「ただいま~」「おかえり」
リスと出会った話をひと通り終えると、「お隣、閉めてきて~」。
僕が遊んでる間に、家事して僕の朝食・お弁当を作ってくれて、隣の実家の仏壇の世話もやってくれてます。
「お隣、閉めてきて~」には、「仏壇に手を合わせてね」が含まれています。
我が家にある簡易仏壇にいる家内の両親の遺影には毎朝晩手を合わせ、チーンしていますが、隣の実の両親には週2回ほどしか手を合わせていません。

女性というのは、偉大です・・・


帰ってきた時気づいたのですが、我が家にも鶯の声が聞こえるようになりました。
例年、3月になると聞こえていたのですが、近所の雑木林を市?国かな?が少々切ったので、今年はウグイスが来なかったのです。
我が家は風致地区なので、建ぺい率も厳しくもともと緑の多い場所ですが、道を隔てたお隣のブロックから、古寺跡として国有地になってます。
指定された家は建て替えもできないので、住まなくなれば強制的に国に買い上げられます。
その一角に雑木林が残り、そこの木々が生い茂って、「痴漢注意」な道になっています。昼でも少々暗い道です。
近隣から苦情でもあったのか、道を覆う木を伐採したので、ウグイスさんが来なくなりました。

例年より遅れたけど、これでしばらくはウグイスの歌声が響く家を楽しめます。

最近、コブシの街路樹の白い花が綺麗で、目につきます。
山にコブシを観に行かなくちゃ・・・

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

高売布神社&十倉の田畑

定番のr33で西谷農協、更に北上しr323。
西進して大坂峠を越えてr37を北上して、お気に入りの「高売布神社」到着。
僕の定点観測ポイント・その2エリアです。
かなりボロだった拝殿を建て替えていましたが、完成したようです。真新しくなっていました。

建て替え寄付チャリン・ガラガラ・パチパチ。
新拝殿を覗き込んで、以前の拝殿に奉納されていた趣のある年代物の絵馬を探すが見つかりませんでした。
値打ちもんやから倉庫にしまったかな?
裏に回り本殿を見るが、こちらは以前のままです。
桧皮葺のいい感じです。

僕はお寺より神社の方が好きです。
外来宗教・仏教より、日本神道です。
夜門が閉まるお寺より、24hオープンな神社がいい。
神社の屋根の反りカーブがセクシーだと思います。
屋根の両端に交差したまま天を指す千木がかっこいい。
色彩はなく質素だけど、究極の屋根デザインだと感じます。
控えめだけど周囲を圧する存在感、繊細で大胆なデザイン・ライン・・・いいよ。

20120405TakamehuS005s
ソニーC3一眼で、神社や十倉の田園の広がり、そして真正面の大船山を激写して帰路に着きます。
一眼レフだからレンズ収納できないし口径も大きめですが、本体そのものはコンパクトカメラとさほど変わりません。
バイク移動の時に使えます。
明らかにコンパクトより綺麗な写りです。

「三田市・野外活動センター」まで北上し、r37を南下します。
十倉の田は起こされて水が溜まっていました。
もうすぐ田植えですね。
もうすぐ、好きな緑の田が復活する。
20120405TakamehuS009s

枯れたり、鮮やかに紅葉した秋色の山も好きだけど、新緑の里山がもっと好きです。
好きな夏へのエネルギー、次々に咲く樹花、とっても素敵です。
反面、「早朝庭の草刈り」に追われるんだけどね。
20120405TakamehuS019s
朝日が長い影を作る時間帯に、バイクで遊べる幸せ・・・

「木器」から、「伊丹市野外活動センター」前の道を南下しました。
小学校の時、何度かお泊り勉強したな・・・

r68・ショートカット道・r33・r325・長尾山トンネルという定番道で帰宅しました。
さて、GoProムービーの具合はどうかな?
設定を試行錯誤しながら、来月の阿蘇行きに備えようと思います。
マイク位置の試行錯誤も楽しもう。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

GoPro

5時前に目覚めました。
窓を開けると、星は見えないけど天気が悪そうにも見えないので、「早朝バイク」に出ることにしました。
階下に降りて静かに着替えて、2Fに忍び足で戻りバイク冬装束を着ます。
カメラ・三脚・ウエストバック・タンクバック・GPSを持ち、そっと玄関を開けようとすると、家内の部屋から目覚まし音が・・・おっと危ない・・・ってとがめられることはないけど、バイクは完全な遊びなのでちょっとね・・・出来れば見つかりたくない。

またまたお供はCBです。
チェックポイントがまだ残っています。
荷物積んでブイーンと北を目指します。
長尾山トンネルを抜けて北摂里山地帯入りです。
本日のお題は、車載カメラ・GoProです。

2気筒VTR250では、映像さえ撮れればOKなので、単3コンパクトデジタルカメラでムービー撮ってましたが、CB400では4気筒サウンドも欲しい。
コンパクトカメラで風切り音対策しても、機械内部音を拾うのでお手上げでした。
外部マイク端子のあるカメラやビデオを家電量販店で物色しましたが、4万円ぐらいします。
電気知識があり手先が器用なら、コンパクトカメラを分解して端子接続も出来るのだろうけど、僕には無理です。

4万出すならと、「GoPro・HERO2・モータースポーツエディション」29999円を買ってしまいました。
ロードバイク買った自転車屋さんで以前見かけていたので、ご自身ユーザーである店長にあ~だこ~だ聞いて購入しました。5%引きでした。
車載ムービーの定番アイテムです。
バイクはもとより、ハードにデコボコを走るマウンテンバイクやスカイスポーツ使用映像もあります。
防水ケース付きなので、サーフィンでもOKなタフなやつです。

素晴らしい吸盤が付いていて、何処でもくっつくのですが、走行中操作を考え、RAMマウント・ハンドル固定です。「トライポッドアダプター」1050円購入。
こいつは液晶ディスプレーがないので、リアルタイムに映像確認できません。そこで、「LCDバックパック」9975円というディスプレーも購入。
電源が充電式バッテリーなので、長時間録画が出来ません。でもUSB給電しながら撮れるそうなので、USBを挿せるようにサイドに穴の開いた「HDスケルトンハウジング」5775円購入。これで防水性能なしになります。
上新電機で「ステレオマイク」1428円購入。外部マイク端子もUSB端子の横に付いてます。

CB買った時に、ホンダさんにシート下にUSB端子をリードしてもらっているので、そこに繋げばいいです。USBなんて当分使わないなと思ってたら、いきなりの使用です。
外部マイクも、シート下に置けばいいとか。
数日前に、両方のラインをリードしましたが、少し短いです。
USB延長コード・2mより短いのがなかったので2m、そして20cmマイク延長コードを追加購入を2日前の昼休みにしました。

満を持して今朝のセットです。
「長尾山トンネル」手前であ~だこ~だセットしてたら6時になってしまいましたよ。

先週、篠山に行った時のムービー CanonA1200使用
CB400・初高速道路・篠山へ 1/3

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

結婚記念日プレゼント

日曜日、ツーリングのミッションも終え帰宅途中・・・「お腹減った」・・・
数ヶ月に一度、どうしても食べたくなる「天下一品・チャーハンセット・ラーメン大・こってり」をやっつけて帰宅しました。
この味は癖になります。魔物です。

帰宅すると、家内が帰っていました。
お土産の吊し柿と箸を見せると、家内からも結婚記念日プレゼントが出てきました。
先月の結婚記念日は、当然忘れてました。

ファミリアで買ったスプーンです。
おわんはなかったとのことでした。
僕が一番お気に入りのスプーンは、幼児用ステンレススプーンです。
カレースプーンほど大きくなく、普通のスプーンほど小さくありません。
この微妙な大きさがとても使いやすいのです。

僕の家での白ご飯の食べ方の定番は、バターご飯です。
卵ご飯の卵の替りにバターが入ってるパターンです。
バターは塊なので、これを切るためにスプーンが必要です。
スプーンでお茶碗に入ったご飯とバターを混ぜるので、お椀は瀬戸物ではなく、割れないプラスチックがいいです。
しかもお椀の腰がラウンドボトムになってないと、ご飯を多く盛れません。
上品な瀬戸物お椀では用を足さないです。

このスプーンとお椀は、弟が生まれた時に母親が買ってきたものです。
スプーンの柄は赤ちゃんでも持ちやすいように少し太めで、柄の端がワンちゃんの模様になっており、かなり太めです。
この太めなのが、混ぜる時後ろを持っても痛くありません。
お椀は落としても割れないようにプラスチックで、こちらにも可愛い絵が描かれています。
僕が6才の時弟が生まれたから、何年使ってるのだろう?
長い間に1つ減り2つ減りし、とうとう1セットのみ生き残っています。
ここ10年ほど、食器のあるところに行くとこれに類似したものを探していますが、似たのがありませんでした。

僕の変わってる食生活は、この食器がないと成り立ちません。
バターご飯なんて食べる人がいるのだろうか?
毎晩、プレーンヨーグルトを500gも食べる人がいるのかな?
最近の健康ブームで、ヨーグルトを食べる人が増えてると思うけど、僕は社会人になる前からこれだからね。
家内と付き合ってる時、家内を家に送っていくと、「ヨーグルトあるよ~」って義理母さんが500gを用意してくれていました。

このスプーンのプレゼントはかなり嬉しいです。
プレゼント用包装されてるし・・・まさか店員さんに、旦那への結婚記念日プレゼントなんて言ってないだろうけど・・・
次はラウンドボトムのプラスチックお椀が欲しい。
ぐふふ・・・

ツーリング後のミッション

グループツーリングが、「道の駅・大塔」で解散になった後・・・

時刻はまだ15時前。
「ニホンオオカミ最後の目撃地」~R369経由で奈良市街地に抜けるとか、グニャグニャ県道で高野山に登るとか、R168を更に南下して「谷瀬の吊橋」とかアイデアが浮かびましたが、日没前帰宅には微妙な時間です。
今日気づいたことを処理したくて、真っ直ぐ帰ることにしました。

皆さんに続いて最後に道の駅を出ましたが、二種さん達は軽快に行きます。
鈍足な僕はどんどん離され、間に車が2台入ったこともあり、ついていくのを諦めました。
諦めたら景色が見えてきます。
素敵な神社とか賀名生梅林を一望するとこなどに停まって、激写。
20120401AnouS021s

五条からR310が魅力的でしたが、CBにもうちょっと慣れてからグニャグニャ道に行った方がいいと自重し、R24を和歌山方面へ。
R371・R170経由、美原北ICから高速で帰りました。
R170が混んでました。
往路のように、葛城山系の奈良側を走る方が空いてるみたいです。
学習しました。
でもまだ土地勘がないね。

16:00に自宅近所のバイクセブンに到着。
バイク用駐輪場はいっぱいです。
車用スペースに停めました。

ミッション1敢行。
VTRよりクラッチレバーは軽いのですが、ノーマルレバーなので遠いです。
VTR同様のKIJIMAパワーレバーに交換してもらいました。
「取り付けて欲しいのですけど、待ち時間はどれぐらいですか?」と聞くと、「すぐ付けますよ」って販売員さんがCBをピットに動かして行き、チョチョイと交換してくれました。
ものの10分で完了。
簡単な作業のようで、工賃なしの1470円の商品代のみでした。

一旦帰宅し、荷物置いて着替えだけして通勤リード110で電気屋さんに向かいました。
ミッション2、本日初使用のソニーミラーレスデジタル一眼の液晶保護フィルム貼付けです。
買ってから数日、一生懸命貼りつけようとしたのですが、どうしても薄いフィルムが剥がせません。
「すいません。これどうしても貼れないんですけど・・・」
店員さん1はやはり出来ません。
店員さん2も悪戦苦闘。
10分ほどして、「あるある、確かにもう1枚ありますね」って嬉しそうです。
きっと、専門家として意地になってたと思います。
やっと剥がせ、貼ることが出来ました。

「ありがとう、ありがとう」
こんなに悪戦苦闘した保護フィルムは初めてでした。
「自己補修」するという優れものを買ったからでしょうか?

更にミッション3。
リーダーさんが持ってた携帯できる大きさなのに長く伸びる三脚を探します。
電気屋1なし、ホームセンターなし、電気屋2なし、カメラのキタムラで良さ気なのを見つけました。
メーカーKINGさん・収納時25cm・8段伸ばし95cm・2900円。

レンズプロテクターが目についたので購入。
ミラーレスなのでコンパクトデジカメみたいに小さいけど、一眼レフなのでレンズ命です。
ケンコー49ミリPRO1Dプロテクター・2520円。
17:59、ミッション終了し帰宅の途に着きました。

賀名生梅林・グループツーリング

日曜日は、グループツーリングに参加しました。
当初、家内と播磨の山城跡に登る計画を立てていましたが、家内に用事ができて振られてしまいました。
そこで以前見た名古屋へのツーリングに申し込もうと思ったらキャンセルされていました。う~む。
ソロで紀伊半島南部・京都芦生の森往復・播磨備前備中美作エリアの3地域に絞って頭を巡らせていたら、原付二種グループツーリングに奈良の梅林というのがあり、キャンセルされたグループとの合同ツーリングでした。
これならCB400で参加できると思い申し込みました。

10:00・セブンイレブン葛城中戸店集合なので、朝はゴソゴソしながら8:30に出発しました。
早朝バイクと合体させたらいろいろ走れるのに、まあ自重です。
CB400SBの高速道路の感じを掴むべく中国道・豊中ICから高速巡航です。
前回早朝バイクで感じた通り、VTR250より随分楽です。
交通量の多い時間帯、近畿道を南下します。
前回試さなかった100km/hに乗せてみました。
VTRでの80km/h巡航のような感じで、怖さは無いです。
でもちょっと頑張ってる感じがします。
ス~っと楽に走れるのは、80~90km/hです。
VTR高速単独走行では75km/hがいい感じなように、CB400SBでは85km/hがいい感じです。+10km/hですね。

美原JCTから南阪奈道に入り、葛城山を越え葛城IC下車。
すぐに右折してr30に乗ります。
何度も来たことがあるので、地図・ETCはリアボックスの中です。
この道沿いに目指すコンビニがあるはず。
セブンイレブンの看板を探しながら南下し始めました。
最初に見つけたセブンイレブンがそこでした。
駐車場が広くいい集合場所です。

リーダーさんが新しく買ったヤマハの125と、初めてお会いするメンバーの韓国製アメリカン125がありました。
リーダーさんのヤマハのリアサイドには、自転車かごが付いています。
折りたたみできる編みかごで、これは便利そうです。

韓国製バイクは、ピンクナンバーとは思えない風格です。
タイヤも細い感じではないし、250や400でも通用しそうな大きさです。
しかし車重はVTR250とほぼ同じ、総じて重めのアメリカンなのに、しっかり125ccでした。

白PCXとR1みたいなヤマハ125、続いて赤PCXが来られて全員集合です。
ビリについてr30を南下です。
R309交差点でいつもR309に左折するのですが、ここから先を南下するのは初めてです。
アップダウンの田舎道でいいです。
r30の終点はぐんぐん高度を下げていきR24に合流しました。
「ああ、ここに出るんだ」

R24を南下し、五条でR168にチェンジ、吉野川を渡って奈良南部山岳地帯に突入です。
去年の台風禍で大被害を受けてから初めて入ります。
だんだん交通量が減っていき、アップダウンのカーブが多くなり、トンネルを抜けると「賀名生梅林」がありました。
何度も通ったとこだけど、こんなとこに梅林があるとは知りませんでした。
「西吉野町」ということで、朝天気予報を調べたけど奈良県になかったのです。
町村合併で五條市・西吉野町になったようです。

一旦駐車場に入れましたが、斜面一面の梅林までかなり歩かなければなりません。
僕はそれでOKだったのですが、またバイクに乗り斜面を上がって梅林の中に突入しました。
斜面の小さな駐車場にバイクを置き、横の売店のおばちゃんに「帰りに買うから」なんて言って、散策開始です。
盛りの峠を過ぎていますが、梅は花が長いのでまだ十分見頃です。
我が家の隣の家の桜もそうですが、ここ数日、早咲きの桜の満開を見ているので、ここで梅の花を見るとはちょっと不思議な感じです。
梅にウグイスの鳴き始めが終わってから、桜の開花を待ってたのに・・・。

大きな梅林のほんの一部だけ歩いて写真撮って退散です。
売店で吊し柿1000円を買いました。
とてもうまかったです。

R168を更に南下します。
「谷瀬の吊り橋に行くのかな?」と思いましたが、途中の喫茶店で昼食です。
聞きなれない名のカレーがあったのでそれを注文しました。750円。
あ~だこ~だおしゃべりして、更に南下して「道の駅・大塔」で休憩・解散になりました。
14:35道の駅大塔マイ箸630円×2購入。
滑る塗り箸ではなく、使いやすそうです。

長男の真似して買ったソニー・ミラーレス一眼・NEXC3の初使用です。
写りは如何に?

コンパクトデジカメ・OLYMPUSμ5010
20120401Anou001s

ミラーレス一眼レフ・ソニーNEXC3
20120401AnouS001s

ソニー このこの少し濃いピンクがより綺麗に写るように感じます。
桜の淡いピンクの微妙な濃淡を、人の目のように写真に表現できたら最高のカメラだと思います。
20120401AnouS018s

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR