百田尚樹・「影法師」

「影法師」百田尚樹 講談社文庫 ★★

ふと目に留まった百田尚樹さんの著書。
意外にも、百田尚樹さんからは遠いと思っていた「時代小説」だったので、興味を引いた。
僕の最も好きな作家・藤沢周平さんを模したものか、江戸時代の架空の藩を舞台にした小説でした。
藤沢周平さんほど当時の言葉を使わないし、サムライやご息女の凛とした生き様は軽めになっているが、とても読みやすい。
藤沢周平さんのファンなんじゃないかな?と、親近感を持ちました。

もう戦乱の世は遠くなり、武士の世界も腕っ節一つで成り上がれる時代ではなくなった。
まして大名家を渡り歩き、現代のプロスポーツ選手のように年俸を飛躍的に上げていくこともできない平和な時代になった。
身分制度が確立し、最上位に位置する武士階級でさえ、戦国の世の先祖の功績のまま上士・中士・下士の身分制度が固まっていた。
どんなに勉学に励み、如何に剣術が優れようとも、下士は父親の跡を継ぎ家禄を守るのみの世界。

そんな世に、下士の嫡男として生まれた戸倉勘一。
幼い時に、父に連れられ妹と共に川に釣りに行った帰り、上士に土下座の礼を取らなかった兄弟を庇い、父が斬られる。
お家取り潰しは免れるが、勘一が出仕するまで家禄を半減させられてしまう。
この時、父の遺体を丁重に扱ってくれたのが中士・磯貝家だった。
ここで後の竹馬の友となる磯貝彦四郎に出会う。

藩校に通う金が家にないので私塾に通い、道場に通う金がないので庭で独学で剣術稽古に励んでいる。
私塾の成績が優秀ゆえ、先生に藩校への入学を勧められるが金が無い。
非業の死を遂げた父親も頭脳明晰だったので藩校に入ったが、下士からの入学はほぼゼロの世界だから、虐めにあい退学した。
その無念を注ぐチャンスであったが・・・。
それを母親に打ち明けたら、金を工面され応援される。

案の定虐めにあったが、それに屈せず体当たりで上士の子に反抗し、ついに怖がられいじめられることがなくなった。
この時、最初に勘一の筋の通った立派な行動を見て、真っ先に友達になってくれたのが、前述の磯貝彦四郎だった。
磯貝の引きで、藩内トップの剣術道場に通うことになる。

彦四郎は、同年代で剣術も学問も飛び抜けていた。
後に数年に一度の藩主の前での天覧試合でも優勝した。
家督を継げない中士の次男坊ではあったが、いずれ婿入りし大を成すと、将来が嘱望される存在であった。
しかし、彦四郎は思いもかけないことで脱藩してしまう。
対して勘一は、数度の危機を乗り越え名を挙げ、中士の養子となり、異例の出世を遂げて、代官・側用人・江戸家老を経て、筆頭
国家老にまで出世した。

筆頭国家老を拝命し、二十数年ぶりに戻った国元で彦四郎の消息を知ったが、すでに竹馬の友は世を去っていた。
あれだけの秀才が何故、思いもかけない事件を起こしたのか?
あれだけの剣術の持ち主が、何故上意討ちに失敗し職を解かれたのか?
それを探っていくうちに、勘一の今の立場の影に彦四郎がいたことを知る。

藤沢周平の「蝉しぐれ」を髣髴とさせる素晴らしい物語だった。
このような物語は何時の時代でもあるだろうが、身分制度他、がんじがらめの日本の歴史史上最も庶民が夢を抱けなかった江戸時代を背景にすることで、時代をしなやかに生き、しかも凛とした品位を持って生きる日本人の姿が際立つ。

蝉しぐれ同様、映画化が望まれる作品でした。
スポンサーサイト

「あの日に帰りたい」 ニコラス・スパークス ソフトバンク文庫 ★

ニコラス・スパークスです。
年1冊のペースで新著を出していた頃、新刊を待ち構えて読んでいましたが、数年間が空いたので文庫本化された未読のラブストーリーが2冊出ていました。
すぐに2冊とも購入しました。

意味ありげな第三者目線のプロローグから始まり、本文の始まりからグイグイ物語に引きこまれました。
「次はどうなるんだろう?」の興味で、3日で読んじゃいました。

----
「それで・・・」ブレンダが期待するように切り出した。
「それで・・・?」サラは彼女が何を聞きたいのか正確にわかっていた。また静かになった。
「それで・・誰かについて何か知りたいことはない?」ブレンダが催促した。
「そうね・・・」サラは考えるような仕草をして、首を振った。「特にないけど」
「そう」ブレンダは落胆を隠さなかった。
サラはその巧妙な誘いかけに微笑んだ。「でも、1人だけ少し聞いてみたい人がいるわ」
ブレンダの顔がぱっと明るくなった。「そうこなくっちゃ」早口で続けた。「何を知りたい?」
「考えていたのよ・・・」サラは口をにごし、ブレンダはクリスマスプレゼントの包み紙を開ける子供のような顔になった。
「あの・・・」サラは周りを見てから答えた。「あの・・・ボブのことを教えてくれない?」
ブレンダは口をポカンとあけた。「ボブって・・・用務員の?」
サラは頷いた。「ちょっとかわいいじゃない」
「74才よ」ブレンダはまだ驚きから覚めなかった。
「結婚してる?」
「もう50年もね。子供が9人いるわ」
「まあ、それは残念だわ」サラが言うと、ブレンダは目を丸くした。
サラは首を振り、少し上目づかいに、イタズラっぽく見を輝かせてブレンダを見た。「となると残っているのはマイル
ズ・ライアンしかいないみたいね。彼のことを教えてくれない?」
その言葉が頭に染みこむと、ブレンダは慎重にサラを眺めた。
「あなたのことをよく知らなければ、からかわれてると思うところよ」サラはウインクした。
「よく知らなくても大丈夫よ。だってそうなんだもの。わたし、人をからかう悪い癖があるの」

------
小学校に新しくやってきた教員・サラと、古株のブレンダの会話です。
ブレンダの旦那さんはこのノースカロライナの小さな町の保安官で、マイルズは2年前に事故で奥さんを亡くし子育てに追われる副保安官です。
そしてマイルズの息子は、サラの生徒。
ブレンダ夫婦は、まだ若い2人がお似合いだと思ってる。

洒落た会話です。
いつも日本語訳を手掛ける雨宮泰さんの訳が素敵なのか、心がほんわかしちゃいます。
本文を終え、最後の「感謝の言葉」にこう書かれていた。

-----
これまでの小説同様、素晴らしい妻・キャシーに感謝しなければ怠惰のそしりを受けるだろう。
12年、そしてまだ元気いっぱいだ。愛しているよ。
5人の子供たちにも感謝したい。
マイルズ、ライアン、ランドン、レクシー、サヴァナ。子供のおかげで家にいられるし、それより何より、面白くて仕方がない。
ラリー・カーシュボームとモーレン・イージェンはずっと素敵に僕の仕事を支えている。
2人に感謝を。(追伸:2人共この本で自分の名前を見つけてほしい!)

----
作者は、アメリカ南部の東海岸の州・ノースカロライナの田舎町に住み、そこを舞台にした作品を世に出し続けている。
フロリダの少し北で気候も温暖な住みやすい地で、全米に愛のある穏やかな風を送り続けている。

僕も家族に感謝している、特に家内にはいくら感謝の言葉を並べても足らないくらい感謝している。
僕に素晴らしい子供たちをプレゼントしてくれて、彼らは、生まれてからずっと僕を楽しませてくれている。
とてもよい気持ちにさせる、おすすめの小説です。
絵画が頭に浮かぶシチュエーションで、歯が浮くような言葉が散りばめられ、主人公にもどかしさを感じながらドキドキしながら読み進めるラブストーリーは、最高じゃないか・・・
クリスマスの季節に、ラブストーリーを・・・

「大東亜戦争を知らない日本人へ」 田母神俊雄 ワニブックス ★

航空幕僚長を、不適切論文発表により更迭された田母神さんの本。
学校で教えてもらわなかったこと、現代でも意図的に隠されてマスコミが報道しないことがいろいろ書かれていた。

---
私があるTV番組に出た時、「大東亜戦争という言葉を使わないでください」とディレクターから釘を刺された。
大東亜戦争という名称は、かつて日本政府が閣議決定したもので、使ってはいけないとはどういうことだと抗議し使ったら、放送時
に全て削られていた。
いまだに、(GHQの言論統制が利いており)使えないのである。

---
2008年、中国の胡錦濤主席が来日した時、「南京事件の真実を検証する会」が公開質問状を中国大使館を通じて送っている。
・毛沢東主席は、生涯たった一度も「南京虐殺」に言及していないのはなぜか?
・中国国民党軍は、南京戦を挟んだ1年間で300回、外国人向け記者会見を行っているが、ただ一度も「南京で市民虐殺があった」「捕虜の不法殺害があった」と述べていないのはなぜか?
・国民政府国際問題研究所監修の書によると、南京の人口は日本人占領直前20万人、その後ずっと20万人、占領1ヶ月後25万人と記録されている。この記録から30万人虐殺などありえないのではないか?
・この書に、日本軍の非行と訴えられたものは26件、しかも目撃されたものは1件のみと記録されている。30万人虐殺と両立し得ないのではないか?
・南京虐殺の証拠とされる写真は、その後の科学的研究によって、ただの一点も証明するものが無いと明らかになったことについてはどうか?
胡錦濤は、この質問に一切答えていない。

---
侵略どころか、人種平等を広めた日本。
朝鮮人も台湾人も日本人であった。
陸軍士官学校に入れたし、帝国国会議員にもなれた。
大東亜共栄圏構想は、欧米の植民地政策と根本的に違っていた。
朝鮮出身の洪中将は、フィリピン南方軍総司令官であったので、B級戦犯として起訴された。連合軍側から「君は朝鮮人だから助けてやる」と言われたが、「私は帝国陸軍の将軍である。一切の免罪は必要としない」として、死刑が執行された。

---
有色人種を動物並みに見ていた白人たち。
ビルマ戦線で捕虜になった京大卒の会田さんは、ある日モップを持って隊舎に入っていって驚いた。
1人の白人女性が全裸で鏡の前に立っていた。ドアの音に後を振り向いたが、何事もなかったようにそのまま髪をといた。部屋には数人の女声がおり、横になってライフを読んでいる。何の変化も起こらず、会田さんはそのまま床を拭いた。

---
日本軍は国際法を順守し、丁重に捕虜を扱った。
戦後「日本が悪い国だった」とするために、あらゆる嘘が作られた。
アメリカ軍は、捕虜にする前にほとんど殺してしまうので、捕虜が少なかった。
そもそも人道的であったなら、東京大空襲などするわけがない。

---
東京裁判は、戦勝国による復讐劇にすぎない。
これは少し考えればわかることだが、裁判は裁かれる事案が起こった時点で存在した法律によって行われなければならない。
戦後に作られた条例で、戦中の罪を問うのは「法は遡れない」の大原則に明らかに違反した「事後法」である。
また東京裁判の節目となる日付に着目すると、A級戦犯が起訴されたのは、1946/4/29当時の皇太子殿下(現天皇陛下)の誕生日です。
これは偶然ではなく、「天皇陛下をいつでも捉え死刑に出来る」というアメリカからの脅しである。
天皇陛下は、誕生日を迎えるたびにこの裁判のことを思い出す、ひどい仕打ちだ。

---
番外編として、「徳川家康 将たるもの、我慢を重ねて勝機をつかむのが肝要」や、「アメリカと秘密交渉すると必ず負ける」の章があった。
「これは大事な話だから、関係者を限定して秘密が漏れないようにしましょう」、戦前この秘密交渉に乗ったばかりに、中国からの撤兵要求を含む「ハル・ノート」が突きつけられ、日本は開戦の道しかなくなってしまった。

アメリカの陸軍長官ヘンリー・スティムソンは、「如何に日本側から最初の攻撃の火蓋を切らせるような立場に彼らを追い込むかが難しい命題だ」と日記に書いている。
日本に最初の一撃を撃たせることで、「戦争に介入しない」と宣言して大統領になったフランクリン・ルーズベルトに口実ができる。

その他、共産主義コミンテルン要員が、中国はもちろんアメリカ中枢にも多数入り込み、ハル・ノートそのものも、彼らの作成物であったということが、現在は白日の元になっていると、具体的事例で示されていた。

僕の知らなかった大東亜戦争の真実を知る良い機会になった。
世界の腹黒さをしっかり理解し、随時対処していないと再び戦禍に巻き込まれかねない。
国際感覚に明るい指導者が望まれる。僕の孫くんに期待したい。

お父さん・お母さんといっしょに読む論語

易経の勉強に月1で出かけているので、易経の本が数冊テーブルに積んでありますが、論語の本も読むようになりました。
最初は、母が読んで本棚にあった「渋沢栄一 論語の読み方」を読みましたが、日本最古級の学校・足利学校から教科書を取り寄せるようになりました。
平安時代に創設された関東最高学府だったそうです。

漢文で原文が読めるはずもなく、「論語抄」や「かなろんご100」などの初級本を読んで、「当たり前のことだけど、いいこと言ってるよなあ」と興味が深まり、小学生向けの「お父さん・お母さんといっしょに読む論語」を足利学校から取り寄せました。
論語から抜粋したたった30篇を小学生でも理解できるように解説した本で、足利学校の教科書です。
全ての漢字にふりがなが振ってあり、小学生なら誰でも読めます。
これを読みだして半年、小学生の道徳の時間に教科書とすればいいなと思うようになりました。

最初に書かれている論語は、『学びて時に之を習う、亦た悦ばしからずや』・・・繰り返し勉強しよう・・・
解説:孔先生の言葉 先生やお父さん・お母さんから教えてもらったことを、そのままほったらかしにしないで、勉強できる機会があれば、その時をのがさずに、何回も何回も同じことをくりかえして勉強しましょう。すると、その教えてもらったことがよくわかるようになり、自分の知識となります。知識がたくさん身につけば、それはうれしいことではないでしょうか。

僕の最も好きなのは、
『故きを温めて、新しきを知れば、以って師たるべし』 ・・・自分の知識を高めてどんどん活用しよう・・・
「解説:孔先生の言葉 古い昔のことをたくさん知って、心の中に大切にしまっておこう。そしてその中から、今使えるものを選び、活用するような生き方をする人は、人の模範となることのできる人です」
です。

1日1篇ずつ音読し、教室で読んで感じたいろんな意見を出せば、1時間授業が成り立つように思います。
寺子屋や藩校で教科書とされた論語・・・明治維新時、世界一の識字率を誇った日本人を育て、凛とした品性を醸成した素晴らしい道徳書・処世の書がここにあります。

「セイフヘイブン」 ニコラス・スパークス SB文庫 ★

11月は、よく読んでいる。
「大東亜戦争を知らない日本人へ」 田母神俊雄
「武士道」新渡戸稲造
「街道をゆく12・十津川街道」司馬遼太郎
そして、ニコラス・スパークス・・・
今5冊目を読んでいる。

----
2013年に映画化された小説の文庫本。
ラブストーリーの大御所・スパークスさんの小説で、プロローグを読んでいると既読感がありました。
舞台がお得意のノースカロライナの海辺の町であるということと、海辺のレストランや裏から海が見えるコテージというシチュエーションがそう感じさせたようです。

そんな片田舎の海辺の町にやってきて、幸運にもレストランのウエイトレスの仕事を得、働き出したケイティ。
彼女はとても美しく、同僚やらお店のお客さんから視線を浴びる。
それを感じて、同僚のウエイトレスが恋をけしかけるのだが、「もう恋はしない」という感じでそれから距離を置こうとしている。

古びた家賃お安い誰も借りようとしない物置小屋を、綺麗にペンキなどを塗るという約束で借りたケイティは、客からもらったチップを秘密の隠し場所に今日も入れた。
いつでもまた逃げられるように、逃避行資金を貯めているのだ。
近所の雑貨屋で、少量ずつ必要な物を購入し、物は極力持たないようにしている。

雑貨屋の主人・アレックスは、珍しく歩いて来店するケイティに興味を持つ。
美人なのに、どこか影があり、無理に目立たないようにしている。
彼女の小包装の要望に答え、新たに仕入れたりして便宜を図っている。

アレックスは、元軍の警察部門に所属し、2年前に妻・カーリーに先立たれ、6才の娘・クリステンと7才の息子・ジョシュを育てている。
2人は父親の仕事中は、いつもその目が届く所にいる。
いつもレジの後ろにいるクリステンは人懐っこく、ケイティに声をかけ友達になっていた。

ある日、レジで清算中に、ケイティはレジ裏から見える恐怖の光景に顔がひきつった。
それを見たアレックスは振り返り、釣りをしていた海に落ちたジョシュを間一髪助けることが出来た。
それに感謝し、ワインをケイティにプレゼントした。
その晩、ケイティの隣に越してきたジョーとワインを頂き、いろんな話をする。
ジョーはこの町出身のカウンセラーで、アレックス一家のカウンセラーでもあったそうで、アレックスの誠実さを褒める。

その後、アレックス親子3人で前かごをセットしたりした店の倉庫で眠っていた自転車をプレゼントされる。
「歩くよりは便利ですよ」のメッセージとともに。
ひっそり目立たず暮らしたいと思っているケイティは、自分に興味や好意を持ってもらいたくなくて、自転車を返しに行った。
でもその自転車の事情を聞いて、乗ることにした。

アレックスの優しさに触れ、懐いてくれる子供たちとの新しい生活はとても楽しいものになっていった。
アレックスは元職の性で、人の心理を読み取る術に長けている。
秘密に怯えるケイティの心を少しずつ和らげ、明るさと笑顔を取り戻させていく。
お隣さんの女友達・ジョーも、アレックスとの関係を応援している。
自分もアレックスに惹かれ、アレックスも結婚を望んでいる感じだが、絶対に結婚はできない。

ケイティは既婚者だった。
北部マサチューセッツ州の都会に住んでいたが、夫である優秀な刑事・ケヴィンは嫉妬心・独占欲が高く、酒を飲んではケイティに暴力を振るう夫だった。
今まで2度家出をしたが、発見されて連れ戻され、とても優しい&ちょっとしたことでの暴力が更にエスカレートしていた。
警察に相談しても夫にもみ消され、今回が3度目の逃避行だった。
今回は他人の身分証明を持ち、別人として生き直す完璧な逃避行のはずだった。
でも優秀な刑事であるケヴィンは、ついにケイティの居場所をつかむ。

町を目指すケヴィン・・・4人で楽しいサーカスの休日を過ごすケイティ・・・。
その夜、アレックスはケイティに子供たちを預け、店を手伝ってくれている老婆の娘さんを空港に迎えに出た。
そのタイミングで、酔っ払ったケヴィンは、アレックスのお店ごとケイティを焼き殺そうとした。

寝ていたケイティは、夢の中のジョーの声に起こされる。
間一髪で子供たちを助けだしたが、外ではケヴィンが待ち構えていた。
そこにアレックスが帰ってくる。
・・・

全てが済み、焼け跡を遠目でアレックスとケイティが見ている。
焼け跡では、消防署員が何かを探している。
やがて、「これですか?」と耐火金庫を取り出した。
アレックスが探索を頼んだものだ。
この中には、死の床にあったカーリーが書いた手紙が入っている。
アレックスへの手紙には、「幸せになってほしい」と書かれ、「もう一枚の宛名のない手紙は、新しいお相手に渡して欲しい」と結ばれていた。

ケイティは、自分の過去のためにアレックスのお店を焼いてしまったので、もうここにいるべきでないと思っていた。
アレックスは「これ(焼け跡)は物だからまた作れる。僕は子供たちも何も失わなかった。そして愛する君と4人で暮らしていきたい。どうするかは、君次第だ」と言ってくれた。
そして耐火金庫を開け、ケイティに「宛名のない手紙」を渡す。

ケイティは、その手紙を持って、隣のジョーの家に向かった。
でもそこは、人の住んだ気配さえ無い。
確かに話をするのは、ケイティの家でばかりだったけど、ジョーがペンキを塗っているのも、ホコリまみれになって片付けていることも見ていたのに・・・。
夢の中にいるような気分で自分のコテージに戻った。
ポーチのロッキングチェアに座って、自分の頭がどうかしたのかと思いながら、「宛名のない手紙」を読みだした。

『夫が愛する人へ こんな手紙を読むのが変だと思うなら、書くのも変な感じがするということもわかってください。
・・・私の名前はもう知ってると思うけどカーリーです。
でも友達からはずっとジョーと呼ばれていました・・・。
どちらの名前で呼んでもらっても構いません。
あなたのことはもう友達と思っています。
この手紙を読み終える頃には、あなたもそう感じてくれると思います。・・・』
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR