100年後の琵琶湖・南湖

高校生の時に、学校のヨット部に入部してから、ずっとホームポートは西宮です。
高校大学時代に練習した海面は、その後埋め立てられ人工島が出現し、新しいヨットハーバーが出来、母校ヨット部ともども僕のホームポートもそちらに移った。
一時は、写真の現像液と表現していた海面が、今水質が改善され、冬期はハーバー内で2メートルぐらいなら海底が肉眼で見える。

日本の河川や海岸は、総じて汚染が劇的に改善してきていると思うけど、1ヶ所ずっと悪化してるように見えるところがあります。
それは、琵琶湖の南湖。
学生時代から何度もレースで遠征し、卒業後も息子のレースや練習で何度行ったかわかりません。
ここ十数年は、同じ大学ヨット部のコーチをしているので、その艇庫・合宿所から定点観測している。

大学生の頃は、琵琶湖のレースでも藻をケアする必要はあまりなかった。
息子がジュニアの頃から、海面下のマテリアル(舵など)に藻が引っかかりスピードダウンするので、定期的に手を突っ込んでケアする必要が出てきた。
そしてここ5年ほどの真夏のレースでは、湖底から湖面にまで届く藻が島になり、それを避けるレースを余儀なくされている。

元艇庫の合宿所横に、比叡山からの小川が流れ、合宿所前で琵琶湖に注ぎ込んでいる。
僕の学生時代は、艇庫前から出艇出来ていたけど、息子が学生の時は、小川の堆積砂で河口が沖に移動し、そこまで船を移動させないと湖面に出れなくなった。
そして今、更に河口が沖に移動し、50mほど移動しないといけなくなった。
それで、艇庫をヨットハーバーに借り、元艇庫は合宿所のみの機能になった。

昨夜の、NHK「歴史ヒストリア」は、信長の城だった。
「安土城は安土山にあり、回りは水田が広がっているが、信長が健在だった時代は、琵琶湖に突き出る半島だった」
と説明されているのを聞き、「そうなんだよね、城域から直接琵琶湖に水軍を出すことができたんだよね」と反芻しました。

滋賀県の地図を見ると、現在の南湖は、湖と名が付いているけど、大きな北湖と大阪に流れ下る瀬田川をつなく、広めの水路のように見える。
昔の琵琶湖は、堅田で東西の岸が迫り、北と南に分断されたひょうたん型の湖だったと思うが、今は南湖が堅田の狭さとあまり変わらなくなり、鍵型になってしまっている。

このままでは、100年後の南湖は細長い大湿地帯になっているだろう。
ヨットレースなんて、とてもじゃないけど出来なくなっているだろう。
ひょっとしたら、八郎潟のような大穀倉地帯が広がっているのかも・・・
スポンサーサイト

突然、彼岸花が咲いた

月曜日の朝、庭のいつものところを見ると、彼岸花の茎が伸びていました。
僕は草刈りはやりますが、木に水をやることもしない(家内がやってくれる)し、庭の手入れもしません。
なのに、毎年同じ所にチューリップが咲き、ゆりが美しい花をつけてくれます。

現在は、白い韮の花が咲いており、紫色のヤブランも咲いています。
秋のお彼岸まで10日余りになり、いつも彼岸花の咲く場所を毎日見るようにしていました。
母親は、「死の花」として嫌っていましたが、僕はあの繊細な作りが好きでした。
田んぼの畦道に真っ赤に目立ち、秋の風景です。
お墓参り好きなので、お彼岸のお墓参りを連想させる点も好き。

9/21のお彼岸まで、あと1週間なのにおかしいな・・・「ひょっとしたら、全滅したのかな?」と思っていました。
ところが、14日(月)の朝見ると、前日まで気配もなかったのに、突然20cmぐらい茎が伸びていました。
花の部分も赤さが見えています。
毎年、「あっ、咲いてる」と驚かされるけど、今年は毎日気にしてそこを見ていたので、!!!ぐらいの驚きになりました。
今朝16日の朝、真っ赤な繊細な花が咲いていました。

今年は、ヨット部のコーチングで、9/20・9/27ともに日曜日にお墓参りできないので、早朝お墓参りになりそうです。
早朝お墓参りで困るのは、お花屋さんが開いていないことです。
家内の実家のお墓参りは、お姉さんたちが参った後にしようと思う。
我が家の墓参りも、弟たちが参ったあとにすれば、前日にお花を用意しなくていいな。
家内と、お墓参り日程を、あ~だこ~だおしゃべりしました。

セミの盛衰

夏が終わりました。
夏といえばセミですが、セミの世界にも盛衰があるようで、今年はそれを顕著に感じました。
子供の頃は、梅雨の時期にまずニイニイゼミが鳴き出し、夏の到来を予感させます。
こいつは動きが鈍いので、簡単に捕まえることが出来、真夏のセミ取りのウォーミングアップに最適でした。

梅雨の終わりの宣言のように、アブラゼミが鳴き出し、夏の甲子園の最も暑い頃が最盛期です。
セミ取りの標的はもっぱらこいつですが、たまに羽根が透明なクマゼミを見つけると、喜々として取りに行き、そいつを虫かごに入れたら上得意でした。
こいつは、木の高いところに留まるので、市販の網では届かず、竹やぶで切っていた竹を接いで網を伸ばさないと難しいです。
夏の甲子園が終わると、ツクツクボウシが鳴き出し、夏休みを予感させブルーになる。

こんな少年時代の夏を過ごしていたのですが、今年はニイニイゼミを地元では聞きませんでした。
去年までは、たまに聞こえていたのですが、今年はゼロでした。
早朝バイクで山に行くと、ニイニイゼミの鳴き声が聞こえていましたが、平地のニイニイゼミは絶滅したようです。

ニイニイゼミを駆逐していったのはアブラゼミというよりクマゼミです。
年々クマゼミが多くなり、今やアブラゼミをも駆逐する勢いです。
まだアブラゼミの方が個体数は多いように思いますが、鳴き声を聞いてもクマゼミのジージーが確実に増えています。

そして今年一番驚いたのは、山のセミ・田舎のセミであったはずのミンミンゼミの鳴き声が、我が家でも聞けたことです。
ミーンミンミンというでかい鳴き声を自宅で聞けるとは思っていませんでした。
それに代わるように、ツクツクボウシの鳴き声が減りました。
ツクツクボウシは、もっとも俊敏な動きを見せ、アブラゼミ同様手が届くような低いところにも留まるのが多いのに、セミ捕り難易度が最も高いです。

来年は更にミンミンゼミが増える予感がします。
そして森のセミ・ヒグラシが登場するのかも・・・
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR