花は咲く

数日前、NHK・TV「ニュース9」で「IL DIVO」が取り上げられていました。
バラバラの出身国の男性4人組が、ポピュラー・ソングをクラシックの手法で歌うというグループです。
3人はオペラ歌手などクラシック畑の人で、1人はポピュラーシンガー出身です。

クラシックとしては異例の世界的な大ヒットメーカーで、日本でも多くの人がその歌声を聞いたことがあると思います。
僕もとてもいいイメージを持っていましたが、彼らが日本が大好きだとTVが伝えていて、単純に更に好きになりました。
こういう紹介の仕方は、また日本ツアーがあるのかもな・・・NHKにこの時期に売り込んできた売り込み者のメリットを考えたり、ゲスな妄想もしました。

グループの紹介で、「ふるさと」が流れ、当時を思い出して涙を流してしまいました。
東北の津波震災の年の夏過ぎ、家内と京都散策した帰りのJR京都駅で、「花は咲く」の前の震災復興ソングが流れていました。
東北からやってきたという2~30人?のグループと支援者が、即席ステージを組んで熱唱していました。
多くのオーディエンスが集まり、僕もその中の人となりました。
単純な歌詞の繰り返しですが、彼らのパフォーマンスと共に心に響き、皆さんと合唱し涙しちゃいました。

僕もかつては震災で大きな被害を被り、あてにしていなかった小学生の息子たちが自主的に僕らを助けてくれて、さらに笑顔で自分たちの小学校に避難してる人たちの手伝いに行くのに感動しちゃいました。
僕ら親の影響もあるのでしょうが、そういう教育を保育園・小学校の先生から受け、友達にも影響されているんだなと、「凄いや日本」と思いました。
そんなベースがあったから、この時の京都駅で大感動しちゃったのだと思います。

去年かな?、「花は咲く」キャンペーンが始まりました。
西田敏行さん筆頭に芸能人が入れ替わり立ち代りワンフレーズだけ歌うCMが、毎日大量にTVで流れました。
きっといろんなとこで公演し、浄財を集め復興に繋がったと思います。

確かそういう時に、「IL DIVO」が来日したと思います。
そのニュースとともに、東京だったのか被災地だったのかであった公演の様子が流れていました。
美しい歌声と心のこもった感じが素敵でした。

あの震災で、僕の心に強く残ったものは、
閖上浜から耕作地を飲み込みながら全てを飲み込んでいく津波の映像・・・
京都駅での復興の歌・・・
世界的に経済規模が大きいと言えない台湾から、最も多くの復興支援金を頂いたこと・・・
「花は咲く」キャンペーン・・・
そして、天皇陛下ご夫妻の被災地訪問時、海に向かって深く長く頭を下げている姿・・・
です。
それに、今回NHKで聞いた「IL DIVO」の歌う「ふるさと」「花は咲く」が加わり
ました。

小学生時代、学校で何度も歌い、その後も何度も聞いてきた「ふるさと」(兎追いしかの山、小鮒釣りしかの川・・・)が、こんなに心に響く歌だったのかと再認識しました。

「あまちゃん」の後の朝ドラは辛いよなと見始めましたが、音楽担当が「菅野よう子」さんで驚きました。
「花は咲く」の作曲者です。
ドラマ自体は、「あまちゃん」に及ばないとの個人的評価ですが、「菅野よう子」さんを応援しようとの気持ちもあり見ています。
まあ、なんだかんだ言っても、ずっと歴代朝ドラを見てるんだけど・・・

「IL DIVO」が、「花は咲く」英語版をレコーディングしたそうです。
世界的大ヒットになり、今度いろんな国で起こる自然の猛威からの復興ソングになったらいいなと思いました。


花は咲く
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR