NHK朝ドラ & 4/23・播州寺社巡りドライブ「奥山寺」 

春から始まったNHK朝ドラ「ひよっこ」。
朝ごはん・身だしなみタイムなので、ずっと見ています。
これを見終えて出勤が、定番です。

今回の朝ドラで気になる女優さんは、主人公の職場の寮長さん役・和久井映見さんと、職場の先輩で寮の相部屋の室長さん役・小島藤子さん。
和久井映見さんは、相変わらず可愛く、お肌も綺麗で、結婚したい女優No1に輝いていた頃と何ら変わっていません。
流石です。

もう一人の小島藤子さんは、アマゾンプライムビデオで観て家内と2人気に入ったドラマ「福家堂本舗」の舞妓・市雀さん役が初見でした。
主人公のお姉さんの恋敵役でしたが、可愛く魅力的な人だなあと気になりました。
名前もいい・・・ルパンの「不二~子こちゃん」と音が同じ・・・

朝ドラに彼女が登場し、「どっかで見たぞ」と記憶を辿っていると、家内が「あれ、この人・・・」と声を出した瞬間、舞妓さんだと思い出しました。
今回の役柄は、主人公にイケズもしないし、仕事を教え一緒に楽しむお姉さん的な役で安心して見ています。

NHK制作スタッフも彼女に魅力を感じているようで、台詞も多く、時々アップで抜きありがたいことです。
ですが、来週の予告編で、主人公が働く向島電気が倒産してしまうようで、舞妓さんがドラマから消えてしまう危機です。
なんとか、主人公との縁をつなげて欲しい。
僕の朝ドラを見るテンションが下がっちゃうじゃないか・・・

-------
r146~r346で南下し、左折してr34で東進し、JR加古川線を渡ります。
r17で南下します。

「ジャパン滝野店」の店頭に、証明写真ボックスがあったので立ち寄ります。
夫婦で秋に、長男一家に会いにアメリカに行こうと思っているので、僕はパスポートの再申請、家内は取得します。
パスポート用写真を撮ります。

家内がトイレに行っている間に、僕はボックスに入り操作します。
初めてのボックス写真なので、説明を読むのに時間がかかりました。
出来上がった写真を見たら、見事に囚人Aになってました。
800円。

続いて家内が入り、操作を教えてあげようとしたら、経験があるようで必要ありませんでした。
エクセレントな仕上がりの1000円のを選択していました。
お綺麗な女性の証明写真の出来上がりです。

僕が「囚人だ~、歯を見せたらダメと書いてあったから無表情を意識したからかなあ」と嘆いていると、「お父さん、実物の方がずっと良いよ、私は歯を見せずに微笑もうとしたよ。もう1回撮ったら」と、証明写真ボックスアドバイスをくれました。
面倒なので、これでいいです。

店内に入り、9:25「紀文・切れてる厚焼き玉子116円+横綱あられ170円+パウンドケークフルーツ321円+おにぎり3個198円(手巻きおにぎり明太子2+ツナマヨ1)」を購入しました。
まだ昼前というより朝が終わったばかりなのに、この日2食目です。

20170423HarimaS109s.jpg r349で南下し、r145にチェンジします。枝道に入って北上し、9:41「奥山寺」。
20170423HarimaS116s.jpg 『白雉(はくち)元年(650)法道仙人が開山した真言宗寺院で、姿の良い多宝塔を持つ。宝永6年(1709)再建されたもので、木造3間瓦葺き、垂木は平行垂木で上重組手は四手先組になっている。棟梁は宇仁郷大工村(加西市大工町)神田作左衛門実清と伝えられている』

20170423HarimaS126s.jpg 西林寺と同じ大陸からやってきた法道仙人の開山でした。
20170423HarimaS133s.jpg 急な階段だったので、迂回路を選択して本堂曲輪に上がった。
20170423HarimaS134s.jpg 本尊は十一面観音菩薩と書かれており、本堂の破れ襖から覗いたが、扉が閉ざされており拝めなかった。
蟇股の彫刻は立派です。
経済力の証です。

20170423HarimaS136s.jpg 更に石段を上り、朱色が鮮やかな多宝塔を観に行きます。
そこから更に奥に小道が続き、鎮守社がありました。
この寺院にも、石祠がたくさんありました。
西脇地域の流行りのようです。


スポンサーサイト

4/23・播州寺社巡りドライブ 「西林寺」「荒神社」「西仙寺」

コーチしてる大学ヨット部の新人勧誘ヨット試乗会最終日です。
この日は車が足りているようで、「直接琵琶湖のヨットハーバーに来てください」との連絡がありました。
一旦はOKと返事を返したのですが、19時に法事で家内の実家・加古川に行く用事があったので、手伝いをキャンセルさせてもらいました。
17時にハーバーをでなければならないので、夕食時の僕のお話は出来ません。
それならいいかな・・・と。

1人遊びになる家内と、小野市・加西市・福崎町の寺社巡りをして、実家に行くことにしました。
4時前に目を覚まし、ゴソゴソし6:35に車に乗り自宅を出発しました。
宝塚ICから中国道に乗り、西に向かって走っていると、「吉川IC出口渋滞」の電光掲示が目に入りました。

「ゴルフかなあ?なんで渋滞しているんだろう」と言うと、家内が「新しい遊園地が出来たらしいよ、TV宣伝してるもの」とのこと。
キャンプなんだけど、ロッジみたいな建物で、何も持っていかなくてもBBQができたりするところ・・・いろいろ教えてくれました。

この日の帰路、中国道を走っていたらバスに追い越されました。
このバスが、家内が教えてくれた遊園地のバスだそうで、「NESTA RESORT KOBE」書いてありました。
帰宅後調べたら、経営破綻した「グリーンピア三木」が、経営者が変わりリニューアルオープンした施設で、これから数年かけて新しい施設がオープンしていくようです。
でもグリーンピア三木なら、最寄りICは「吉川IC」ではないので、やはりゴルフのお客さんで渋滞しているのかも?

「滝野社IC」で下車し、R175を北上します。
西脇市に入り、枝道に折れて7:23「西林寺」

『唐子ツバキで有名な西林寺は、法道仙人が開いた古刹で、本尊・十一面観音立像は藤原中期の作で、手足が4本ある珍しいものです。境内には、高浜虚子はじめ阿波野青敏などの句碑・歌碑が点在しています。春は桜、初夏はあじさい、秋は紅葉と四季折々の美しさを楽しめます』

20170423HarimaS005s.jpg 満開の赤い椿の横を歩くと山門があります。
20170423HarimaS006s.jpg 左右に阿吽の仁王像と大わらじが出迎えてくれます。

20170423HarimaS010s.jpg 『今から1300年ほど前、幸徳天皇・白雉2年(651)天竺の法道仙人により開創された真言宗の古刹。本尊・十一面観音菩薩、脇侍・不動明王・毘沙門天で、古来東向観音の霊場として知られ、その後寛文5年(1665)姫路・慶雲寺・中興開山南室和尚により選定された「播磨西国第20番霊場」として知られる。江戸時代は1院13坊あり、寺禄210石を領していた』

20170423HarimaS013s.jpg 八重桜が満開です。
無縁墓石が集合された場所があり、その数の多さが歴史を冠させます。
20170423HarimaS021s.jpg 掲示されている地図を見ると、裏山に展望所などがあり、ハイキングコースになっているようです。
20170423HarimaS025s.jpg 聖天堂に入ると、セルフサービス御神籤がある。
20170423HarimaS029s.jpg 鐘楼があったので、一突きしてみる。
鐘の音はいいね。

20170423HarimaS030s.jpg 石祠にお地蔵様と観音様2体が収まっています。
同じものがたくさん立って道が山を上がっています。
これが整備され、ハイキングコースになっているのかもしれません。
20170423HarimaS031s.jpg 石灯籠が並ぶ参道をゆるく上っていくと、本堂があります。
20170423HarimaS032s.jpg 小さな石像が並ぶ脇道もあります。

20170423HarimaS038s.jpg 蟇股や木鼻の彫刻が立体的で手が込んでいます。
20170423HarimaS045s.jpg 靴を脱いで本堂に上がると、天井絵が見えてきました。
横柱にも彫刻が入り、豪華なお寺であることがわかりました。
西脇の財力が見えます。
本尊・脇侍は扉が閉ざされ拝めず残念でした。

20170423HarimaS050s.jpg 庚申堂が見えます。
20170423HarimaS051s.jpg 庚申信仰の名残は、あちこちで見ますが、メンテナンスされたお堂が残っているのはそれほど多くないように思います。
「あじさい羅漢」というのがありました。

『自作の石像羅漢を納めたいと願う人のために作業場を設け、石材・用具などを準備し、初心者には指導し、自由な羅漢像を苑内に奉納して頂いている。羅漢というのは、煩悩を滅するための修行をされている方、お釈迦様の教えを伝える修行者という意味で、その姿は最も人間的であり個性的に表現されている。この寺に納められる羅漢さんを「あじさい羅漢」と称し、老若男女、上手下手にとらわれず、自由奔放に彫刻されることを願い、将来素晴らしい羅漢像群が出現することを願っている。奉納料は1対3万円で、代作する場合は、プラス5000円をお願いしています』

各地にある羅漢像群は、こうして作られていったのでしょうか。
天気が良く、山の若葉の緑が映えている。
冬の枯葉色の山が、生き返った若い山になったようです。
所々に山桜の薄ピンクが見え、アクセントになっています。

R175~r566で加古川を東に渡る。
道なりにr294に入り、家内の友達の実家のお寺の前を通り、8:11「荒神社」
20170423HarimaS066s.jpg 『荒神社のムクノキ 県指定名勝天然記念物 周囲650cm・樹高26m・樹齢650年・枝張り南北16m東西13m 兵庫県下4位の大きさ 全国15位以内』

巨大な幹で目立っていました。
20170423HarimaS072s.jpg 横には、「ふれあい館」という建物がありました。
味わいのある建物で、神社の横にかつては小学校だったのかな?と想像しました。

R175に戻り、R427に入り、杉谷川沿いにある「西仙寺」に8:30到着。
白雉(はくち)2年(651)、法道仙人開基。
孝徳天皇の病気平癒のため建立。
姫路城主・本多忠刻の妻・千姫が田畑を寄進し、我が子の霊を祈るため信仰を寄せた。
ここも八重桜がきれいでした。

サルスベリの木の横を通り山門。
20170423HarimaS083s.jpg ここは仁王像ではなく、阿吽の毘沙門天像が守っていました。
20170423HarimaS084s.jpg 山門をくぐると、ゆるく上る参道が森の中に消えています。
ゆっくり歩いていくと、「四国へんろみち」という枝道があり、沿道に石祠がたくさん立っていました。
八十八ケ寺あるのでしょう。

20170423HarimaS086s.jpg 落ち着いた黄色の装束を羽織った僧侶さんが降りてこられたので、挨拶をする。
本堂が現れ、靴を脱いで上がってみると、こちらも蟇股や木鼻の彫刻が見事で、思わずカメラを構えました。
お大師様の像があったので、真言宗の寺院のようです。

ブーン、先程のお坊さんがバイクで上って来て、再建中で土台だけになった建物の幕の中に入り、お経を上げておられました。
20170423HarimaS104s.jpg 江戸時代と思われる墓石が並んでおり、歴史の古さを感じました。


4/17・お嫁さんたちからメール

次男のお嫁さんから、家族メールが入りました。
南米の「ジカ熱」流行により新婚旅行に行けなかったし、2人目が宿ったらしばらく行けない。
加えて、長男が航空券をマイルでプレゼントするからおいでと誘ってくれているので行ってきたらと勧めました。

次男も、アメリカは、ニューヨークでトランジットしただけなので行きたいなと言っていました。
お嫁さんも、長男一家に会いたいなと言っています。
僕ら同様、去年の夏に会ったのが最後です。
次男のお休みが取れるかどうかがネックでしょうが、行けるといいなと思っています。

7月末で、「産休有給1年」が終わるので、保育園を当たっているようです。
4月時点で空き無しの状態で、「保育園が無ければ、+6ヶ月」の特別措置になってしまうかも・・・だそうです。

次男が設計している新本社が竣工すれば、保育所併設なので保育所問題はクリアするのですが、来年完成なので間に合いません。
社長から、「園児第1号」と言われているらしく、頑張れお父さん!です。
建築会社なので、モデルルーム兼用だから、社長からアイデアが次々持ち込まれているそうです。

IMG_4537s.jpg 絶好のカメラ日和に、オランダのような景色の公園に行ってきたそうで、25℃まで気温が上がったそうです。
すみれちゃんは、下の歯2本がちょっと顔を出し、痒いのか?気になるようで、指を入れてモゾモゾしているようです。
IMG_4632s.jpg 寝返り、寝た状態からお座り、つかまり立ち、後ろ向きハイハイをするようになり、月齢平均の下限ながら、身長も体重も増え、全て順調に成長しているようです。
親は、特にお母さんはこれが一番気になるものね。

----
長男のお嫁さんからも、家族メールが入りました。
隣のペンシルバニア州の、ニューホープという街へ出かけたそうです。
鉄道の街と呼ばれており、ディーゼル車やSLが走っているそうです。
DD686FC3-978D-4726-8447-AA9DED705E6Bs.jpg ちょうどSLが整備で機関庫に入ってしまっていたので残念でしたが、ディーゼル車に乗れて「りょうくん4才」は大喜びだったそうです。

BB680BAF-7251-4088-8521-1CE4B4735407s.jpg 日本にいる時は、プラレールを繋げて毎日遊んでいました。
「桜谷軽便鉄道」運転日に連れて行った時は、午前中から最終の夕方まで、何度も何度も繰り返して乗り、運転までさせてもらいハマっていました。

A90A3538-E068-4A11-989F-B13D3AD79521s.jpg ちょうどイースターで電車にウサギの着ぐるみを着た人が乗っており、オモチャをもらったそうです。
こうくん1才は、大きなウサギが怖く、大号泣だったそうです。

街自体もとてもお洒落で雰囲気が良く、観光客が大勢来ていたそうです。
車で40分ほどの距離なので、リピーターになるんだって。
BC98EB12-9BC5-404D-9079-FE58AD73549Ds.jpg 家の前の桜は、日本の桜より花期が短く、1週間で全て散り、既に葉っぱがだいぶでてきたそうです。

4/16・京都~大学ヨット部・ヨット試乗会

東大路通に出て、9:18大学着。
20170416RokuS251s.jpg 集合場所の楠の前を見ると、ヨット部の幟が立ち4回生T君と新入生が1人いるようだ。
校内1時間無料なので、いつものようにいつもの場所に車を停め、時計台でトイレを拝借し、楠に向かう。

20170416RokuS253s.jpg 新入生が3人に増えており、定時になったので新入生男の子3人・女の子2人乗せ、9:33大学出発。
車酔いに弱いという女の子がいたので、比叡山・山中越ルートではなく、三条~京都東IC~西大津バイパスルートで琵琶湖に向かいます。
車内で、ヨットのこと・注意事項・試乗会スケジュールなどを話す。

10:09、ヨットハーバー着。
他大学も試乗会をしており、ハーバーがいつもより華やかです。
艇庫にみんなを案内し、みんなは濡れてもいい服装に着替えに行きます。
僕はレスキューボートに荷物を置き、ライフジャケットを着ていつでも出発できるよう整えます。
20170416RokuS258s.jpg 朝霧が発生しており、大津プリンスホテルのてっぺんしか見えていません。
幻想的・・・

ここからはいつものように、ハーバーと海上を行き来し、ヨットに乗る前後に新入生に部員とともにいろんな話をして和ませます。
風は最初三井寺からの風(SE南西)でしたが、途中からN・北からも風が入ってきて、両方の風がぶつかり合って一時無風の時もありましたが、最終的には北風になり、良い試乗会になりました。

16時にハーバーバックします。
新入生参加者は30名ほどでした。
10年以上試乗会の手伝いをしていますが、最近感じることに、新入生の足がでかいことです。
男子ではこの日も29cmというデカ足の子がいたし、女の子でも24や24.5はザラにいます。

家内は身長158cmで23.5です。
家内より小さく見える子が、意外に足が大きかったりします。
平均身長が更に伸びていきそうです。

10:06~16:21、ヨットハーバー駐車料金300円。
合宿所に戻ります。
17:30から夕食の「キムチ鍋」です。
この日も1週間前同様、司会者2回生G君から最初に指名され、私の挨拶から始まります。
飯を前にして待たせるのは恐縮ですが、「大学では学業がメインストリートだけど、何かクラブに所属しておく事で、大学生活が数倍有意義になり、卒業後も続く仲間が得られる」
「写真を見せながら、現役・卒業後のいろんなイベントの説明」
「他クラブのOBだが、映画封切り中の原作者作家のこと」などを話す。

恒例の大盛り上がり1回生自己紹介があり、最後にキャプテン挨拶で修了。
大学正門に向かう便として、女の子4人・男の子3人を車に乗せ、20:04合宿所を出発する。
車酔いに弱い子がいたので、湖西道路~R1~三条~東大路通コースで、20:28大学到着。
みんなを降ろし、「来月も再来月も来年も艇庫で顔を合わそう」と半強制で約束させ解散。

帰路につきます。
湖西道路~京都東ICから名神高速に乗り、20:55「桂PA」着。
毎度おなじみ、「びっくりバニラソフト140円」を頬張ります。
4月にしては25℃まで気温が上がったので売れ行きが良かったようで、冷蔵庫内最後のバニラソフトでした。

21:11、PAを出発し、中国道・豊中IC下車し、21:47自宅着。
楽しい1日が終わりました。
家内は既に夢の中で、いつもある「おかえり~」の言葉もありませんでした。
後片付けし、風呂に入り、23時ごろ寝ました。


4/16・京都「上賀茂神社」~「平安神宮」

記紀を読んでいると、出雲族の神・オオクニヌシと、葦原中津国を産み天孫降臨した九州族・神武天皇、大和族・大物主、山城族・賀茂族が、別の神を祀る異族を滅ぼすのではなく、互いの神を互いに祀り、互いの神話を共有することで、平和裏に連合していく。
実に日本的な統治に日本民族である自分に誇りさえ感じる。

20170416RokuS196s.jpg 重要文化財「細殿」前の円錐状に盛られた「立砂」が健在でした。
入れないように縄が囲っていますが、これを見る度、全速で立砂に突っ込んで破壊したい衝動に駆られます。
男の子なら、分かると思います、この気持ち。

『盛砂とも云い「たつ」とは神様の出現に由来した言葉であり、神代の昔、御祭神・賀茂別雷神が最初に降臨された本殿の北北西2km奥にある円錐形の美しい神山(こうやま)に因んだもので、一種の「かもろぎ(神様が降りられる憑代)である。鬼門・裏鬼門にお砂を撒き清める風習は、この立砂の信仰が起源で、「清めのお砂」の始まりである』

20170416RokuS200s.jpg 境内にも、見事な枝垂れ桜が満開で、ピンクが綺麗。
20170416RokuS201s.jpg 巫女さんが箒で掃いておられ、朝はこれで始まるなあと気持ちよく感じます。
20170416RokuS207s.jpg 祝詞の声がする奥の方に歩いていきます。

20170416RokuS211s.jpg  『御籍屋(みふだのや・東局)現今は神前結婚式場等に使用、中門、直会殿(なおらいでん・西局)祭典修了後、神職参拝者が直会(ご神酒)を戴く建物、共に寛永5年(1628)造替』

本殿に参拝し、『賀茂別雷神社・第一摂社・片山御子神社 祭神:玉依比賣命 延喜式内古社。賀茂族の祭祀の権を握っていた最高の女性。常に別雷神のお側に仕えておられた。よって現在でも、本宮恒例の祭祀にはまず当神社に祭りを行う。皇室のご崇敬も厚く、本宮への行幸の場合は、当社へも奉幣あらせられることが多い』にも参拝した。

この謂れ板を読み、先にこちらに参るべきだったと後悔した。
20170416RokuS220s.jpg 横の絵馬掛けには、ハート型の絵馬がたくさん下がっていた。
玉依姫にあやかろうとする女性の願いが下がっているのだろう。
社務所で、僕も買ってしまった。

2人の男の子の孫は、自力で道を拓かないと行けないが、女の子の孫には良い縁をお願いしたい。
20170416RokuS226s.jpg 神域の奥から流れてくる御手洗川は、流量が多い清流で、賀茂氏は水源であるこの地を神域に指定し、長く子孫に生活に必須の清い水を与えようとしたのだろう。

この立地を見ると、原始的な神の存在を信じ拝みお願いするモデルを見るようです。
神職が白装束で、御手洗川に入り、掃除しています。
日々のお掃除が、清潔さを感じる神社、神様の存在を感じさせる神域を保っているのでしょうね。

駐車場に戻ります。
7:57~8:16上賀茂神社P100円。
朝の寺社桜巡りは、ここでタイムリミットになりました。

京阪・出町柳駅目指し、賀茂川側道を下りますが、京阪の最寄り駅から目的地に向かう自信がないという。
地図はあるのですが、極度の方向音痴なので、阪急かJRだったら行ったことがあるので安心だという。

仕方なく、JR京都駅に向かいます。
河原町通を真っ直ぐ南下し、塩小路通で右折してJR京都駅前で家内を下ろしました。
塩小路通~七条~川端通~五条通~東大路通を北上し、八坂神社前を通過。

9:30まで少し時間があるので、八坂神社や円山公園に寄り道しようかと思いましたが、観光客が増えてきたのでパスしました。
20170416RokuS232s.jpg 平安神宮目指し右折し、聖護院前の岡崎疏水の流れを覆うソメイヨシノを激写。
ここは意外にまだ元気です。
もうすぐ船遊びの船が巡る時間です。

 8:59、平安神宮前に路駐し、激写タイムです。
『平安京遷都の延暦13年(794)より千百年にあたる明治28年(1895)、桓武天皇を祭神として創建された。紀元2600にあたる昭和15年(1940)には、平安京有終の天皇である孝明天皇も合祀された。
社殿は、平安宮の中心施設である朝堂院をおよそ5/8に縮小して復元されている。
2層の神門は応天門、中央正面1層入母屋造の拝殿は大極殿、そこから連なる左右の回廊から東に蒼龍楼、西には白虎楼がある。いずれも平安京のものを厳密に考証して復元された国指定重要文化財である。なお、昭和4年に建立された大鳥居及び昭和15年に増築された社殿群は国の登録有形文化財である。
本殿の背後一帯には、約3万平方メートルからなる神苑が広がる。4つの池を中心に、各時代の庭園形式を取り入れた池泉回遊式の近代を代表する広大な日本庭園で、国の名勝に指定されている。
例祭は4/15。平安遷都の日にあたる10/22には、本神宮の祭礼として、京都3大祭の1つである時代祭(京都市無形民俗文化財)が行われ、千年にも及ぶ各時代の歴史風俗絵巻が、錦秋の都大路にくりひろげられる』

『応天門 平安京大内裏の正庁・朝堂院の南面正面で、延暦14年(795)に造営された鴟尾を置く2層碧瓦葺の建物。この門は、平安遷都1100年に当たる明治28年に、往時の様式を復元し、平安神宮の「神門」として建造された』

20170416RokuS242s.jpg 20170416RokuS244s.jpg 他の建物も平安時代の様式を模したので、現代のそれとは少し趣が違うが、碧の屋根に朱色の柱、白壁が落ち着いた印象を与えている。
20170416RokuS246s.jpg 大鳥居までの間にある枝垂れ桜の大木が満開で、走って激写しに行った。


main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR