2/21・超親ばか

次男から家族メーリングリスト(私たち夫婦・長男夫婦・次男夫婦)に、メールが届いた。
日経工業新聞の記事が切り取られ、そのコピーpdfファイルが添付されていた。

日本経済新聞は、ずっと我が家で購読していた3紙の1つで、親父も購読していた。
その後、息子たちは社会人になったが、やはり日経は必須のようで、みんな購読している。
スポーツ欄や社会面は一般紙に劣るけど、経済面は充実しており、株式欄や企業業績などがよく分かる。

朝日は、長年報道していた慰安婦記事が、裏取りしていないウソ記事だったと告白したのをきっかけに購読を辞めた。
世界中にウソを広め、日本を貶め、赤旗同様ただの反日機関紙だったんだと、今更ながらろくでもない新聞だと思う。
なぜまだ存続しているのか、不思議でならない。

日本人感覚では、必死に世界に向かって、慰安婦打ち消しの行動を起こすのですが、なぜ起こさないのかわからない。
朝日新聞は、権利ばかり主張し、義務や責任を持とうとしない左翼主義者と変わらない。
都合が悪くなると、トンズラを決め込む会社など、社会に存続する意義があるのだろうか?

しのぎを削る自動車メーカーでも、積極的にリコールを発表する会社と、「バレなければ・・・」を決め込む会社がある。
後者は、とうとう自力再建できなくなり、日産に買収されてしまった。

我が家の購読紙は、日経含め2紙になった。
日経工業新聞は、次男だけが購読しており、家族に関係する記事が載っていたら、家族メールに披露してくれる。
建築系雑誌に次男の作品が載った時も教えてくれ、その時は雑誌社に電話してそれだけ取り寄せ、記念にコレクションしている。
息子たちには、「会社や仕事で手柄を立てたら、積極的に教えてくれ。親はそれが楽しみだから」と言ってある。
だから、いろいろ教えてくれる。

今回は、長男の会社の話題で、工場設備拡充が成ったということだった。
国内で利益を稼いでいるある製品への投資で、今まさに長男がプロジェクトリーダーとしてアメリカに売り込もうとしている製品です。
昨年末の会社社内報で、このプロジェクト・リーダーとして、長男が写真入りで2017年の抱負を語っていた記事が、トップ記事になっていた。
一部、我が家に持って帰ってきてくれたので、ご先祖様へ披露するため仏壇横に飾ってある。

製造設備を拡充するということは、販売増の成算が成っているのだろう。
長男の仕事も順調のようです。
アメリカはじめ、海外企業との提携話が新聞に載ることもあり、新販路や用途を広げようと最激戦のアメリカで仕事をしています。
特許でがんじがらめの最先端な世界なので、一旦販路が確保されれば競合品が簡単には出てこず、長期に大きな利益を確保できる。
長男から次男へ、「サンキュー、みんなが関わる大きなプロジェクトだから、頑張らなきゃね」と返信が入った。

長男はまだ35才ですが、自分の担当の仕事(海外の学会に出かけていき、新製品開発につなげる。アメリカ・イギリス子会社担当)の他に、最若手で本社経営戦略室にも名を連ねていた。
社長になるためには、海外経験がないとダメだと思っていたので、「まだかなあ」と気をもんでいたが、念願の海外赴任が今年から始まった。

お嫁さんも、日常英語を使う仕事だったので、英語にも異人種にも慣れている。
このプロジェクトを成功させ、大きな利益につなげたら、「息子たちは必ず社長になる」の僕の予想に大きく近づく。
僕のできることは、応援するだけなので、「超親ばか」継続中です。

次男が、将来的にお嫁さん実家と3世代で住む決断をした時も、先に兄弟で話し合っていたようです。
僕ら夫婦が守る実家のことを話し合ったのでしょう。
どうせ僕らは、子供たちの決めたことに対し、チビの頃から「ダメ」なんて言ったことないから、いつものように事後報告でした。
お嫁さん同士も仲が良く、良い関係の兄弟です。

ああ、僕はなんて幸せなんだろう。
あれもこれも全て、家内がうちに来てくれたからだ。
大切にしなくちゃ・・・
スポンサーサイト

2/19・京都観劇&カフェ

ミーテング後、夕食です。
女子マネさんが作ってくれた三色ご飯と肉じゃがが美味い。
すぐにご飯が出てくるという環境は快適ですね。
家内もフルタイムで働いていますが、僕より早く帰っているので、自宅玄関に電気が点き、着替えたら食卓に夕食が載ってて、ものすごく快適です。
男は、こういうのに弱いと思います。
ずっと自宅から通学していた長男も、就職して初めての寮生活をしましたが、1年もしないうちに現在のお嫁さんのマンションに転がり込んで、そのままです。
男子部員達の親も喜んでいるでしょう。

19時を回り、帰路につきます。
湖西道路~名神~中国道で、20:30頃帰宅。
「帰っているかなあ~」と、住宅街の最後の交差点を曲がると、玄関に電気が点いており、頬が緩みました。
家内が帰宅しているようです。

「夕食、食べた?」
「うん、女子マネさんの美味しい夕食を食べてきた」
着替え・片付けを終えてダイニングに行くと、テーブルの上にいちごが載っており、家内はヨーグルトを食べながら、お互いの「今日の出来事」を話します。

家内は、昼前にJR京都駅で観劇者が集合し、京都が地元のリーダーさんにJR京都駅ビル・ホテルグランヴィア京都15F「ラ・フルール」に連れて行ってもらい、フランス料理を食べたそうです。
この方は祇園祭のお世話もしているようで、停止中の山車に乗せてもらったこともあります。
軽いコースだったけど安かったみたいよとのこと。
ウェブサイトで調べると、「2800円ランチコース」というのがあったので、これだと思われる。

同じビルにある「京都劇場」に移動し、劇団四季・京都公演・13:00開演ミュージカル「美女と野獣」を楽しみ、その後役員だけで歩いて5分ほどの「カフェダイニング「fleur」京都駅前店」に行ったそうです。

3段のパンケーキがふわふわで、アイスクリームやシロップなどがついて、お腹いっぱいになったそうです。
でも混んでおり、待ち時間トータル1.5時間だったとか、「お父さんなら、絶対帰るわ。私だって帰るけど、今まで食べた中でダントツNo1の美味しさだったわ」と興奮気味です。

21時になリ、家内がおやすみで、僕は風呂に入りおやすみしました。

2/19・琵琶湖

家内が仕事関係の婦人会で、劇団四季ミュージカル京都公演「美女と野獣」を観に行きます。
「観劇後、役員会があるから帰りが遅くなると思うの。うどんぐらいだったら出来るけど、どこかで夕食食べてきてね」と言われました。

ツーリンググループの淡路島ツーリングがありましたが、参加人数が多いし、終日バイクツーリングはまだ寒いかなと思いパス。
コーチしてる大学ヨット部の練習に参加することにしました。
8時出艇です。

バイクで行く予定でいました。
4時過ぎに目を覚まし、あれこれゴソゴソして、用意して5:30に階下に降り、着替えだしていると、「お餅、食べていく?」と家内から。
「うん」、途中でバナナでも買い、いつものようにハーバーで朝食と思っていましたが出鼻をくじかれました。
ゆったりモードになってしまい、TV見ながら焼き餅醤油と海苔で食べました。

6時になってしまった。
まだ十分間に合うけど、バイク装束に着替えて、バイク出して・・・と考えていると面倒になり、自然にカッパを着ていました。
「楽な車で行こっと」

中国道に豊中ICから乗り、名神にチェンジし、桂PAでおトイレ。
女子マネさんにお菓子のお土産と思っていたら、売店は開店前でした。
京都東ICで下車し、湖西道路に乗り「皇子山ランプ」下車。
JR大津京駅横を通り、ハーバに着きました。

艇庫前で、部員が艤装しています。
キャプテンと状況を話します。
課題として上げていた強風セイリングへの取り組みを聞き、毎朝10分のトレーニング方法を伝えることにしました。

女子マネさん達も全員揃い、良い雰囲気です。
コーチボートに荷物を起き準備していると、女子マネさんがウォータークーラーを持ってやってきて、「温かいお茶です」とコップに注いでくれました。
夏の冷たい麦茶にくわえ、寒い時期も暖かいものを積むようになったようです。

8時になリ、出艇前ブリーフィング。
学生時代にやっていた腕立て伏せ・腹筋・サーキットトレーニング・握力増強トレーニングを伝えました。
必ず、いつもやってるストレッチング・柔軟運動後にするように言う。

ストレッチ係の1回生N君に先に教えていたので、見本をしてもらいました。
時間のある時は、もも上げ・スクワット・背筋も加えます。
短縮バージョン5分、ロングバージョンでも10分ですが、毎日やっていると相当筋力がつきます。

20170219BiwaS005s.jpg
出艇すると、気持の良い湖面が広がり、大津プリンスホテル・大津港・比叡山・・・と見渡せます。
20170219BiwaS011s.jpg 白く見えるはずの比良山系は雲で隠れ残念です。

スナイプ級を追いかけ、いろいろアドバイスします。
スタート練習やショートコースのレース練習で成績をつけます。
途中で、先週買ったまま車に入れっぱなしのアンカーのことを思い出し、コーチボートに乗っていた1回生・M君に「忘れると思うから、言ってね」と伝えます。

12時にハーバーバックし、午前中気付いたことをブリーフィングした後、合宿所に戻り、お昼ごはんです。
とても美味い。
再びハーバーに戻り、Mくんから「アンカーを・・・」と教えてもらい、車に取りに行きます。
出艇前ブリーフィングで、新しいレスキューアンカーのことを話します。

昨年の琵琶湖周航で、北湖で使った時根掛かりして、どうしても外せず、あえなく湖底の露と消えました。
それから、緊急用のでかいアンカーを使っているのですが、重すぎて女子マネ1人では上がりません。
コーチング活動が低下するので気になっていました。
あ~また持ち出しだ。
まあ、学生が貧乏が通り相場なので、僕もOBから「ゴチ」していたので順繰りです。

午後の練習は、風速が上がり、N・6~8m/sで楽しそう。
20170219BiwaS023s.jpg
20170219BiwaS025s.jpg比良山系も白い山容を見せ、湖東の向こうに見える鈴鹿山系も白い。
琵琶湖大橋の右向こうに見えるのは伊吹山かも知れない。
20170219BiwaS034s.jpg 澄んだ冬の空気なので、遠くまで見通せ、琵琶湖大橋のはるか向こうに湖北の山までかすかに見えます。
みんな白くて、素敵です。

午後は、470チームを追いかけます。
次男に続きクラブ2人目のジュニアヨット出身者の1回生・I君のセイルセッティングが、ナイスでした。
20170219BiwaS022s.jpg 僕の強風セイリング・セッティングに似ています。
きっと速いだろうと見ていると、3回生エースを凌駕するスピードと登り角度で、集団から抜け出ていきます。
でも、彼の足元を見ると、なんと「裸足」・・・2月の屋外、しかも水がバンバン掛かるヨットの上で・・・ありえないバカです。
因みに、室内の艇庫では靴下を履いています・・・感覚がわからないわ。

ドライブする女子マネさんをもっと接近するよう促し、別の女子マネさんにビデオに撮るよう言います。
バウ(舳先)に行き、ビデオの横でセッティングポイントと、ハンドリングポイントを解説します。

合宿所でゆっくり見てもらおう。明らかにメインセイルのリーチをきつく張り、他艇とシルエットが違います。
何度も口酸っぱく「強風はバングをきつく」とアドバイスしているのに、みんな甘かったです。

 しかし、バングがキツイままランニングレグに入ったので、風が抜けていません。
ボートからマイクで「バング抜いた?」
ランニングでバングを緩め、クローズで入れることをアドバイスする。

この風ではパンピングOKフラッグが上がるのに、みんな何もせずに走っている。
ボートから「パンピングせよ」とアドバイスし、俄然やり始める。
今は闇雲にやって、効果的なパンピングのタイミングを掴んでもらおう。
これは感覚なので、自分で体得する以外に方法がありません。

強風のクローズホールドは、ブームセンターとメインセイルリーチをきつく張ることです。
あとはマストプラーのコントロール。
フルセイル・フルハイクアウトで走れる間は、マストプラーを極限まで入れ、マスト下部が曲がらないようにします。
バングのテンションがマストトップに集中し、メインセイル上部だけ、リーチが開きます。

次々にターゲットを変え、真後ろについてアドバイスします。
1艇強風セッティング出来ない艇があり、腕の問題ではなくマテリアルの問題でスピードについていけません。

後半は、じっくり経験するだけなので、ただ後ろについてプッシュするだけで、無言の圧力を掛けます。
僕は飛沫の掛からないドライバーの横に入り見ているだけです。
ドライブする1回生女子マネさんは、最初怖くて近づけなかったのですが、慣れてきたのか果敢に接近戦に挑んでいます。

16:30にハーバーバックします。
470各艇ペアにアドバイスします。
強風セッティングできない船に、システム変更した方が良いとアドバイスし、上回生にも伝えます。

「早稲田が強風下でも、メインリーチの上だけを開いて楽にセイリングしているのは何故か?」の質問がありました。
マストのプリベンド・バング・ブライダル・マストプラーの話をしました。

車に戻ります。
柳ヶ崎ヨットハーバー7:18~17:18・650円-ハーバー利用値引き350円=300円。
合宿所に戻り、ミーティングで出すポイントをプレートに書きます。
船を片付けて戻ってくる部員達とどうでも良い話で笑い合い、18時からミーティング。
いろいろ気付いたことを話し、部員に共有させます。

2/18・ストーム

アメリカ東海岸に住む長男のお嫁さんから、近況とグーグルドライブ経由で写真・ビデオが届きました。
時差が13時間あるので、たいてい夜送信するから、朝のメールチェックで受信されます。
自室からPCを持って、1F台所に降り、朝食と僕のお弁当を作ってくれている家内と一緒に見ようと、食卓に置きます。
「ねえ、ねえ」って、僕から邪魔が入り、家内にとってはいい迷惑です。

IMG_2094s.jpg 先週、ストーム予報が出て、会社もプリスクールもお休みになった日があったそうです。
ストームがくると家から全く出れなくなると聞き、スーパーに行くと、生鮮食品が売り切れていたそうです。

日本の台風と同じような感じになるだろうと構えていましたが、たいしたことなく積もった雪で外遊びしたそうです。
IMG_2111s.jpg 長男が裏庭で孫のりょうくん・4才と雪遊びしている写真があります。
リビングから裏の森を写した写真を見て、リビング裏は塀を隔ててすぐ森だと思っていたら、十分な遊びスペースの庭が塀までの間にあるようです。

IMG_2120s.jpg 週末はプリンストンの中心部にある広場にある坂で、長男・りょうくん・こうくん10ヶ月で、ソリ遊びもしています。
IMG_2145s.jpg プラスチックそりですが、アメリカンサイズなのか少し日本のものより大きく、親子余裕で乗っています。

IMG_2158s.jpg 長男やりょうくんの笑い声のビデオが楽しそうです。
家内が、「笑い声はりょうくん(4才)?」と聞いてきたので、「いいや、こうくん(10ヶ月)」と答えると、「え~そっくりの声ね」と。
子供が4歳になり、最高のおもちゃを手に入れ、長男が最も楽しそうです。
どの時間帯に行ったのか不明ですが、中心部の広い公園なのに、他所の人は誰も写っていません。
向こうの方は、雪を見ても、家族とはしゃがないのだろうか?

IMG_2204s.jpg こうくんは、つかまり立ちが出来るようになり、ハイハイのスピードが速くなったようで、目を離すと遠くで悪さをしているようです。

りょうくんのプリスクールでの写真もありました。
IMG_2224s.jpg
まとまった文章で英語が出てくるようになり、超高速で英語に馴染んでいるようです。
IMG_2218s.jpg
同年代のお友達がたくさんいるプリスクールは、広いプレイルームも充実しており、遊具もいっぱいでとても楽しいようで、毎朝「早くスクールに行きたい」とウキウキして起きてくるので助かっているそうです。

IMG_2225s.jpg
そう言えば、1才から保育園に通った長男も、行くのを嫌がったのは、最初の1週間だけでした。
朝保育園の玄関で僕と別れる時泣いたのも、3日ぐらいだったかな。
1才前から通った次男は、知能も未発達で長男と一緒だから初めから泣きもしませんでした。
そこで慣れたのか、小学校に入っても学校が好きで、2人共リーダー的に友達を引き連れる感じになりました。

IMG_2228s.jpg
こんな経験があるから、「小さな頃から、保育園に通わせるのはかわいそう」という意見には、「違うよ」と思っています。
IMG_2229s.jpg
毎日、家で親と生活するのだから、日中親がいなくても、子供はすぐに慣れ、集団の中でたくましく成長していきます。

それと、こうくんの顔が少し成長しており、お兄ちゃんに似てきました。
おお~さすが兄弟。
そんなこんなを、お三どんに忙しい家内に向かって言い、お邪魔虫な朝でした。

2/18・日本車がいいと思うけど・・・

庭に植えた「すみれ」の写真を次男とお嫁さんに送ったところ、珍しく次男から返信が来ました。
長男一家・次男一家・我が家の全員がメーリングリストに入り、毎週のようにそれぞれの家庭の出来事を交換しあって情報共有している。

血縁というものは、いざという時の互助会であるけれど、相互不信になれば赤の他人にはなれないので、憎悪の敵対関係にもなる。
そうならないためには、いいこともそうでないことも情報共有して、互いに会話をしておくことが大事だと思う。
インターネットというツールの発達で、億劫だった電話や手紙より、ずっと密に簡単に互いの時間を合わせずに情報交換できるようになった。
息子たちは、弟の子や義理姉の子達・従兄弟とフェイスブックで繋がり、従兄弟は私達親以上にうちの子の現在を知っている。

メーリングリストの返信者は、我が家は僕、息子たちのとこはお嫁さんがほとんどです。
次男から返信があり、「何かな?」と読むと、お嫁さんのスバル車のことでした。
この春車検で、調子が悪くなっているので買い換えようと思ってるので、相談を受けていました。

僕は、学生時代のブルーバードSSS~スカイラインに乗り換えましたが、長男が生まれた時、セダンの後部座席では落ちて危ないので、使い勝手の良いブルーバード・バンに乗り換えました。
次男が誕生し、弟や両親を乗せることも考え、ハイエースワゴンに乗り換えました。

これが当たりで、荷物はいくらでも載せられます。
運転席が高いので、腰に負担がかかる乗用車の足を伸ばした運転姿勢から、楽なベンチ座りになりました。
高い運転席により前方まで見通せます。
大学ヨット部の遠征で、トラックを借りてレース艇を荷台に載せて運転していたので、トラックの運転が楽なのは経験済みです。

これで長距離運転も平気になりました。
以降、ホーミー・キャラバン・キャラバンと、ワンボックスワゴン車を乗り継いでいます。
次男もお嫁さんの両親との3世代同居を決心したので、8人乗れるワゴンを勧めました。
私の車を運転することもあり、楽なのを知っているはずです。

でも8km/Lほどしか走らない燃費がネックのようでした。
お嫁さんの妹の旦那さんの弟がスバルにお勤めなので、スバルのSUVに買い替えすると先日言っていましたが、アウディに宗旨変えしたそうです。

次男が設計している本社が完成したら、駅隣接立地だから電車通勤にするそうで、車通勤の必要がなくなるそうです。
次の車検で次男の車を処分し、所有車を1台に減らすそうです。
その頃には、お嫁さんの実家を二世帯住宅に建て替え一緒に住みだすから、実家の車も当てにしているようです。

向こうのお父さんは車が趣味で、日頃奥さんが使っている国産実用車の他に遊び車を持っています。
現在はメルセデスのツーシーターですが、その前はBMWで、最後はポルシェに乗り換えて人生を終えるそうです。

我が家はずっと日本車嗜好で来ました。
親父はマツダ~日産で、僕は学生時代の日産に始まり~トヨタ~日産です。
長男は学生時代の日産~トヨタから~マツダ~現在GM・Jeep、次男は学生時代のトヨタから~日産できました。

長男はアメリカに住むようになったので、向こうの国産車・GMになっただけですが、次男は、向こうのお父さんに感化され、外車へのハードルが低くなったのかもしれません。
というより、まだアウディに乗ったことがない向こうのお父さんからのプッシュがあったのかも・・・
トヨタ・日産をほぼ故障無しで過ごしてきたけど、優秀なドイツ車と言えど、日本車の故障率を下回ることはなさそう、本当に買うのかな?

以前は、ご近所の目もあり外車を持つことは勇気がいることでしたが、最近は日本車と価格が変わらなくなり所有しやすくなりました。
お金持ちの義理兄も、周囲の目を気にしてか、トヨタクラウンから離れません。
もう60才を越えているので、乗ってるクラウンを最後に、車無し生活にするそうです。

デザイン以外は、日本車の方が、販売・メンテナンス網、修理日数・金額、故障の少なさなど上だと思うんだけどなあ。
僕は、日本で暮らすなら日本車が一番だと思っています。

僕は機能性重視だからデザインで車を選ばないが、かっこいい高級乗用車がいいなら、レクサスでいいと思うけど。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR