7/9・大津&ヨット部練習

R161を浜大津に向け更に下り、r47にチェンジ。
京阪電鉄・石山坂本線が路面電車になっている。

6:44、琵琶湖疏水取水口。 20170709SemiS046s.jpg ここから大津港に掛けてのこの周辺は、大津城址ですが、面影は殆ど残っていません。
関ヶ原の戦いの時、豊臣秀頼の母・淀君の妹・初の夫・京極高次は、徳川方として籠城し、毛利軍15000を7日間釘付けにして敗戦開城した。
結果的には負けましたが、その翌日の「関が原の戦い」に毛利軍は参戦できず、東軍の勝利に大いに貢献した。

20170709SemiS049s.jpg 明治時代の大土木工事「琵琶湖疏水」の取水口はここで、ここから京都までの水路が開かれました。
東山にトンネルが掘られ、今見てもとても越えられそうにない東山を抜きました。
東大学生時代にこの大工事の論文を書いた田辺朔郎青年(21才)を抜擢し、工事責任者となりました。
水運とともに日本初の水力発電、この発電を利用した日本初の営業電車を走らせるなど、画期的な事業でした。

R161に出て、6:53「大津松山町セブンイレブン」で、「プレミアムフレッシュバナナ213円」と「伊藤園ミネラル麦茶151円」を購入。
ヨットハーバー駐車場に入れ、ハーバー桟橋で朝食としてバナナを2本食べました。

ヨット部員たちがやってきて、みんなに挨拶。
あまりに風が弱く、午前中は1回生の2人乗りヨット470級とスナイプ級の試乗会になりました。
入部してからずっと、1人乗りで練習してきました。
1回生が本格的にレース艇に乗り出すのは秋からですが、その前に1人で何処にでも行けるスキルを磨いておくために、助けの全くない1人乗りで練習します。
1週間後の週末に九州博多で開催される定期戦に出場する時、2つのクラスに別れて臨むためです。

20170709SemiS093s.jpg 体操・ブリーフィング後、8:15に出艇しました。
僕は、コーチボートに乗ります。
レギュラー主力メンバーは、陸で来週のレースに向けての準備と整備です。
1人1時間で両クラスに乗ります。
20170709SemiS133s.jpg どちらに乗りたいか既に決めている子が多いと思いますが、最後の確認です。
女子プレイヤーが2名入部しており、彼女たちがトラピーズハーネスを着けるのを手伝いましたが、フィットベルトをみんなミニマムに締めないと身体にフィットしません。
20170709SemiS146s.jpg 「細いなあ」と、2回生以上の女の子には言うのですが、まだ数度しか面識がないのでセクハラになるかもしれないのでここは自重です。
ちょっと役得しちゃいました。

12時にハーバーバックし、合宿所に帰って昼食です。
「冷やしうどん」が美味い。
総勢60名の食事を女子マネさん3人ほどで作っています。
午後は、海上チームのマネさんと交代になり、2チームで裏方をしてくれています。
選手からメニュー希望をアンケートしながら、量の多い栄養たっぷりの食事を作ってくれています。
家庭の母親同様、頭が上がりませんね。

午後は13:15出艇です。
20170709SemiS150s.jpg 1回生は1人乗り練習に戻り、主力メンバーの練習です。
午後は雷雨予報が出ており、天気予報をチェックしながらの練習になりました。

20170709SemiS173s.jpg スナイプ級と470級を交互にサポートします。
風が2m/sほどまでしか上がらず、スタート練習・レース練習をして、滋賀県南部から雷鳴が聞こえるようになり、15:30に練習を切り上げました。

曳航してハーバーバックし、僕は合宿所に引き上げます。
6:56~16:21、駐車料金300円。
書類棚を洗っていると、怪しい低い黒雲が南から覆ってきました。
余裕はあと15分かな?
ハーバーで片付けをしているメンバーはまだ帰ってきていないので、雨に降られそう。

合宿所前の湖面で練習し、既に片付けを終えている1回生を捕まえ、棚とコルクボード、マグネット・ホワイトボードを下ろしたところでポツポツ来ました。
片付けを終えたメンバーが次々に帰って来ましたが、強風が吹き出し、気温が下がり土砂降りの雨になりました。
スポンサーサイト

7/9・関蝉丸神社下社

コーチしている大学ヨット部の練習に参加します。
地元伊丹市の天気予報は、14時を中心に一時雨ですが、大津市の天気予報は朝9~20時まで雨です。
バイクで行く予定にしていましたが微妙。

朝4時前に目を覚まし、しばらくあれやこれや。
5時になり行動開始し、5:32出発。

結局4輪で行くことになりました。
まだ雨が降っていないのでバイクでも平気なのですが、ヨット部に寄付する書類棚・コルクボード・マグネット格子ライン入りホワイトボードを4輪に積んだままだったことを思い出したからです。

中央縦貫で吹田まで走り、名神に乗り、6:09桂PA着。
トイレを済ませ、京都東ICで下車し、R1を大津に向けて走ります。
逢坂峠を超え、R161に乗り換え、6:27「関蝉丸神社・下社」着。
先月「上社」を訪問した時、山側の道を探索し、見つけられませんでした。

20170709SemiS003s.jpg 「逢坂1丁目北」と言う住所です。
20170709SemiS004s.jpg 社名とともに「音曲芸道祖神」と彫られた石柱が立っています。
参拝路に京阪電車の踏切があり、京阪電車が横切っています。

その手前に、「関清水大明神」と彫られた灯籠が立ってる。
湧水が湧き、地域の方に利用されていた名残りでしょう。
踏切名はズバリ「蝉丸神社踏切」となっています。

20170709SemiS008s.jpg 踏切を渡ると石鳥居が立ち、境内舞台の向こうに本殿が見えます。
右手の手水舎は、手入れされていないまま放置状態です。
蝉丸神社はよく手入れされている印象でしたのに、関蝉丸神社はイマイチになり、ここは放置。
この差は何なのだろう。
境内の家?元宮司さんの家の屋根にはブルーシートが掛けられ無住の感じがします。

20170709SemiS016s.jpg 参道脇に、「せきの志三川」と彫られた石柱が立ち、石柱玉垣に囲われた井があります。
上に小さな祠が乗っている。
どうやらここが「関清水大明神」のようです。
湧水を大切に守っている感じがします。
現状はと覗くと、石組みが湿っているものの、湧水は貯まっていません。

摂社に「貴舩神社」があり、舞台を見ると、絵馬殿にも利用されていました。
倉庫がある。
蝉丸神社訪問日は、祭り1週間前で、虫干しで倉庫が開かれており、お宝の金ピカ神輿や、琵琶を拝見できましたが、この中にもお宝が眠っていそう。

20170709SemiS030s.jpg 本殿の屋根にも築地塀にもブルーシートが掛かり、とても残念な状態です。
きっと地元の氏子方は資金集めに奔走しておられるでしょう。
我が家も地元氏宮本殿修理に寄進し、玉垣に名前を刻んでもらいました。
阪神淡路大震災修復にも寄進したような覚えがあります。
蝉丸神社は3社あるので、維持管理に多額の費用が必要でしょう。

教科書に載るような有名な盲目の琵琶法師・蝉丸を祀る全国区の神社ですから、行政の支援があっても良さそうなのに・・・大津市にとっても貴重な観光資源でしょうに。

因みに、蝉丸神社が蝉丸が住んだ所で、蝉丸さんを祀っています。
関蝉丸神社・上社は猿田彦命で、下社は豊玉姫命を祀っています。

『謡曲「蝉丸」と関蝉丸神社 幼少から盲目の延喜帝第4皇子・蝉丸の宮を侍臣に頼み、僧形にして逢坂山にお捨てになった。この世で前世の罪業の償いをすることが、未来への助けになるとあきらめた宮も、孤独の身の上を琵琶で慰めていた。
一方延喜帝第3皇女・逆髪の宮も、前世の業因強く、遠くの果まで歩き回る狂人となって逢坂山まで来てしまった。美しい琵琶の音に引かれ偶然弟の宮・蝉丸と再会し、2人は互いの定めなき運命を宿縁の因果と嘆き合い、姉宮は心を残しながら別れていく。と言う今昔物語を出展とした名曲が謡曲「蝉丸」である。
蝉丸宮を関明神祠と合祀のことは定かでないが、冷泉天皇の頃、日本国中の音曲諸芸道の神と勅し、当神社の免許を受けることにされた。 /謡曲史跡保存会』

延喜帝は、延喜式で有名な延喜年号の帝・醍醐天皇のことです。
本殿横に、石灯籠があります。

20170709SemiS037s.jpg 『重要文化財 工芸品・石灯籠(時雨灯籠) 六角形の基礎に単弁の蓮華座を彫り、その上に立つ竿の中ほどに蓮華と珠紋帯を作り、六角形の中台には花入単弁の蓮華が彫られている。六角形の火袋は簡素なもので、火口1ヶ所と小さな丸窓を設け、壁面も上部だけ連子を彫っている。六角形の笠も薄く、蕨手はよく古式をとどめている。最上部の宝珠と請花は後補。
作成年代を示す銘文はないが、様式上鎌倉時代の特色を持った良い石灯籠』


7/7・映画館デビュー、海水浴

長男のお嫁さんから、メールが届きました。
家内のサイクリングムービーが、「アクティブでスピード出てて凄い、うちの両親にも見習って欲しい」と褒められました。
でもお嫁さんのお母さんは、スイミングを毎週続けておられ、家内よりずっとアクティブです。
お嫁さんも中高と水泳部だったので、家内とは大違いのスポーツウーマンです。

こうくんを抱っこしてて、上半身の筋力不足を感じ、ジムに入会したそうです。
友達の子を見て、「男の子のママは体力勝負」と感じているようです。
家内は2人姉妹の次女で、男の子を2人授かり、「なんでこんなに暴れるの」とビックリしていました。
僕からすれば普通なのですが、男兄弟がいないので異次元だったようです。
お嫁さんも3人姉妹の長女です。

ジムは、1日2時間までこうくん1才を無料で預かってくれるので、その間エアロビやヨガのクラスに参加していているようです。
運動しながらモニターでチャイルドルームのこうくんの様子が見れ、安心だそうです。
それでも気になって、1時間が限界のようです。
こうくんは、4日目から少し慣れたようで、5分で泣き止んだら、あとはケロっとしてお兄さんに抱っこされているようです。

りょうくん4才のように、他のお友達と遊んでいられるようになれば、私もリラックスして運動できるのに・・・と書いてあります。
子供はすぐ慣れちゃうから、あと少し我慢したら、2時間ジムで運動出来るでしょう。

次男のお嫁さんは、「私も行こうかな~」と思ってたそうで、羨ましがっていました。
僕同様、長男のお嫁さんもすみれちゃんがとても可愛いようで、子供服を見るとすみれちゃんに着せたいなぁ~と思ってるそうです。
男の子と違い、女の子の服が可愛く見えるようです。
やはり女の子の視点は僕と違うようです。
近くのプリンストン大学のロゴが入ったTシャツなどを、アメリカからすみれちゃん用に送っています。

グーグルドライブに、写真やビデオをアップしてくれています。
週末ごとにお出かけし、「住んでいるコミュニティの無料プライベートプール」「車で45分の海」「ペンシルベニア州に期間限定でやってきた機関車トーマス乗車」「他の家族とのブルーベリー狩り」「フィラデルフィア観光」。

そして、「遼くんのゴルフデビュー」
子供用パターを買って、毎日パパと自宅で練習しているようです。
パパと2人で映画館に行き、「カーズ3」で映画館デビューしたそうです。
とても良かったようで、カーズのおもちゃを使い映画のシーンを毎日再現しているそうです。
家内は、「英語版だよね、わかったのかな?凄いわ」だって。

20170707Yuki030s.jpg 写真を見ると、「ニュージャージー州の海だから、どうせ空いているだろう」と思ったら、「須磨海岸?」と思うほど人がいました。
20170707Yuki028s.jpg 海岸線をマクドナルドの宣伝幟を引っ張って、セスナが飛んでいます。
りょうくんは、少し年上の白人の少年と遊んでいます。
社交的だから、何処に行ってもすぐ友達を作ります。
20170707Yuki050s.jpg 20170707Yuki052s.jpg 20170707Yuki064s.jpg 20170707Yuki072s.jpg 僕は横のビキニの少女の方に視線が行くけど・・・。

20170707Yuki009s.jpg フィラデルフィアの古い建築物が素晴らしい。
20170707Yuki019s.jpg トーマスが窓のないトロッコ車両を引いており、家族全員の写真を一緒に行った会社の日本人先輩の奥さんに撮ってもらったようです。
兄弟のお揃いの服がいいな。

20170707Yuki027s.jpg 子供用手回し車両があり、りょうくんが頑張っています。
20170707Yuki034s.jpg 20170707Yuki057s.jpg 20170707Yuki065s.jpg 煙を吐いて走るトーマスがいい。
りょうくんが友達と腕に入れ墨シールを貼ってもらっています。
こんなコーナーも出るのですね。
りょうくんはマイサングラスで決まっています。
これもアメリカンだわ。

20170707Yuki014s.jpg 「ブルーベリー狩り」は、農業祭や樅の木を買った同じ農園かもしれません。
20170707Yuki023s.jpg トラクター(りょうくんだけで乗っているので、不動車両でしょう)を運転しています。
馬や羊もいます。
長男一家もみんな笑顔で、週末に家族でアチコチに出かけて楽しそう。
お嫁さんたちや孫達の笑顔を見る度、僕ら夫婦の子育てに合格点を貰っているようで、と
ても幸せな気持ちになります。

7/6・すみれちゃんとお嫁さん、TV出演

次男のお嫁さんから、「ニュース・エブリー・お天気コーナー」の報告が届きました。
IMG_7428s.jpg
お友達と3人で「そらジローのなりきりロンパース」を着ていたので、「木原さんにそらジローカラーが目立つね!と言ってもらえ、映ったのは一瞬でしたが、いい思い出になりました」とのことです。

添付写真を見ると、頭に花飾りをし、目立つ黄色のロンパースに身を包み、ニコニコしています。
IMG_7431s.jpg 日本テレビ前の場所なのか、警備員さんが写ってる小さな芝生で、3人のチビちゃんがスタンバイしています。

メールには、「木原実&そらジローのお天気コーナー」のURLが添付されており、クリックするとカレンダーの該当日写真の中央に2人が写っていました。
3人並んでお揃いのロンパースだったので、目玉写真に採用されたようです。

IMG_7454s.jpg それをクリックすると、番組の様子が流れました。
IMG_7456s.jpg 「おお~、写ってる~。お嫁さん、美人だわ~」。
短かったですが、バッチリ動画で写り、家内と2人で「主役だ~」と脳天気にはしゃぎました。
アメリカの長男夫婦とも共有しているメールなのも、向こうでも見れるでしょう。

IMG_7424s.jpg オチビさんは、オールマイティーの最強素材です。
我が子を出汁に、大いに親が楽しんでほしい。
本人は、「なんのこっちゃ?」だね。

僕も、次男がジュニアヨット時代、全日本選手権出場というネタで地元FM局に売り込みました。
ヨットのことなんてキャスターは知らないので、ヨットが風だけで走る原理やレース概要をレポートにし、質問とその模範解答もレシピにして持ち込みました。
百田尚樹さんと同じ放送作家みたい・・・

地元の子供ネタなのですぐに食いつき、選手たち4~5人とFM出演させました。
ついでに僕もコーチとして出演させてもらいました。
というより、僕が出演しないとFM局側も困ります。

その後もジュニアヨットネタで出演依頼があり、数度出演しました。
仕事の方でも出演依頼を受け、そちらでも出演しました。
これに気を良くし、ナショナルチーム入りしたので、国際レース出場ネタで市長室に売り込んだこともあります。
飛び込み営業でしたが、対応してくれた秘書さんがむしろ喜び、この時は国際レースに出場しない選手も含め10名ほどで市長室に呼ばれ、市長さんと直接話をする機会を子供たちに提供できました。
この時もついでに僕もおしゃべりさせてもらいました。

僕が大学ヨット部時代、国体に出場した時、先代市長さんに請われて作ったジュニアクラブだったので、市としてもいいネタになったでしょう。
子供時代のこういう経験はプライスレスです。
その時は「分けわかんなく」ても、大人になると親の行動が見えてきて、良い親に育てられたなと思うようになり、自分の子にもプライスレスな経験をさせてあげようと思うものです。
サンタクロースが、世代を繋いで多くの親の心の中に生き続けるのと同じです。

次男は、お嫁さんにそういう気持ちで接して来ただろうし、お嫁さんからこの話を聞いた時、二つ返事で「行っといで」と賛成したはずです。
家内も僕の行動を相談した時、「それいいわ、やったげて」と大賛成してくれました。
こういう家庭で育った子は幸せです。
どんどん伝染して、1つでも多くの家庭が笑いに包まれるといいなと思います。

土曜の夜、いつも楽しみに見ているNHK・ETV「すくすく子育て」にも出演して欲しいなあ~
子育ての悩みなんてなくても、適当に演技すればいいし・・・

7/4・もうすぐ歩き出すかも?

僕ら夫婦の「USJを目指せサイクリング」の写真とビデオを家族メーリングリストに投稿したら、次男のお嫁さんからメールが届きました。

関東の小京都「川越」に行ってきたそうです。
蔵造りの町並みをゆっくり散策して、足湯カフェで休憩し、帰りに氷川神社に立ち寄り家族の健康を祈願したようです。
僕同様神社好きで、何処に行っても神社に立ち寄っています。
次男も好きだし、お嫁さんも御朱印帳を持ち歩いているくらいなので、目的地に神社も入れているのでしょう。
神前結婚式を挙げたぐらいだから・・・

IMG_6736s.jpg たくさんの風鈴を「きれいだなぁー」と眺めるすみれちゃんが可愛かったそうです。
IMG_6808s.jpg 次男に抱っこされながら風鈴シャワーの下をくぐるすみれちゃんの笑顔がいい。
夫婦で足湯に浸かってる次男の足の上に乗りながら、すみれちゃんが「アウアウ」言ってる。
IMG_6821s.jpg 足湯に浸かりながら、サイダーと素麺を食べてる。
涼しいのか、温かいのか・・・

出石のような鐘撞き塔があり、家内が「出石みたい」と喜んでいます。
立てるようになったので、ちょっとお姉さんのミニスカート・ワンピースを着て、ソック
ス付き靴を履いています。

よく見る顔のお友達とプレイルームで遊んでいます。
ベビーフォト教室のお友達かな?
IMG_7269s.jpg 芝生のお庭でお友達がプールに入ってる。
お嫁さんの実家のようにも見えるし、別のお宅のようにも見えます。

タッチして、両親に「パチパチして」と促され、パチパチしています。
名前を呼ばれると振り返り、言葉が少し理解できるようになってきたようです。
笑顔に次男とお嫁さんはメロメロのようで、幸せな家族100点満点です。

翌日、ママ友と一緒に、日本テレビ(夕方から放送)エブリーの木原さんのお天気コーナーに出るため、汐留まで行くそうです。
そらジローのTシャツを着たすみれちゃんとお嫁さんが一瞬映るかもしれないので、関西でも見れるなら・・・」とありました。

早速調べました。
関東で夕方16時から19時までやってる情報番組でしたが、関西ではフルで放送しておらず、「情報番組Ten」という同じ時間帯の番組内で20分ほど放送していました。

天気予報コーナーでは、関西エリアの天気予報に差し替えされるはずなので、流れそうにありません。
すぐに、「こっちでは流れないようだから、ビデオ取って送って」とお嫁さんにメールしました。
きっと実家でも自宅でも録画するでしょう。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR