1/17・阪神大震災 & バースデー

22年前、阪神淡路大震災が起きました。
我が家も震度6を経験し、大きな被害を受けました。
でも職場の片付け、自宅の片付け、インフラが止まっている間両親を含め6人で役割分担した経験は、大きな財産になりました。
振動が収まった直後の暗い静寂の中、長男の「みんな生きてる?」の言葉が今でも蘇ります。
あの一声から、我が家は再生へ舵を切りました。

毎年、市内の公園で行われるローソク慰霊に参加していましたが、日曜日からの雪・低温で夜明け前にバイクで走るのは危険と思い、自宅で仏壇に手を合わせるのみでした。

------
この日は、初孫・りょうくんの誕生日でもあります。
4年前、新幹線内の長男から、お嫁さんの破水があったと連絡を受け、緊張しました。
でもすぐに生まれず翌日に持ち越しちゃいました。
東京から急遽お嫁さんの実家・新潟に向かい、サポートに入った長男から、「まだ生まれないんだ」との連絡を受け、更に次の日の1/17に生まれるんじゃないかと頭に浮かびました。

お嫁さんの妹さんが看護師&助産士として勤務する産婦人科の妊婦室はホテルの1室のような個室で、長男はお嫁さんと同じ部屋に2泊しました。
予想通り、1/17に誕生し、あの震災で亡くなった多くの人の霊を感じました。

子宮の収縮を促す陣痛促進剤というお薬があります。
2人の息子、3人の孫ともに、お世話になったことはありませんが、2人の息子の時、「大丈夫なのか?」と思ったことがあります。

僕が家内好き故、つい妊娠中なのに・・・ややこしいことをしちゃって、子宮が石のようにカチンコチンになりました。
「やばい、流産しちゃうかも?」と本気で心配しお腹を擦っていたら、元に戻りました。
びっくりしたけど、「大丈夫そうだな」と・・・つい・・・また・・・僕は母体・胎児虐待してたのだろうか・・・
長男が生まれてきた時は、「起こってないだろうか?」なんて、ちょっと思いました。

あれは、陣痛促進剤の代わりになるのだろうか?
お医者さんにも聞けないし、お嫁さんたちにアドバイスも出来ないし、未だに永遠の謎です。
僕と家内だけの秘密です。
長年夫婦をやってくると、いろいろ秘密がありますわ。

そんなりょうくんの誕生日の様子が、お嫁さんから写真・ビデオ付きで送られてきました。


IMG_1830s.jpg
誕生日イブに、お嫁さんの手作りケーキを前に家族で祝っています。
しっかりローソクの火を消せました。
ケーキは、「おさるのジョージ」です。
お嫁さんは料理が好きで得意なので、毎年素晴らしい作品です。
1才の誕生日ケーキは、アンパンマン。
DSC08554s.jpg 2才の時は、妖怪ウォッチでした。

IMG_1820s.jpg 「ママ、りょうくんのために飾り付けありがとう」と言われ、少年に成長しているなと涙が溢れてきたそうです。

僕が小2の時、母の日にお小遣いでハンカチを買ってプレゼントしたことがあります。
その時、母親の目から涙が溢れました。
何故泣いてるのか不思議でしたが、子を持つ親になって、その感情が理解できました。
親は子供の世話をしているつもりでも、毎日それ以上の喜びを子供からもらっています。
無邪気な仕草に幸せをもらいます。

りょうくんからの感動を、素直に義理両親・義理弟夫婦に披露できるお嫁さんはいい。
こういう幸せを気軽に披露し合えるよう、僕は僕ら夫婦のラブラブな休日を惜しげもなく披露してきました。
家系として続いていって欲しい。
そして、僕は次の肉体を持って生まれてくるとき、僕の子孫に生まれたい。

IMG_1837s.jpg
横に座る弟のこうくん・9ヶ月は、ケーキを食べさせろとガン見し、グズっています。
離乳食段階なので、まだちゃんとしたものは食べられません。
お嫁さんによると、離乳食のお椀を無視し、お兄ちゃんや大人のご飯に手を伸ばすそうです。
誕生日まであと4ヶ月、りょうくんは1才の誕生日に初めてケーキを食べたので、こうくんも4ヶ月後には食べれるでしょう。

りょうくんは、初めてのケーキに「この世にこんな美味しいものがあるのか」と得も言われぬ表情を見せたので、こうくんはどんな顔をするか楽しみです。

「好事魔多し」・・・翌日(りょうくん誕生日)のプリスクールで、りょうくんは熱を出してしまい昼前のお迎えになってしまいました。
カップケーキを人数分用意し、りょうくんの誕生をプリスクールで祝ってもらう手はずだったのに、本人不在でキャンセルになっちゃいました。
日を改めて、やってくれるそうです。
その時は、お嫁さんとこうくんも参加するそうです。

お嫁さんがお迎えに行くと、別室で先生と一緒におり、自分の誕生日がなくなっちゃ事と、カップケーキが食べられなかったことで、泣いていたようです。
みんなと一緒に誕生会をすると駄々をこね、先生を困らせたようです。
覚えた英語を駆使して、抗議したことが素晴らしい。

医者に行くと、軽い中耳炎だったそうです。
それ以上にびっくりしたのが、「靴を脱いで台に上がって」とか「起き上がって口を見せて」とか、お医者さんの英語の指示を理解しており、サポートが要らなかったことだそうです。
最近は、お嫁さんの方が、英語の発音を直されることもあるようです。
お嫁さんも英語は堪能で、産休に入る前は、世界を飛び回っており、職場復帰を考え会社に籍を置いているのに・・・
まえは出産恐るべき、幼児の記憶力・理解力・聞き取り力。

寒波が去ったプリンストンは、暖かな日が続き、17℃の日もあるようです。
-10℃の日もあれば、17℃の日もあり、寒暖差がとても大きいそうです。
水温変化の少ない海に囲まれている日本は、冬が温暖なのですね。
大陸のアメリカとは、基本的なところが違うようです。

こうくんも含め既に複数回風邪に罹ってしまったようで、加湿器や水を満たした洗面器の設置をアドバイスすると、既に2台の加湿器が活躍中だけど、アメリカンサイズの家は大きく追いつかないようで、濡れタオルを室内に下げるなど更なる対応をしようと思っているそうです。
素晴らしいお嫁さんがいてくれて、長男も心強いね。
ありがたい。
スポンサーサイト

1/15・ツキノワグマ~母と子の知られざる物語

夕食を食べながら、大河ドラマ「女城主・直虎」を見て、この日4度目の風呂に入り、自室に上がり寝る体制です。
NHKで「ツキノワグマ~母と子の知られざる物語」というドキュメンタリー物を見ました。

子育て中の母子に、オスが寄ってきます。
「やばい、子供が殺される」と予想した通り、オスは子を狙い、母はオスを追っ払おうと対抗します。
でも子はオスに噛み殺されてしまいます。
厳しい自然の掟です。

自分で子孫を残せないオスは、自分の子を残そうとメスを探します。
メスが子育て中(授乳中)なら、生理が起きず受精しません。
そこでオスはまず、他所のオスの子を殺します。
授乳しなくなったメスは、生理が始まり子を宿す準備が整うので、オスはそのメスに自分の子孫を宿してもらうのです。
子を失ったメスは、憎き我が子殺しのオスにも関わらず、子孫を残すという本能に従って、オスを受け入れ子を宿します。

この自然の摂理は、現京都大学総長・元京大霊長類研究所所長・山極さんの著書を2冊読んで知りました。
ゴリラは、子殺し・妊娠・子育て・子殺し・・・の摂理そのままの生活をしているので、密林の王者であるにも関わらず、頭数が増えません。
反対に言えば、適切なテリトリーを守るため、増えないようにしています。
ゴリラは、1頭のオスを中心に数頭のメス・そのオスの遺伝子を持った数頭の子という単位で生活するので、より強いオスが出現すると子殺しも凄惨を極めます。
自然の摂理により、より強いオスの子を次世代に残しているのです。
何でもかんでも、「かわいそう」として助けようとする人間とは大違いです。

チンパンジーやニホンザルは、特定のオスの子とわかることで起きる悲劇を回避するため、主にメスの欲求から、子供の男親がわからないように集団生活・フリーセックスの生活に移行します。
種内部の子殺し発生をなくし、オスが集団で集団を守ることで、より強い敵からも集団を守り、頭数を増やし種としての勢力拡大に成功しました。

樹上能力に劣る人間は、密林での餌場獲得闘いに負け、森からサバンナとの接続部に生活の場を移します。
しかしサバンナには肉食獣が闊歩し、多種からの被害が増大し、種の存続が危ぶまれるようになりました。

ここで人間が取った肉体改造は、多産です。
毎年子を宿す多産で、多死に対抗しました。
1年で独り立ちする熊と違い、人間は1歳になっても親の庇護が必要です。
とても今まで同様の「メスが1頭の子育て担当で3~4年」ではやって行けず、メスは子育てにオスを参加させる作戦に出ます。

集団生活内に親子関係が特定される家族単位を作り、オスに「我が子」を認識させます。
これが霊長類の進化の歴史です。
ニュースで、「シングルマザー母子家庭にやってきた別の男が、前夫の子を虐待する」というのが流れますが、山極さんの本を読んで以降、オスの本能だなと理解できるようになりました。

このドキュメンタリーは、山極さん達が開発した霊長類研究方法の「餌付けではなく、適度な距離を保って自然に生活する姿を見守ることによる研究」と同じ手法です。
カメラマンが何日も何日も空振りを重ねながら、足尾の谷を粘り強く探し遠くから生体を見る手法で撮られた映像を重ねた番組でした。

こういう気長なドキュメンタリーに資金提供出来るのが、スポンサーに左右されないNHKならばこそと思いました。
色々批判はありますが、このような放送局があっていいと思う。

1/15・降雪のため都道府県対抗女子駅伝

家内が神戸でお仕事の会合&新年会です。
バイクで何処かへ・・・と思っていたのですが、土曜の夜に雪が降り、庭が雪化粧です。
表に出ると、道も白くなっており、どこにも行けそうにありません。
まずは風呂に入り、身体を温めます。

家内を駅に送ることも自重し、バス停に向かう家内を見送るだけでした。
1/15は「成人の日」ですが、雪が降ってるので、日の丸の掲揚は止めます。
仕方なくバイク倉庫に行き、先日買った『スーパーナット・バイク用12Vバッテリー充電器 BC-GM12-V(12V用)・2980円』を、「招き猫CB400SB」に繋いで充電します。

シートを外し、バッテリーの+-に付属していたケーブルを繋ぎます。
そのケーブルをシート外に出し、そこに充電器を繋ぎます。
バッテリーからのケーブルのソケット部は、水などが入らないようにしっかりしたカバーがついており、そのままにしておいても問題なしです。
ケーブルを追加購入し、「里山VTR250」用にも繋いでおきましょう。

帰宅し、風呂に入り、昼食を食べます。
雪が降ったり止んだりで、まだ出かけられません。
ヨットハーバーに行き、行方不明になってしまったクルージング艇のジブリーダーを物色メンテナンスしようと思っていたのですが、この状態ならデッキ上に雪が積もっていそうで止めにしました。

TVで「都道府県対抗女子駅伝」を見ます。
雪が降る寒いコンディションの中、可愛いお嬢さんたちが頭の上に雪を載せたまま走っています。
鉢巻も冷たそう。
でもスポーツはいいね。
僕自身体育会系だったからだろうが、「がんばれ~」って力が入ってします。
見知った京都の通りに多くの観客が取り巻き、素敵な世界を伝えてくれます。

全9区間で、1区間5kmが殆どで、8区・中学生区間が3kmで、最終9区が10kmでした。
優勝争いが大接戦で、最終9区にバトンタッチする時点で、トップ4人がほぼ横並びでタスキが渡り、アンカー勝負になりました。
地元・兵庫県がトップ4から脱落し、第2グループにも差がつけられていた岡山県のリオ・オリンピック次点選手が猛然と追い上げ、トップ京都に2秒差まで肉薄しました。
最後は、マイペースを守って余力を残していた京都がスパートし、逃げ切りました。

まだ雪が降っています。
外出を諦め、風呂に入り昼寝します。
ガチャ・・・物音で目を覚まし急いで階下に下りドアを開けようとしたら、一瞬家内の鍵の方が早く、「ただいま」と帰ってきました。
もう20時になってる・・・

神戸異人館街にあるホテル(北野倶楽部かな?)での新年会だったそうで、坂道を三宮から歩いたそうです。
レインブーツを履いていったのですが、滑らなかったそうで良かった。

1/9・アメリカ便り 雪かきと誕生日会

長男お嫁さんから、アメリカ便りが届きました。
IMG_1721s.jpg プリンストンは、ニューヨーク州の南、ハドソン川を隔てて隣接するニュージャージー州の中部・北緯40度なので、日本列島に当てはめると、秋田市や岩手県盛岡市に位置するのですが、日本よりよっぽど寒く、1月に入り連日のマイナス10℃だそうです。
晴れた日中でも、外に出れば耳や顔が寒さで痛く、15分が限界だそうです。

この日の天気予報を見たら、旭川が最高-3~最低-12℃でした。
プリンストンは、華氏26度~7度だったので、摂氏なら-2℃~-18℃です。
はぁ~旭川より寒い・・・びっくりです。
「℃=(°F-30)/2」という簡易計算方法を学びました。

新婚旅行で行った富良野スキー場の環境に住んでいるようなもので、「生きて帰ってこいよ」と祈るばかりです。
大阪平野にある伊丹なんて、真冬でも真っ白の山なんて視界に入ることがなく、日常使いなら4DWどころか、スタッドレスタイヤも必要ありません。

長男一家は会社から貸与の通勤車に加え、日頃お嫁さんが乗る用に4WD車を買いました。
4WDなので少し安心ですが、スタッドレスタイヤのことを聞きました。
そしたら、スタッドレスタイヤが売っていないということでした。
日本のタイヤの規格にはないオールシーズンタイヤが標準でついているということですが、スリップ事故車も目撃しており、慎重に運転しているそうです。

もみの木・生木のクリスマスツリーの処分はどうしているのか聞きました。
クリスマスツリーは、1月中旬に片付け、「もみの木は、・・までに出してね」という情報が回ってくるそうです。
ゴミの日に出しておくと、回収してくれるのだそうです。
お店などでは、1月を過ぎても飾ってあるそうです。

室内の寒さ対策は、北海道のようにセントラルヒーティングでポカポカだそうですが、暖炉を使いたくなってきたようです。
以前、室内の様子を携帯電話のカメラで映しながら説明してくれましたが、その時暖炉がついたお洒落な家だなと思っていたのですが、現役で使うための暖炉のようです。

IMG_1733s.jpg 年明け早々に、またプリスクールのお友達のバースデーパーティーがあり、1/17生まれのりょうくんは、「次は僕の誕生日会?」って聞いてくるそうです。
今年はみんなを呼んでのパーティーは予定しておらず、来年は頑張って準備するそう
です。

今年のりょうくんの誕生会はどうするのかな?と思ったら、プリスクールに事前に伝え、クラスメイト人数分のカップケーキを持っていくと、おやつの時間にお祝いしてくれるそうです。
親が参加してもよく、お嫁さんは弟のこうくんを連れて、一緒に加わるそうです。
日本と違い、こういうところが自由でいいね。

IMG_1736s.jpg パーティーでは、日本式のピースサインで写真に写っており、お食事テーブルではブロンド美少女に挟まれた位置を確保し、お隣さんとお喋りしています。
物怖じしない性格が長男そっくりで、たくましいです。

雪の量は日本より少ないですが、家の前をパパと一緒に雪かきしており、雪団子を毛糸の手袋で持っているところを見ると、湿雪ではなく乾雪で雪が固まりにくく、溶けて手袋から染みてくることも少なそうです。

無事に極寒の冬を乗り切れるよう、毎日神様にお願いしようと思いました。

1/8・34丁目の奇跡

せっかくのお休みなのに雨です。
お正月映画も、気になるのは観ちゃったし、冬の冷たい雨なのでバイクに乗る気にもなりません。

夜明け前に起きてゴソゴソし、家内の買い物で車を出し、用事のある家内を市内に置いて、帰宅しました。
冷蔵庫に食材を片付け、風呂に入ってから午前中なのに昼寝です。
昼頃帰ってきた家内とお喋りし、昼食を食べてまた昼寝。
怠惰な生活の典型です。
こんな休日が、年に1日ぐらいあります。

夕方に起きて階下に降りると、家内が漢字の勉強をしています。
「・・って、どんな字だったっけ?」の質問に答えられました。
家内は、アメリカに住むようになった孫に負けないように、中学英語のドリルを始めてから、お勉強モードになっているようです。
僕も、以前聞いていた英会話テープをまた聞き出そうかな?
そう言えば、英語の読み書きソフトで、毎日10分ほど勉強していた時期もありました。
PCを買い替え、OSが変わって動かなくなってから、勉強を止めてしまいました。

DVD「34丁目の奇跡」を2人で観ました。
家内は初めてだったらしく、いたく感動していました。
この映画は、りょうくん・3才が、4才になる今年のクリスマスプレゼントにしようと思っています。
去年のクリスマスプレゼントとしても考えましたが、岩波子供の絵本シリーズの「ひとまねこざる」を3冊贈りました。

岩波子供の絵本は、僕が幼児の頃、母が買ってくれた本で、シリーズ本の殆どを読んでもらった。
やがて自分で読めるようになり、愛読書第1号になった。
息子たちが生まれた時も、新たに買い直し、毎日読み聞かせた。
やがて長男は1冊丸暗記してしまい、幼児の記憶力の凄さに驚嘆した。
孫にも買うようになり、既に10冊以上プレゼントしている。
お正月に帰省した次男の第1子に、最初の1冊「ふしぎなたいこ」をプレゼントしたところです。

長男の第1子にプレゼントした「ひとまねこざる」は、アメリカの作家作だったので、アメリカのTV番組に出てきて大喜びしたということを聞いていた。
そこで、「凧をあげるひとまねこざる」「ロケットこざる」「ひとまねこざると黄色い帽子」をプレゼントした。
郵送料も1410円で高くなく、これからも気軽に贈れそうです。

「34丁目の奇跡」は、「サンタクロースは本当にいるよ」という映画ですが、なぜ「サンタクロースなんていない」と大人は言うのだろう?
目に見えないものは、いないものなのかな?
じゃあ、心に浮かぶ「こんな人になりたいな」という希望は否定されるものなの?
「この人が好きだ、ずっと一緒にいたい」とドキドキする気持ちは何?

サンタクロースは明確に存在します。
親から子へ、その子が親になり、更にその子へ・・・。
サンタクロースは、親の心の中に生き続け、永遠に不滅です。

夕食を食べ、NHK「ダーウィンが来た」で、りょうくんが好きなティラノサウルスを見ました。
来週は「丹波竜」だそうで、恐竜シリーズのようです。
NHK新大河ドラマ「女城主」を見ました。
井伊直虎の物語です。

数年前の信州ツーリングの時、明智光秀・森可成の生誕地・本拠地・城跡を巡った時寄った「岩村城」のことだと思っていたら、井伊家の本拠地の物語のようで、間違っていました。
勝手に親近感を持っている好きな森可成が登場すると思っていたら、登場はないかもしれません。
稀ではありますが、群雄割拠する戦国時代には女城主も複数存在しており、真田丸同様今後の展開が楽しみです。

その後、21時から民放の「幸せの記憶」を見た。
家内からのおすすめで、好きな女優・北川景子も出演している。
2時間の長編ドラマでしたが、とても楽しめました。
いつもなら21時過ぎに寝てしまう家内が、楽しそうに見ているのを見て、ドラマの幸せな展開同様、僕の幸せも感じました。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR