5/14・和歌山海南・有田ツーリング3 藤白神社~有間皇子墓

有間王子神社がありました。
『今から1300年以上前、孝徳天皇の皇子であった有間皇子は、皇位継承の争いの中、19才の若さで散っていった悲運の方です。政敵であった中大兄皇子が蘇我赤兄を誘い、有間皇子に天皇に謀反を起こすことを勧めました。罠にかかった皇子は、その釈明のため牟礼の湯(白浜温泉)にいる斉明天皇のところに参り、その帰路藤白坂で絞殺されました』

20170514KainanS087s.jpg 藤白王子権現というのもあります。
鶴の顔を持つ龍の彫刻が珍しい。
鬼瓦も龍のようです。
『藤白五体王子の神宮寺「中道寺」の熊野三所権現と藤代若一王子の本地仏(熊野路で唯一現存する最古の造像)を祀る。熊野本宮・阿弥陀如来坐像、熊野速玉神社・薬師如来坐像、熊野那智・千手観音坐像、藤代若一王子の十一面観音立像は、和歌山県指定文化財です。いずれも平安朝の造像です。熊野入口を護る毘沙門天と不動三尊も祀る』

20170514KainanS090s.jpg 堂内の仏は、堂内の弱い光を浴びて、平安朝の造像とは思えないほど、金色に輝いていた。

有間王子のお墓に参ります。
途中に『紫川 上流の谷の石が紫色を帯びているからとも、村崎にあるからとも言われている。万葉集に「むらさきの名高の浦・・・」と詠んだ歌があります。
ここから見える現状の紫川は、阪和道の下を流れる側溝状態でした。

藤白坂を登ります。
関電和歌山発電所の煙突が見えます。
20170514KainanS107s.jpg 8:07「有間王子」のお墓到着。
20170514KainanS112s.jpg 四角柱の墓石は当然後世のものですが、お花が手向けられています。
その後ろに、小さな石仏や長い年月を経て角が丸くなった五輪塔・三輪塔が、まとめられており、こちらにもお花が手向けられています。
この地の方々の信心を感じます。

日本人が、捕虜として内地に収容され本国に帰る前に亡くなった外国兵のために供養塔を建て参っている墓を見ます。
フィリピンなどでも、大東亜戦争で現地で散華された日本兵を供養するために供養塔を建てて、清掃などを続けてくれています。
こういう心を持つ国と仲良くしたいものです。

20170514KainanS115s.jpg 藤白神社に戻ると、境内の車がいなくなり、男たちの声がなくなっています。
巫女さんが、ブロアーで境内の落ち葉を吹き飛ばしています。
20170514KainanS120s.jpg 社務所を覗くと、「鈴木屋敷物語500円」「これが鈴木の本家300円」という小冊子が売っていました。

社務所の掲示板に、「第7回全国鈴木サミット&鈴木フォーラム」の写真が飾られています。
和歌山で鈴木と言えば、鈴木孫一が有名で、戦国時代雑賀鉄砲隊を率い、傭兵として全国で活躍しました。
種子島に鉄砲が伝来した翌年に、ここ雑賀(和歌山)で量産を始めました。
種子島を中継地として、琉球やシナと貿易していた海族の本拠地だったからです。
織田信長の友軍として活躍したこともありましたが、石山本願寺に味方し、信長を散々苦しめ、最後は信長亡き後、秀吉の雑賀攻めによって滅びます。
鈴木さんの多い地ですが、ここに鈴木発祥の家があるそうです。

藤白の獅子舞の写真もあります。
そう言えばさっき男たちが用意してたものに、獅子舞の布があったことを思い出しました。
何処かで獅子舞を披露しているのかもしれません。

20170514KainanS123s.jpg 本殿屋根に鶴の彫刻が下がっています。
ここにも神社拝詞が下がっています。
和歌山県では定番なのかな?

「長久」と「紀伊国屋文左衛門」という酒樽が奉納されています。
神社には日本酒の酒樽が奉納されていますが、中身は入っているのかいつも疑問に思います。
空いた酒樽を飾っているのかな?
随時中身入り酒樽として奉納されているのかな?

摂社を巡ります。
秋葉神社『御札を台所に祀り、火災を防ぐ火伏せの神様』
20170514KainanS139s.jpg 木製のロバほどの大きさの神馬がありました。
『神様の乗り物、旅行安全や「ウマく勝つ」「ウマい物を授かる」霊力がある。紀州藩・徳川頼宣公より拝領の社宝「馬角」は大漁を呼び込む霊力があり、冷水の「潮まつり」に渡御する』。祇園神社『七夕まつりと疾病除けの神様』

井戸があった。
『宮水・紫の水 その昔、川の上流にm日に映えて紫色に輝く石があった。土地の人々は、自然の真水の恩恵に浴し「紫の水」と呼ぶようになった。宮水の変遷です。地元では、お酒醸造の貴重な清水として利用されている』

ボロアーしている巫女さんの所に行き、社務所にあった「千年楠御守」500円を授かりたいと申し出て手に入れた。
千年杉が入っているそうで、千年杉の絵柄の落ち着いた緑色の御守です。

「藤白神社」の駐車場前の交差点を挟んで向こうに、鈴木屋敷の駐車場がありました。
20170514KainanS152s.jpg その横が全国鈴木さんの発祥地「鈴木屋敷」です。
『全国200万鈴木姓の元祖とされる藤白の鈴木氏が住んでいた所です。平安末期(1150年頃)、上皇や法皇の熊野参詣が盛んとなり、熊野の鈴木氏がこの地に移り住み、熊野三山への案内役を務めたり、この地を拠点に熊野信仰を全国に普及すべく、3300余の熊野神社の建立に務めた。中でも鈴木三郎重家と亀井六郎重清兄弟が有名で、幼少の頃牛若丸が熊野往還にこの屋敷に滞在した時、山野を遊んだと伝えられている。
後に義経の家臣として衣川の戦いで共にその生涯を終えたと伝えられていますが、三郎重家は秋田の山奥で落ち武者として土着帰農し、鈴木家の分家として現在の秋田羽後町に歴史を継承し、その屋敷は国の重要文化財指定されている。藤白のこの地は、850余年の歴史を刻み歴史史跡として重要な存在で、全国鈴木家の故郷であり、鈴木家の宗家として当時の武家屋敷を復元し、歴史とともに後世に継承していく必要があります』

スポンサーサイト

5/14・和歌山海南・有田ツーリング2 中言神社~藤白神社

兵の強い国というのは、時代が経ても続くものです。
薩摩隼人で有名な薩摩も強兵の生産地ですし、土佐もそう、紀伊半島もそうです。
織田信長・豊臣秀吉を苦しめた鉄砲傭兵・雑賀衆の本拠地です。
織田信長の本拠地・尾張は弱かったけど、徳川家康の三河兵は強かったそうです。
徳川家康と同盟していなければ、信長は浅井朝倉軍に、姉川の戦いの時討ち死にしていました。
陸奥兵も、「進軍した後はペンペン草も生えない」との表現が残るほど強兵だったそうです。

薩摩隼人なんか、傭兵として朝廷に仕え、隼人石として神社境内に残るほど、飾っておくだけで威力があったそうです。
この地を線で結ぶと、太平洋岸で、海族が住み着いた地とも合致します。
司馬遼太郎によれば、大東亜戦争で日本軍にあって勇猛果敢を発揮した台湾の高砂族も、海族で薩摩隼人など日本太平洋岸の海族と元は同族だそうです。

天照大神と素盞嗚命が誓約した時、スサノオが姉の勾玉の輪を飲み吐き出したのが八王子です。
アマテラスがスサノオの剣を飲んで吐き出したのが女神・宗像三神で、八王子の勝ちで、アマテラスがスサノオの「高天原を奪いに来たのではない」の言葉を信じることになる。
その後、うんこを投げたり無茶苦茶するんだけど・・・。

20170514KainanS045s.jpg 天皇家が祀る神道が、かつての敵・名草氏の先祖も我が先祖同様に祀る・・・こういうおおらかな所が好きです。
『紀の国名水・黒牛の水 黒牛潟の岩を通して湧き出る清浄水(境内の井戸水)』があった。
20170514KainanS049s.jpg 黒い牛の像のしたから竹パイプを通して流れ出ていました。
20170514KainanS051s.jpg 
r135~R42で、7:50「藤白神社」
「有間皇子暗殺現場」とともに、この日のメインディッシュです。
父である孝徳天皇が646年「難波宮」に遷都したのに、前年にクーデター「大化の改新」を起こした実力者で皇太子の中大兄皇子(天智天皇)が反対し、明日香に帰ってしまった。
失意のうちに孝徳天皇は、6才の有間皇子を残して崩御された。

有間皇子は、政権移行の政争に巻き込まれるのを避けるため、仮病を使って「牟礼の湯」(白浜温泉)に湯治した。
中大兄皇子は、蘇我入鹿を討ち、蘇我蝦夷を自害させクーデターを成功させた後、兄を謀反を企てた罪で死罪にし、入鹿討ちの時味方した后の父・蘇我倉山田石川麻呂も自害に追い込んでいます。

有間皇子は明日香に戻り、重祚された次の天皇・斉明天皇に完治を報告し、牟礼の湯の素晴らしさを話し斉明天皇に白浜行幸を勧める。
天皇のいないこのタイミングで、政権打倒を企てた容疑で孝徳天皇の皇子・有間皇子が逮捕され、牟礼の湯に護送中、この地で処刑された。
これで、中大兄皇子のライバルは消えました。

20170514KainanS056s.jpg 楠の巨木が出迎えてくれました。
『天然記念物・藤白神社のクスノキ群 境内3ヶ所にクスノキの大木が5本あります。遠くから見ると、クスノキの森のようです。本殿前のクスノキは、幹周り10mを越え、北側は腐朽して空洞となっています。子守楠神社南の幹周り7m、背後の3本は幹周り5~6mですが、元々ここには全部合わせた以上の大きなクスノキがあった。飢饉が続き困った農民が、氏子で相談しこれを伐って救済資金とした。その切り株から4本が発芽し、現在に至る。昭和の初めまで、腐朽した切り株があった。昭和の初め頃まで、この地方には、子供の名前に楠神様にあやかり、「楠」の字を入れる事が多く、博物学者として世界的に有名な南方熊楠もその1人です』

 和歌山といえば、楠木正成が思い出されますが、さすが「木の国(紀の国)」ですね。
ここは、江戸時代の「お伊勢参り」のように、平安時代に大流行した「熊野参り」のメインストリート「熊野古道」の「藤白王子」跡でもあります。

1つ京寄りが「祓戸(はらえど)王子」
日本人の「綺麗好き」は、神道のお祓い・禊の心から生じたものだと思うし、綺麗好き日本人が生み出し育んで来たから、「お祓い」「禊」が重要視されるようになったとも言えます。
また、雨が多く、災害も多いがふんだんに綺麗な水が流れる日本列島が生んだ自然崇拝だから、必然だったのかもしれません。
素敵な名前です。

『熊野古道を歩く方々へ 当社(藤白王子)で道中の安全を祈願し、気を引き締めて藤白の急坂をお登りください』

20170514KainanS062s.jpg しめ縄が張られた巨大楠は、異様を見せています。
『史跡・藤白王子跡 この藤白王子社(現・藤白神社)は、平安時代から盛んに行われた熊野詣の礼拝所で、熊野99王子のうち、五体王子の1つとして特に格式の高かった神社です。中世の熊野行幸の際には、当社にご宿泊され、法楽のため御歌会・相撲会などが催された。藤原定家の「熊野御幸記」に、建仁元年(1201)に後鳥羽上皇が催された藤白王子和歌会が有名で、その時の「熊野懐紙」は国宝となっています』

20170514KainanS069s.jpg 『楠神社 古来「子守の宮」として広く信仰され、この神様から「楠」「熊」「藤」などの名前を授かる人が多い。南方熊楠もその1人です。千年杉は、海南市の文化財に指定されている』

20170514KainanS072s.jpg 藤白神社前境内に車が入り、太鼓など神事用品を出している。
ここで祭りがあるのか、どこかに持っていくのか・・・。

『熊の聖域への入口 平安から鎌倉の時代、「蟻の熊野詣」と言われるぐらい、熊野三山へ参る信仰が盛んであった。ここは柳屋旅館跡(現濱田邸)このあたり小栗街道両側には数軒の宿・茶屋が並び大いに賑わった』


5/14・和歌山海南・有田ツーリング1 伊勢都柿本神社~中言神社

家内がお仕事の会合で、コーチしてる大学ヨット部もルール勉強会で練習がありません。
グループツーリングに参加しようと思ったけど、いずれも盛況で20名ぐらいの参加者がいます。
すでに満員だし・・・。

ということで、ソロツーリングです。
備前備中山城、湖西高島の前回残した史跡、湖南山城・史跡・寺社巡りと、メニューはいろいろありますが、GWに船で和歌山に行ったので、陸側も歴史探索したくなり、海南付近の寺社を巡ることにしました。

目を覚ましたら、3時。
ちょうど明るくなる頃に和歌山に着くから出発しようかと思ったけど、二度寝しちゃった。
次4時に目が覚め、用意を始めます。
夏用プロテクターメッシュ上下に、朝が寒いのでダイワ釣りスーツを着ます。

「招き猫CB400SB」を出してみると、リアシートに載ってる招き猫さんの固定シートが緩んで落ちそうになっています。
マジックテープでもくっついてるから落ちないんでしょが、一応結び直します。

4:39、近所の御用達SSで給油。
229km/10.36L=22.1km/L。
R171~中央縦貫道を東に走り、吹田から近畿道に乗ります。
明るくなってきた空には雲が多めですが、天気予報は晴れるようなことを言ってたように思う。
雨さえ落ちてこなければ、日焼けしないから最近は晴れより曇りの方が好きになりました。
対向車も、いつもよりバイクが多く感じます。
最もツーリングに適した5月だものね。

道なりに阪和道に入り、5:49「阪和道・岸和田SA」で休憩。
干しぶどうがたっぷりはいった「巨峰の郷」540円と、形崩れのバウムクーヘン詰め合わせ「お徳用ふんわりバームクーヘン」400円、「穴子助六寿司」356円を購入。
20170514KainanS003s.jpg ツバメが飛び回り、巣がありました。
20170514KainanS002s.jpg 何故か「伊勢名物・赤福餅」の幟が林立しています。

6:37「紀ノ川SA」
20170514KainanS004s.jpg バイク置き場前の花壇が綺麗です。
目ぼしい場所はないかなと、和歌山市周辺観光案内地図を見ます。
20170514KainanS006s.jpg ベンチに座り、助六寿司で朝食にしました。

「海南東IC」で降り、r18を西進し、7:13「伊勢都柿本神社」。
紀勢本線の高架の真横です。
20170514KainanS009s.jpg 参道石段を上がると、鎮守の森に包まれた落ち着いた本殿がありました。
20170514KainanS024s.jpg 祝詞の神社拝詞が清書されて掲げられています。
当然僕は覚えていませんので、「幸せな人生をありがとうございました」と頭を垂れるのが定番ですが、心の中で神社拝詞を読み、二礼二拍手一礼参拝します。
最後の「・・・世のため人のために尽くさしめたまえ・・・」の部分が好きです。

神社に寄ると、謂れ板を探すのと同様、絵馬棚も探してしまいます。
書かれていることを読むのが好きです。
天神様系なら「学業成就」系が多くなり、八幡様系なら「勝利」系が多い傾向があるように思います。
蹴鞠神事がある京都の白峯神社のように、サッカー系が多くなり、サッカーボールがやたら多く奉納されていて、その神社の信心の特徴が絵馬の文言に出るので好きです。
20170514KainanS026s.jpg なんと「峰不二子」さんからの絵馬がありました。
「金塊泥棒成就」かと期待しましたが、願いは平凡でした。

摂社に、若宮八幡宮があり、戎宮もありました。
20170514KainanS037s.jpg 客船の絵馬が奉納されており、珍しいなと見ると、昭和10年奉納で、船名は熊野丸と書かれていました。
帰宅後調べてみると、戦時中海軍が揚陸艦として建造した船に熊野丸というのがありました。
年代的に違う船のようです。

民間船として建造され、途中で護衛空母に改装されました。
離陸専用だったようで、着陸は陸上基地という中途半端な艤装だったようです。
よって軽空母にもなり得ず、遠征軍には編入し難かったようです。
終戦の年に完工しただけで実戦投入されることなく、戦後は引き上げ船として活躍し、その後解体されたそうです。

この神社は、社名に見えるように「元伊勢」として、初代斎王・豊鍬入姫命が八咫鏡を奉じて4年間滞在したお宮です。
その痕跡を見たくて来たのですが、謂れ板も設置されていませんでした。

R370~r135~r9で、7:33「中言(なかごと)神社」
「ロケフォトポイント」なる怪しげな看板が下がっていました。
細い漁師町の一角にある神社という風情で、たどり着くのに苦労しました。
バイクでも入るのに戸惑う道の先にありました。

20170514KainanS042s.jpg 手水舎に下がる手ぬぐいが紅白で、面白かった。
境内で海抜9mしかありませんが、津波避難場所に指定されていました。
和歌山県は津波対策が進んでおり、海岸各地に「海抜・・m」表示版が設置されています。

『御祭神:名草彦命・名草姫命・八王子命 万葉の太古より、歌所として「万葉集」に詠まれている黒牛潟は、当社境内周辺で、紀伊風土記には、「この地、古は海の入江にて、その干潟の中に牛に似たる黒き石あり、満潮には隠れ干潮に顕れ困りて黒牛潟と呼ぶ」とあり地名として詠まれている。
小高い丘の上に、嵯峨天皇弘仁3年(813)紀伊国司が鎮守の神として八王子命を祀った。後に、神代の海草地方支配者・名草彦命・名草姫命2柱が鎮座していた五個荘吉原村から、南北朝の頃、冬野村に動座し、文和3年(1354)国造左京大夫渡会貞国を奉遷し、中言神社と称す。黒牛大明神との尊称す。
御神徳:夫婦2柱を主祭神とし、子の生育成長を守り、縁結び、家内安全、陰陽和合の神として、中言の名も神と人との「中」を取り持つ「こと・言」より出て、崇敬せられる』

ここで名草氏の名に出会うとは、想定外の嬉しさです。
全国区では神武遠征の敵役として残るだけで無名ですが、太古から脈々と続く地元愛を感じます。
この海草郡の豪族・名草氏は強かったそうで、記紀にも神武東征軍が難波で敗戦し、海草郡に上陸しても名草氏に敗戦し、神武天皇の兄が討ち死にしている。
よって更に紀伊半島を南下し、串本・熊野から紀伊半島中央部を、八咫烏の案内で北上し
たと書かれている。


5/13・こうくん、1才検診

アメリカに住む長男のお嫁さんからメールが届きました。

こうくん1才1ヶ月が、検診に行ってきたそうです。
「身長75cm・体重9.8kg」で、お医者さんから「身長低め」と成長曲線を見せられ、驚いたそうです。
ビッグサイズで生まれ、りょうくん4才と比べ、ずっと大きめだと思っていたので、アメリカンサイズとの差を感じたそうです。

日本人平均でいえば、平均の上限で推移していたのが、平均的なところに落ち着いてきて
います。
長男173cm・お嫁さん163cmなので、平均より少し高めな子になると予想しています。
僕170cm・家内158cmで、同年代の平均より2~3cm高めでした。
お嫁さんのお父さんだけが180cmと高めです。

先生や看護師さんにもとにかくニコニコ、「good smile! good boy!」と言われたそうです。
航くんは、いつもニコニコして、泣くのが遼くんより少ない育てやすい子です。

ところが、診察が始まると大泣きしたそうです。
愛想を振りまくのが得意ですが、お母から離れると泣き虫なんだそうです。

ビデオで、「こうく~ん」とお嫁さんに呼ばれて、手を挙げていました。
人の真似が得意で、「しー、静かに!」とお嫁さんがりょうくんに言うのを見て指を立てて「しー」したり、食べ物をふーふーしていると横でこうくんもふーふーするそうです。
母乳は飲むのですが、みんなと同じものが食べたくて、離乳食というより、家族と同じものも食べているようです。

長男が帰ってくると、「僕を見て見てー」アピールがすごく、何もないところを指差して「あ!あ!」と言ってとにかく気を引こうと必死だそうです。
長男も嬉しいだろうな。

2人共、順調に成長してくれていて感謝感謝と書かれています。
りょうくんも、元気にプリスクールに通っており安心だそうです。
お友達のママにも毎回ちゃんと挨拶するみたいで、「Ryoはいつも私が迎えに行くと挨拶しに来てくれるよー」と、いろいろなママから言われ嬉しい限りだそうです。

りょうくんは、国内にいた3才頃でも、公園に行くと遊んでる小学生のお兄ちゃんの後を追いかけ、遊んでもらう社交性があります。
これは長男に似ており、得な性格だなと思っていました。
長男同様、誰からも好かれると思います。
家内と朝、クラウド経由で送られてきた写真とビデオを見て、幸せを満喫しました。

5/13・アメリカの救急車・医療保険事情

IMG_3515s.jpg 疑問に思ってたアメリカの健康保険事情を、お嫁さんに質問してみました。
日本のように皆保険ではないので、自動車保険のように、補償範囲によって保険料の違う保険があるというとこまでは知っていたのですが、実際長男一家の健康管理はどうなっているのか知りたくて・・・。

お嫁さんが教えてくれました。
会社がグレードの高い高額保険に入ってくれているようで安心しましたが、救急車は有料で、どの保険でもカバーされず高額請求されるそうです。
お嫁さんによると1回・1万ドルということ・・・なんと100万円。
1000ドルの間違いではないかと思いましたが、それでも高額です。

ネット検索すると、『ホノルル5万円・ロサンゼルス4.5万円・ニューヨーク3万円ほど。ニューヨークでは、官営と民営の救急車があり、民営だと、搬入先の病院を指定できる。
民営の救急車以外で、行き先を指定したい場合は、タクシーを利用するか、希望先の医療機関に連絡し、救急車を呼ぶことになる。
この救急車は、基本料金2.5万円+1マイルごと約600円加算』

州によって違い、無料から高額のとこまであります。
無料と言っても、緊急性の高い疾病や緊急を要する事故などが該当する。
日本の無料救急車は、タクシー代わりに利用する馬鹿な利用者が増えている現状を踏まえると、あまりに馬鹿げたシステムだと思います。
AED講習で消防署に行った時、消防隊員が「この講習を受講に来られような自覚のある方はいいのですが、安易な救急要請が多く困っている」と自覚を促されました。
有料にした方が良いと思います。

孫達の検診は、お嫁さんが管理しているようです。
渡米後すぐにかかりつけ医を決めたそうです。
アメリカで生まれた子に関しては、日本同様、州からお知らせが届くのですが、孫達は日本生まれなので、そのようなサービスがありません。

IMG_3549s.jpg日本の母子手帳を持っていってるので、「次は何ヶ月後来てね」とかかりつけ小児科医に言われた通り行き、その頃になると電話予約し、予防注射してもらいます。
何の予防注射をしたかを、母子手帳にお嫁さんが記入して管理しているそうです。
今回、こうくんは予防接種を3本打ったそうです。

日本なら、予防接種は病院で母子手帳にシールを貼って管理してくれているので、そこは少し不便だと感じているそうです。
この費用は、会社が入ってくれている民間の保険でほぼカバーされ助かっているそうです。
アメリカは、恐ろしく医療費が高いので、保険に入っていなかったら病院に行けないそうです。
日本だって皆保険だから安いだけで、国庫補助がなければ、アメリカ同様だけどね。

IMG_3523s.jpg こうくんが、同じような月齢の子と遊んでいる写真は、小児科の待合室かな?と質問したのですが、いつも参加している近所の図書館での絵本の読み聞かせ会に参加した後のお遊びタイムでの写真だそうです。
お嫁さん自身の英語力アップのために、積極的に参加しているそうです。
アメリカのお母様方の立派な体格にびっくりします。

元々、学生時代に英語を磨こうとハワイに留学していた経験があり、それを活かして世界を飛び回る仕事をしていたので、英語に不自由はありません。
でも、長男との海外旅行や、長男が海外出張や自宅に掛かっている国際電話の受け答えで、英語力が追いつかれていると感じていました。
妹のハワイでの結婚式で、家族親戚と数日間ハワイに滞在し、抜かれたと実感したそうです。

長男は毎日の仕事で英語に浸かっているので、ますます差をつけられると思い、子供達を出汁に、ママ友との交流を積極的にして、英語力を磨こうとしているようです。
main_line
main_line
プロフィール

のりまきターボ

Author:のりまきターボ
http://plaza.rakuten.co.jp
/norimakiturbo/
から引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR